• 締切済み
  • すぐに回答を!

青色申告とパートの雇用保険&社会保険加入について

小額の青色申告とパートの雇用保険&社会保険加入について どなたかご教授下さい。 小額の青色申告とパートでの社会保険及び雇用保険についてです。 私は現在個人事業主として青色申告の開業届を出しています。 昨年はそれなりの収入があったのですが、今年に入り収入は激減し今現在までの収入は20万ほどしかありません。 なので現在は会社員の夫の健康保険の扶養になっています。今後の収入の見込みも3万/月程です。 そこでお聞きしたいのですが、年間の収入が40万程度でも青色申告でのメリットはあるんでしょうか?それとも白色の方がいいのでしょうか? あと、この先生活の為にパートに出るつもりでいるのですが、パート収入が年間90万を超えると個人事業主としての収入40万円を足すと130万を超えるので主人の健康保険の扶養から外れますよね? そうするとパート先で社会保険に加入するか国保になると思うのですが、いわゆる働き損ゾーンに入ってしまうんでしょうか?それでもパート先で社会保険に入るメリットはありますか? それからパート先で雇用保険に入るとなると、この先もしもパートを辞めた場合、個人事業主でも雇用保険はもらえるんでしょうか?失業保険受給の間だけ個人事業をストップして収入を0にすればいいのでしょうか? 箇条書きでまとめると、 1.小額の売上でも青色申告のメリットはあるのか? 2.自営に加えてパートした場合の収入アップによる社会保険または国保への加入のメリットデメリット 3.パート先で雇用保険に加入した場合の退職時の失業保険の受給資格について(自営の影響) を教えて頂きたいです。 自分なりにいろいろ調べたのですが、いまひとつ理解しきれません。 要するに自営とパートでうまくバランスをとって、損のない働き方をしたいのです。 自営収入が○○円ならパートは○○円にする、パートは○○以上稼がないと損、など具体例を出して頂けるとうれしいです。 今後パート先を探すためにきちんと理解してから進めたいと思っています。 どなたか教えていただけますでしょうか? 宜しくお願いします。 ※ちなみに今検討しているパートは、時給900円/1日6時間/週4日です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1143
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

私も似たような状況によくなりますよ。 公式見解は他の方の回答にお任せするとして、実務的なお話をしますね。 私の経験では、所得税だけに気をつけて社会保険は主人の扶養に入り続ける、です。 所得税の103万円というラインはばれる可能性が高いですが、社会保険の130万円ルールは厳格なものではないです。 ですので、私の場合は所得が300万円を超えるぐらいまではずっと主人の社会保険の扶養に入ってます。 この10年、何もいわれたことがありません。というか気づかれないみたいですね。 ぴったりの文章がネットで落ちてました↓ http://www.cg1.org/knowledge/syotoku/090818.html 一番得なのは、社会保険は主人の扶養に入ったままで、所得税だけ気をつければいいんじゃないかなと思います。 ちなみに白色でいいと思いますよー 売上が500万円以下なら、白色のほうが目立ちにくいと思います。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#212174
noname#212174

長いですがよろしければご覧ください。 >…年間の収入が40万程度でも青色申告でのメリットはあるんでしょうか? 「青色申告特別控除」は、収入から必要経費を差し引いた「残額」から、【無条件で】「最大65万円or10万円」を控除できますので、「40万円-必要経費」がプラスなら、(税法上の所得金額が減るのですから)メリットがあると言えます。 なお、「青色申告の特典」は、「青色申告特別控除」だけではありませんので、「メリットがあるかどうか?」は「青色申告特別控除」だけでは判断できません。 >それとも白色の方がいいのでしょうか? 「白色申告の方がいい」というケースはほぼありません。 また、「平成26年1月」から「記帳・帳簿等の保存」が義務化されますので、「白色」にこだわる理由はほぼなくなります。 『白色申告と10万控除or65万控除の青色申告、どれを選ぶべき?』 http://www.blue-return.info/?p=673 『平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm >…パート収入が年間90万を超えると個人事業主としての収入40万円を足すと130万を超えるので主人の健康保険の扶養から外れますよね? 「被扶養者に認定するかどうか?」は、「健康保険の保険者(保険の運営者)の考え方次第」です。 そもそも、「自営業者」を「被扶養者」と認めない保険者も少なくありません。 (公文健康保険組合の場合)『Q9 自営業をしている妻の収入が130万円を超えた。』 http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/qa_minaoshi.html#box09 (大阪市職員共済組合の場合)『[PDF]個人事業者等の被扶養者認定の取扱いについて』 http://www.city-osaka-kyosai.or.jp/tanki/kojin.pdf 『けんぽれん>よくある質問』 http://www.kenporen.com/faq/index.shtml 『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/ 『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964 『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278 >…いわゆる働き損ゾーンに入ってしまうんでしょうか? ご存知のように「税金」は「所得の増加に応じて増える」ものですから、基本的に「働き損」はありません。 一方、「損」になるのは、「将来の保障」「万一の保障」が、「健康保険の被扶養者」&「国民年金の第3号被保険者」とほぼ同じ、「市町村国保の被保険者」&「国民年金の第1号被保険者」になる場合です。 ・健康保険の「被扶養者」…保険料負担なし ・国民年金の「第3号被保険者」…保険料負担なし ・市町村国保の「被保険者」…所得に応じて保険料算定 ・国民年金の「第1号被保険者」…保険料は「定額」 (協会けんぽの場合)『保険給付の種類と内容 』 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/sbb31700/1940-252 『保険給付の種類―国民健康保険の3種類の給付』 http://kokuho.k-solution.info/2009/02/post_25.html 『~年金が「2階建て」といわれる理由~』 http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html 『第1号被保険者』(と関連リンク) http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152 --- また、ご主人が「家族手当」のような「上乗せの給与」を支給されている場合は、「支給条件」次第では損になります。 【仮に】、「配偶者が健康保険の被扶養者であること」という条件の会社の場合は、「家族手当」がなくなります。 >それでもパート先で社会保険に入るメリットはありますか? 上記の通り、「職域保険の被保険者」は、「将来の保障」「万一の保障」が、手厚くなります。 『職域保険(被用者保険)』 http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA 『障害年金』 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3225 『障害年金の制度をご存じですか?がんや糖尿病、心疾患など内部疾患の方も対象です』 http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201201/2.html 『年金の受給(遺族年金)』 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3228 >…もしもパートを辞めた場合、個人事業主でも雇用保険はもらえるんでしょうか?… 「ハローワーク」の(職員さんの)判断次第です。 「雇用保険」は、「求職している人の生活」をバックアップするための「保険」ですから、「求職せざるを得ない状況」なら支給されるべきものです。 しかしながら、「自営業」は、「自由業」でもありますから、「会社員」のように明確な線引をするのが難しいので、「ケース・バイ・ケース」にならざるをえないということになります。 『ハローワークインターネットサービス>基本手当について』 https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html >>雇用保険の被保険者の方が、定年、倒産、契約期間の満了等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。 >>受給要件 >>1.ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。(及び「2.」にもあてはまること) >…1.2.3. 上記の通りです。 >…具体例を出して頂けるとうれしいです。 「判断材料がまだ不足している」ことと、「個人の考え方次第」なのでとても難しいです。 ***** (参考情報) 『国税庁>簡易な質問や相談の窓口』 http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm 『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15) http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html 『税務署が親切』 http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html 『税務署は意外と親切』 http://dorobune.chips.jp/?p=155 『ご意見・ご要望に対する取組』 http://www.nta.go.jp/kohyo/kocho/keijiban/01.htm 『大阪国税局からのお知らせ>記帳の仕方がわからない方へ』 http://www.nta.go.jp/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm 『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』 http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html 『青色申告会に行ってきた!』 http://tax.f-blog.org/QandA/Aoiroshinkokukai.html 『全国商工会連合会>相談したい』 http://www.shokokai.or.jp/somu/main_soudan.htm ※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。 --- 『労働保険とはこのような制度です』 http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html 『[PDF]雇用保険に加入されていますか~労働者の皆様へ~』 http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/roudousha01.pdf --- 『強制適用事業所・任意適用事業所』 http://www.otsubo-office.jp/article/13344891.html 『適用事業所と被保険者』 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962 >>…パートタイマーであっても事業所と常用的使用関係にある場合は、被保険者となります。常用的使用関係にあるかどうかは、労働日数、労働時間、就労形態、勤務内容等から総合的に判断されます。 ※不明な点はお知らせください。 ※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>年間の収入が40万程度でも… 収入 = 売上の多寡はどうでも良いです。 今年中の「(事業) 所得」はいくらほど見込めますか。 >青色申告でのメリットはあるんでしょうか… >1.小額の売上でも青色申告のメリットはあるのか… 赤字を出した年の損失繰越とか、30万円までの一括減価償却、家族に払う給与が経費になるなどのメリットはそのまま有効です。 まあ、「(事業) 所得」が、住民税の基礎控除額である 33万を超えないのなら、青でも白でも税金面では何も変わりませんけど。 >個人事業主としての収入40万円を足すと130万を超えるので主人の健康保険の扶養から外れますよね… 社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。 お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。 本当にそのような計算方法で良いのか正確なことを、夫の会社、健保組合にお問い合わせください。 >2.自営に加えてパートした場合の収入アップによる社会保険または国保への加入の… メリットデメリットの問題ではなく、夫の会社・健保組合で跳ねられるのかどうかの確認が先です。 跳ねられるとしても、ご自分の会社が社保適用事業所なら自分で社保に加入する以外の選択肢はありませんし、社保の条件を満たさないのなら国保・国民年金となります。 自由に選べるものではありません。 >3.パート先で雇用保険に加入した場合の退職時の失業保険の受給資格について(自営の影響… 自営業を続けたままなら、パートを辞めても失業するわけではありません。 >要するに自営とパートでうまくバランスをとって、損のない働き方をしたいのです… 働いて損することなどありません。 税や社会保険料を上回るだけ稼げば良いだけの話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 青色申告者です。雇用保険加入について

    現在、主人が青色申告者です。 去年までは「報酬」として給料をもらっていたので (所得税などの税金は全く引かれていません) 個人事業主として確定申告をしていました。 今年から給料をもらう会社が変わり 雇用保険に加入できるかもしれないのです。 所得税は引かれてくるらしいですが 健康保険、年金などは今まで通りです。 もし雇用保険に加入出来た場合 個人事業主ではなくなってしまうので (報酬ではなく給料になった場合) 青色申告は出来ないのでしょうか? 現在、私は専従者給与として98万円 もらっていることになっているのですが 専従者給与も、入れられないのでしょうか? 家賃、光熱費、通信費、交通費、作業着、接待費などの経費は 差し引けなくなってしまうのでしょうか? 以上3点、お手数ですがどなたか分かる方 教えていただけますようよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 副業サラリーマンの雇用保険加入について

    私は現在サラリーマンとして企業に雇用されています。 それと同時に副業を行っています。 副業は個人事業主の届出を出しており、毎年青色申告で確定申告もしています。 収入は毎月数万円程度です。 いままで企業の方の雇用保険には加入していなかったのですが、今回加入が必要と言われました。 でも、個人事業主である私は仮に会社を辞めても失業保険の給付対象外となる認識です。 そうなれば雇用保険料は支払うだけ無駄かと思うのですが、この考えは間違っていますでしょうか。 また、こういった理由で雇用保険に加入しないということは問題ないのでしょうか。

  • 個人事業主の副業の雇用保険加入

    現在、個人事業主として事業収入を得ています。 個人事業主は雇用保険には加入できませんが、この程副業でアルバイトすることになり、個人事業を続けたまま新たに雇用されることになりました。 アルバイト先の事業所で社会保険、雇用保険の加入が義務付けられました。 現在の国民保険から社会保険への加入変更は問題ないようですが、雇用保険加入はどうなるのでしょうか?個人事業主である以上やはり加入できないのでしょうか?

  • 雇用保険、社会保険の加入時期

    4月途中で採用になったパートさんがいます。 既に4月分の給与(9日、58時間)を支払ってしまった後で雇用保険、社会保険加入申請が来ました。 雇用保険、社会保険への加入は4月に遡り行ない、5月の給与から4・5月分の社会保険料、雇用保険料を控除する必要があるでしょうか。 5月からは週40時間勤務の予定です。

  • 雇用保険や社会保険について

    パートで8時間働きたいのですが,雇用保険や社会保険は未加入でも構わない,といっても,雇用側は,強制的に加入しなければならないのでしょうか?

  • 青色申告(個人事業)の社会保険加入について

    教えて下さい。現在、青色申告で事業をしております。 妻は、専従者として勤務しております。 従業員が15名ほどいるので、個人事業ですが、社会保険に 対象従業員含めて社会保険加入をさせようと思います。 ここで相談なのですが、従業員であれば、毎月の給与から計算し、保険料を折半するのは理解しているのですが、 私(事業主)と妻(専従者)の場合は、どうやって保険料を計算するのでしょうか?私と妻、父、子供は、全員国保に加入しております。 事業で社会保険に加入すれば、私たち家族も自分の事業で社会保険加入することができますか? 後、長文ですみません。国保の場合、確定申告の時に 控除を受けられますが、もちろん厚生年金、健康保険に加入した場合も 同額の控除を受けることができるでしょうか

  • 青色申告しています。社会保険に入っても大丈夫でしょうか?

    個人事業主で青色申告しています。このたび、会社に就職の話が舞い込み、社会保険に加入できるとのことですが、入っても大丈夫なのでしょうか?会社のほうは拘束時間が少ないため、個人事業のほうはこれからも続けて行きたいと考えています。ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

  • 青色申告専従者と社会保険

    サラリーマン収入のほかに、不動産収入があり、来年度より青色申告に変更し、妻を青色申告専従者として申請しようと思います。今までは私の配偶者控除を受けていましたが、来年度からは受けれなくなりますが、妻の年収を130万以下にした場合、私の会社の社会保険の妻の分は継続できないのでしょうか?税金と保険は連動するものなのでしょうか?どなたか教えてください。

  • 青色申告の際の社会保険控除について

    昨年8月に脱サラして、青色申告事業主として開業しました。家内は青色申告専従者として届け出済みです。 今回はじめて青色申告を行うのですが、その際事業主としての自分と、給与所得としての家内の2人分それぞれ行う必要があると思います。ちなみに自分は7月までサラリーマンだったので、給与所得+事業所得の申告を行います。 で、社会保険控除に関してですが、8月以降国民健康保険と国民年金(¥13300×2名)を払っていますが、家内分の国民年金分を自分の確定申告の中に組み込んで控除しても構わないのでしょうか? ちなみに家内の総収入は80万で給与所得控除65万から差し引くと、15万の給与所得となり、確定申告する必要がないと思いますが、やはり確定申告が必要ですか? 以上2点について、回答をお願いします。

  • 60歳以上のパート勤務の社会保険・雇用保険

    週20時間のパート勤務を超えると,社会保険に加入しなければなりませんが,62歳を過ぎたパート勤務の場合,もう既に60歳から社会保険を受給しており,60歳以上の人材を雇用すると雇用者側は,補助金を受けることができます。 62歳を過ぎたパート勤務の場合,社会保険た雇用保険の加入はどうなるのでしょうか?