• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

厚生年金の離婚後の年金受領問題について

現在は、離婚した妻へ年金は支給されませんが、改正後 支給できるようになるようですが、改正案を知っている方 よろしくお願いします。(知識として知っていたいのと良く質門されるので)

noname#6698

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数392
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kimu88
  • ベストアンサー率61% (188/305)

◇厚労省の案◇  サラリーマン家庭の専業主婦は保険料負担を求められないが、年金は基礎年金部分(40年加入で月6万6000円)に限られている。見直し案は、厚生年金の保険料を夫婦で納めたことにして報酬比例部分を折半する考え方。  個人単位にして給付と負担の関係を明確にするのが狙い。世帯ごとの受給額は変わらない。夫婦が共に65歳になった時点で分割する案が有力。  まだ正式に決定したわけではないと思いますが、これは「夫婦の財布は一緒」的な考えで、もし離婚した際には支給分も半分づつにしましょうという案です。(結婚時の財産は二人の財産なので、離婚時には折半するのと同じ考えです。)  年金に関してはさまざまな問題が先送りになっていますが、近いうちに、離婚するなら年金の計算もしてから、、なんていう事になりそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答有難うございます。今後共改正案について 注目していきたいと思います。

関連するQ&A

  • 厚生年金についてまとめて教えてください

     厚生年金について色々と調べました。しかし、「改正前はこうだったでも改正後はこうなった」と書いてありました。さまざまな場合について細かく書いてあり、私には理解しきれないので、次の3点について教えてください。 (1)支給金額について(計算方法など) (2)支給開始年齢について (3)支給(開始)の手続きの仕方 (1)については特別支給の老年齢厚生年金(報酬比例部分)と(定額部分)の2つがあるらしい。この違いがよくわかりません。計算方法を教えてください。 (3)どこで、どんな書類を書けばいいのでしょうか。そして、どこに何を持っていけばいいのでしょうか。 知り合いのおじさんについては以下の通りです。 ・生まれは昭和19年です。 ・民間のサラリーマンです。 ・20歳から今まで払いつづけている。 どうか教えてください。

  • 厚生年金

    最近いわゆる熟年離婚をしたもの(男)です。 離婚の条件として厚生年金を50:50に分割することにしたのですが、年金受給後もし私が死亡した場合、その時点で私に妻がいれば、妻への遺族年金も50:50に分割され、その時点の妻と別れた妻に支払われるのでしょうか?要は、私が死亡しても別れた妻への年金は妻が生きている限り保障されるのでしょうか?

  • 厚生年金、このような場合は・・・

    こんにちは 以下の場合はどちらが適用されるのでしょうか。 妻は国民年金を受給中(ただし繰り上げ支給) 夫は厚生年金を受給中。 そのご夫が他界。。。 その後、妻は国民年金が停止となり遺族年金の方を受け取ることが出来るのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • teinen
  • ベストアンサー率38% (824/2140)

 昭和62年頃だったでしょうか,国民年金の第3号被保険者というのができたのは。  それ以前は,サラリーマン家庭の専業主婦の方が将来自分も年金が欲しい場合は,任意で国民年金に加入することができました。しかし,任意加入でしたので,国民年金を支払っていないサラリーマン家庭の専業主婦が離婚した場合,無年金になってしまうので,これを救済するために,サラリーマン家庭の専業主婦は年金保険料を支払わなくても国民年金に加入していることにしようということになりました。この財源確保のため,厚生年金や共済年金の支給額が切り下げられました。  このときは,本人の支給額が切り下げられても,専業主婦も年金が貰えるようになりましたので,家庭の実収支が大幅に下がるということが少なかったわけです。    現在は,サラリーマンの夫も専業主婦も国民基礎年金が貰えるのですから,話題になっているのは,厚生老齢年金や共済老齢年金,つまり上乗せ部分を夫婦で折半にしようという案が有力のようです。  ただ,夫婦に年齢差があって,一方が年金受給年齢に達してない場合はどうするの?とか,結婚する前,離婚した後の分まで折半しなくちゃいけないの?とか。具体的な細部についてはまだ詰まっていないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答いただき有難うございます。具体的な細部がまだ詰まっていないようですね。今後共改正案について注目して いきたいとおもいます。

  • 回答No.3
noname#9283

いわゆる「国民年金の第三号被保険者」に対する批判をかわすための妥協案です。 保険料を払っていないのに年金がもらえるのはおかしいが、今から徴収し始めると 選挙に勝てないので、夫婦で年金を分割することにして肝心な部分をうやむやにし てしまおうという、そういう案です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答していただき、有難うございます。今後共よろしく おねがいします。

  • 回答No.2
  • asuty
  • ベストアンサー率26% (5/19)

現在は、年金受給権の分割は認められておらず、妻は訴訟で夫の厚生年金から支払いを求めるしかありません。分割が可能になれば、離婚後の女性の老後生活の安定に役立つことになります。ただ、自民党内には離婚を助長しかねないとの批判もあるようです。 具体的な案としては (1)婚姻期間中の厚生年金保険料納付記録の分割を離婚時に限り認める。 (2)納付記録を基にそれぞれの受給額を決定。 (3)分割は厚生年金(報酬比例部分)だけとし、基礎年金は影響しない。 分割請求を離婚の成立から何年後まで認めるかという点や、年金分割の上限を二分の一とするかなどについは、これから協議するようです。 今後、具体案を詰め、今国会提出予定の年金改革関連法案に盛り込む方針です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速の回答有難うございます。参考となりました。 具体案は、まだきっまてない部分が多いようですね。

関連するQ&A

  • 離婚者の婚姻時の厚生年金受給についてです。

    5年前協議離婚した元妻から法律改正で申請すれば最高50%の厚生年金部分を受け取る権利がある。という申し出で、承諾しないなら裁判すると言われ、しぶしぶ判子押しました。法律改正は知っていてまだ先のこととあきらめました。しかし年金受給時が近づいてくるし、年金定期便の自分の年金額の極端な低さに、最近恐怖を覚えています。一度了承してしまったものを少しでも取り戻す方法はないものなのでしょうか?後、彼女が新たな婚姻をした場合でもその厚生年金は彼女が受給し続けるのでしょうね?なにか近いアドバイスでもあればお聞かせ願いたいです。よろしくお願いいたします。

  • 離婚時の厚生年金について

    54の母が、24年連れ添った父(55)に別れを求められています。 会社員だった父は、家には殆どお金を入れてくれず、ギャンブルなどで多額の借金を背負いましたが、その時は退職金を返済にあてることで乗り切りました。その当時から別居が長く続きました。会社を退職した後に、母の偽造印鑑を利用して勝手に会社を興し終いには倒産し、1ヶ月ほど失踪しました。現在は愛人と思われる人の下で、父の兄弟がお金を工面していると思われます。 祖父からの遺産と、こつこつ貯めた小額のお金がある母に比べ、父は事実上無一文です(父の実家には財産はあるのですが)。そして、「すぐに離婚しないのなら、裁判を起こして財産を折半する」と言っています。 2007年まで待つと、法律改正で、離婚しても妻が厚生年金の一部をもらえるということなのですが、直ぐの離婚を求められ、どうしていいかわかりません。 厚生年金を折半することについては、今のところ父の同意は取れているのですが、いつ気持ちが変わるか分からないので公正証書にしておきたいと思っています。 このような公正証書を作成することは可能なのでしょうか。 どうぞアドバイス宜しくお願いします。

  • 国民年金 厚生年金について

    お世話になります。 厚生年金は60歳から支給されますよね?。金額は分かりませんが、これは何も手続きをしなくても放っておけば支給されるのでしょうか?。またはこちらから請求しなければならないのでしょうか?。 また、一昨年のことなのですが年金定期便で、国民年金が満額で年約77万円支給されると知らされたのですが、私には過去に会社勤務時代にちょうど20年の婚姻期間があります。(6年前に離婚しました。) 国民保険は元妻に半分渡されるのですが一昨年、年金定期便で年約77万円支給されるとうい連絡が来たということは、本当に年に約77万円を支給されるのでしょうか。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 厚生年金の受領について

    今年、A社を定年となります。定年延長はなく、週3日の派遣扱いとなります。 給与は30万ほどですが、厚生年金には加入しません。 他のB会社で、週2日勤務の仕事を誘われています。 給与は10万ほどですが、厚生年金の加入はOKと言われています。 年金受領予定額は10万ほどです。 この場合、 A社では、必須加入要件をはずれ、給与に関係なく年金を受給できると考えています。 B社では、給与が10万ですので、厚生年金加入の月額が低く、且つ、受給年金額+B社給与(月額報酬額にするとさらに下がる)<25万なので満額年金を受給できると考えています。 そう考えていいのでしょうか? それとも、 受給年金額+A社給与(月額報酬額)+B社給与(月額報酬額)<25万が満額年金支給要件となるのでしょうか? それぞれの会社に回答をしなくてはならず、よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金

    知り合いの悩んでることなのですが・・・ 夫の死亡・・・厚生年金の掛け年数9年あまり(国民年金はなし) 妻は年金受給するには、66歳まで掛け続けること 遺族年金その他夫からの年金は一切当てはまらず(もらえない) よって 夫の掛けていた年数はムダ捨てか? 妻の年数に加える事が可能か? その他の支給可能性はあるか? との事です。 もし詳しい方いたら教えていただけたら幸いです。 文章力なくてすみません。宜しくお願いします。

  • 昨年妻と離婚し、その際厚生年金を50:50で分割することにしたのですが

    昨年妻と離婚し、その際厚生年金を50:50で分割することにしたのですが、将来離婚した妻が私より先に亡くなったら私は満額厚生年金をもらえるのでしょうか? また、将来私が離婚した妻より先に死んでも妻には厚生年金が支払われるのでしょうか?

  • 厚生年金受給額について教えてください

    たびたび申し訳ありません。 先日年金について投稿した者ですが、まだよくわからないことがありますので再度質問させてください。 私は現在フリーター(アルバイト)をしているのですが、過去に会社員をしておりました。その際、31年間厚生年金に加入しておりました。 会社員時代の年収はばらつきがあるものの500~600万円です。この場合60歳から支給される厚生年金はだいたいいくらくらいいただけるのでしょうか?。ちなみに31年間の間、ちょうど20年間結婚をしていました。 国民年金は離婚していてもしていなくても年間80万円近くいただけることは分かったものの厚生年金については受け取ることができる金額が分からないでいます。 もし元妻が厚生年金の支給を申請しなければ私はいくらくらいの厚生年金を受け取ることができるのでしょうか?。 また、元妻が厚生年金の受け取りを申請した場合、私はいくらくらいの厚生年金をいただけるのでしょうか?。 二つも質問してしまって恐縮しておりますが、元妻が厚生年金の受け取りの申請をした場合と、受け取りの申請をしなかった場合の私が受け取る厚生年金の金額はいくらくらいになるのでしょうか?。 だいたいで構いませんので教えてください。(無知で申し訳ありません。) どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 厚生年金

    厚生年金に何ヶ月以上加入してれば将来年金を支給されますか? 例えば1ヶ月とか2ヶ月とか3ヶ月だけ加入してたら少しでも年金が支給されるのですか?詳しい金額を教えて下さい。

  • 離婚したら主婦の厚生年金ってどうなるの?

    素朴な疑問です。離婚した場合、主婦の厚生年金ってどうなるんですか?たとえば、15年で離婚して、しばらく独身として未納期があり、後で再婚なんて事になった場合、どのような計算がなされて65歳からの支給金額が計算されるのでしょう?離婚暦がある場合と無い場合で大きな差があるものなのでしょうか?最近何かと話題になっていることなので、勉強された人教えて下さいな!

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?