• 締切済み
  • 困ってます

布基礎スペースを利用しスタジオをDIYで造るには?

現在DIYにて自宅ログハウスの半地下を音楽録音スタジオにしようと画策中です。 傾斜地に立っているので、布基礎の部分でスタジオスペースが確保出来るからです。 断熱材と防湿シートを何に使用か思案中です。 因に標高1000mの山中湖の森の中なので、一年を通して湿度は20~80%と幅が広く 気温も-20℃~摂氏28℃位とこれまた幅が広いです。 コスト的な物も考えて、グラスウール系かスタイロロフォームにしようと思っていますが、 スタイロフォームの方が湿気を通さないが、グラスウール系の方が安価である様な事を聞きました。また、防湿シートをちゃんとすれば、グラスウールでも良い様な事も聞きました。 壁の厚さ(断熱材)は200mmくらい取ろうと思っていますが、安価かつ効果的な断熱材と防湿シートをご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?? 又、エアーコンプレッサーと釘打ち機、それにハンマードリルはプロ用の物を買いました。根太や壁の木、床、天井等をどう言う所に気をつけて施工して行けば良いでしょうか アドバイス宜しくお願い致します。 動画はこれからスタジオにしようとしている半地下のスペース。01:37 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数613
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4
  • CC_T
  • ベストアンサー率47% (1033/2186)

建築士でも何でもない趣味人からの一意見ですが、動画を拝見して何点か。 1)開口対面に5m程度先に隣家の窓が見えている。防音に気を使うべきではないか。 2)基礎とログの接する所に100mm角程度の開口がある。そこを塞ぐことになるが、ログの排水など影響はでないのか? 3)気密が高くなるでしょうから、換気にも気を使うべき。 4)照明工事は?(電気工事士資格必要) 5)湿気対策必須。 基礎のコンクリートからは打設後10年近く湿気が出ると聞きますし、GWやウレタンハメこみ断熱のみでは隙間から室内側の湿気を伴った空気がコンクリ面まで届き、結露による不具合が出る恐れが高いように思います。 防湿シートを張り巡らせても、防湿シートの合わせ目や隙間をシールしていく手間コストを考えると、吹付を頼む方がいいように思いますし、シールに穴があっったり防湿シートの内側で結露ってことを考えると、やはりコンクリ側の断熱は吹付が良いと思います。 以上の考えから、 外-コンクリ基礎|気密断熱層|断熱吸音層|有孔ボード|フェルト材-室内 の形でどうでしょうか。 渡りが狭いので天井を支える強度はさほど考えなくてもよさそうですね。例えば… ・1×6をアンカーボルトとL金具で基礎に固定して間柱とする。間隔は有孔ボードのサイズに合わせて。 ・床は有孔ボードってわけにいかないので合板のサイズに合わせて2×4を固定。 床の凹みには端材やゴムを敷いて対応。  合板薄いなら根太間隔は狭く。防音は敷物でカバーする。  ・壁面、床面とも100mm程度、ウレタン吹付断熱をする ・床面は合板を打ち付け。 ・壁面はさらに内側に断熱兼吸音用としてロックウールや古紙由来の断熱材または綿布団などを入れ、有孔ボードを間柱にねじ止め。 ・とどめに表面にフェルト地の内装材を打ち付け。 ・天井側はログの床面でしょうから、吹付含めて断熱省略できるかな?階上への音漏れ気にしないならフェルトを打ち付けるだけで済むかもしれませんね。天井張るならログ底から60cmほど離して張って、天井裏にも断熱材を入れれば吸音効果が増して反響を抑えられるでしょう。 ・窓は二重窓+防音用の厚手のカーテン、あるいは必要に応じて厚手のフェルト張りの合板などで塞げる構造。 ・扉も薄いものは断熱・防音ともに期待できないので、底にキャスタつけてでも重厚な扉で、周囲はゴムパッキン2重張り。ロックもきっちり閉められるように保冷トラックや冷凍室用のものを流用。 ・換気は内面にフェルトなどの吸音材を張ったダクトの先に換気扇。熱交換器経由で外気を導入。 これで内部の反響も外部への音漏れも相当軽減できるのではないでしょうか。 やりすぎですかね? でも昼夜どれほど音を出されるつもりか知りませんが、楽器の練習音などは興味のない者には結構不快なんですよね。 あと、安全上からこの狭い部屋にストーブ入れるのは…。階上など別部屋から断熱ダクトで温風を引っ張ってこれないものでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 壁断熱材について

    現在工務店にて新築の仕様を決めているところです。 壁面の断熱材は、標準ではグラスウールを使用することになっていましたが、グラスウールは採用したくなかったため、他の断熱材を提案できないか確認しました。 すると代替品としてスタイロフォームを提案されたのですが、壁の断熱材としてスタイロフォームを使用することは一般的なのでしょうか?実績はどれくらいあるのでしょう? また、壁の断熱材としてスタイロフォームを採用された方などいましたら、感想などを教えてください。 今のところ工法は内断熱、厚みは40ミリとしています。

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 回答No.3

同じお金をかけるなら下地を組んでウレタンを吹いてもたいして価格面で変わらないが ウレタンが密着している分、結露の心配がなく断熱に優れています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

立派なRC構築物への内装と考えた方がピッタリです。 外的条件からコンクリート内表面に結露が発生する確率は極めて高いでしょう。 そういった場合に、グラスウールは水分を中に蓄える可能性がありますので、お勧めできないのでは。 (また施工に内側の壁板との間に隙間が出来ると、断熱効果は低下します) 防湿シートは水分の含みやすさを考慮して内側と外側を分けてお選びになっても良いと思います。 その他のポイントでは ・開口部が広いのでその対策として、二重窓などの採用を御検討下さい。 ・室内の暖房は石油系の場合は燃焼ガスが屋外に出ること。(水分の発生) ・その他水回りの部屋とは隔離的構造が良い。 ・除湿機・エアコンの設置ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイス有り難うございます 防湿シートですが、細かい粒子を通すものや完璧に水分を遮断する物や色々ありそうなので、どう考えれば良いか少し考え込んでしまっておます。 窓はペアガラスを利用しようと考えています。 暖房は以前からうちにあるFF式石油ストーブと薪ストーブを設置しようと考えています。 意外に山中湖は湿気と温度差で悩ませられます。

  • 回答No.1
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10621)

まさか、これ以上壁を壊して広げるわけじゃないですよね。 これだけスペースがあれば、ナカガワニ3mかける3mかける3mくらいの部屋ができそうですよね。 録音スペースの中ではドラムとか、ベースとか、ソオイウノヲ鳴らすのですか?。 ちゃんと、窓つけて、ドアがつけてあれば、外には、それほど響かないのでは、と思います。 工法をツーバイニスルノカ在来で、太い柱二、溝をつけて、組み付けられるか考えてください。 在来だと軸組みをする必要があり、素人だと、5センチ以上の柱の軸組は、かなり大変だと思います。 ツーバイナラ、以外と簡単に、長いビス、70ミリくらい、90ミリも使うけど、材木の縦横の組み合わせ方がイメージできれば、作れますよ。作りたい面積の床を作り、壁はコンパネとツーバイデ、組み立てたのを。ナガメノビスデ、立てて行くだけだから。 大きな、大きな箱を作るイメージですよね、自分は小屋を2小作り、シーカヤックのこやを作り、カヤックの収納ボックス、長さ4mとか作りましたが、それでも、在来の杉の柱に、溝は作れませんよ、軽トラック中古があると便利だよ。 私は庭いじりように、ミニパワーショベルまで持っていますよ。 でも、外に作れるなら、外の方が作りやすそうな気はしますけどね。 私なら、ツーバイコウホウヲお勧めします、金具は使っても、使わなくても、結構丈夫なものができますよ、予算に応じてですよね。 シンプシンの金具がたくさん入ればめちゃ丈夫だけど、以外と、予算にかかってきます。一人で作るのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こんにちは アドバイス有り難うございます。 作業は全て一人でやります。 ツーバイ工法は溝(軸組み)を造らなくて作業が出来るのですか? それだと簡単ですね。 問題はその時の防湿シートですが、軸組の前に張ってしまうのが一般的でしょうか? 3軒の工務店から見積もりを取ってみましたが、 この地方だとペアガラスのサッシは、当然の様です。 工務店の料金を見てびっくりしました位ですから、予算は出来れば控えたいですね。

関連するQ&A

  • 床の断熱増量の方法

    現在、床の断熱材の増量を考えています そこで質問なのですが、現在、床下にはカネライトフォームの55mmが入っており根太の太さが58mm程度なので入れるスペースがありません。そこで大引きの間に入れようと思うのですが、いくつか心配点があります。 まずは、大引きの間に発泡系の断熱材を入れると根太を下から塞ぐことになるので、湿気の逃げ道がなく夏場など木から出た湿気で腐らないか心配です。また、グラスウールでも防湿シートつきでは同様になるような気がしますが、 私が今、考えているのがグラウールを敷き詰めてタイベックス等の防風透湿シートではりあげて大引きとの間に取り付けるというものです この場合防湿シートについては無視しても大丈夫でしょうか? どうも防湿ラインについてよく分かりません このような方法で何か問題があるでしょうか?どなたか教えてください

  • 真壁和室の断熱

    現在木造軸組工法にて家を新築中の者です。 断熱材は高性能グラスウール16kgの120mmを使っておりますが、和室を真壁にて作るので、断熱を入れる厚さが75mm程度となっており、大工さんから同じグラスウールを使うと厚さが足りない分、断熱性能が和室のみ落ちてしまうことになるので、他の断熱材も検討してみてはどうかと言われました。 そこで、同程度の断熱性能をとれるスタイロフォーム(3種)を入れようかと考えたのですが、充填断熱にスタイロを使う際に注意する点があればご教授いただけないかと思い投稿させていただきました。 場所は岩手県で、和室の位置は北西の角の部屋になりますので本来は一番気を使うべきところと考えていましたが、自分だけの考えではうまくまとまりませんので、色々ご意見いただけますようお願いします。 壁の構造は、外から外壁・通気層・透湿防水シート・ダイライト・断熱材・調湿シート・石膏ボード・内装となっています。

  • 温暖地に壁内防湿シートは必要ないですか?

    家を新築する予定ですが、工務店に温暖地では壁体内結露はほとんどないので、防湿シートは必要ないということですが、これは信じてもよいのでしょうか。壁の仕様は外から、 鋼板+ダイライト+通気層+防水透湿シート+断熱材+せっこうボード+珪藻土 です。防湿シートは断熱材とせっこうボードの間に入れる必要があると思っているのでしょうがいかがでしょうか。ちなみに4の地域です。

  • 断熱材の施工方法

    いつも参考にさせていただいております。 新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。 工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。 先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。 断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。 手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。 気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。 この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。 現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。 この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。 一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。 防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。 おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。 また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。 残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。 これって大丈夫でしょうか?? 大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか?? ご意見お願いします。

  • 1階車庫上の断熱材の施工について

    断熱材の防湿面について 1階が車庫でその上に和室を作るのですが、車庫の天井の断熱材に グラスウール100ミリを使用しています。 断熱材の防湿面(この面を室内側にして下さいと書かれている面) が車庫側に向いています。室内側は上にあたるのですが これは問題ないのでしょうか? また、和室→ベランダとつながっており、車庫の天井がベランダ下まであります。この場合ベランダ下にも断熱材は必要なのでしょうか? 分かりずらい説明で申し訳ありませんが、回答お願いします。

  • 断熱材の施工

    我が家(在来工法の新築)で断熱材(グラスウール)の施工が始まりました。断熱材の品名(マットエース)が分かりましたので早速どんなものなのかで調べてみましたら、施工方法の悪い施工例(防湿シートの耳を間柱の見附ではなく横に留め付ける http://homepage.mac.com/headswill/glass/manual/sekou6.htm )で施工されていることが分かりました。この場合、どういった問題が起こるのでしょうか。正しく施工し直してもらうとすると、断熱材および付属の防湿シートが傷むような気がするので、是正するにしてもどうしてもらうのが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 防湿シートは必要ない?

    只今建築中です。業者の説明によると、壁になる部分、OSB合板を張った上に気密テープを張り、断熱材を張って、またその上に気密テープを張り、本来ならその上に防湿シートを張って胴ぶち→外壁材となると思っていましたら、OSB合板→気密テープ→断熱材→気密テープ→胴ぶち→外壁材と、防湿シートは必要ないと説明されたのですが、同じその業者の他の現場ではちゃんと防湿シートを使っているんです。何で差別をするのかわかりませんが、問題はその防湿シートがない状態でも気密の方は大丈夫なのかと不安です。どうぞ、宜しくお願いします。

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。

  • 防音、グラスウール、遮音シート

    現在自宅を建設中ですが、先日の打ち合わせで、部屋と部屋の間の壁にグラスウールや遮音シートが入っていない事に気が付きました。現場監督に問い合わせた所、トイレ周りと風呂周りだけグラスウール、遮音シートが入りますとの事でした。リビングには、床暖房も入れていますが 床暖房には、グラスウール等の断熱材は必要ないのでしょうか? 一般的には、壁や、床にグラスウールや、遮音シート等の断熱材は入れないのでしょうか?入れる場合は、別料金に成るのでしょうか?別料金になるとすれば、料金は幾ら位かかるのでしょうか?部屋はすべて洋室で、8畳、6畳4部屋、LDK25,6畳で床暖房は12畳です。よろしくお願いします。