• 締切済み
  • すぐに回答を!

新築の壁の構造、防湿シートについて

建築に詳しい方に教えてください。 新築中の我が家の壁についてですが、室内側の石膏ボードと断熱材ロックウールの 間には防湿シートが貼られておりません。ロックウールは袋に入っておりますが、 その袋が破れているものや、狭いところに入れるために切断しておりその切断面は ロックウールがむき出しになっております。又、耳が付いていないものなので ロックウールの袋で隙間無く覆っている状態ではありません。 ここで質問なのですが、そもそも石膏ボードと断熱材の間に湿気た空気が通るものなのですか? 通るとしたら床面からの風ですか、石膏ボードを通って裏面に湿気がいくのですか? もし、そこに防湿シートがなくロックウールに湿気が入った場合、カビや劣化などが起きたりするのでしょうか? (どうなるのか教えてください。) 防湿シートは無くても大丈夫なのでしょうか? 一般的には防湿シートを貼るものなのでしょうか? それとも高気密、高断熱の家仕様で無い場合は貼らないものでしょうか? 色々教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1041
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (97/234)

(1)湿気は通ります。 それぞれの材料には「透湿抵抗値」と言う数値があり、 この数値が大きいほど湿気を通しにくいのですが、 石膏ボードの様な材料では、ほとんど遮る事も無く 室内の湿気が壁の中へと簡単に侵入するのです。 この湿気がロックウールの様な「繊維系断熱材」に 入らない様に設けるのが「防湿シート」の役割なのです。 (2)先ほどの回答で石膏ボード程度の材料では 湿気が壁の中に入るのは理解してもらえたはずですが、 カビや劣化については、家の「建築場所」がとても重要なので 大まかで良いので建設地域を教えてください。 寒冷地(北海道や北東北)であれば「防湿シート」がなければ 確実に「壁体内結露」から家が腐りますが 温暖な地域(東京よりも西の地域で平地部分)であれば 確実に湿気(水蒸気の事ですが)は入っていますが そもそもの結露の発生量が少ないので、大きな問題にはならないのですよ。 「結論」: 建築場所によっては大きな問題点にも、あるいは何とかなる問題点にも 納まるものなのですよ。 「補足」があれば「追記」が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 場所は福岡県です。 石膏ボードと断熱材の間に防湿シートが無く、ロックウォールがむき出し部分がある場合、ロックウールの中に湿気が入るので中でカビが発生したり、劣化しますよね。不安です。大丈夫でしょうか?

関連するQ&A

  • ロックウールと防湿シート

    初めて相談する者です。過去の断熱材の質問を拝見しましたがも少し詳しく教えてください。今新築を考え地元の中小工務店と契約しています。断熱・気密について公工務店に聞いたところ、ロックウール100mmのみで防湿シートは必要ないといわれました(結露はそんなに問題ないとの返事)。ロックウールと柱の間には気密テープをはるとは言っていましたが。本当に大丈夫なのでしょうか?またロックウールを梱包している袋(耳みないなのがついているものもあるみたいですが)が防湿の袋なら防湿シートをはらなくても大丈夫なのでしょうか?詳しく教えていただけると幸いです。

  • 防湿シートは必要ない?

    只今建築中です。業者の説明によると、壁になる部分、OSB合板を張った上に気密テープを張り、断熱材を張って、またその上に気密テープを張り、本来ならその上に防湿シートを張って胴ぶち→外壁材となると思っていましたら、OSB合板→気密テープ→断熱材→気密テープ→胴ぶち→外壁材と、防湿シートは必要ないと説明されたのですが、同じその業者の他の現場ではちゃんと防湿シートを使っているんです。何で差別をするのかわかりませんが、問題はその防湿シートがない状態でも気密の方は大丈夫なのかと不安です。どうぞ、宜しくお願いします。

  • 防湿シートの位置について

    お世話になります。 友人の所有する小屋(約20畳)があるのですが これを改装してアトリエにしようってなってリフォームに挑戦しています。 現在の壁の構造は外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板となってます。 柱の間には断熱材を入れました。 合板が格好良い感じで、当初これで十分満足してたんですけど 断熱材を入れると防湿処理しないと駄目ってネットに書いてありました。 使用した断熱材はボードタイプで防湿シートは付いてないです。 この場合、断熱材のすぐ内側に防湿シートを貼るみたいなんですが すでに構造用合板を貼ってしまっています。 接着剤も付けて板を貼ってしまった為、これを剥がすのは大変です。 そこで構造用合板の上からシートを貼って、その内側にもう一度柱を作り、その上から石膏ボードを貼ってみようってなりました。 つまり2重の壁みたいな構造になります。 防湿シートは隙間とかあると駄目とのことで、このやり方なら合板がフラットなので頑張れば貼れそうだし、もう一つ内側の石膏ボードからコンセントとかを付けるのでシートに穴も空かないだろうという意見になったからです。 なので計画としては 外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板⇒防湿シート⇒柱⇒石膏ボード となっています。 ここで質問なのですが、構造用合板の上(内側)から防湿シートを貼って何か問題あるでしょうか? もしくは貼らなくても大丈夫でしょうか? ちなみに構造用合板は9ミリです。 自分達の住居ではありませんが、どうせなら後悔しないようにやりたいと思ってます。 ものすごく素人っぽい質問で大変恐縮ですが、プロの方の意見をお聞かせください。 宜しくお願いします。

  • 回答No.3

ご質問の内容は、典型的な内断熱ですね。 ご質問の内容から、問題は施工精度・施工管理が出来ていない事。 断熱方式に関係なく、早急に不良施工の断熱材施工の是正を HMへ要求してください。問題外の施工をしています。 また、ロックウールではなく、グラスウールの間違いではないですか? 概略は (1)(内断熱)  外装材+PB+防湿シート+断熱材+内装材 (2)(外断熱) 外装材+断熱材+防湿シート+柱内空間+内装材 実際は施工金額により、通気層とかW断熱や室内側防湿シート施工など 色々な仕様になります。 単純な断熱の考え方ですが・・・ (夏)                   (冬) 外壁      断熱  室内・冷房  外壁     断熱  室内・暖房    高温・多湿       低温・低湿  低温・低湿       高温・多湿         ↑                    ↑       ここで結露               ここで結露 条件として、断熱材で完全に断熱したモデルです。 ボイルシャルルの法則から、気温と湿度の関係は比例しますので、 断熱材の外側で温度が切り替わると理想値で考えれば、断熱材の 外側で温度が切り替わるために、そこで温度差による水分の飽和が起き 結露を起こす訳です。 また、重要な条件として、空気の流通がない気密が保たれている事。 法律で定められている事は、単純に断熱材の性能だけです。 施工精度が高ければ、断熱や気密の性能は向上します。 単純なモデルで説明しましたので、ご理解できない・疑問などあると思いますが、 ご容赦ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

住宅支援機構の仕様書の防湿材の施工という項目に「グラスウール、ロックウール(中略)その他これらに類する透湿抵抗の小さい断熱材を使用する場合は、防湿材等を室内側に施工して防湿層を設ける」とあり、防湿材の設置を省略できる場合の例として、「断熱層が単一の材料で均一に施工され、透湿抵抗比(断熱層の外気側表面より室内側に施工される材料の透湿抵抗の合計値を、断熱層の外気側表面より外気側に施工される材料の透湿抵抗の合計値で除した値)が、次の値以下である場合。  (イ)I及びII地域で、壁は4、屋根又は天井は5  (ロ)III地域で壁は2、屋根又は天井は3  (ハ)IV及びV地域で、壁、屋根又は天井は2 とあります。昔と違って、今は断熱、防湿、気密を同時に考えるのが普通です。外壁の内部側の透湿抵抗が低いと、室内で発生した湿気が壁の中に入り込み壁内結露を起こす可能性があるので、上記のような記述があるのです。室内側からは、壁の中に湿気が入りにくく作り、外壁の外側は、壁内の湿気が抜けやすく作るというのが今の考え方です。透湿防水シートは、この考え方の一部であり、もう一方の機能を満たすものではありません。施工者に説明を求めて、上記の計算をしてもらって、数値を満たしているかの確認をしてもらうのが良いのではないでしょうか。住宅支援機構の仕様書はフラット35を利用するしないにかかわらず、日本で建築される住宅の標準的仕様と考えて差し支えないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございます。 もし防湿シートが無かったら石膏ボードの裏が結露してその面やロックウォールがカビたりふしょくしてしまうのですかね?まずいんでしょうね。一回機会をみてHMに聞いて見ます。

  • 回答No.1

>室内側の石膏ボードと断熱材ロックウールの間には防湿シートが貼られておりません。 外壁側には透湿防水シートが貼られますが、 内側には通常は貼られないと思います 切断面等でロックウールがむき出しになること自体はさして問題ではありませんが 出来るだけ、隙間なく覆った方が断熱性能は上がります ただ、耳無しの製品を使われているとの事で 劣化による断熱材のタレが気になります(解決方法までは分かりません。すみません) 壁内の換気については 外壁材と柱の間に少し隙間を空け、そこで空気を通す方法が良く使われます 外側から、 外壁材:隙間(胴縁や固定金具):透湿防水シート:柱面:断熱材(柱厚の部分):石膏ボード となります 外気が隙間を通って抜けるとき、断熱材部分の湿気を透湿防水シートを通して乾かす感じですね 高気密、高断熱仕様の場合は壁内も気密にする事がありますが そうでない場合は、必ずしも防湿シートを内張りする必要はないと思いますよ ただし、設計内容を良く確認してください 設計時点では有る物が、建設時点で抜かれていたのであれば問題です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答をありがとうございました。 内側に防湿シートが無く、しかも断熱材がむき出しの部分もあるので心配しておりましたが、あなた様のご回答で問題ないことが分かりましたので安心できました。ご丁寧なご意見をありがとうございました。

関連するQ&A

  • 防湿シートについて教えてください

    現在住宅をリフォーム中です。今回改築にあたり蓄熱暖房機を導入する予定ですが、高気密高断熱仕様するにあたり防湿シートを断熱材に張り合わせますが、防湿シートを張ることでシックハウスや結露の発生が心配ですが防湿シートをはらずに蓄熱暖房機をいれて十分効果があるのでしょうか。ちなみに私の地区は次世代基準でいうところのII地区にあたります。宜しくお願いします。

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 温暖地に壁内防湿シートは必要ないですか?

    家を新築する予定ですが、工務店に温暖地では壁体内結露はほとんどないので、防湿シートは必要ないということですが、これは信じてもよいのでしょうか。壁の仕様は外から、 鋼板+ダイライト+通気層+防水透湿シート+断熱材+せっこうボード+珪藻土 です。防湿シートは断熱材とせっこうボードの間に入れる必要があると思っているのでしょうがいかがでしょうか。ちなみに4の地域です。

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。

  • 断熱材の施工方法

    いつも参考にさせていただいております。 新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。 工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。 先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。 断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。 手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。 気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。 この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。 現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。 この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。 一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。 防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。 おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。 また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。 残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。 これって大丈夫でしょうか?? 大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか?? ご意見お願いします。

  • パーフェクトバリアがネオマフォームに(長文)

    在来内充填断熱工法、構造用合板なし、通気工法、防湿気密シートなし、で建築中です。 過去にも質問させていただいたものですが、タイトル通り、今日、現場へ行ったら、パーフェクトバリア10k100ミリがネオマフォーム45ミリに変えられ、充填され始めていました。 パーフェクトバリアは耳を手前につけないといけないのですが、場所によっては(補強壁をいれたり、コンセント、筋交い・・・)耳がうまく付かず、石膏ボードとの間に隙間ができてしまうのを心配していたので、現場監督が、同じ断熱性能のネオマフォームを切って柱の間に当てはめ、回りを気密テープで止める方が、石膏ボードとの間に隙間ができなくきれいに納まる、と提案してくれていました(金額は変わらず) もともと高気密高断熱を施工している会社ではなく、私も中気密中断熱くらいが良いと思っているので、単純に断熱材の交換という事で、気密シートはつきません。(それでも、音が響いたり、パーフェクトバリアよりも、気密は高まるそうですが。本当なのかしら・・・?) 最初、棟梁が、補強の下地(手すりなど)を入れるために、ネオマを充填した後、柱に胴ぶちを打ち、その間に下地を入れ、そして胴縁の上に石膏ボードをつけると言っていました。つまり、15ミリ、壁がふかされるという事です。 下地のために壁がふかされるのはなんだかなぁという思いと、断熱材(ネオマ)と石膏ボードの間があいてしまうのはまずいと思い、ネオマの室内側に直に石膏ボードをつけてくださいと頼みましたところ、え?くっつけちゃっていいの?”と言われ、正直不安になっています。 気流止めは、”やらなくても、そんなに空気は流れないよ”、と言われているので、それならば、石膏ボードと断熱材の間に隙間が無い方が結露が起きないと思っているのですが、どうなのでしょうか?   それから、普通、発泡系断熱材のある面に手すりなどの補強下地をつける場合、どうやっているのでしょうか?  筋交い、コンセントまわりの発泡系断熱材施工はどのようになっているのでしょうか?

  • DIY 畳からフローリング 防湿シート施工位置

    こんにちは。 今回築35年の古い木造住宅の 畳をフローリングにDIYしようとおもいます。 たくさんインターネットや本で調べたのですが、 書いてあることがまちまちで困っております。 1、古い基礎根太の下は土です。 2、そのうえに30ミリの根太を30センチ間隔で張る予定です。 3、その根太の間に断熱材 4、その上に防湿シート 5、その上に12ミリコンパネ 6、床を張る この方法であっているのか?ということと、 一番気になるのが防湿シートの施工位置です。 施工位置を間違えるとかびが生えるとか。。 日当たりが悪く、湿気の多い部屋です。 防湿シートの位置を間違えると恐ろしいことになるんではないかと 心配です。 皆様、防湿シートの正しい施工位置教えてください!! よろしくお願いいたします!

  • 教えてください!布基礎防湿シートについて

    別荘として使う家を布基礎で施工したのですが 引渡しからたった3ヶ月で和室の畳がカビてしまいました。 畳をめくって見ると下の床も湿ってカビていました。 湿気の多い所なので 今となってみれば ベタ基礎で施工すべきだったと後悔しています。。。 がっくり。。。 基礎の防湿シートの敷き方?工法について教えてください。 床下を開けて見ると 土の上に直接防湿シートが敷かれています  そして、シートが隅々まできっちり敷きこまれているのではなく  ひとまわり小さいものが置かれているといった感じです。 特に何かで押さえてあったりしていなく…まるで10畳の部屋に8畳用のカーペットを置いたような状態になっています。(それぞれの基礎の間に) このような周りに土が見えてる敷き方で 防湿になっているのでしょうか???  シートの敷き方に問題はないのでしょうか??? 施工したとこに確認すると『基礎は⊥になっているから きっちり隅まで敷かなくても・・・』との事ですが そんなものなのでしょうか? そして これからの対策はどのようにしたらよいでしょうか?  『畳の下に防湿シートを敷く』ではダメでしょうか? 床が腐ってしまいそうなきもするし??? どうぞ 教えてください よろしくお願いします。

  • 地業工事の砂敷込みについて

    建設業に勤めています。 今回、地業工事で砕石と断熱材の間に防湿シートと砂と敷く設計図になっているのですが、防湿シートは湿気があがってこないようにするために敷くことが分かるのですが、砂を何のために敷くのかが分かりません。知っている方教えてください。 よろしくお願いします。

  • 断熱材の貼り方が気になります。

    現在2×4の戸建を建築中のものです。 先日現場を見に行ったところ、断熱材の貼り方が雑なような気がしました。 袋入りのグラスウールを使用しているのですが、以前説明では袋に耳がついておりこの耳を隙間なく貼り付けることによりシート(気密シートというんですか?湿気防止の・・・)と説明を受けていたのですが、勾配天井部分の三角形の先端部分にあたるところなどは袋を小さくきったグラスウールを丸めて突っ込んであると言う感じでした。 まず袋入りのグラスウールを切断する自体に不安があるのですが、(切断面から湿気が入りグラスウールが湿る)切って使用することは問題ないのでしょうか? また、丸めて突っ込んであるところは結局耳を貼り付けてないわけですから気密シートの代わりをもはや果たしていないのではないかと素人ながら思うわけですが、いかがでしょうか? ぜひともご意見をお聞かせ下さい。