• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

人工甘味料:アスパルテームの人体への悪影響について

人工甘味料=アスパルテーム=パルスイート=ニュートラ・スイートとも呼ばれる人工甘味料ですが人体に悪いと確認されてますが日本では、なぜ禁止されないのでしょうか? 日本でもダイエット飲料・チューイングガムなど約600品目に使用されています。なかでも、チューイングガムにいたっては、アスパルテームの全く入っていないガムをコンビニエンスストアで探すのは、至難の業です。ほとんどのキシリトールガムにもアスパルテームは混ぜて使用されています。 ハリー・ワイズマン博士がアスパルテームが猿7匹に投与したところ1匹が死亡。 5匹がてんかんを起こしました。 アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、単体で摂取すると両方とも脳細胞(ニューロン)を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが判明しているのです。 アメリカ人俳優のマイケル・フォックスがダイエット・ペプシを飲みすぎてパーキンソン病になったのは有名な話です。 妊婦が食べると奇形児が生まれることもあります。 アスパルテームを禁止している国もありますが日本は、なぜ禁止にならないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

その理由を明らかにするためには、 日本とアメリカの結びつきについて、 日本にとってのアメリカではなく、 アメリカにとって日本は何であるのかを知らなければなりません。 日本が独立した国家だと信じているのは、実は日本人だけなのです。 日本は依然としてアメリカの植民地であり、アメリカのお財布です。 人工甘味料だけでなく、人工アミノ酸、遺伝子組み換え作物、 うつの薬と称した多くの薬品、ワクチン接種など、 すでに膨大な研究結果により害があると分かっているものであっても、 日本はそれを国家レベルで禁止にすることはできないのです。 それは何を意味するかというと、 アメリカ政府の命令に忠実な人々が官僚組織を牛耳っているということなのです。 つまり彼らにとって大事なのは自分のことだけであり、 国民の健康がどうなろうと知ったことではないのです。 それはかつての長く続いた自民政権が、 産科や保育所、そして国民の生活を圧迫した結果、 日本の人口が減少傾向に向いてしまった「成功例」に見ることができます。 これはアメリカ政府による自民党への「命令」であったのです。 政府やお役所が市民のために働いていると思うのは妄想です。 ですから私たちは、自分の知り得たことをできるだけ多くの人々にも知らせ、 そういうものを買わないように、あらゆるワクチン接種をしないように、 知らせなければならないと思います。 そしてお金が欲しくて政治家になりたい人や、名誉欲に駆られた人ではなく、 真に国民の声を代弁することのできる「高潔な人」を 私たちは育てなければならないのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 1965年にアメリカのサール社の研究員によって発見された人工甘味料で、当初甘さは砂糖の180倍~200倍でなんとカロリーは砂糖の20分の1。いち早く情報をキャッチし、即座に動いたのが味の素だそうです。 毒性があるのにこの白い粉はビジネスとして発見と同時に販売が決まっていたとか。 早い話、味の素が買収したらしいです。 厚生省の認可自体が違法で、無知な消費者がターゲットとなり未だ世の中にはびこっているのが現状のようです。 >すでに膨大な研究結果により害があると分かっているものであっても、 日本はそれを国家レベルで禁止にすることはできないのです。 同感です。1番酷いのは抗がん剤ですね。医者は、絶体使わないそうです。 ただの毒ですからね~

関連するQ&A

  • 人工甘味料=アスパルテーム=パルスイートについて

    あと、ニュートラ・スイートとも呼ばれる人工甘味料ですが人体に悪いと確認されてますが日本では、なぜ禁止されないのでしょうか? 日本でもダイエット飲料・チューイングガムなど約600品目に使用されています。なかでも、チューイングガムにいたっては、アスパルテームの全く入っていないガムをコンビニエンスストアで探すのは、至難の業です。ほとんどのキシリトールガムにもアスパルテームは混ぜて使用されています。 ハリー・ワイズマン博士がアスパルテームが猿7匹に投与したところ1匹が死亡。 5匹がてんかんを起こしました。 アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、単体で摂取すると両方とも脳細胞(ニューロン)を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが判明しているのです。 アメリカ人俳優のマイケル・フォックスがダイエット・ペプシを飲みすぎてパーキンソン病になったのは有名な話です。 妊婦が食べると奇形児が生まれることもあります。 アスパルテームを禁止している国もありますが日本は、なぜ禁止にならないのでしょうか?

  • アスパルテーム(人工甘味料)について教えてください

    人工甘味料を使用しています。 気になる店からメルマガをとっているのですが、自然食品を販売する店からこのようなメルマガが来ました。 「ダイエットコーラなどの甘味料や、ファーストフードのコーヒーのシュガー、あなたは使ってませんか? 人工甘味料を使っていませんか?危険ですよ!」 それで、「人工甘味料」や「アスパルテーム」を検索すると、良くない情報が目立ちました。 友人からギフトで人工甘味料をもらったばかりなのですが、これらの記事が気になって 使用ストップしています。 この人工甘味料 アスパルテームは、何か安全だと証明される発表のようなものはありましたでしょうか? やはり危険な食品なのでしょうか? くれた友人の気持ちはありがたく受け取ってます。 ただし、今後、家族の健康のこと、安全な食品について真面目に考えたいと思っているので、皆さんから学ばせていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 人工甘味料は細菌のエサになりますか?

    ペプシNEXとかコカ・コーラ ゼロとかに入っている人工甘味料は 人間の口や腸にいる細菌のエサになるんでしょうか? ↓がペプシNEXやコカ・コーラ ゼロなどのゼロカロリー商品に含まれている人工甘味料です。 ステビア スクラロース アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物 アセスルファムカリウム エリスリトール

  • 【化学・人工甘味料の】ステビア、スクラロース、アセ

    【化学・人工甘味料の】ステビア、スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物が使われている代表的な商品を教えてください。

  • 人工甘味料の安全性

    人工甘味料の安全性を知りたいのですが、ノンカロリーまたはダイエット…と表示されている清涼飲料水などに入っているアスパルテームなどはどうなのでしょう?少し金属のような味(metallic taste)がするという人もいますが、サッカリンのようなリスクはないのでしょうか。 人工甘味料の普及にともない、そのリスクを消費者が知る必要性も高くなっている気がします。

  • 人工甘味料が引き起こすアレルギーについて

    最近、お菓子やジュースなどの成分表示を見ると、 食品添加物として、スクラロース・アセスルファムカリウム・ アスパルテーム・L-フェニルアラニンなどといった人工甘味料が使われているのをよく見ます。 実は、僕には人工甘味料にアレルギーがあるらしく、 これらを摂取して1~2時間程度するとかゆみが出てきます。 特にスクラロースは、少量摂取しただけで、体中にじんましんがでます。 (他の食べ物でじんましんが出たことはありません。花粉症はあります。) これらの添加物はなるべく摂取しないようにと心がけていますが、 最近は、店などで出される洋菓子などにも利用されているようで、 入っているとわからず食べてしまい大変な思いをした経験があります。 このところの物価の値上がりで砂糖の価格も同様に上昇しています。 その結果、いっそう多くの食品に人工甘味料が使われるようになるのではと懸念しています。 このような症状に悩まされているのは自分だけなのでしょうか。 同じような経験がある方は、是非教えてください。 また専門家の方がいらしたら、長期的に見て、 このようなアレルギー反応をどう治療していけばいいか、 アドバイスをよろしくお願いします。m(_ _)m

  • カロリーが低い甘味料の中で危険の疑いがないものがあれば教えてください。

    アスパルテーム、フェニルアラニン、チクロ、サッカリン等の甘味料にはなんらかの障害の疑いがあると聞きました。エリスリトール、キシリトール、ステビア、スクラロースなどのカロリーが低い甘味料の中で危険の因果関係がまったくないものや安全性が極めて高いと言える物はありますか?ダイエットのために大量に摂取するかもしれないので、もし知っている方がいましたら是非教えてください。お願いします。

  • ダイエットコーラはダイエット中に飲んでも大丈夫?

    ダイエットする予定ですが甘いものも好きです。 前から疑問でしたが「コカコーラ」や「ペプシ」のゼロカロリー商品って本当にゼロカロリーなんでしょうか?というかダイエットしている人間が飲んでも大丈夫なものなんでしょうか? 成分表示を見てみると「甘味料」のところに ・アスパルテーム ・L-フェニルアラニン化合物 ・アセスルファムカリウム ・・・というのが入っているようですね。 ようは、お茶やブラックのコーヒーのように飲んでも肥満に影響しないものなのか、と言うことが知りたいと思います。 ちなみにこんにゃくゼリーも甘いですがコレはダイエットしている人間が食べても大丈夫なイメージですが、コレは正しい認識でしょうか?

  • カロリーオフ?気にしない?

    皆様はどちらですか? 例えば炭酸飲料で、 ・カロリーオフ重視(人工甘味料使用) ・本来の味重視(人工甘味料不使用) カロリーオフとかゼロが美味しくないと批判したいのではなく、単にどちらを選んでますか?(炭酸飲料以外でも) 私はカロリーオフ系はほとんど買わないです。 アスパルテームなどを使った飲料は、独特の後味が舌に残る感じがして、苦手です‥。 ついでで教えて下さると嬉しいです。(書かなくてももちろん大丈夫です) ・コカコーラ派? ・ペプシコーラ派? よろしくお願い申し上げます!

  • 虫歯予防のガムの内容成分について

    最近虫歯予防のガムとしてキシリトールガム等がありますが、そのガムには内容成分として (1)マルチトール (2)キシリトール (3)アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物 (4)リン酸-水素カルシウム (5)ペスペリジン 等が含まれていますが、(1)-(3)は人口甘味料として使用されていて、(5)は?ですが、これらは摂取することで逆に虫歯になる可能性とかはないのでしょうか?((2)は大丈夫だとは思いますが・・) また、(4)(5)は何のためにガムに含まれているのでしょうか? (4)はカルシウムの補給の為? ご存知の方教えてください。