• ベストアンサー

前置詞の解説書って酷くないですか?

前置詞の解説書を見ると「〇〇だから××ね」という感じで解説されています。 I put a book on the desk.なら「机の上に置いた訳だから上にを意味するonを使いましょう」みたいに。 この解説って「なぜonになるか?」ではなくて「onになった理由」を説明してるだけの気がします。 (ん?何か↑の文章おかしいな?) つまりbookがどうだからこの場合はonになるというより、 I put a book on the desk.という文章がありきでここにonが入る理由をこじつけているだけの気がします。 まぁこのような明らかにonくらいしか入らない場合は誰も迷いませんが。 最近見た文章の中に「母音で始まる単語(名詞句)」の訳が「Words starting with a vowel」がありました。 なぜwithなんでしょうか? 「withである」という解答を前提にwithである理由をこじつけるのはできるでしょう。 ですが、なぜネイティブはwithを選ぶのか?という感覚が解説されていません。 How to succeed with women.の和訳に「女性にモテる方法」というのがありましたが、 なぜこれもwithなんでしょうか? ここがwithであるなら「女性と共に高まる方法」としか思えないんですが? そりゃ「女性と一緒にいる時に上手くいく方法と考えてごらん」とwithである理由をこじつけるのは簡単です。 でも、もしこれがaboutなら「女性についての成功方法」だとかこじつけるのではないでしょうか? ハートで感じる前置詞などはまだ前置詞に於けるニュアンスに目を向けてますが、 put it on~のような誰でも分かるようなニュアンスではなく、 上記のようなwithっぽくないwithの使い方でwithを見いだす方法や、 on the wallは側面なのになぜonなのか?とか ハコの中なのになぜin the trainではなくon the trainなのか?などを説明して欲しいです。 「“母音で始まる単語”と言いたいな」と思った時に「よし、ここはwithだな」と決めたネイティブの感覚。 コレを解説してくれないことには前置詞のない国の人間が英語を学ぶ時に間違ってばかりになってしまうと思います。 前置詞を使いこなせる方はどのように考えてるのでしょうか? またこのような考え方に適した前置詞が解説されている本やサイトはありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • doi3desu
  • ベストアンサー率61% (230/376)
回答No.1

かなりお力がおありなので、役に立つかどうかはわかりませんが。 私には、『別冊宝島 道具としての英語 やり直し編 40』が役に立ちました。 学校で教わった感覚とは違う視点から説明がなされています。前置詞も、「ああ、なるほど、こういうフィーリングでないと身につかないんだ」と感心して読んだ覚えがあります。今、売っているかどうかわかりませんが。ただ、「前置詞」だけの本ではありません。『道具としての英語』はいくつかのシリーズがあります。学校で習った英語感覚の呪縛から逃れるには、結構役に立つ部分が結構あるように思います。ご参考までに。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • duosonic
  • ベストアンサー率51% (585/1140)
回答No.3

おっしゃること、ごもっともです。よ~く分かります。 「これは ~の助動詞的な用法で~」と、何とか質問の英文を「日本流ハードコア英文法」のカタにハメようと躍起になり、説明し切れなければ、「これは例外的用法」ということで済ませます。それは参考書に限った話ではありません。もちろん構文や品詞を聞きたがっている質問者はいますが、そういう人ばかりではないところ、「助動詞が云々~」と説明したらもっと混乱させてしまい、ついには英語に興味を失いかねません。 ネイティブに言わせると「間違いではないけど、あんまりそうは言わないかなぁ」という程度のことが、「日本流ハードコア英文法」では「鉄則」になっていて、「それ以外は皆例外」という扱いになっている事柄が多々あることには驚きます。 とりあえず形を変えながらも1500年内外話されている言語ですから、カタにハマらないところがあって当たり前、それが「英語」であって、その点では日本語と同じですよね。なので、jony798さんご指摘の「ネイティブの感覚」をまず掴もうとすることが、上達への早道なのかなと僕は勝手に思っている次第です。 ◎それでご質問文のWords starting with a vowelのwith、これは: ・I don't carry any cash with me. 、、、のwith、すなわち「物理的に ~を携えて」という意味だと考えれば、「母音を頭に携えて始まる単語 ⇒ 母音で始まる単語」ということになりますよね。 ◎How to succeed with women.の和訳に「女性にモテる方法」というのがありましたが、なぜこれもwithなんでしょうか? ⇒ succeed という単語が伴う前置詞としては辞書に in とtoしか載っていませんよね。ということは、やはり withにどんな意味があるかということです。例えば: ・I am with you on this. 、、、と言ったら、「君の言い分が分かるから、この件に関して僕も同意見だ」ということです。なので、withには物理的に一緒にいるという意味がある一方、もっと「心の中で同調する」という意味合いがあることが分かりますよね。であれば、「女性と心で同調することに成功する ⇒ 女性と上手くやる」という察しを付けることに無理はありません。 ◎on the wallは側面なのになぜonなのか? ⇒ 上でも下でも、横だろうが縦だろうが、「何かが何かに付いているのを眼で確認できるのなら全て on と言うんだな」と考えれば良いです。 ◎ハコの中なのになぜin the trainではなくon the trainなのか? ⇒ trainという交通手段が出来た当初は、板のような無蓋車しかなかったのかも知れません。「手漕ぎボートも同じ on ⇒ 乗り物は大体全部 onなのかな」と察しが付きますよね。 、、、以上、文法書や参考書の範疇に捕らわれることなく、こうやって考えを広げられる力が「英語のセンス」なのだと考えます。センスがないと和訳できない文章も多々あります。ご指摘の通り、with woman が about woman になっていないことにもしっかりと理由はあるハズですから、違和感がある前置詞の用法に出会ったら、他の知っている例文や言い回しを思い浮かべて、「これに近いんじゃないか」と考えているうちに「センス」は身に付きます。 あまり具体的ではありませんが、ご参考まで。

jony798
質問者

お礼

確かに理由をこじつけて当てはまらなければ例外で片付けてしまう気は限りなく臭います。 結局はあらゆるパターンを使い続けてその中から選び出すセンスが必要なのでしょう。 また◎の説明の部分ですが「なぜその前置詞がくるのか?」という説明ですよね? 「Words starting with a vowelのwithはなぜwithなのか?」を説明して欲しいのではなく、 なぜ最初にこの文章を作った人(というと大げさなので)、 この意味合いを持った文章を作るときにネイティブがwithを選んでしまう感情を説明しないことには 前置詞の無い言語の人間は理解できないと思うのです。 with womenにしても「ネイティブがwith womenと言っているがその理由を説明せよ」では意味がないと思うのです。 about womenと言っていればそれはそれで理由付けすると思うのです。 ネイティブがその前置詞を選んでしまう感情を説明しないことにはどうしようもないと思うのです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2384)
回答No.2

 確かに前置詞は難しいですね。日本語に前置詞はありませんが、助詞という後置詞があります。これも結構難しいのですよ。「は」と「が」の違いを解析するだけで論文が書けます。この場合、何が主語かとかいう本質的な議論になってしまいますが、英語の前置詞ではそこまでいきませんので、気楽に考えましょう。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 前置詞withについて

    The gentleman is talking with a happy look on his faceという正解文があったのですが、解説に、 「~を・・・して」は<with~+前置詞の導く句>の形・・・☆ とありました。自分なりに考えると、ここでいう”前置詞”というのは「with」のことをいっていると思うのですがあってますか?(ひょっとしてon?)そして”前置詞の導く句”というのは「a happy look on his face」のことをいっているのでしょうか?「~」が「a happy face」で、「・・・して」は「on his face」であってますか? またThe girl with a red coat on is my sisterという正解文もあったのですがこれも☆の説明がありました。前置詞がwithで、前置詞の導く句というのがa red coat onであってますか? 自信がないのでよくわかられてる方、回答よろしくお願いします。

  • 前置詞+関係副詞?

    学校の授業、予備校で関係詞を一通り習った上での質問です。 前置詞+関係代名詞のパターンは理解をしました。 問題集の関係詞の範囲を解いていたところ、前置詞+関係副詞と思われる文章が出てきました。今まで関係副詞の前に前置詞を置くというパターンをやったことがないので混乱してしています。解説も詳しく書かれていなくてどのように解釈すればよいのかわかりません。 (1)There is linguistic difference in how subjects can be expressed. (2)Put the book back to where it was when you're through with it. この2つの文章です。 意味はなんとなくわかるのですが、文法的には全然意味がわかりません。 教えてください!!

  • 前置詞の曖昧さ

    invalids suddenly thrown into responsible positions upon loss of property. このuponはbyと同じような働きをしていますが、原因の用法のonを辞書で調べてみると、「~によって」というよりは、「~に基づいて」とかそういう感じのニュアンスでした。 これはbyと同じ風にみなしていいのですかね? 余談になりますが ときどき、こんな感じで前置詞について悩んでしまうことが多々あります。 前置詞について正しい感覚があり、正しい訳出ができる人は本当に尊敬します。 そういう人はどのように前置詞をとらえているのでしょうか? onのイメージは接触で大体はいける、とのことですが、この用法でonとは僕が考える限りではまったく関連性が見つかりません。 長々しく書いてしまいましたが、わかる方解説お願い致します。

  • 前置詞「~に関する」について

    英語初級レベルの者です。 前置詞のニュアンスの違いに悩んでいます。 問題の回答と、自分の回答はニュアンスが違いすぎますか? それとも明らかに間違いですか? 私は文法に関する本を読んでいるところだ。  (問題の回答) I'm reading a book on grammar .  (自分の回答) I'm reading a book about grammar . (about か for にしようか悩んでいたのですがどっちも違う・・・) よろしくお願いします。

  • 不定詞と前置詞

    「私はこのコンピュータを置く机がほしい」 という日本文を英訳するときですが、正答は 「I want a desk to put this computer on」 でした。 しかし、最初の自分の回答には「on」がありませんでした。 この例だけではありませんが、前置詞がいる場合がわかりません。 to live in. となる英文など、今までは「前置詞が場合」と「前置詞がいらない場合」を感じで書いてました。(それが結構あってて困る) もちろん、今回のように間違う時もあるので なぜ「前置詞」がいるのか、またどういうときに前置詞をつけるのかを教えてください。

  • 前置詞と副詞について

    in,out,on,off,up,downなどの語は、前置詞も副詞のどちらでも 用いることができることができるのですが、 onを例にして、 1、i have a watch on me.この文のonはmeを目的語とした前置詞 「私は時計をしています。」 2、 i put my watch on.この文のonは身につける、つけるということを表す副詞です。 「私は時計をつけました。」 この二つに文のように、同じ語で前置詞的そして副詞的 使い方の文の例をおしえてください。 いっぱいあれば助かります。 本当にありがとうございます。

  • なぜ前置詞なのでしょうか?

    教えて下さい。 文法の問題です。 All branches are in the process of modifying our safety regulations, _______ the policies being put into effect, all employees will receive new security cards. 選択肢 A)Nevertheless  B)As one of  C)Even if  D)So as 正解はB)As one of で、 解説は以下のように書いてあります。 「意味はもちろんですが、文構造を正確に把握しましょう。 As one of  は、前置詞として働き、分詞being put into effectを修飾しているので、 名詞の前に置かれる前置詞が入ります。」 ------------------- _______ the policies being put into effect,  all employees will receive new security cards. putは動詞なので、節 , 節 で接続詞が入ると思うのですが、 なぜ、前置詞のas(接続詞のasではなく)なのでしょうか? 文の意味上は理解できるのですが、文構造は接続詞が入るのではないでしょうか? また、the policies being put into effect のbeing が理解できません。 なぜ、the policies put into effect ではなく、分詞が入るのでしょうか? 教えて下さい。 よろしくお願いします。 *間違って削除してしまったため、再度投稿いたします。 申し訳ありません。

  • 移動の前置詞 for と to

    移動の前置詞 for と to 文法書には、 to : ~へ到達している、というニュアンス for : ~の方向へ到達しているか分からない、というニュアンス というような解説を見掛けましたが、 Our flight was on the runway waiting for take off to London. というような目的地に未到達の場合に「to」を用いている文章を 時々見掛け混乱しています。 解説をお願いします。

  • 自動詞と前置詞句の結びつきの強さ。

     こんにちは、いつもお世話になっています(^-^)  今回お聞きしたいのは、とてもシンプルで基本的なことです。でもどうしてもわからないので、ここで質問させていただくことにしました。  疑問に思ったことは、「自動詞と前置詞句の結びつきの強さを、論理的に説明できるのか?」ということです。  例えば、「John is aiming at the soldier with a rifl」という文章の場合、「at the soldier」と「with a rifl」というふたつの前置詞句が現れているわけですが、この並びの順番を逆にしてしまうと非文になってしまいます。  その理由の説明として、「aimはat~と強い結びつきを持つから」というものをよく耳にするのですが、これは、「そういう決まりだから・そうされてきたから」というような理由ではなく、なにか論理的に説明できるのでしょうか? 数人の友人と一緒に(ネイティブ・スピーカーも交えて)考えてみたのですが、なにひとつアイデアが浮かびませんでした。  レポート作成にに付随した質問で、こちらも調べ方が甘いのかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • 関係詞の前に前置詞を?

    NHKラジオ英会話講座より How do they set the official day on which Easter falls, anyway? それで、イースターにあたる日は公式にはどうやって決めるんだい? (質問) [...which Easter falls on,]となるところを、[on which Easter falls,]と関係詞の前に前置詞を移動させています。 (1)「関係詞以降の文章の最後が前置詞ならば、前置詞は関係詞の前に移動させる」のが英語の決まりでしょうか? (2)移動させなければ間違いですか? (3)移動させる理由はあるのでしょうか? (4)どの関係詞も扱いは同じですか? 初心者ですので、出来るだけわかりやすい説明をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。  以上

MFC-L3770CDWのfax専用回線トラブル
このQ&Aのポイント
  • MFC-L3770CDWの液晶画面に受信中や着信中が表示され、切っても治らないトラブルについて相談します。
  • 2日前から液晶画面に受信中や着信中が表示され、電源やLANの再起動しても解消しないトラブルが発生しています。
  • MFC-L3770CDWで受信中や着信中が表示されるトラブルが発生しており、設定の確認やファームウェアの更新も行いましたが解決しません。
回答を見る