• ベストアンサー

代数学について(部分群を示す)

2.準同型写像f:G⇒G'において像f(G)はG'の部分群であることを示せ。 準同型なので、f(ab)=f(a)f(b)が常に成立する。 ここからどのように部分群であることを示して行くのかを教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • kup3kup3
  • ベストアンサー率68% (33/48)
回答No.5

こんにちは。 #3です。最後の問題にミスがありました。 「(2) f(-x)=-x for ∀x∈Z を示せ。」は間違いで 『(2) f(-x)=-f(x) for ∀x∈Z を示せ。』に訂正してください。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (4)

  • kup3kup3
  • ベストアンサー率68% (33/48)
回答No.4

こんにちは。#2,#3です。 「部分群」の定義が正確でなかったので「訂正」です。 また一般的な「群」の定義も書いておきます。 [定義2]などの番号もすべてリセットします。 集合Gが群であることを次のように定義する。 [定義1] 集合Gが群であるとは次の場合をいう。 集合Gの元a∈G,b∈Gに対し第3の元 c∈Gが一意的に定まり、次の3条件を満たすとき、 Gは群をなすという。a,bによって一意的に定まる元c∈Gをa,bの積または結合といい、 a*bで表す。c=a*b 。a∈G,b∈G ⇒a*b∈G に注意。「*」を群G内の「演算」という。 (1)(結合律) (a*b)*c=a*(b*c) ・・・(1.1) (2)単位元とよばれる元e∈Gがあり、∀a∈G に対し a*e=e*a=a ・・・(1.2)となる。 (3)∀a∈Gに対し ∃x∈G で x*a=a*x=e ・・・(1.3)が成り立つ。   このx∈Gをaの逆元という。x∈Gに注意。 (注意) [定義1]から群Gは単位元eを含み G∋e で Gは「空集合ではない」。 これを G<>φと書くことにする。(<>は「=でない」ということ) Gが「演算*」に関して群であるとき次の[命題2][命題3]が成り立つ。 [命題2] (単位元の一意性) Gが「演算*」に関して群であるとき,Gの単位元は一意的に定まる。 すなわち e∈G,e'∈G がともに単位元とする。⇒ e=e' 「証明」 eが単位元であることより(1.2)において元a∈Gとして  e'∈G をとれば e'*e=e' ・・・(2.1)  一方 e'も単位元であるから ∀a∈G に対し a*e'=e'*a=a ・・・(2.2)が成り立つ。 (2.2)において 元a∈Gとして e∈G をとれば e*e'=e'*e=e   よって  e'*e=e ・・・(2.3) (2.1)(2.3)より e'=e ゆえに「証明された」。 [命題3] (逆元の一意性) x∈G,y∈Gが元a∈Gの逆元であるとする。⇒ x=y 「証明」 xがaの逆元だから  x*a=a*x=e ・・・(3.1) また yもaの逆元だから  y*a=a*y=e ・・・(3.2) このとき(3.1)(3.2)より x=x*e=x*(a*y)=(x*a)*y=e*y=y ( ∵(3.2)のa*y=eと(3.1)のx*a=e)つまり x=y ・・・(3.3) よって逆元 x,yは見かけ上2つあってもそれらは一致する。 (証明終わり) [定義4] この[命題3]により 群Gの元a∈G に対しその逆元 x∈Gはaにより一意的に 決まる。そこで aにより一意的に決まるこのxをx=a^(-1)と書くことにする。  a∈G ⇒ a^(-1)∈G ・・・(4.1) に注意。 [系5] ∀a∈G ⇒ a^(-1)∈G で {a^(-1)}*a=a*{a^(-1)}=e ・・・(5.1) (∵ a^(-1)=xはaの逆元だから) [定義6] 集合Gは「演算*」によって群であるとする。Gの部分集合HがGと「同じ演算*」 によって「群」となるとき、群Hを「群Gの部分群」という。 ◎群Gの単位元をe,群Gの部分群Hの単位元をe'とする。もしかして、 eとe'とは一致しないかも知れないという心配が起こる。しかし 「このようなことはない」ことを保証するのが次の命題である。 [命題7] 集合Gが「演算*」によって群になっているとする。集合Hは群Gの部分群とする。 Gは群だから、Gの単位元 eを含む。e∈G 。Hは群Gの部分群だから、Hの群としての 単位元 e'を含む。e'∈H 。このとき e'=e ・・・(7.1) となる。 「証明」 e'∈H でHは群だから e'*e'∈H かつ e'は Hの群としての単位元 だから e'*e'=e' ・・・(7.2) ここで e'∈H⊂Gより e'∈G そこで(7.2)を 群G内での等式と考える。e'∈GのG内での逆元を x∈G とすれば「逆元の定義」 (1.3)より x*e'=e ・・・(7.3) がGの中で成り立つ。e'*e'=e' ・・・(7.2)の両辺に 左から xを掛けて x*(e'*e')=x*e' ・・・(7.4) がGの中で成り立つ。 (7.3)より この右辺=e ・・・(7.5) また(7.4)の左辺=(x*e')*e'=e*e'・・・(7.6)  (∵(7.3) )ところが eはGの単位元だから ∀a∈Gに対し e*a=a 。 aとして [e'∈H⊂Gより] e'∈G をとれば Gの中で e*e'=e' ゆえに  (7.4)の左辺=e' ・・・(7.7) 。(7.5)と(7.7)より e'=e となり(7.1)が示された。 (証明終わり) [命題8] 集合Gが「演算*」により群であるとする。このときGの部分集合Hが群Gの部分群 であるための必要十分条件は次の3つ( H⊆Gに注意) (1)H<>φ ( Hは「空集合でない 」!)(前の回答ではこれが抜けていた) (2)∀a∈H,∀b∈H ⇒ a*b∈H (3)∀a∈H に対し Gでのaの逆元 a^(-1)∈G が存在するが   この a^(-1)∈H ・・・(8.1)となる。 「証明」 Gの単位元を e∈Gとする。そのとき [命題7]の(7.1)より e∈Hを示せば eはHの単位元 e'∈H と一致するので、Hには 単位元が存在することになるから。 (1)のH<>φ より ∃b∈H ・・・(8.2) すると条件(3)より b^(-1)∈H ・・・(8.3) (8.2)(8.3)と条件(2)より b^(-1)*b∈H  {b^(-1)}*b=e より(∵(5.1)) これは e∈Hであることを示している。  (証明終わり) これで前の「回答」はそのまま通用します。 f(G)の任意の元は f(a) (ただし a∈G)と書けること、及び f(a)∈f(G),f(b)∈f(G) (ただし a∈G ,b∈G ・・・(#))をとったとき、 「Gは群だから a∈G ,b∈G ⇒ a*b∈G」 (これが抜けていた)と fは準同形よりf(a)・f(b)=f(a*b)∈f(G) となることから分かるはずです。 納得がいかないなら、写像について復習することをおすすめします。 また「質問」があるなら「質問してください」   なお、共立出版の「線形代数と群論」赤尾和男 著は正しくは 「線形代数と群」でした。このP207の「命題7.28]には 他のかたが回答された「pシロー群」の問題の「証明」も載っています。 「線形代数」の内容としては「行列の標準化」が目的で程度が高く、それに比べ 後半の「群」の方は初等的です。 ◎少し問題を出しておきましょう。 Zを整数全体の造る加法群とする。単位元は「0」で、a∈Zの逆元は 「-a」です。このときZは足し算{+」 について可換群となります。 f:Z → Z を準同形写像とします。つまり f(x+y)=f(x)+f(y) for ∀x∈Z ,∀y∈Zとする。 (1)このとき f(0)=0 を示せ。(2) f(-x)=-x for ∀x∈Z を示せ。 (3) f(1)=a とおいたとき f(x)をaとxで表せ。 最後によく定義を調べないで回答したことを謝っておきます。すみませんでした。 以上です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • kup3kup3
  • ベストアンサー率68% (33/48)
回答No.3

こんにちは。#2です。 すみません。「準同型」にたいして[思い違い」をしてたことがあり「訂正」です。 また、「群Gの定義が一般的でない特殊なものになっていたので」そのことも 申し分けないです。 前に回答した「f:G →G'が準同型である」ことの条件の[定義4]には条件が一つ余分でした。つまり ★前の[定義4] で次の『から』までの 『群Gと群G'があって、「群Gの演算は*」,「群G'の演算は・」であるとする。 GからG'への写像 f:G →G'が与えられたとき、 f:G →G'が準同型(homomorphism)であるとは、次の2条件が満たされること。 (1)∀a∈G,∀b∈G ⇒ f(a*b)=f(a)・f(b) となること。 (2)∀a∈G ⇒ f(a^(-1))=(f(a))^(-1)となること。つまりaの逆元は、fにより G'の元f(a)の逆元であるところの(f(a))^(-1)に移されること。』 の条件の(2)は必要ではなく、前の[定義4]を次のように直します。 [定義4.2] 群Gと群G'があって、「群Gの演算は*」,「群G'の演算は・」であるとする。 GからG'への写像 f:G →G'が与えられたとき、 f:G →G'が準同型(homomorphism)であるとは、次の条件◎が満たされること。 ◎∀a∈G,∀b∈G ⇒ f(a*b)=f(a)・f(b) となること。 この条件だけが準同型の定義です。これより、 [命題6] 群Gと群G'があって、「群Gの演算は*」,「群G'の演算は・」であるとする。 GからG'への写像 f:G →G'が与えられたとき、 f:G →G'が準同型(homomorphism)であるならば、 ∀a∈G ⇒ f(a^(-1))=(f(a))^(-1)・・・(&1)も出てくるのです。 [命題6]の「証明」 群Gの単位元をe,群G'の単位元をe'とする。 そのとき、まずf:G →G'が準同型より、 (1) f(e)=e'・・・(6.1)が成り立つことを示す。それはeは単位元だから、e*e=e である。  よって fで写してf(e*e)=f(e) ・・・(6.2) fは準同型だから、 (6.2)の左辺=f(e)・f(e)である。よって (6.2)はf(e)・f(e)=f(e) ・・・(6.3)となる。 ここで f(e)∈G'でG'は群だから f(e)のG'での逆元(f(e))^(-1)が存在する。よって (6.3)の両辺に 左から (f(e))^(-1)をかけて  [(f(e))^(-1)・f(e)]・f(e)=(f(e))^(-1)・f(e)・・・(6.4)  (f(e))^(-1)はf(e)のG'での逆元だから、(f(e))^(-1)・f(e)=e' ・・・(6.5)となる。 (6.5)を用いると(6.4)は  e'・f(e)=e' ・・・(6.6)となる。e'はG'の単位元だから、 この左辺=e'・f(e)=f(e) となる。ゆえに(6.6)は f(e)=e'となる。よって(6.1)が成り立つ。 (これで(1)が示された) これを用いて  (2) (f(a))^(-1)=f(a^(-1)) ・・・(6.7)を示す。(6.7)と(&1)とは同じ等式である。 (左右を入れ替えただけ)まずa^(-1)はa∈Gの逆元だから a^(-1)*a=e ゆえに f(a^(-1)*a)=f(e) ・・・(6.8)。 (1)の(6.1)のf(e)=e'と fが準同型より f(a^(-1))・f(a)=e' ・・・(6.9)となる。つまり c=f(a^(-1)) ・・・(6.10)とおけば、 (6.9)は c・f(a)=e' ・・・(6.11)となる。これはc∈G'がf(a)の逆元であることを示している。 ☆「逆元の一意性」より c=(f(a))^(-1) ・・・(6.12) となることが分かる。ゆえに (6.10)より f(a^(-1))=(f(a))^(-1) ・・・(&1)が証明された。すなわち (6.7)が 成り立つ。([命題6]の証明終わり) 「逆元の一意性」については一番最後に「説明します」 それでは、質問の回答の「訂正」に移ります。f(G)⊆G' ・・・(#)であるから、 f(G)が群G'の部分群であることを示すには、[定義2]から 次の2つを示せばよい。G'の演算は「・」で示されることに注意。 (1)∀f(a)∈f(G),∀f(b)∈f(G) ⇒f(a)・f(b)∈f(G) (2)∀f(a)∈f(G) ⇒(f(a))^(-1)∈f(G) を示せばよい。[補題3]からf(G)の元はf(a) (ただしa∈G)と書けることに注意する。 「f(G)がG'の部分群であることの証明」 (1)を示す。∀f(a)∈f(G),∀f(b)∈f(G)をとる。f:G→Gが準同型より f(a)・f(b)=f(a*b)・・・($) a*b∈Gより f(a*b)∈f(G)となる。 よって∀f(a)∈f(G),∀f(b)∈f(G) ⇒f(a)・f(b)∈f(G)が示された。 次に (2)番 ∀f(a)∈f(G)をとる。このとき、f(a)の逆元 (f(a))^(-1)∈f(G)を示せばよい。 [命題6]の(6.7)から (f(a))^(-1)=f(a^(-1)) である。a^(-1)∈G より f(a^(-1))∈f(G) ゆえに (f(a))^(-1)=f(a^(-1))∈f(G) つまり(f(a))^(-1)∈f(G) よって f(a)の逆元(f(a))^(-1)もf(G)に属す。   こうして(1)(2)が証明されたので、f(G)がG'の部分群である。(回答終わり) ◎ポイントはfが準同型より f(a)・f(b)=f(a*b)・・・($)を使うことと、 ($)より[命題6]の (f(a))^(-1)=f(a^(-1))を導くことです。 ◎「逆元の一意性」について: ここまできて、「pシロー群の問題」が難しかったので、共立出版の 「線形代数と群論」赤尾和男 著を見たら、私が「#2の回答」で用いた群Gの定義は、 昔の本の共立全書「群論」大島 勝著を参考にしたもので、定義が特殊で難しいことを発見した。 すみません。 まず大島の「群論」の定義のもとで、 「(ア)x*a=e ⇒a*x=e ・・・(%1)が成り立つ。よって x*a=a*x=e ・・・(%2) 」こと及び 「(イ)e*a=a ⇒a*e=a ・・・(%3)が成り立つ。よって e*a=a*e=a ・・・(%4) 」ことを 示す必要があることに気が付いた。 これを#2での回答の定義のもとに「大島の本を見て証明」する。 まず「(%1)の証明」 群Gの定義より x*(a*x)を考えると結合律よりx*(a*x)=(x*a)*x=e*x=x (∵単位元の定義よりe*x=x) 即ち x*(a*x)=x このxに対してy*x=eとなるy∈G が存在する。この式の左からyをかけて  y*(x*(a*x))=y*x ・・・(%5) y*x=e より(%5)は y*(x*(a*x))=e ・・・(%6)となる。 一方 y*(x*(a*x))=(y*x)*(a*x)=e*(a*x) ・・・(%7)(∵y*x=e)この右辺は単位元eの性質より e*(a*x)=a*x だから(%7)は  y*(x*(a*x))=a*x ・・・(%8)となる。 ゆえに (%6)と(%8)よりa*x=e ・・・(%1)が示された。よって(%2)も成り立つ。これで (ア)が示された。 (%2)の性質及び e*a=a ・・・(%9)とすると結合律を使ってe=x*aだから a*e=a*(xa)=(a*x)a=e*a (∵(%2)のa*x=eより) そして(%9)のe*a=aから a*e=e*a=a となって(%4)が示された。  これで(イ)が証明できた。 さて、「(%4)を単位元の存在、(%2)を逆元の存在」と普通は定義する。 私もそう習ったことを思い出した。 だから、「群Gの定義」を普通のように直して下さい。 「逆元の一意性」を示す。 (ア)の x*a=a*x=e ・・・(%2)を満たすxのようなものyがもう一つあるとすると、     y*a=a*y=e ・・・(%10)が成り立つことになる。 このとき、x*(a*y)=x*e ・・・(%11)(∵(%10)のa*y=eより)そして (%4)のa*e=aのaをxとして x*e=x よって(%11)は x*(a*y)=x ・・・(%12)となる。 一方x*(a*y)=(x*a)*y=e*y=y (∵ x*a=eとe*y=yより)即ちx*(a*y)=y ・・・(%13)。  (%12)と(%13)より  x=y ・・・(%14)がいえた。  つまり(%2)かつ (%10)を満たすものは一致し、一つしかない。 これを「aの逆元の一意性」という。 「単位元の一意性」も言える。つまり  「e*a=a*e=a ・・・(%4)を満たすeは一つしかない」ことが分かる。  以上です。 ★★  なお、共立出版の「線形代数と群論」赤尾和男 著は 後半のP107の第4章から「群」のことがp227の第7章まで、割と丁寧に 書いてあって「章末の練習問題も解答が載っているので」お勧めです。 ここの必要な所だけ、読めばよいです。また学習が進んだら、他を拾い読みすればよい。 全部は分からなくても気にする必要はないのです。私も一杯あります。 以上です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • kup3kup3
  • ベストアンサー率68% (33/48)
回答No.2

こんにちは。 前から質問者さんの質問に答えようとしていた者です。レポートは通過したのに、分からない所があってそれを 分からないままにせず、何とか解決したいというお気持ち、立派だなと思います。まずは部分群の問題から解決しましょう。 これをよく読んで理解して学習を諦めずに続けて行ってください。 さて、まず群Gとありますが、群の定義を書きます。 [定義1] 空でない集合Gを考える。 集合Gの任意の2元a,bに対し、集合Gの第3の元cが一意的に決まり、 次の3条件(1)(2)(3)を満足するとき、Gは「群をなす」という。 a,bによって一意的に決まる元cをa,bの積といいい、a*bで表す。 (このとき、a*b∈Gとなることが大事、a,bの順番に注意)「*]は演算である。 (1) Gの任意の元a,b,cに対して、結合律 (a*b)*c=a*(b*c)が成り立つ。 (2) 単位元と呼ばれる特別な元eが存在し、Gの任意の要素aに対しe*a=a を満たす。 (3) Gのすべての元aに対しaの逆元とよばれるGの元xが存在し、 x*a=e を満たす。このxをa^(-1)で表し、aの逆元という。 以上が定義です。詳しくは「集合Gは演算「*」によって群をなす」という。 このように、群Gは空集合ではなく、必ず「単位元e」を含む。 さて、群Gの部分集合Hに対して、Hの2元a,bに対して「演算した結果」のGの元a*bと、 Gでの逆元a^(-1)が考えられる。これら、a*b,a^(-1)はGの元ではあるが、必ずしもHの元ではない。 このa*b,a^(-1)が必ずまた部分集合Hに属するような、そういう部分集合Hを考えたい。 そこで [定義2] 群Gに対しその部分集合Hが群Gの「部分群H」であるとは、次の2条件を満たすときをいう。 (1)∀a∈H,∀b∈H ⇒a*b∈H と必ずなること。 (2)∀a∈H ⇒a^(-1)∈H と必ずなること。 この2つで部分集合HはGと同じ「演算*」によって、群となることが分かります。 なぜなら[定義1]の群の条件の(1)(2)(3)はHを含むGで成立していて、その成立に 必要なのは、まさにa*b∈H,a^(-1)∈Hとなることだからです。 [補題3] f:G →G'を写像としたとき、その像f(G)は f(G)={f(a)∈G'|∀a∈G}である。 f(G)はG'の部分集合である。f(G)⊆G' ・・・(#) つまりf(G)の元はみな f(b) (b∈G)の形をしている。 [定義4] 群Gと群G'があって、「群Gの演算は*」,「群G'の演算は・」であるとする。 GからG'への写像 f:G →G'が与えられたとき、 f:G →G'が準同型(homomorphism)であるとは、次の2条件が満たされること。 (1)∀a∈G,∀b∈G ⇒ f(a*b)=f(a)・f(b) となること。 (2)∀a∈G ⇒ f(a^(-1))=(f(a))^(-1)となること。つまりaの逆元は、fにより G'の元f(a)の逆元であるところの(f(a))^(-1)に移されること。 ☆ それでは、質問の回答に移ります。f(G)⊆G' ・・・(#)であるから、 H'=f(G)とおく。H'=f(G)が群G'の部分群であることを示すには、[定義2]から 次の2つを示せばよい。G'の演算は「・」で示されることに注意。 (1)∀a'∈H',∀b'∈H'⇒a'・b'∈H' (2)∀a'∈H' ⇒a'^(-1)∈H' これのH'をf(G)に代えて、f(G)が群G'の部分群であることを示すには、 (1)∀a'∈f(G),∀b'∈f(G)⇒a'・b'∈f(G) (2)∀a'∈f(G) ⇒a'^(-1)∈f(G) を示せばよい。[補題3]からf(G)の元はf(a) (ただしa∈G)と書けることに注意する。 「f(G)がG'の部分群であることの証明」 (1)を示す。∀a'∈f(G),∀b'∈f(G)をとると、[補題3]からGの適当な元a∈G,b∈Gがあって、 a'=f(a),b'=f(b)と書くことができる。すると、a'・b'=f(a)・f(b)・・・($) となる。よって、このとき a'・b'∈f(G)となるためにはf(a)・f(b)=f(c)となるようなGの元 cがあればよい。ところが、fが準同型の[定義3]より、f(a*b)=f(a)・f(b)これを左右入れ替えて f(a)・f(b)=f(a*b) ・・・(#2)よってc=a*bと採ってa'・b'=f(a)・f(b)=f(a*b)∈f(G)となる。 (何となればa*b∈G) よって∀a'∈f(G),∀b'∈f(G) ⇒a'・b'=f(a*b)∈f(G)が示された。 次に (2)番 ∀a'∈f(G)をとる。適当なGの元aが存在して、a'=f(a)と書くことができる。 。a'の逆元 a'^(-1)はf(a)の逆元 (f(a))^(-1)に等しい。a'^(-1)=(f(a))^(-1) ところが、fは準同型だから、f(a^(-1))=(f(a))^(-1) 左右入れ替えて (f(a))^(-1)=f(a^(-1))・・・(#3) ここでa∈Gだからa^(-1)∈Gである。 よって、a'^(-1)=(f(a))^(-1)=f(a^(-1))∈f(G) すなわち、a'^(-1)=f(a^(-1))∈f(G) となって(∵a^(-1)∈G)、(2)が証明された。 こうして(1)(2)が証明されたので、f(G)がG'の部分群である。(証明終わり) 次の「Gの中心Z(G)がGの正規部分群」を示す問題は中心Z(G)の定義が難しいので 簡単な定義を示しておきましょう。 [定義5] Gの中心Z(G)とはつぎのように定義する。 Z(G)={z∈G|∀b∈Gに対し b*z=z*b}つまり、中心の元zは、「演算*」に関してGの任意の元と 交換可能なものを指す。これでZ(G)が正規部分群となる事を示してください。それには (1)Z(G)が部分群なることと、(2)∀a∈Gに対し、a^(-1)Z(G)a⊆Z(G)となることの2つを示せばよいのです。 なお、「教科書はどんな本」を使用していますか?その本を教えてください。 最後にこれからも諦めずに学習して行ってください

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • tumagie
  • ベストアンサー率28% (2/7)
回答No.1

G の単位元を e, G' の単位元を e' とおく. f は準同型ゆえ f(e) = e' だから e'∈ f(G). x,y∈f(G) とする. ある a,b∈G が存在して x=f(a), y=f(b) であるから xy=f(a)f(b)=f(ab)∈f(G) であり, また x^(-1)=f(a^(-1)) より x^(-1)∈f(G'). 以上より f(G) は G' の部分群.

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 代数学の問題

    1.A=(1,2,3) B=(1,2,3,4)のとき、AとBは1対1対応にならないことを示せ 2.準同型写像f:G⇒G'において像f(G)はG'の部分群であることを示せ。 3.群Gの中心ZはGの正規部分群であることを示せ。 4.NをGの正規部分群、PをGの一つのpシロー群とすると、NP/NはG/Nのpシロ  ー群であることを示せ。 レポート問題を合格はしていますが、ここの問題を白紙で出して合格したので結局わからないまま講義を終えてしまいました。 教科書を読んでもよくわからないので、解説をお願いします。

  • 代数学ー群ー写像

    群G,G'に対し、写像 φ:G×G'→G   (x,y)→x を考える。次の問いに答えよ。 (1)φは群準同型写像であることを示せ (2)Kerφは何か (3)群同型写像G'→Kerφを作れ (4)G'とKerφを同一視することによってG'がG×G'の正規部分群とみなせる G×G'/G'がGと同型を示せ 教科書を何度読んでも(2)から、わかりませんでした。解答も略解なので、試験のときどういう解答を書けばよいか解答例を教えてください。

  • 次の代数学の真偽について教えて下さい(理由も)

    1.有限個の元からなる巡回群の位数は素数である。 2.同じ素数を位数とする有限群GとG'は同型である。 3.Snの偶置換全体からなる部分集合はSnの部分群である。 4.Snの奇置換全体からなる部分集合はSnの部分群である。 5.群Gの指数2の部分群は正規部分群である。 6.群の準同型写像f:G→G'の像Im(f)はG'の正規部分群だ。 7.群の準同型写像f:G→G'の核Ker(f)はGの正規部分群だ。

  • 位数12の群Gの問題なんですが・・・

    Gを位数12の群G=<a,b>,a^^6=e,a^^3=b^^2=(ab)^^2とする。Gの元はG={e,a,a^^2,a^^3,a^^4,a^^5,b,ab,a^^2b,a^^3b,a^^4b,a^^5b}でありまた部分群N、Z、Kを次のようにおく。N=<a>,Z<a^^3>,K<b>とした時の (1)剰余群G/N、G/Z、N/Zの乗積表を作れという問題なんですがいまいちわかりません。 (2)またN,Kの標準的準同型写像f:G→G/Z x:→xZによる像を求めよという問題なんですがよくわかりません。アドバイス頂ければありがたいです。よろしくお願い致します。(Gの乗積表は省略しました。)

  • 大学の数学(代数)の問題です。

    問)群G1からG2への写像f:G1→G2は群準同型写像であるか。群準同型写像であるならばfの像Imf及び核Kerfを求め、群準同型写像でなければその理由を述べよ。(Snをn次対称群、Zは整数全体のなす集合あるいは加法群) (1)G1=S5、G2=Z;f(σ)=l(σ)(σ∈S5)。ここに、l(σ)はσを互いに素な巡回置換の積で表した時に現れる、長さの最も大きい巡回置換の長さ。 (2)G1=Z/9Z、G2=Z/3Z;f(x+9Z)=2x+3Z(x∈Z) です。誰かわかる方解答よろしくお願いします。

  • 代数学

    f:G→G’を郡の単射準同型のとき、 g( G の位数と、f(g)の位数は等しいというのは どうすれば証明できますか? 準同型とは f(ab)= f (a) f(b) 単射とは f(a) = f(b) ならばa=b である まったくわかりません・・・ 教えてください、よろしくお願いします。

  • 線形代数の問題

    こんにちは、お世話になります。以下の2問についてですが 1. π_nをn次多項式空間とし、f:π_n→π_nとする,f(p)=p-∫p(0→1)は一次写像ならば、fの核と像を求めよ。また、fは同型写像であるか。基底{1,x^2,x^3,…,x^n}に対して、fを表す行列A_fを求めよ。  核は、定数とすぐにわかるのですが、像の求め方、また同型写像であるか否かと行列の求め方がわかりません。 2.Aが(m,n)行列、b∈R^m∩Im(A)のとき、Ax=bの解全体 がアフィン部分空間を成すことを示せ。 2については何をどうすればいいのか、検討もつきません。 どなたかわかりやすくご指導いただけると幸いです。 よろしくお願いします。m(__)m

  • 準同型写像

    下記の問題がわかりません! 教えてください。 以下の群Gから群G'への写像f:G→G'は準同型写像か?理由とともに答えよ。準同型のときは核Ker(f)と像f(G)も求めよ G=G'=S5、f(σ)=σ^(-1)

  • 部分群に成立する事実

    SがGの部分群の時、 a,b∈Gに対して、aS=bS ⇔ a^{-1}b∈S という事実が成立するようなのですが、どうしてなのかわかりません。 おそらく群の世界では初等的な事実だろうと思いましたので、図書館等 で調べてはみたものの、この事実を当然のごとく使っている本は数冊見 つかったのですが、どうして成立するかについて書かれている本は見つ かりませんでした。 しかし、調べている最中に得たいくつかヒントを得ることができ、 上の事実の右から左へについてはSがGの部分群であるということと、a^{-1}b∈Sから、a,b∈S、ab∈S、a^{-1}∈Sが成立しそうだということ で、Sの元同士をかけてもSの元となることから、aS,bS∈Sということが 使えないか?と考えるに至りました。 しかし最後の詰めには至っておりません。 左から右に関してはaとbが未だSの元と決まったわけではないという状況 なのでどう手をつけたらよいか戸惑っております。 証明できる方がおりましたら、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

  • 同型であることの示し方を教えてください。

    整数Zと有理数Qが加法群として同型であるかどうかを示したいのですが、 同型であることを示す証明がいまいちできません。 写像をどのように定義すればいいのですか? 写像を定義すればあとその写像が f(ab)=f(a)f(b)であることを示して 全射であることを示せばいいと思うのですが・・ 写像がいまいちわかりません。 あと、R → R*=R-{0} の時の写像もどのように考えればいいのでしょうか?

このQ&Aのポイント
  • PX-045AをMac OS BigSurで使用する場合のスキャンソフトの場所を教えてください。
  • ホームページにあるドライバをインストールしたが、スキャンソフトが見当たらない状況です。
  • 困っているので、PX-045Aのスキャンソフトの探し方について教えてください。
回答を見る