• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

青色申告者です。雇用保険加入について

現在、主人が青色申告者です。 去年までは「報酬」として給料をもらっていたので (所得税などの税金は全く引かれていません) 個人事業主として確定申告をしていました。 今年から給料をもらう会社が変わり 雇用保険に加入できるかもしれないのです。 所得税は引かれてくるらしいですが 健康保険、年金などは今まで通りです。 もし雇用保険に加入出来た場合 個人事業主ではなくなってしまうので (報酬ではなく給料になった場合) 青色申告は出来ないのでしょうか? 現在、私は専従者給与として98万円 もらっていることになっているのですが 専従者給与も、入れられないのでしょうか? 家賃、光熱費、通信費、交通費、作業着、接待費などの経費は 差し引けなくなってしまうのでしょうか? 以上3点、お手数ですがどなたか分かる方 教えていただけますようよろしくお願いしますm(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数593
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>ペンキ屋の業界では税金など一切引いてこないのでみんな確定申告しているそう… それなら、国税庁の法令解釈通達を参考にして、本当に「事業所得者」なのか、それとも「給与所得者」なのかご確認ください。 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/shinkoku/091217/01.htm 事業所得者なら雇用保険は関係ありませんし、給与所得者なら青色申告は関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>事業所得者なら雇用保険は関係ありませんし、給与所得者なら青色申告は関係ありません。 違いが分かりました。 助かりました。 本当にありがとうございましたm(_ _)m

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>報酬ではなく給料になった場合)青色申告は出来ないの… 青色申告ができるできない以前に、給与であれば会社が年末調整をするのが大原則で、年末調整があれば他の事由がない限り確定申告の必要はなくなります。 その前に、話がよく分からないのですが、 >去年までは「報酬」として給料をもらっていたので… >今年から給料をもらう会社が変わり… 具体的にどのような就労形態なのですか。 決められた時間に決められた場所に出向き、上司の指揮監督の下に仕事をしているのなら、雇用であり、もらうお金は報酬でなく「給与」でなければなりません。 社会保険料の事業主負担分を出し惜しんで、事実上は雇用であるのに給与でなく「報酬」を支払う会社が一部にあるようですが、これは偽装請負という違法行為です。 >現在、私は専従者給与として98万円もらっていることになって… 実際に仕事をしているのですか。 仕事をしているのなら、夫からではなくその会社からもらえば良いでしょう。 >交通費や作業着、接待費などの経費は差し引けなくなって… 給与であれば、実際の経費があってもなくても支給額のうちの一定割合を経費と見なす「給与所得控除」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm がありますから、個別の経費は原則として引くことができません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

mukaiyama様 ご回答ありがとうございますm(_ _)m >具体的にどのような就労形態なのですか。 塗装工で日給制です。 現場が出たら、そこに行って仕事をします。 >決められた時間に決められた場所に出向き、上司の指揮監督の下に仕事をしているのなら >雇用であり、もらうお金は報酬でなく「給与」でなければなりません。 上記のような形で仕事をしているのですが ペンキ屋の業界では税金など一切引いてこないので みんな確定申告しているそうです。 >>現在、私は専従者給与として98万円もらっていることになって… >実際に仕事をしているのですか。 帳簿付け、交通費の出金伝票入力などの 事務処理をしています。 >給与であれば、実際の経費があってもなくても支給額のうちの一定割合を経費と見なす >「給与所得控除」http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm >がありますから、個別の経費は原則として引くことができません。 URL参照しました。 丁寧に説明していただきありがとうございましたm(_ _)m

関連するQ&A

  • 青色申告とパートの雇用保険&社会保険加入について

    小額の青色申告とパートの雇用保険&社会保険加入について どなたかご教授下さい。 小額の青色申告とパートでの社会保険及び雇用保険についてです。 私は現在個人事業主として青色申告の開業届を出しています。 昨年はそれなりの収入があったのですが、今年に入り収入は激減し今現在までの収入は20万ほどしかありません。 なので現在は会社員の夫の健康保険の扶養になっています。今後の収入の見込みも3万/月程です。 そこでお聞きしたいのですが、年間の収入が40万程度でも青色申告でのメリットはあるんでしょうか?それとも白色の方がいいのでしょうか? あと、この先生活の為にパートに出るつもりでいるのですが、パート収入が年間90万を超えると個人事業主としての収入40万円を足すと130万を超えるので主人の健康保険の扶養から外れますよね? そうするとパート先で社会保険に加入するか国保になると思うのですが、いわゆる働き損ゾーンに入ってしまうんでしょうか?それでもパート先で社会保険に入るメリットはありますか? それからパート先で雇用保険に入るとなると、この先もしもパートを辞めた場合、個人事業主でも雇用保険はもらえるんでしょうか?失業保険受給の間だけ個人事業をストップして収入を0にすればいいのでしょうか? 箇条書きでまとめると、 1.小額の売上でも青色申告のメリットはあるのか? 2.自営に加えてパートした場合の収入アップによる社会保険または国保への加入のメリットデメリット 3.パート先で雇用保険に加入した場合の退職時の失業保険の受給資格について(自営の影響) を教えて頂きたいです。 自分なりにいろいろ調べたのですが、いまひとつ理解しきれません。 要するに自営とパートでうまくバランスをとって、損のない働き方をしたいのです。 自営収入が○○円ならパートは○○円にする、パートは○○以上稼がないと損、など具体例を出して頂けるとうれしいです。 今後パート先を探すためにきちんと理解してから進めたいと思っています。 どなたか教えていただけますでしょうか? 宜しくお願いします。 ※ちなみに今検討しているパートは、時給900円/1日6時間/週4日です。

  • 副業サラリーマンの雇用保険加入について

    私は現在サラリーマンとして企業に雇用されています。 それと同時に副業を行っています。 副業は個人事業主の届出を出しており、毎年青色申告で確定申告もしています。 収入は毎月数万円程度です。 いままで企業の方の雇用保険には加入していなかったのですが、今回加入が必要と言われました。 でも、個人事業主である私は仮に会社を辞めても失業保険の給付対象外となる認識です。 そうなれば雇用保険料は支払うだけ無駄かと思うのですが、この考えは間違っていますでしょうか。 また、こういった理由で雇用保険に加入しないということは問題ないのでしょうか。

  • 青色申告の売上

    個人事業主で青色申告を初めてする者です。 もらっている給与明細に、基本給、非課税通勤費、健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税とあります。 仕訳で売上に記載するのは、どの金額なのでしょうか。 基本給でしょうか。 調べながらやっていますが、頭に情報が入るほど、 どう仕訳をしていたらよくわからなくなってきました。 どなたかご教示下さい。

  • 青色申告の事業専従者控除について

    どなたか青色申告について教えてください。 夫の個人事業を今年から手伝っています。夫は青色申告をしているのですが、私の青色事業専従者給与の届出をするか、迷っています。私の給料は、所得税などが発生しないように104万円以下にしようと思っています。それでも、源泉徴収などの事務処理は必要なのでしょうか。 もし必要な場合、面倒なので、事業専従者控除の86万円で処理しようかと思っています。この金額は白色の場合と同じでこの控除をする前の所得を2(私以外は専従者はいません)で割った額と86万円の少ない方の適用なのでしょうか。

  • 青色申告の前職の仕訳

    青色申告の入力をしたいんですが 前職の給与の仕訳がわかりません 例えば、給与25万円(うち、健康保険料15000円、雇用保険料2000円、所得税3800円) どうかおしえて下さい<(_ _)>

  • 専従者給与を受ける者が青色申告できますか?

    私はこの7月から給与所得者(非正規雇用)になるのですが 1~6月の間は個人事業で収入があります。 因みに白色申告になります。これは青色申告の手続きが遅れた ため、今年は無理だそうです。 そして今までの事業を妻に引継いで貰う為に妻に4月から青色申告 の手続き及び開業届けをだしてもらいました。 そこで質問ですが、私の白色申告には妻に専従者給与を支払うように して、且つ妻は青色申告できるのでしょうか? 妻の今後の収入は、安定的なものでないので、可能性としては専従者給与以外は0になることも充分あります。 また、青色申告の手続きをしておりますが、今後収入が無ければ 確定申告しなくても良いのでしょうか? 以上 宜しくお願い致します。

  • 弥生の青色申告での給与仕訳について

    やよいの青色申告2009というソフトを使っている個人事業主1年目です。 この度従業員を初めて雇うことになり、給料を仕訳して記帳したいのですが、記帳の仕方が正しいのか心配になり質問させてもらいました。 例 月末締め 翌月5日払い 現金払い 10月の給与分  従業員給与92000円 雇用保険368円 所得税330円 支給額91302円の場合     貸方          借方       摘要 11/5 給料賃金 92000   現金  92000     月分給与 11/5 現金    368   預かり金 368     雇用保険 11/5 現金    330   預かり金 330     源泉所得税 と記帳すれば正しいのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 青色申告と確定申告

    青色申告特別控除と給与所得控除と両方申請すると税金はかからないのでしょうか。 例えば、事業の年収が98万円で経費は0円として給与年収が98 万円の場合には 事業年収98万円-青色特別控除65万円-基礎控除38万円=所得0円 給与年収98万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円=所得0円 よって所得0円なので所得税、住民税、国民年金は免除、国民健康保険料は7割減額で正解でしょうか。

  • 青色申告について

    建設業の個人事業主として、申告の方法を迷っています。 取引先になるのは、ほぼ一社で形式上は請負となります。 年間で300万強というところです。 材料はほとんどありません。労務費が主体となります。 この場合、取引先の従業員として、中建国保+厚生年金+雇用保険に加入して、給料をもらった方がいいのか。 個人事業主として、国保+国民年金で確定申告をしたほうがいいのか、わかりません。

  • はじめての青色申告

    青色申告に関して教えて下さい。 (1)開業時の諸届は済んでいますが、青色申告の時期はいつですか。 (2)青色申告の事業者としては、事業としての「青色申告」と個人としての「所得税確定申告」の2つの申告をする必要があるのでしょうか。 (3)これらの申告用紙は税務署から自動的に送ってくるのでしょうか。 (4)以上の点について明確に記載されたサイトはありますか。 よろしくお願いします。