• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

平松大阪市長の功績

  • 質問No.7116912
  • 閲覧数2234
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 78% (283/362)

大阪府民の素朴な疑問です。
大阪に住んでますが大阪市は選挙権がなくよくわからないんですが市民の皆さんから見て平松市長はこの4年間で大阪を前市長時代と比べてどれだけよくしたんでしょうか?
橋下前知事との一騎打ちの様そうですが大阪府民の立場で言うとよく独裁者とか言われますが少なくとも大阪を黒字にしたという実績は評価しています。
大阪市には選挙権がないので直接関係ないんですが平松市長の功績を知りたくて質問させてもらいました。
平松市長は毒にも薬にもならないただの平凡な市長職をまっとうしたという印象があるんですが。
政党は反橋下というだけで一致団結して平松指示にまわっていますが市民目線で見て平松市長はどれぐらいすばらしい実績を残したんですか?

やっぱり平松市長なら大阪市は安心ですか?
平松市長は大阪府知事で言えば太田房枝みたいなもんで適当に無難に知事職をこなしてた人と同じような印象の薄さを感じるんですが結局太田政権が続いてたらいまだに大阪府は赤字のままだったと思います。
変化を望まない昔からどこにでもいるというか、既得権益を守りたい人の支持票に甘えてるように感じます。
橋下の好き嫌いは別として平松市長の手腕を知りたいです。

あと政治を維新かアンチ維新とかで決めようというような政策論外になってるような気がします。
そもそも共産党と手を組むようになったかって民自に対する失望感もあります。
まるで終戦間近の米ソの呉越同舟っていうか。

日本にあたる橋下が負けてそのあとで手を組むのかお前たちっていうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (90/302)

こんにちは。
>やっぱり平松市長なら大阪市は安心ですか?
全然安心ではないです。当選後はそうではなかったように思いますが、いつしか発言が大阪市職員代表のような話になっているように思います。とにかく大阪市の既得権益を守ろうという感じです。
そのしがらみがあるので、聞こえてくる成果は「放置自転車削減」「大阪地下鉄の1区間 ICカード利用で実質100円にするアイデア発案」などという私にもできそうな小さい話です。大阪府が持っている資産(関空、観光資源、大企業など)を有効活用して発展させていくという観点で言えば、大阪市だけで出来ることは知れていると思います。どうせ大阪を託すならもっと大きな絵を描けるひとがいいのではと思います。

また、反維新vs維新の件ですが、というより「独裁」vs「反独裁」の構図にしたいようです。最近とにかく平松さんからは「独裁」という言葉をよく口にします。大阪市民は何か事を起こしてマイナスになる(つまり損をする)のが嫌いな傾向があるので、「独裁になっていいのですか?」と不安をあおっているのでしょうか...。橋下さんが市長になっても気に入らなければ次の選挙で落とせばいいし、リコールできるはずなので全く独裁ではないのですが。。。
平松さんには、もっと政策論議で戦ってほしいですね。
お礼コメント
hikonyan31

お礼率 78% (283/362)

ありがとうございます。
独裁と言っても日本は中国の様な一党独裁国家ではなくリコールも可能な仮にも民主国家ですね。
最終的には大阪市民の判断ですが同じ大阪に住む者としてはたして平松市長が今後4年間大阪市民をどう導いていくのか疑問に感じてました。
橋下なら毒か薬になるんでしょう。
そして平松を選んだら今のままの大阪市。ローリスクローリターンの政治を続けるんでしょうね。
もしかしたら長期的にはハイリスクローリターンかもしれませんね。
なんとなく平松ががんばってるんじゃなく大阪市民や在大阪市企業ががんばってるって印象を大阪市に対してもっていました。
投稿日時:2011/11/13 11:13

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 40% (1540/3759)

> 平松市長は毒にも薬にもならないただの平凡な市長職をまっとうしたという印象があるんですが。

その通りだと思いますよ。
革命的な進歩はありませんでしたが、致命的なミスもありませんでした。

平松氏の市政については賛否あると思いますので、事実のみを挙げます。
平松氏は2007年12月に大阪市長になり、現在まで勤めています。
この間で財政のディスクロージャー制度が改善し、第3セクターを含む連結ベースでの財政状態を見ることができるようになりました。
それによれば、平成21年4月から22年3月までの1年間で、純財産は増加しています。
経常行政コストも、社会保障費以外は減少しています。以前から公表されている普通会計ベースでも、平成18年度と比べると、人件費は約1割減など、社会保障費以外は減少しています。


橋下氏の方は・・・。
口だけだという認識だったりします。
府議会に提出した教育基本法も、結局途中のまま辞任しましたしね。政治信条的な条例はあるけれども、生活が良くなるような法案はなかったように思います。
財政改革も、口では良く言っているようですが、橋下氏が府知事になって以降、府債は、残高も新規発行額も、減少したことは一度もありません。
ここ数年、目立った変化と言えば、臨時債の発行額が非常に増えたことだけです。



> あと政治を維新かアンチ維新とかで決めようというような政策論外になってるような気がします。

これに持ち込んだのは橋下氏だという認識があります。
橋下氏は、通常の業務での平松市長の会合参加でさえ「市役所を挙げて平松氏の選挙活動をしている」なんて言ってしまう方ですからね。

大体地方選挙では、民主・自民・共産の相乗りvs社民・公明の相乗り、なんていうのも存在します。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ