• ベストアンサー
  • 困ってます

前置詞について

You might as well throw the money away as spend it on such a thing. これのspend it on such a thing についてなんですが spend such a thing にしてはだめなんでしょうか? わざわざ代名詞「it」を置いてon such a thingを後置する意味がわからないです それともう一つ質問なんですが You can't be too careful in your choice of friends. in your choice of friends.の部分について なぜここで前置詞「in」が入るとわかるんでしょうか? もしこれがcarefulの後には「in」が来ると決まっていることなら こういう後に来る前置詞などは皆さんどのように覚えているのでしょうか すべて暗記しているのでしょうか? 質問が多くて申し訳ないです よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数169
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

"spend (時間や金など) on (物事)"で、「(物事)に(時間やお金など)を費やす」という意味になります。 つまり、"spend it on such a thing"で「そんなことにそれを費やす」、itはその前の" the money"のことなので「そんなことにお金を費やす」になります。 "spend such a thing"となると、「そんなことを費やす(浪費する)」となり、意味が全く変わってきます。 "careful in"ですが・・・確かに似た意味で"careful about"や"careful of"という形もあり、どれもよく使われるように思えます。carefulの後はin・・という風に決まっている訳ではないです。 http://eow.alc.co.jp/search?q=careful+about http://eow.alc.co.jp/search?q=careful+of http://eow.alc.co.jp/search?q=careful+in これらを比べても自分には厳密な違いがわかりません、すみません。 でも、"careful in"だと、他の二つに比べ「~において」「~する場合に」という内的ニュアンスが強い気はします。まさしく"in"の意味なのですが・・。 "in"(「~において」)のような内的なニュアンスが無く、対外的に「~に対して(気をつける)」というニュアンスがある場合には"about"や"of"が積極的に用いられている気はしますね。これも必ずという訳ではないのですが・・ それぞれの前置詞の意味を考えて使い分けてみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん解答ありがとうございます! わかりやすくて助かりました!

関連するQ&A

  • You might as well A as B,の解釈について

     質問させて頂きます。 You might as well throw your money away as spend it on such a thing.という文章です。この英文might as well A as Bで(BするならAしたほうがましだ)という文法の例文で、よく使われる問題のようですが、捨てたほうがまし・・と言っている主体は私であるIのような気がしますが、この例文で検索したところ、たまたまかもしれませんが、すべて主語はYouでした・・この疑問を解決する為にはどんな知識がたりないのでしょう?

  • You ought not to be too c

    You ought not to be too careful in your choice of friends. で「友達を選ぶのに注意し過ぎるべきでない」という意味になりませんか? 間違ってる場合、どこがいけないか教えて下さい!

  • 前置詞の問題とその他の問題

    お世話になります。 自分で考えた答えの間違いとわからなかったところをおしえてください。 前置詞の問題です。 1Have you heard ( from?of??) Ken ( from) his return? 2 He was ill (for ) a week and (from) that week his wife never left his side. 3 Remember to be ( in) good time (for) the concert because if you're late they won't let you ( in) (at) the end (of) the show. 書き換え問題です He remained clam in the face of such obvious danger. Confronted ( ???) he was (with) such obvious danger. 適当な語を入れる問題です。 Do they think (???) better of you on acoount of your fine dress? 日本語の意味もよくわかりません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

 spend の目的語 it が指しているのは money です。thing ではありません。「お金をそのようなものに使う」です。「そのようなものを使う」ではありませんので、ご確認を。  in は when のような意味になります。in は careful の後に続くのではなく、your choice の前に来て「あなたが選ぶ時には」になると考えてください。in the morning, in July, in 2012 などと同様です。in は前置詞で、名詞 ( choice )の前に来て意味を出します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

spend はこの場合、~を費やすという意味で使われています。 spend the money on such a thing なんです。 そんなことにお金を遣うなんて。。。 spend a holiday 休日を過ごすなどとも使います careful の言い方ですが、{~に気をつける、注意する)(~で注意する)の言い方があります。 これは日本語でも同じです。車に注意をする。機能性で車を選ぶ。 英語も同様で、~に気をつける は careful to, about を使います。 Be creful to cars. 車に気をつけて。 She is careful about what she eats. 彼女は食べるもの気をつけている。 He is careful in his speech. 彼は言葉づかいに気をつけている。(話で気をつけている) =He is careful to his words in his speech.彼は話しで言葉に気をつけている。 careful in your choice of friends (友達選びで気をつけている)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語の前置詞は

    いくつありますか? といっても数え方が問題ですから、1語の前置詞(in, on, at)、2語の前置詞(because of)、3語の前置詞(in front of)とわけて知りたいと思います。1語の前置詞だけでもかまいませんからいくつあるのか、教えてください。それほどないと思います。

  • 前置詞の目的語は前置詞句ですか?

    前置詞の目的語は前置詞句ですか?その働きは副詞句ですか? for certain before long without doing She will have no choice except to do as I ask her. The buses leave from in front of the station. 等 よろしくおねがいします

  • 英語

    1 She may well be tired after her trip. She might well complain of her boss. 2 You might as well throw your money away as buy such a thing. You may as well do your homework now as do it later. 上の各組の文章の意味の違いってなんですか? 教えてください><

  • 前置詞の問題です。

    前置詞の問題です。 Your story agrees ( ) his in every detail 空欄にはいるのはwithかonのどちらかだと思いますが、英語力のある方、よろしくお願いいたします。

  • 前置詞の後に続くのは・・・?

    前置詞の後に続くのは名詞、代名詞、名詞相当語句(動名詞、まれに不定詞)ですが、前置詞の後に名詞節が続くことも可能なのでしょうか? 例えば、 ”Have you ever thought of what it would be like to share an apartment with a total stranger? ” 「赤の他人と同じアパートに住むことがどんなことなのか考えたことがありますか?」 という参考書に載っていた文ですが、thought(think) of の of は前置詞ですが、その後に what it would...という疑問詞のwhatを伴った名詞節が連なっています。これは文法的に見て、どのように判断すればいいのでしょうか? 元来、前置詞とは後に名詞(名詞相当語句も)しか取れないのではないでしょうか?

  • 前置詞の使い分け

    前置詞の使い分けがいまだに難しくて実際に使用するときに、どっちに売ればいいのかよくわからない時がしばしばです。何かよい考え方やコツなどありますでしょうか?特にinとonの使い分けがなかなかわからないです。 解らない例を挙げてみましたので、ご存知の方よろしくお願いいたします。 1.inとonのどちらでしょうか? 「コンピュータにファイルを保存してください。」 Save the file on/in the computer. 2.以下は正しい使い方でしょうか? 「彼をTVで観ました。」 I saw him on TV. I saw him in the TV show. 3.この場合のonは正しいのでしょうか? コンピュータ関係のサポートセンターなどに問い合わせてウェブサイトを開くようにいわれた時、「ページをちょうど観ている。」 I'm just on the page. 4.Upは必要なのでしょうか? 「部屋を掃除しよう。」 Let's clean the room. Let's clean up the room. 5.以下の違いはただの強調ということでしょうか? 「君を助けるよ。」 I'll help you out. I'll help you. 6.以下の場合やはり take it off なのでしょうか? 「それを取り除いて下さい。」 Teke it out/off. 7.この場合はinなのでしょうか? 「指定されたページでこの文字列をさがしてください。」 Find this string in/on the specified page. 8.この場合はatだと思うのですが、inやonだと不自然なのでしょうか? 「彼のホームページでメールを送信しました。」 I've sent an e-mail at/in/on his web site. 9.一つ目はonでいいのでしょうか?二つ目はinでしょうか? 「顔に何かついてますよ」 You got something on/in your face. 「彼は気分のよい顔をみせた」 He showed a preasant feeling on/in his face.

  • 前置詞の問題

    次の前置詞の問題、お分かりになる方がいらっしゃったら、どうか教えてください。お願いします。 Fill each blank with a suitable prepposition. The simple infinitive (a) 'to' is still used, chiefly (b) auxiliary verbs, as (c) 'He will come," (d) "He is going to come.' We are so accustomed to thinking of 'to' (e) a part of the infinitive taht a prejudice has grown up (f) separating 'to' (g) the verb. There is no historical reason why 'to' should immediately precede the infinitive (h) which it is a sign, though it is naturally desireble that the two words should not be very far apart. Although in Old English the infinitive was a noun. (i) course of time it has come to have some of the properties of a verb. The Old English infinitive could be used (j) either an active or a passive sense, and the active infinitive with passive meaning is found today in sentences such as 'I am to blame' and 'This house is to let.' 私は以下のように考えるのですが・・・・  a. of b. with c. ? d. ? e. as f. in g. from h. in i. in j. in こんなにinが多すぎるわけはないと思うのです。 英文法に詳しい方、よろしくおねがいします。

  • 前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない?

    前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない? 授業中、長文で出てきた ”it should be looked upon primarily as threats to human welfare" という文について、先生が「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」と言いました。 look upon は5文型を取り、この文は5文型の受動態だから"as threats~" を前置詞+名詞でつくる形容詞句と見れる。だから"as threats~"にprimarilyをかけられるということはわかります。 しかし私はこの文解釈がイマイチ納得できません。 私は、筆者はこの文で、 「人間の幸せを脅かすものは色々あるが、これ(it)はそれらのなかで人間の幸せを脅かすものとして真っ先に見下されるべきだ」 ということを伝えたいのだと思います。 先生の考え方だと"as threats ~" が形容詞句だから「it はOをCの状態だと」直訳すると「"it"は主に人間の幸せに脅迫的であると見下されるべきだ」になると思うんですが、私は "as threas~"を前置詞句が作る形容詞句とは考えず、『as は ”look upon"に慣用的につき、「~として」と訳す、動詞に付随して存在する(名詞とくっついて形容詞句を作らない)前置詞であり、この文章の補語は"threats~welfare"、primarilyはlook upon にかかっていて、「これは人間の幸せを脅かすものとして何よりもまず見下されるべき」とした方が自然。』と思うのです。英文構造を日本語訳文もとに行っている感じがしてナンセンスだとは思うのですが・・・・。 長々と書きましたが、質問事項は ☆この文解釈は間違っていますか?  ・前置詞+名詞を切り離して形容詞句とも副詞句ともしない、とするのは駄目でしょうか。それと も,前置詞+名詞は形容詞句化副詞句にしかならないのでしょうか。(前置詞の後ろには基本的に名詞がくる ということは知っています)   ・この場合、primarilyはどこにかかると考えるのが普通なのですか? ☆また、この look upon O as C や think of O as C、impose A on B や rob A of B のように目的語や補語の後に特定の前置詞がくる3文型や5文型の動詞では、前置詞以下は何とされているのですか? なるべく多くの方の意見を聞きたいので、一つだけでも分かったことがあれば是非お聞かせください。 長々と分かりにくい文章に付き合ってくださってありがとうございました。

  • 前置詞inについて

    「少しの変更で使用可能です」意味合いで以下のように訳して見ました。 「少しの変更で」の「で」に相当する前置詞として「in」を使ったのですが この使用は正しいでしょうか? you can use it in small changes. また、正しかった場合このinの使用は、詳細には「の状態で」のような状態を表す「in」でしょうか?

  • 前置詞 (英語)

    長文読解に前置詞の理解が必要だと思いますか?少なくとも赤本をやってみてもそう感じました。 できれば、次の前置詞で意味上注意したい所を教えてください。 例_by:「差」という意味があるとか。 in,of,to,from,with,on