• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

仕訳帳とはこれで良いか

現金 200 / 売掛金   100       / 未収入金 100 という仕訳を例にします。仕訳帳っていうのは通常、添付した画像の例1みたいに、借方と貸方の要素を横に並べたものを言いますよね。ここで、「仕訳帳と総勘定元帳を出しなさい」と調査なんかで言われたとき、例2のようなものだけを単独で出して、それで通るものでしょうか? 例2は、相手科目=諸口とかの書き方にせよ総勘定元帳にしか見えない感じですが・・・。仕訳が発生した順番(伝票番号の順とか)で並べ替えするか、勘定科目ごとに並べ替えするかだけで、これで仕訳帳と総勘定元帳を兼ねられるといえるものでしょうか?一応、全ての仕訳をこれで示せることにはなるとは思いますが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数631
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • afdmar
  • ベストアンサー率50% (211/419)

アイディアとしては面白いが駄目だろうな。 仕訳帳には決まった様式がない。ただ、一般的な様式はある。 仕訳には、あなたが例にあげた複合仕訳のほか、「現金200/売掛金200」といった1行仕訳もある。あなたのアイディアは、これも諸口勘定を挟み「現金200/諸口200、諸口200/売掛金200」として「相手科目 諸口」と記帳することで、仕訳帳と諸口の総勘定元帳とを兼ねてしまおうってことだよな。 そうだとして、どの行の諸口が対応関係にあるのか、埋もれてしまって不明確になるリスクがあるよな。特に、同じ金額の取引が連続した場合、対応関係は見えなくなる。それに、仕訳帳としての一般的な様式とかけ離れている。 複式簿記は、対応関係を明確にする機能をもっている。それを没却するかのような仕訳帳は、「仕訳帳」として認められないおそれが大きいと思うぜ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

またも説明が不足しており申し訳ありません・・・。 例2の場合も、現金200/売掛金200 のような単仕訳であれば、通常の総勘定元帳と同様 勘定科目/貸借/金額/相手科目 現金/200/借方/200/売掛金 売掛金/200/貸方/200/現金 として相手科目は明確にさせます。とまあ、それを勘案しても、やっぱり例2は仕訳帳の様式とかけ離れてますよね?こんな、1科目ごとに縦にズラっと長々と並べて行く様式じゃ、どんな仕訳をしているのか分かりにくいことこの上ないですわな。

関連するQ&A

  • 勘定科目を諸口にするのは転記だけで仕訳はしない?

    簿記の質問なのですが、相手勘定科目が複数ある場合に、諸口という勘定科目にするのは仕訳帳から総勘定元帳に転記するときだけで、普通に仕訳をする段階では、 例えば、家賃と光熱費を現金で払ったという場合では、二つをまとめて諸口という勘定科目にする必要はないのですか?

  • 仕訳帳の記載の仕方について

    お世話になります。 青色申告について勉強中なのですが、 例えば、仕事の報酬で売上金30000円入金されるとします。 このうち振込手数料として200円引かれた29800円が普通口座に振り込まれました。 仕訳帳の書き方としては、 報酬が確定した日↓     【借方】           【貸方】  売掛金:30000円    売上:30000円 振込日↓        【借方】          【貸方】   普通預金:29800円  売掛金:30000円   振込手数料: 200円 こんな感じで大丈夫でしょうか? また、この振込手数料を総勘定元帳の経費に転記する時には、  相手科目      摘要        借方    ?    ○○の振込手数料   200円 になるのかなと思うのですが、 この相手科目は何にすればよろしいでしょうか? どなたかご教授お願い致します。  

  • 仕訳と取引の問題で・・・

    簿記の問題をやっていてわからないことが3つほどありましたので教えてください。 1、「現金\280,000、商品\140,000、借入金\120,000を元入れして営業を開始した」という仕訳の問題です。借方・貸方には何が入るのでしょうか。 2、同じく仕訳の問題で「地代\3,500を現金で支払った」とあるのですが、地代というのは勘定科目では何にあたるのでしょうか? 3、取引を推定する問題で、「商品の貸方に売掛金\60,000、売掛金の借方に諸口\72,000、商品売買益の貸方に\12,000」。このことからどのような取引があったと考えられるか?という問題です。(「諸口」という勘定科目が全く分かりません;)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • chupark
  • ベストアンサー率41% (90/218)

例2のようなものを作成すれば仕訳帳と総勘定元帳をかねることができるのか? という趣旨でのご質問でしょうか。 仕訳帳は文字通り、取引の仕訳を記載して、 総勘定元帳とは、その仕訳を"勘定ごとに"転記していきます。 それぞれの勘定ごとに作ることに意味があるんです。 今はコンピュータで作成するのが普通ですから、ソートでもフィルタでもできますが、 元々手書きの時代からの総勘定元帳は、仕訳を各勘定ごとに転記していって、期末に締めるもの。 資産や負債の勘定は期末の残高がいくらであるかを確認する。 費用と収益は損益勘定に振り替える。 それらを行うために総勘定元帳を作成します。 ですので、ご質問にある例2のようなものは作成する意味がないのではないでしょうか。 また、調査等で提出を求められる資料というものは、実務で使用されているものでないと意味がありません。提出するためだけに作成された資料というものは調査等では通らないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>今はコンピュータで作成するのが普通ですから、ソートでもフィルタでもできますが、 そのため、電子帳簿保存法にのっとり提出する、大元の仕訳の電子データとしてどうかと思ったわけなんですが(^^ゞやっぱ駄目ですよね。 >調査等で提出を求められる資料というものは、実務で使用されているものでないと意味がありません。 実務で例2のようなものを、使ってるのだと言っても駄目ですかね。まあそもそも、様式が根底からおかしい気がしますが。

  • 回答No.1

失礼ですが、コンピュータの担当の方ですか。 例1仕訳帳の方は日付や提要が不足していますが、様式は合っています。 しかし、例2は総勘定元帳ではありません。総勘定元帳には繰越残高が必要です。 仕訳帳や総勘定元帳の詳しい説明はネットに沢山でていますので勉強してみてください。 http://boki.popnavi.net/010/post_11.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。例2に繰越残高とかがないですが、ちょっと説明を省略しすぎましたね。ともかく、例に出した仕訳以外にも、繰越残高ほか必要な仕訳じたいは全て記入するものだとして、見て頂けないでしょうか。 仕訳帳や総勘定元帳の説明は、色々と調べてみました。ですが、様式の答えは一つではないですし、会計の考え方から見て例2のような様式が仕訳帳などとして認められるか聞いてみたかった次第です。

関連するQ&A

  • 総勘定元帳について教えてください

    写真がすこしボケていて見づらいのですが、ご了承ください 仕訳帳から総勘定元帳に転記するところなのですが なぜ仕訳では仕入れに対する買掛金は貸方なのに総勘定元帳では仕入勘定で借方に記入するのでしょうか 今まで仕訳として勘定科目を設定し、貸借対照表および損益計算書にあてはめて借方・貸方と処理してきたので、すごく混乱しています 勉強始めたばかりですので、わかりやすく説明をしていただければ嬉しいです ちなみにこの本ではこのページで総勘定元帳の説明は終わっています

  • 仕訳帳 「摘要」欄の記入方法

    記入例 (仕入)  諸口      (現金)      (当座預金) (1)なぜ、「(借)仕入(貸)諸口」と記入するだけではいけないのですか? なぜ、諸口の内訳(現金・当座預金)まで記入するのですか? 諸口の内訳が伝票などに書かれていて、仕訳帳では省略できないのですか? (2)なぜ、勘定科目を(カッコ)しているのですか? 勘定科目を(カッコ)せずに、諸口を(カッコ)してはいけないのですか?

  • 簿記三級の転記、前月繰越が分かりません。

    簿記三級を今勉強しています。 テキストをやっていていきなり前月繰越というのが出てきました。 問題文はこれです。 次の仕訳帳の記入から答案用紙の各勘定口座へ転記しなさい。なお、転記は日付、勘定科目、金額のみでよい。 ×1年         摘   要         元丁       借方      貸方  2/2         (現金)                        2000                 (借入金)                           2000  /4         (建物)                        4000                 (現金)                             4000  /9         諸口  (売上)                            15000            (売掛金)                       10000            (現金)                         5000 解答はこれです。↓                         総勘定元帳                         現      金 2/1      前月繰越       10000      2/4     建物        4000  /2     借入金         2000         /9     売上           5000 分かりにくくて済みません。 解答よろしくお願いします!!

  • 仕訳問題と実際の仕訳帳のフォームの違い

    日商簿記(2級)にチャレンジしようかと勉強を開始しました。 仕事はエンジニアですので実務経験はおろか、実際の帳簿をみたことがありません(汗)。 なので本日実務の入門書を買って、帰りに文具店でそーっと帳簿のフォーマットを見てみました。 すると、検定の仕訳の問題は   (借方科目) (金額)   (貸方科目) (金額) ですが、実際の仕訳帳は   (借方科目)        (金額)         (貸方科目)       (金額) となっています。 結局同じことを示しているのは理解できるのですが、なぜフォームがことなるのでしょうか? 検定でもより実務に近い形のほうがいいような気がします。 『仕訳しなさい。』と言う問題は仕訳帳の記入の問題だと思っています。 試験勉強から入ったので、実際の仕訳帳のフォームに違和感が大きいです。 畑違いの人間ゆえとんでもない誤解しているかもしれませんが、ご教授願えればと思います。

  • 仕訳帳について

    フリーランスで仕事をしています。 今年初めて確定申告しますが、白色のため経費帳などしかつけておらず 仕訳帳という形では未だ帳簿付けをしていません。 来年度は青色申告を考えているため練習がてらに今年度分をきちんと帳簿につけて整理したいと考えています。 そこで仕訳帳について教えてください。 1.これは1年度毎に新しいものを作るのでしょうか。 2.私の場合、報酬は納品後、各月末に1か月分が集計され、翌月半ばに仕切書が送付され、その月末又はその翌月初め(会社によって違う)に振り込まれます。 納品日に 借方:売掛金 XX 貸方:売上 XX 振り込まれた日に 借方:普通預金 XX 貸方:売掛金 YY(XX‐ZZ:源泉徴収額) 借方:仮払金 ZZ 貸方:売掛金 ZZ(源泉徴収額) という感じで書けばよいのでしょうか? また、報酬は仕切書が送られてくるまではっきりした額がわかりません。 こういう場合、どのタイミングで記入すればよいのでしょうか。 3.納品から振込みまでは上記のような流れのため、12月分の報酬は翌年1月末又は2月初めということになります。確定申告までには振り込まれているわけですが、未回収金として今年度分を集計するのでしょうか。記帳は、帳簿が年度毎の場合、どちらに記入するのでしょうか。

  • Access2007で2つのクエリを1つにまとめ,レポートに出力したい

    現在,Access2007で簿記ソフトを作成しています。 以下の通り,2つのクエリを作成していますが,これらを結合し元帳としてレポートに出力したいと思っています。 ※現金元帳の例 1.現金元帳クエリ(仕訳帳_借方現金)※現金の相手勘定抽出 月 日 貸方摘要 貸方金額 4 1 資本金  500000 4 5 諸口   140000 4 9 借入金  150000 418 受取手数料 12000 2.現金元帳クエリ(諸口借方が現金)※諸口で現金が含まれる仕訳の抽出 月 日 借方諸口摘要1 借方諸口金額1 借方諸口摘要2 借方諸口金額2 415  現金        200000       売掛金       150000 1.と2.を結合して,日付でソートし 3.現金元帳テーブル?として ※現金の相手勘定のみに限定 月 日 摘要  借方金額 4 1 資本金  500000 4 5 諸口   140000 4 9 借入金  150000 415 諸口   200000 418 受取手数料 12000 とし,同様に貸方も処理して2つ(借方と貸方)の現金元帳テーブル(現金の相手勘定テーグル)を作り,レポートとして現金元帳を出力したいと考えていますので,そのやり方についてご教授下さい。 また,それ以前に,プログラムで処理できるようでしたら,その方法についてご教授下さい。

  • 帳簿について教えて下さい。

    帳簿について教えて下さい。 簿記を勉強しているのですが、よくわからない事があります。 簿記の流れとして、仕訳帳→総勘定元帳→補助簿となる事がわかりました。 1、仕訳帳と総勘定元帳の役割、違いを教えて下さい。 2、仕訳帳は毎日の取引を記入とありますが、売掛金、買掛金、給料、事務用品、運賃、その他全部を書くのですか? 3、総勘定元帳には何を書くのですか? 教えて下さい。

  • 現金出納帳から総勘定元帳に転記する際…

     仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、当座預金出納帳、得意先元帳、仕入先元帳、手形記入帳を使用していると仮定して、、、  日々の現金取引は、仕訳帳と現金出納帳に記帳しますよね。そのあとで、総勘定元帳の現金に転記する時、下記の(1)(2)のどちらでもいいのでしょうか? (1)現金取引が生じた都度、総勘定元帳の現金勘定に転記。 (2)現金出納帳に記帳された貸方、借方それぞれの合計額をまとめて(月1回など)総勘定元帳の現金勘定に転記。 また、(2)の場合、総勘定元帳へ転記したら、現金勘定の貸方・借方の摘要欄には何と書くのでしょうか。「現金出納帳」ですか? また、現金、得意先元帳、仕入先元帳以外の補助簿についても、現金の時の記帳方法と同じでいいでしょうか?

  • 簿記2級 特殊仕訳帳がわかりません

    特殊仕訳帳、仕入帳に 支払手形 岐阜商店  諸口に100,000が計上されています。 しかし解答では、仕入先元帳 岐阜商店には転記されていません。 これは何故でしょうか?

  • 仕訳科目

    勘定科目について教えてください。 自社で作った製品をおろし、入金はその3ヵ月後になるといわれた場合、科目は 借方 売掛金/貸方 売上高 としてきました。ですが、これでは製品を卸したことにはならないのでしょうか? 借方 売上高/貸方 製品 という科目が必要ではないのでしょうか? よろしくお願いします。