• ベストアンサー
  • 困ってます

come of ageについて

come of ageで成人する、と言う意味だったと思いますが、 動詞の次にof 名詞 と言うのは特殊な感じがします。 これは、どう言う説明がなされますか? また、他にもこのような使い方をする熟語・表現はありますか(能動態で)? think of 以外で。

noname#205789

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数65
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

of の基本の「~の」では動詞+ of とはなりにくいですが, think of ~があるように,「~のこと,について」という about の弱い意味があるので, know of ~, hear of ~などの表現があります。 また,「~から」の意味で consist of ~「~から成る」というのもあります。 come of age については, age で「年齢」から「成年」の意味になることがあり, of importance のような of +抽象名詞で形容詞になるのと同様, of age で「成年の,成年に達している」という形容詞的。 そこから be of age で「成年である」の意味になります。 come of age だと,「成年に達する」です。 「なる」には get/become/grow などいくつかありますが, come true と同じで,慣用的に come of age というのだと思います。 go bad/wrong に対して,いい意味が come の「なる」ですし, 日本語でいう「成年に達する」と同じ感覚が come なのかもしれません。 とにかく,そういう慣用表現と思うしかないのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 ご解説、素直に理解出来ました。 ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

consist of ~他、言われてみると結構ありますね。 浮かびませんでした。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • come of ageとは?

    come of ageで成人に達するという意味だそうですが、いまいちイメージがわきません。まるごと覚えろと言われればそれまでですが、特にofとageの役割を教えてください。

  • come out of ~ の of について

    「~から出てくる」というような表現ですが、 たとえば、 I never expected that she come out of her room. は、 I never expected that she come out from her room. ではダメなのでしょうか? なんとなく、of の方が聞いた感じも言う感じもしっくりくるのですが、文法的にはどういうことなのでしょうか? come out of と書かれているのを読めば、たぶん読めると思いますが、もし、日本語から英語にしようとしたとすれば、come out from としそうです。日本人からすれば、「~から」は全部fromでいいんじゃないのかと思ってしまうのですが。ニュアンスの違いなどがあるのでしょうか。それとも、fromだとおかしいでしょうか。 意味不明なことを言っていそうで恥ずかしいですが、 名詞的に機能しているからof、動詞的に機能しているならfromが自然というようなことなのでしょうか。 ※ 例文自体にダメな部分がもしあったら指摘してください

  • ...for a man his age.

    NHKラジオ英会話講座より Don't you think Rob is in excellent shape for a man his age? ロブは彼の年齢の男性にしては素晴らしい体調だと思わないか? (質問) 1)「彼の年齢の男性にしては」を[for a man his age]と訳しています。名詞(句)が2つ並んだ場合、後ろが前を修飾するという決まりがあるのでしょうか?それとも[a man of his age]の[of]を省略した型かな?とあれこれ思案しています。どのように考えれば? 2)[for]を「~たいしては」と使われています。例文を交えてこの使い方を教えて下さい。 易しい説明を希望します。宜しくお願いいたします。以上

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3495/7223)

> 動詞の次にof 名詞 と言うのは特殊な感じがします  それほど 「特殊」 でもないような気がします。of + 名詞 という形はよく見かけるのではないでしょうか。of + 名詞 で形容詞と同じ働きをしますから、of help = helpful だったり、of interest = interesting だったりするわけです。come of age は、come を be に変えると分かりやすいのではないでしょうか。be of age で 「しかるべき年頃 (年齢) である」 ということになるので、come of age だと動的な要素が加わって 「成人になる」 という表現になったととらえることが出来るように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一般動詞+of名詞が、どうも見慣れていませんでした。 しかし、beに変えるとほんと、ある形ですね。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ofとabout?

    NHKラジオ英会話講座より Please know that I'm not accusing you of anything. あなたを責めているわけではないということをおわかりいただければと思います。 (質問1)accuse of~で「(~について、~に関して)責める」という意味だと思いますが、このofの使い方についてお尋ねします。 (1)このofはaboutと置き換えが可能ですか? (2)think of/speak ofやtalk aboutなど、動詞との相性を感じますが、「ofに相性にい動詞/aboutに相性のいい動詞」を幾つか教えていただけませんか? (質問2)anythingは「何か」という代名詞ですか?上記の文章を無理に直訳すると「何か(に関して)あなたを責めているわけではないことを知ってください」のような感じですか? 以上

  • thinkとthink ofの違い

    今、一生懸命熟語を覚えているのですが、 ふと疑問に思った事がありました。 thinkとthink ofの違いなのですが、 たとえば、 What do you think of when you hear the word"Japan"? という文章と What do you think when you hear the word"Japan"? ではどう違うのでしょうか? 両方とも「~のことを考える、思う」という意味だと思います。 他にもaskとask forなどです。 I asked your advice と I asked for your advice がそれほど違うように思えません。 この動詞+前置詞の場合と動詞のみの場合との 違いをお教えいただけますでしょうか? よろしくおねがいします。

  • "be of" の 使い方を教えて下さい。

    "Time is of the essence." で "期限厳守" の意味になりますが、この文の"of"の使い方、意味合いが理解できません。 単に"Time is essential." でも同じ意味になると思いますが、 "be of the 名詞" で 表現するときの使い方やそこに含まれる意味合いを教えて下さい。

  • 動詞が隠れている名詞とは

    名詞 "description" には動詞が隠れている。 という説明が参考書にありました。 下記の文章の説明です。 A provides a description of B. 名詞に動詞が隠れているとは、どういう意味なのでしょうか。 description という単語だけで、そこには「説明」とその「説明」 を記す、という表現が可能という意味でしょうか。 よろしくお願いします。  

  • off of + 名詞について

    off of+名詞の意味及びどのようなケースで使用できるか教えていただけないでしょうか? また、このoffはofの前に来ているので名詞でしょうか? 例えば、S+ be動詞 + off of + 名詞では、主語Sが名詞から外れたところあるというのが基本概念でそこから意味が発展すると考えてよろしいでしょうか? 具体的に例を挙げていただければ、幸いです。

  • get mileage? pull of the wife beate

    get mileage? pull of the wife beater? "Because we all know you get a lot of mileage out of a tank top. Hey, speaking of which, do you think I could pull of the wife beater? You know, switch up my look?" ↑の文にあるget a lot of mileage out of a tank topとpull of the wife beaterの意味はなんですか?

  • 「a variety of」と「the variety of」

    「a variety of」はご存知,御馴染みの「多様な」と訳される定番の熟語ですが,さて「the variety of」もまた「多様な」と訳せるものでしょうか? これは,最も一般的な英語検定の平成13年か14年に「message for the future」という題名の短文読解に出題されていた熟語なのですが,過去問集には「多様性」と訳されていました。 「多様性」は「多様な」の名詞的表現(名詞的訳出法)として理解はできるのですが,ご存知の通り,「varaiety」には「種類」という訳語もあります。要するに,「the varierty of ~」が「~の種類」と訳出される文脈的可能性を教えていただければと思います。

  • ofについての質問です

    One must think of others and put oneself in their place. (人は他人のことを考え、その立場に立ってみなければならない) think of othersで、「他人のことを考え~」になっていると思うのですが、こういったofの使い方はよくされていますか? いまいちofの使い方が分かりません。 about othersにすると意味は変わってしまうのでしょうか?

  • I kind of like the song..............

    NHKラジオ英会話より I kind of like the song that comes at the end of this TV drama. このテレビドラマの最後にかかる歌がなんとなく気に入っているんだ。 (質問)[kind of]の挿入されている位置が気になります。[kind of + 名詞]はよく見かけますが。動詞の前において「なんとなく(好き)」のような使い方がされていると思います。 [kind of + 動詞]で「なんとなく(動詞)」の使い方も出来ますか? 例えば[I kind of hate your boyfriend.](あなたのボーイフレンドは何となく嫌いだ。)とか。 他に参考例があればお願いいたします。よろしくお願いいたします。  以上

  • come down on について

    come down on について come down on は非難する、反対する、しかる となっていますが、 come down on the side of ,とかcome down on his side となると賛成する、~の立場にたつなど まったく逆のいみになるのはどうしてなのでしょうか。 (side がくると熟語なので仕方がない? 覚えるしかないということ?) もしcome down on his     opinion、way、policy、behavior  等だとどちらの意味になるのですか? わかる方教えてください。