• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本のSEの優位性とは

私は来年から大手ソフトウェアへの就職が内定している大学四年生です。 最近、榊原英資氏の「インドIT革命の驚異」という本を読んでインド発のエンジニアが世界で活躍している現状を知りました。 何もインド人だけでなく、中国人のエンジニアの活躍も目覚しい世の中です。 先日シリコンバレーに行ってきたのですが、そこには思った以上にアジアの人たちがいました。 彼らは、英語にも長けていて、且つ国民も極めて多いので優秀な人材を多く輩出しています。 そこで、皆さんに質問です。 今後、日本のシステムエンジニアが世界のIT市場の中で活躍していくためには何が必要だと思いますか? 語学力だとか、取得するべき言語だとか、どんなことでもいいのでアドバイスよろしくお願いします。 特に現役システムエンジニアの方達からのご回答を期待しております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数292
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • okume
  • ベストアンサー率100% (1/1)

SEの必要要素:経験・勘・理論&折衝力(コミュニケーション) プログラム作成は絶対必要、なぜならプログラムを書けなければ良いシステム設計が出来ないと思うから。 SEの資格:「情報処理技術者試験」これ取得すれば、世間の見る目が違う。 SEの勉強:独断と偏見で選んだ参考書 「スーパーSE」板倉 稔著 日科技連出版 「SEプロジェクト成功の鍵」佐藤 真他著日科技連出版「ソフトウェアエンジニアリング基礎知識体系(SWEBOK)オーム社 「PMBOK 2000年版和訳」 頑張ってください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 早速これらの参考書を購入して読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • もし日本の公用語が英語だったら?

    歴史に 「もし」 はないと言いますが、それでもお聞きしたい事があります。 真偽の程はともかく、終戦直後のGHQに日本の公用語を英語にしてはどうかという意見があったと聞いた事があります。 彼らからみれば日本語が極めて難解な言語なので、統治するのに不便だからという理由なんでしょうね。 結果的にその意見が流れてしまったと思いますが、もしその時点で日本の公用語を英語にしていたら、今の日本あるいは日本人はどのような姿になっていたと考えられますか? 公用語ですから、日本語を全く抹殺するのではなく、例えばフィリピンやインドのように独自の国語と英語を併用させるような形ですね。 日本の場合は今でも英語を話せるビジネスマンの数が限られていて実際の経済活動に言葉の問題が大きな障害になっているわけですが、もし日本の公用語が英語になっていた場合、世界における影響力が遥かに大きな国になっていたでしょうか? それとか欧米との交流がもっと盛んになり、今より国際色豊かな国になっていたでしょうか? インドでは英語と数学を徹底的に教え込むため、優秀なエンジニアがアメリカで活躍できる可能性が極めて大きいと聞きます。 実際にシリコンバレーで働く技術者の多くはインド人だと聞きます。  インドは英語を公用語にしたため、それだけでも他の国より一歩先んずる事が出来たように感じますが、もし日本の場合だったら、どんな国なっていたでしょうか? 無論、虚構の話ですので予想で結構です。

  • インドの情勢。

    当方、あまり興味は無く、ほとんど知らないと言った感じなんですが、インドという国でお聞きします。以前、国境問題で中国と揉めていました。今の時点、カタがついたのか?どうかは知りませんが、インド人はかなり頭が良く、IQもトップクラスと聞いた事がありますし、実際コンピュータ分野でも、かなり秀でた人間を輩出しているとも思っていました。2030年代には、アメリカに台頭して来るのが、インドと中国で、他の欧州諸国と日本は衰退するとの勝手な予測もあるようですが、大国はアジアに2国も3国も必要ありませんので、何とか中国を蹴落としたいものですが、インド人とは親日の方は多いのでしょうか?反日掲げるバカ国家とはおさらばし、インドと仲良く出来ないものでしょうか?インフラ等も進んでいるのか心配ですし、まるで見当が付きません。ひょっとして日本人の当方の心配など必要無いくらい進んだ国家なのでしょうか?どうも釈迦がチラ付きます。

  • インド人に対しての差別

    欧米ではまだアジア人への差別がありますよね。日本は経済で二位にも関わらず、欧米諸国からは見下されている部分があると思います。 そこでふと思ったのですが、欧米の人のインド人への差別などはあるのでしょうか?インドはITなども優れていて英語も上手です。ミスコンなどでも上位ですし同じアジア人ですが他のアジアの国とは違う気がします。欧米諸国からみてインド人ってどういうふうに見られているんでしょうか? 逆に日本(東アジア)の人はインドとかその周辺の国の人に対して見下している部分があるような気がします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • nao_2
  • ベストアンサー率11% (34/296)

メディカル部門でよければ・・・ 具体項目は書き出せばきりがないので遠慮しときます。 最終的には患者さんの治療のために貢献するんだという意識で がんばられるのが必要かと思います。 その姿勢を見てあなたの後輩が育ち自身が患者になった場合よくしてもらえる と思えばいい先行投資になるはずです。 協調性のある専門家をめざすのが理想のような気がします・・・(特に現役じゃないけど)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#154354

わたしは,SIベンダーで,20年目のSEマネージャをしています。 システムエンジニアを,どのように定義されるかによりますが,アプリケーションSE,テクニカルSE,プロダクションSE,マネージメントSE,運用(?)SEのように分類できます。(情報処理技術者試験の分類を参照してください) わたしは,アプリケーションSEあがりですから,他の方の回答にあったとおり,顧客とのコミュニケーションスキルがなくては,仕事は進められません。 いまは,顧客が日本人なので,日本語でいいのですが,いきなし,ゴーンさんのようなフランス人が顧客になったら,英語かフランス語を操らないとならないんでしょうな。 わたしの勤務している会社の親会社は,海外にも工場があり,英語だけでなく,複数の外国語が社内で飛び交っています。海外転勤になる人,イコール,外国語ができるってわけで選定されていないようです。ITスキルが高い人で,多少,外国語をかじれる程度の人のようです。 wildboyさんは,これからIT業界で仕事をしていこうというところですよね。 では,まずは,ITの技術情報をできるだけ多く吸収すること。(言葉の意味を正しく知ること) ITエンジニアは,まともに日本語が使いこなせていない人が多い(自分のことは置いといて..)ので,言葉をきちんと話す・書くというスキルが必要です。 アルゴリズムを組み事も大事ですが,目に見えることだけから判断するのではなく,その背景とか真意とかを見抜くスキルも必要です。 また,納期限とか仕様変更とか,とても厳しく,ストレスを強く受けます。ストレスに負けないハートが必要となってきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やはりITの基本技術の習得が何をするにも大前提になるというわけですね!! また、日本語の重要性も勉強になりました。意外と大事な事は近くにあるような気がしました。

  • 回答No.4

SEにとって最も大切なのは、コミュニケーション能力。 海外の実例は知りませんが、日本国内では断然そうであり、多くの現役SEに不足している能力です。 (ちなみに、海外の著者によって書かれて邦訳されたSE教本のような専門書でも、そう書かれていましたよ) 交渉もコミュニケーションです。 無理な仕様を無理やり設計/作成しては、とんでもないものが出来上がるのは確か。 クライアントの要求仕様とかけ離れたモノを作り上げるなど、問題外。 クライアントの言いなりでは、会社に儲けがない。 海外で活躍するためには、現地の語学が欠かせないでしょう。 突っ込んだ話ができるように、英会話レベルではなく、英交渉(造語)レベルの。 取得するべき言語、ってのはたぶん、プログラム言語の事だと思いますが、場合によってはSEなんてものは、プログラム言語知らなくてもやっていけます。コンピュータの知識は要りますが、運用より理論と最新技術とハッタリが重要。 プログラマという、クセのある人間の集団を手玉にとって動かすためには、理論で攻める。プログラマになめられると、仕様に合わないモノを作成します。勝手に仕様変更して、設計的にこの方が正しい、と提出するなど無茶をします。気が付くと勝手な仕様を追加しています。 クライアントとプログラマの板挟みになる技術営業。乱暴に言ってしまえばSEの本質はコレです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • pierre2
  • ベストアンサー率24% (259/1070)

語学力を含めたコミュニケーション能力、欲、 発想力、提案する能力、等。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • NonNon5
  • ベストアンサー率18% (123/660)

別に日本で働いていても、インド、中国をはじめ、韓国、台湾、タイといったアジア圏の方々もいっしょですし、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアの方とも仕事はしています。 日本のシステムエンジニアに何が必要かを考えるのではなくて、そもそも、システムエンジニアとしてやっていくには何が必要かを考えたほうがいいのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

目から鱗のご回答ありがとうございます。 私は少しエンジニアの国にこだわり過ぎていた感がありました。 もっと根本から考え直す必要がありそうですね。

  • 回答No.1

低賃金でも文句を言わず働く根性。 インド、中国がもてはやされているのは、能力だけではなく、コストが安いからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かにインド、中国のコストは安いですよね! 何だか製造業と同じ羽目になってきているような気がします。

関連するQ&A

  • インド人 VS 中国人 どっちがプライドが高い?

    韓国対北朝鮮や最近の日本のメディアによる日本と韓国の対比のようなチンケでスケールの小さい話しに私は興味も関心もありません。 近い将来、必ずや衝突するであろうアジアの2大文明国、インドと中国。 私は、この2つの大国に興味を惹かれます。 そこで質問なのですが、みなさんはインド人と中国人、どちらの方がプライドが高いと思いますか? 私、個人的な考えとしてはインド人の方がプライドが高いと思います。 私のこれまでの海外を含めた経験からの考察なのですが・・・。 ●カレーを食べている中国人は見た事があるが、中華料理を食べているインド人は見たことがない。 ●現在、世界的なヨガブームの中、中国人でヨガをしている人は多くいるが、インド人で気功や太極拳をしている人は見た事がない。 ●中国そして日本の寺などのご本尊、信仰の対象はインド人である。 ●インド人はゼロという概念を発明し、圧倒的に数学の能力に長けている。 私が見たところインド人の方が自国の文明に対する優越感が強く、「中国文明なんて・・・。」みたいな中国を見下すところがあると思います。 日本ではインドの情報が少なく、中国の情報が圧倒的に多い為、日本人の間で情報の不均衡がおこっており、インドに関する知識が乏しいという感じがします。 日本人で「中国人には中華思想というものがありまして・・・。」などという人がいますが、インド人にもそのような思想があるのではないでしょうか? 違う見方をすれば、中国はインド文明を幅広く受け入れており、閉鎖的でなく柔軟性に富んでいるとも言えると思います。 経験豊富なみなさんの中国観、インド観からの考えをきかせてください。

  • セポイについて

    現在英語で読んでいる資料に次のような記述があり、少々混乱しています。 「英領インドは、主に、セポイとして知られるインド人部隊によって勝ち取られ、維持された。」 「セポイ」といえばセポイの反乱。そして、東インド会社が解散して、インドは「英領インド」となる・・・ ざっと世界史をなぞると、そんなふうに書いてあります。 ですから、セポイが英領インドを勝ち取ったというのは、まったく逆なのでは?と思いました。 質問です。 セポイの反乱(インド大反乱)を収めるため、イギリスは本国軍を投入し・・・とよく説明がありますが、そうは言っても、セポイの乱を収めるために、やはりほかのセポイも活躍したのでしょうか。 また、英領インドが成立してから(つまり、「セポイの反乱」の後)、その維持に貢献したのでしょうか? よろしくお願いします。

  • インドはあれだの人口抱えて水や食料不足にならない?

    世界人口の2人に1人はインド人か中国人と言われています。 人口が1億人を超えている国は日本を含め世界で11カ国ありますが 半分以上の6カ国がアジア圏ですし。 中国は一人っ子政策で人口をここ30年抑えてきました。 高齢化比率が上がる事から(日本よりは平均寿命は10歳ぐらい低い為 日本ほど深刻にはならないようだけど)中国は親孝行の義務付けと 一人っ子政策を緩和し2人以上は産まないようにという方針に変えるようですが インドは人口抑制どころか年々かなりの増加率で 数年後には中国の人口を抜き去ります。 インドは天然資源もちょくちょくあり 耕作可能な土地も国土の半分ぐらいを占めているので 食料不足には陥ってないのかな。 でも、食料はなんとかなっても 水は天の恵みですから 人工的に増やせる物じゃありませんので 人口が増えれば増えるほど水不足に陥るリスクは高くなります。 個人的な解釈ではインドは「人口爆発状態」だと思ってます。

  • 日本人にヨーロッパ思考が多い理由。

    私は日本とインドのハーフです。 日本の方は詳しくなくてもヨーロッパ思考な人が多いように思います。 綺麗=白人ブロンド ヨーロッパ=綺麗 という考えの人が多く、(言い方は悪いかもしれませんが)黒人の方達を綺麗だと言う人は少ないように思います。 また、アフリカの方の地域や途上国などを見下している部分もあるように思います。 私もヨーロッパに行ってみたいという憧れの気持ちはありますが、それは他の国々に対しても同様の気持ちがあるので周りの人達を見て不思議に思ってしまうのです。 何故そこまでヨーロッパだけにこだわるのかな、と。 実は私は今までそれで悩んでいました。 私は肌の色も髪の色も目の色も一般的な日本人の方達と同じで、顔のつくりはインド人そのものです。 ヨーロッパのどこかの国の血が入ってればなあ と常々思っていました。 それは周りの人達のヨーロッパ思考があまりに強かったからです。 でもみなさん口だけのようで別に詳しい訳ではないのです。 様々な国を知っている中で好きな国名や地域があがるのは当然だとは思いますが、無知の中でただ良いものとして認識されているようなのでそれが私には理解できません。 私は肌の色や髪の色関係なく綺麗な人は綺麗だと思いますし、国はそれぞれ違う良さを持っていると思うのですが、それは私がハーフだからそう思うだけなのでしょうか? インドの事も馬鹿にするような人が多く、すごく悲しいです。 治安が良くて先進国だと良い とかそんなのないと思うのですがどうでしょうか。 私はもっと平等に世界を見て知るべきだと思います。 ここまで読んでくださりありがとうございます。 たくさんの方の意見を聞きたいのでご回答お待ちしています :)

  • グローバル化 インドの経済成長(小論文)

     日本留学を目指し勉強している韓国の高3です。  今回グローバル化についての小論文を書いてみたわけですが、  経験不足ということもあり、物事への考え方がきわめて未熟なので、 皆さんのアドバイスを参考にしたいと思います。  段落間のつながりがスムーズかどうかとか、考え方に誤ったことがあるかどうかなど、問題があると思われるとこがあればどんどん指摘してください。 ちなみに日本語の表現に関する、たとえば文法の間違いなどの問題は指摘してもらおうとするときりがないと思うんですので、「これはやばい」というところだけ、言ってもらっても結構ですよ^^;  筆者はグローバル化により、各地域の独自的な価値観や文化が無視され、世界の政治や経済、そして文化がことごとく同様なシステムで構築されてしまうとし、批判している。しかし、グローバル化には文化の多様性を無視するという否定的な側面以外にも肯定的な側面もあるのではなかろうか。  確に、著しいグローバル化の進展により、国家と国家の間の境界が薄くなるにつれ、お互いの文化を受容しあう段階で、一つの国の独特な価値や文化が薄れてしまうケースもあるかも知れない。しかし、グローバル化によ って、地域や国における経済成長がきたいできるようになるのではないだろうか。  ここで、私はグローバル化の波に乗り、着実に経済成長を遂げている国として、インドをあげたい。インドは1991年以降、グローバリズムという世界の流れに沿って、新経済政策を採り始めることになった。外資の導入はより本格的な国際市場の参入を可能にし、目覚ましい経済成長をとげるようにした。また先進工業国の消費文化に接することで、インドの都市空間も再編成されつつ、郊外のロードサイドにはポストモダン形式のショッピングモールが建ち並び、経済成長を享受する新中間層の姿が現れている。インド国内にとどまらず、インド国外のインド人社会も経済のグローバル化の影響を受け、再編成が進んでいる。特にインド人IT技術者はその技術力の高さと賃金の安さから先進工業国の産業の IT化には欠かせないものとなった。  その成果として、インドの経済規模は購買力平価ベースで世界第4位をしめることとなり、自由化開始後6%超の成長率を持続してきた。また、 2億人を超す中間層だけでなく中間層以下の購買力も拡大した側面からも評価されている。  以上のことから、私はグローバル化には、国の経済成長の足掛かりとしての役割を果たすプラスな側面のあると思う。

  • 大学の第二外国語の選択で悩んでいます。

    学部は経営学部です。 私はインドに5年間滞在し、現地の高校を卒業しました。同級生はほとんどインド人だったので英語といってもインド英語の方が得意です。むしろイギリス・アメリカの発音だと試験などでもリスニングが苦手になってしまうほどです。 私は正直言ってあまり語学というものに興味がわきません。個人的にはもう少し英語を極めて、それこそインド英語とイギリス英語と両方わかるようになればそれはそれで充分有利なのではないか、とも思っています。また、新しい言語を学ぶのは想像以上に労力を使うと思うので、その分興味がある社会科学系の他科目をとる時間がなくなってしまったら嫌だなあとも考えました。 しかし周りの人間はせっかくだからとっていけば?今の時代は英語だけじゃだめだよ!語学は教養として必要でしょう。と外国語の履修を勧めてきます。 実際、大学で学んだ程度の語学力はどれぐらい就職やその後のキャリアに役立つのでしょうか? もし履修するならフランス語(好きな画家がフランス語圏の出身でフランス語で書かれた文献をたくさん持っているので)かなぁと思っています。選択肢は独・仏・伊・中・露・韓・アラビア・スペイン語です。 それからもし今回履修を見送ったとして、たとえば2年生から履修するということはできるものなのでしょうか。制度的には完全に自由科目に入るので大丈夫そうなのですが。 ちなみに将来は派手に商社などで活躍したいと思っているわけでもなく、ささやかながら文房具の企業に就職することを夢見ております。

  • おすすめの留学先を教えてください。

    現在30歳で語学留学(1年間)を検討しているのですが、おすすめの留学先を教えてください。きっかけは、昔から旅行が好きで、一度長期で海外生活を経験してみたかった事と、日常会話レベルの英語の話せるようになりたいからです。オーストラリア(ワーホリ)を検討していたのですが、環境がオススメできない・・と複数人の友人に言われたので、他国にしようかと悩んでいます。ボランティアにも興味があり、海外青年協力隊に応募しようかと思ったのですが、希望の職種は倍率が高く難しいかと諦めました^^;何はともあれ、まずは多少の語学力をつけたいと考えています。 □検討している国 ・フィジー→南国で暮らしやすそう&金銭的に◎。 ・インド→IT先進国◎。入学基準を満たしていない(語学力)&治安が心配。 ・マルタ島→世界遺産&アフリカやヨーロッパに旅しやすい◎ ・カナダ→1ヶ月くらい周遊をした事があり、壮大な自然&人が優しい◎。寒期が少々難点です。 ・アメリカ→英語圏&憧れ◎。以前ニューヨークに行った際に、治安の悪さを実感・・他の州はハワイしか分かりません。 抽象的な質問で甘い考えなのは承知の上でのご相談です。どんなことでも良いので何か意見があれば是非お願いします^^!

  • 【1億総活躍社会】小沢一朗が「財源がないのにどうや

    【1億総活躍社会】小沢一朗が「財源がないのにどうやって1億総活躍社会を実現するのか!」「この1億総活躍社会は言葉だけで具体的な内容が何もない!」「みなさん騙されてはダメです!」と警鐘を鳴らしていましたが、 本当に自民党は1億総活躍社会実現に向けての財源が1円も確保されていないのでしょうか? あと悪徳商法の西川が使っている悪徳会社が良く使う言葉の綾を安倍晋三は使っていますよね。 布団の西川はフランス産羽毛を使用と謳っているが、何%をフランス産羽毛を使っているか明記していない。要するに全体の1%でもフランス産羽毛を使用していればフランス産羽毛布団と名乗れる。 それと同じ仕組みを使ってますよね。 なぜ「1億人総活躍社会」と人を付けなかったのでしょう。 言い回しでは「1億総活躍社会」でも「1億人総活躍社会」でも特に語呂が悪くなるわけではない。 安倍首相の1億総活躍社会の1億はもしかして日本人の人のことじゃなかったりして。 詐欺師に多い通貨明記を省く手口。 私は今まで人生で2回騙されてますよ。 1回目は台湾。台湾人は親日家というが結構騙してくる。 100万と言われて、100万台湾ドルを支払おうとすると、ノンノン、100万円だよ。と台湾で言われました。 2つ目の通貨詐欺師はインド人。インド人は頭が良くズル賢いので契約書とか日本人はあまり見ないが結構騙してくる。 日本国内でインド人が100万円の商品をインドのルピーで100万ルピーで支払おうとしてくる。 通貨の価値を知らない子供相手に単位を隠して提示するのは詐欺師に多い。 で、安倍首相は1億人総活躍社会とは表現せずに、1億総活躍社会と言った。 詐欺られ続けた私は、ああ、こいつは詐欺師だと思った。 安倍首相は失敗ノートという黒革の手帳を持っており、今後の日本の未来は失敗ノートに記載されているというので世界各国のスパイ、諜報員、情報連絡員は安倍首相の失敗ノートを複写することが重要なミッションとなっている。

  • これからの社会に求められる人材

    大学3年、就職活動中の理系学生です。タイトルについて悩んでいます。 理系の場合、学部卒か院卒か?で、大きく今後のキャリアが分かれてくると思います。さらに自分の専門とする分野が、時代の要求に合っているかどうか?でも分かれると思います。 研究室の教授に聞くと、「企業が要求するのは院卒」とか「世界レベルで見ると学部卒か院卒かで相手の対応が変わる」とかいう話を聞きます。さらにインドや中国をはじめとしたアジア勢のIT分野での台頭で、日本人技術者は更なる専門性が求められると同時に、単純労働はいまより外国に流れるようになると思います。よって、理系として誰でもできるようなこと(学部卒レベル)しかできないようでは、色々な意味でまずいということです。 一方、「文理融合のゼネラリスト」といった言葉も聞かれます。これからは文理両道な人が要求されるというものです。この場合は、何も院卒である必要はないと思います。学部で理系を出て、就職は文型にするとかで対応できると思います。(→経営工学が当てはまると思います。) 私は将来すごい技術者・研究者になりたいとは思っていません。理系として「ある程度」のキャリアがあればよく、将来は資格などを生かして起業するのもいいかなと思っています。 皆さんはどう思われますか。

  • 国際協力の分野で将来活動する為の大学選択

    大学進学を考えている高校3年の男子です。 最近になって発展途上国の支援、国際協力といったことに興味を持ちはじめました。将来は日本国内から援助をするというのではなく、途上国に直接支援しに行き、国際協力をしたいと考えています。 そのために自分は世界の国(発展途上国)等の情勢、現状、また国際関係、協力などを学ぶべきかと考えています。 自分は国際協力という点で様々なことに興味を持っています。(貧困問題、食料援助、都市開発・・・ジャンルが異なるかもしれませんが武装解除など・・・) そういった中から大学で学んでいく中で自分の適正を見つけられればと考えています。 しかし国際公務員になったりするということでよく、その夢を実現させる為には特定の分野(経済、法学、エンジニア、教育、土木など)の専門性を持たなければいけないということをよく耳にします。 ・・・ということは専門的なことを学ばずして大学で学んでいく中で自分の適正を見つけようとしている自分は考えが甘いのでしょうか?? ということで自分の将来を決める上で大学選択に困っています。今までは国立大学で考えていまして東京外国語大学、筑波大学国際総合学類などはどうだろうかと考えていました。 自分の大学選択の上で何かアドバイス、またお薦めの大学、また自分の考え等に指摘等宜しくお願いします。国際協力という面で世界で活躍してる卒業生を多く輩出している大学なども教えていただきたいです。