• ベストアンサー
  • 困ってます

壁断熱材について

現在工務店にて新築の仕様を決めているところです。 壁面の断熱材は、標準ではグラスウールを使用することになっていましたが、グラスウールは採用したくなかったため、他の断熱材を提案できないか確認しました。 すると代替品としてスタイロフォームを提案されたのですが、壁の断熱材としてスタイロフォームを使用することは一般的なのでしょうか?実績はどれくらいあるのでしょう? また、壁の断熱材としてスタイロフォームを採用された方などいましたら、感想などを教えてください。 今のところ工法は内断熱、厚みは40ミリとしています。

noname#90960

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4992
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>壁の断熱材としてスタイロフォームを使用することは一般的なのでしょうか? 外貼り断熱にはよく使われますが、充填断熱では一般的に使いません。 充填断熱で最も肝心な事は断熱材と内壁の下地材(石膏ボードなど)を隙間無く突きつけることですが、その為には断熱材の面を内壁を固定する柱や胴縁にピッタリ合わせてやる必要があります。(間柱の間に填め込むだけではダメです) 例えば旭化成で販売している”サニーライト”等の商品ではタッカー留め用の”耳”が付いているので施工が出来ますが、何も加工が施されていないスタイロフォームそのままでは、内壁側に突きつける充填は難しいでしょう。 特に工事経験のない大工ならば、手に負えるような代物では無いような気がします。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。 私もスタイロフォームを外断熱に使用していることはよく聞いていましたが、充填断熱に使用している例を知りません。 施工方法などについて、詳しく確認したいと思います。

関連するQ&A

  • 断熱材

    新築注文住宅建設を予定してます。 契約はこの1ヶ月でする(したい)予定。 現在1社、木造従来工法で無垢材使用の工務店を話し合いをしております。 たまたま契約前に他社も見てみようと今日完成見学会のようなところに行ったのですが、そこで高気密、高断熱、24時間暖房、換気のファース工法というものに出会いました。実際、家の中は暖かく快適でした。 質問ですが、現在話し合いをしている工務店は断熱材としてグラスウールを使用、今日見てきたファース工法のHMの断熱材は樹脂を内側から外に向ってスプレーするタイプでした。 グラスウール断熱材だと壁内で湿気によってたわみを起こしカビの原因にもなると聞きました。実際、グラスウールだと見えない壁内は湿気が起こりすぎるとこういった問題がおこるものなのですか?それとグラスウールは旧世代断熱材になってきているのでしょうか?

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

そうですね、断熱材としてはグラスウールよりポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)の方が熱伝導率が低く良いかも知れませんが、施工の際は木軸にあわせてカットし、はめ込んでいくという作業になります。 長所としてはグラスウールより断熱性能は高いです。 短所としてはカットしてはめ込んでいく為木軸の間にスキマができる(グラスウールも同様) 現場発泡硬質ウレタンフォームはご存知ですか? この製法は現場で直接、壁に断熱材を吹き付ける作業になりますので木軸のスキマはなくなります。そして断熱材では熱伝導率が一番低く現場吹付け発泡による断熱工事だから可能な、複雑な構造の住宅でも隅から隅まで隙間なしに施工できます。更に強力な自己接着力の効果により空隙のない一体化した住宅の断熱構造ができるので非常に気密性に富んだ最高レベルの断熱効果を発揮します。 自己接着力の相乗作用で住宅構造材と一体化することにより住宅そのものの構造強度も向上し、地震による耐震性にも効果がありますし、防音効果も兼ね備えています。 気になるところですが施工値段は一番高くなりますが、 暮らしていく上での光熱費は省エネルギー効果絶大なので格段と差が出てくるのは言うまでもありません。 一度ご相談されてはいかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 まだ仕様の決定までには時間がありますので、次回打ち合わせの時にでも確認してみます。

  • 回答No.3
  • tom0014
  • ベストアンサー率31% (192/605)

うちは充填断熱としてスタイロフォーム (正確にはスタイロエース)を採用しました。 屋根、床も含む。 最初グラスウールを薦められましたが壁の厚さが 限られたためグラスウールより性能が良いという 理由からです。 基本的に3×6板のサイズですから現状の間柱巾に合わせて その場でカットしているようでした。 ただ実際の現場を見ていないのでどういう施工をしたのか わかりませんが多少難があっても壁内結露はしないような 構造にしましたし、断熱に関しても複雑な構造はないので 欠損は最小限と思われます。 確かに施工は難しいかもしれませんが気密テープ等を 利用しておこなえば性能は確保できると思います。 お願いする工務店にどの程度実績と施工方法を 確認してみたらどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な経験談ありがとうございました。 実績と施工方法について、詳しく確認してみようと思います。

  • 回答No.1

スタイロフォームを含むポリスチレンフォームは断熱材としては、一般的です。ただ、断熱材としては高価なほうにはいるので、戸建ての多くにはグラスウールが圧倒的に使用されるケースがおおいです。戸建てでは床下断熱におおく使われます。マンションでは屋上や1階床下に使われます。(断熱材としては30年以上前から使われています) 長所・短所でいうと、長所は、断熱性能がいいためグラスウールと同じ断熱性能を出す場合、薄くて済むということ、板状のためグラスウールのような垂れがでにくいこと。水、湿気に強いことがあります。 逆に短所としては高価。板状であるため複雑な部位にグラスウールのように押し込めないこと、隙間ができないようにするのに気を使うなどがあります。 ただし、きちんとした施工であれば、グラスウールを使ってもスタイロフォームを使っても生活実感にほとんど差は感じられません。(同じ厚みなら熱伝導率で、断熱性能を単純比較できます。伝導率が2倍なら断熱性能は半分しかない)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございました。 隙間や複雑な部位への施工については、後日工務店へ確認してみようと思います。

関連するQ&A

  • 断熱材について

    いま新築を建ててもらっています。 現在日本中が、グラスウール不足で工務店さんに別の断熱材を提案されました。 吹付け断熱材か羊毛断熱材です。 まず吹付け断熱材は(アクアフォーム)か(フォームライト)の2種類が出来ると言われました。 調べてみたら、アクアフォームの評判があまりよくないようで…。 フォームライトの方が良いみたいです。 そこで、フォームライトと羊毛断熱材では、どちらの方が良いのでしょうか?? ネットの口コミを見ているかぎり、全く分からなくなってしまいました…。 メーカーさんに直接聞いても、良いことしか言われないので…。 コスト的には、両方とも同じくらいだと聞いています。 皆様、よろしくお願い致します。

  • 断熱材について

    以下の断熱は性能としてはどうでしょうか。 ●天井  高性能グラスウール14k155m(遮熱タイプ)  気密シート ●壁  高性能グラスウール14k85mm(遮熱タイプ)  気密シート  遮熱シート ●床  グラスウール32k80mm 最近は、グラスウール以外にも高性能な断熱材が多いそうですし、 外断熱もおしている工務店も多いです。 上記の、グラスウール+内断熱って古臭い気がするのですが いかがでしょうか。 うちは、寒いのが大嫌いで、冬は暖かな家でできれば半そでくらいで 過ごしたいです。

  • 断熱材について詳しい方

    はじめまして 現在建築条件付の土地を購入して建物を建築中ですが、売り建てで自分の希望など取り入れたプランで2階がリビングとなっており夏の暑さ対策として断熱材の種類と厚みで悩んでいます。 工務店の設計者は考えた事が無いので壁と一緒のグラスウール55ミリで施工予定です。と言うのですが、スタイロホームの方が断熱性能も良いし壁体内結露も起こらないので良いと聞き、床下はスタイロホームに替えて欲しい希望を言ったら厚みの話はしていなかったので30ミリの施工をされていました。 これから施工予定の壁及び天井面は何ミリくらいがいいのでしょうか?又、グラスウール、ロックウール、スタイロホームの性能を分かりやすく比較したHPは無いものでしょうか? 詳しい方、いろんな意見をお願い致します。 ただ、火事の時はどれでも一緒と考えていますので断熱性能や耐久性能などのご意見をいただければ幸いです。 宜しくお願い致します

  • 断熱材

    住宅の断熱材にグラスウールを使用する場合、一般的に厚み何ミリを選べばいいんでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 断熱材について

    このたび新築することになり、標準仕様の断熱材をグレードアップして、 グラスウール T100 16kgにしましたが、先日の打ち合わせの時に工務店側から 仕入れの関係から、T105 14kgにして頂けませんか?と相談がありました。 金額はどちらも同じ値段で、断熱性能はどちらも一緒だと言われました。 そこで疑問に思ったのですが、同じ金額で同じ断熱性能ならば、変更する意味があるのか? と思いました。 もしかして、仕入れ値がT105 14kgの方が、工務店としては利益が多くなるけれども、 私には値引きせずに儲けようとしているのではないかと・・・・ 本当に、グラスウール T100 16KGとT105 14KGでは、断熱性能は一緒なのでしょうか? ご教授お願い致します。  

  • 断熱材の厚みについて

    現在、埼玉県内で次世代省エネ仕様で新築住宅を 住宅メーカーにお願いして建てていただいておりますが、 壁の断熱材の厚みが違うような気がしたので、質問してみました。 使用されている断熱材は、マットエースプラスと書かれており、 ネットで調べたところ、厚みが85mmで、高性能 グラスウール16K、熱抵抗2.2m2・K/Wでした。 一方、次世代省エネ基準というのをネットで調べたところ、 IV地域で、充填断熱工法の場合、高性能グラスウール16Kだと 壁の断熱材の厚みは、90mmとなっていました。 わずか5mmですが、足りないように思いますが、 基準をクリアしているのでしょうか? それとも、熱抵抗だけクリアしていれば、次世代省エネ基準 と言えるのでしょうか? 以上、参考になるご意見等いただければ助かります。 (参考)当方の住宅条件は、下記のとおりです。 木造軸組工法 IV地域

  • 断熱材 グラスウールと発砲ウレタンについて

    今月中旬に上棟し2月完成予定で家を建てているものです。 断熱材にグラスウールを予定していましたが、昨今のグラスウール不足で入荷のめどがたたず、発砲ウレタンへの変更を提案されています。 費用については、工務店側もちということで話が進んでおり結果的にはいい買い物をしているような感じですが、屋根の断熱材についてはすでに、予定していた発砲ウレタンではないものをとりつけているのでそれをそのまま使用して発砲ウレタンは壁のみに使用する予定です。 発砲ウレタンにする場合、通常は屋根にも吹き付けるそうなので我が家のような方法は何か問題がないのか心配です。 工務店の担当の方は、屋根断熱は普通の断熱材で壁が発砲ウレタンでも問題ないといっていますが、実際はどうなんでしょうか? 家の建築や断熱材について詳しい方がいらしたら、この方法で問題があるかどうか教えていただけないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 輻射断熱材について

    教えてください。 お気に入りの工務店の断熱材は 「断熱材は基本的にはポリスチレンフォーム系の物(30mm)と表面をアルミ箔でコートした輻射断熱材を併用しています。輻射断熱材は6mmあり外部を全て覆い外断熱を行います。 厚みは薄いですが宇宙服とおなじで輻射熱線を反射するため断熱効果は大きく、また重量が軽い為外断熱を行う際外壁面軸組に与える負担が少ないものと考えています。」 との事。気密測定とかしてなく、どれだけの性能がでるかわかりません。 これとよく似た断熱材を使用されていて住んでいる方の意見などを聞きたいのですが・・ 輻射断熱を使用する工務店は少ないかと思います。 ここは北陸です。北海道ほど寒くないですが、私はとても寒がりです(^^;) もうひとつお気に入りの工務店は水発泡ウレタンで気密性を保ち、2重通気層です。どちらにしようか悩むとこです・・

  • ポリスチレンフォームとグラスウールの断熱材

    在来工法の36坪の家を建てる予定です。 地元の小さな工務店に依頼するため何かと不安な面があります。 まず断熱材ですが、天井に50mm、10kグラスウール、それから壁に25mmのポリスチレン系断熱材を利用すると図面には書いてあるのですがこれで十分な断熱を確保することが出来るのでしょうか? 床には断熱を利用しないということだったのですが、こちらからお願いして床(べた基礎)にも取りあえず、断熱材を入れるようにはお願いしました。 今月契約予定ですので、心配を解消して購入の契約したいと考えています。ヨロシクお願いします。