• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関数の連続性とε-δ論法

教科書に書いてあった関数の連続性とε-δ論法で 「すべてのε>0、δ>0を満たすδが存在する s.t. 0<|x-a|<δ => |f(x)-f(a)|<ε このときlim(x->a) f(x)=f(a) となって f(x)はx=a で連続である。」 とありますが、この意味が分かりません。 0<|x-a|<δ ということはxがaに限りなく近づく |f(x)-f(a)|<ε ということはf(x)がf(a)に限りなく近づく ということであって、xがaに完全に一致したわけではなく f(x)がf(a)に完全に一致したわけではないと考えています。 それなのにどうして「lim(x->a) f(x)=f(a) となって f(x)はx=a で連続である」と xがaに完全に一致したごとくのようにいえるのでしょうか? f(a)が場合によっては特異点のように、なだらかなグラフから飛び出ることもありえるので、 その場合関数が連続していないことがあるのではないかと考えてしまいます。 ε-δ論法を何度繰り返して考えてみても、分かりません。 分かりやすく、くどくなってもいいので、詳しく、やさしく教えていただければうれしいです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数649
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#152422
noname#152422

> 「すべてのε>0、δ>0を満たすδが存在する s.t. 0<|x-a|<δ => |f(x)-f(a)|<ε > > このときlim(x->a) f(x)=f(a) となって f(x)はx=a で連続である。」 これは書き間違いだと思います。教科書をもう一度確認してみてください。 > 0<|x-a|<δ ということはxがaに限りなく近づく 違います。aとxとの距離がδより小さいということを言っているだけであって、「xがaに限りなく近づく」なんてことは言っていません。 > |f(x)-f(a)|<ε ということはf(x)がf(a)に限りなく近づく 違います。f(a)とf(x)との距離がεより小さいということを言っているだけであって、「f(x)がf(a)に限りなく近づく」なんてことは言っていません。 > xがaに完全に一致したわけではなく > > f(x)がf(a)に完全に一致したわけではないと考えています。 その通りです。 > xがaに完全に一致したごとくのようにいえるのでしょうか? それは誤読です。理由はその前にあなたが書いた通り。 あなたが質問している命題のキモは、「∃δ」の部分です。”εに応じて”δを決められるっていうことです。εと無関係にδを選ぶわけじゃない。 それに、xとaが近いとか、f(x)とf(a)が近いとか思わない方がいい。 高校のときに習ったであろう「限りなく近づく」という言葉は抹殺して忘れたほうがいい。また、高校のときの”極限計算”の実態は、適当に変形したあとx=aを代入するということでしかなかったはずです。これらは理解の邪魔でしかない。高校時代の知識は全部ゴミ箱に捨ててしまいましょう。 εに応じてδを決められるという感覚は、fやaを具体的に与えて手を動かして計算することによって段々分かってくると思います。 下で参考文献を出している回答がありますが、自分もそれを読んだ人間の一人です。しかし、それを読めば何も考えずにわかるようになるわけじゃなくて、結局自分で考えるしかないです。そこは自力で乗り越えるしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関数の連続性ε-δ論法

    f(x)=xsin(1/x) (x≠0) f(x)=0 (x=0) (1)x=0におけるf(x)の連続性、微分可能性を調べよ。 (2)x≠0におけるf(x)の連続性、微分可能性を調べよ。 (1)ε-δ論法を用いて連続性を調べる。 0<x-0<δのとき |f(x)-f(0)|=|xsin(1/x)-0|=|x|*|sin(1/x)|≦|x|<δ 上記の式より lim[x→0]xsin(1/x)=0である。 よって x=0のときf(x)は連続である。 f'(x)=lim[h→0]{f(0+h)-f(0)}/h=lim[h→0]{hsin(1/h)}/h =lim[h→0]sin(1/h) lim[h→0]sin(1/h)の極限値は存在しない よってf(x)は原点において微分不可能である。 (2)(1)と同じようにε-δ論法を用いて連続性を調べる。 任意の点をaとおいて 0<|x-a|<δのとき |f(x)-f(a)|=|xsin(1/x)-asin(1/a)| =(x-a)sin(1/x)+a{sin(1/x)-sin(1/a)} =(x-a)sin(1/x)+2a[sin(1/2){(1/x)-(1/a)}cos(1/2){(1/x) + (1/a)}].....和と積の公式 となるのですが、ここから上記の式が 上記の式<δ にどのようにすれば良いのかが分かりません。 また、微分可能性は lim[h→0]{hsin(1/h)-asin(1/a)}/h =lim[h→0]sin(1/h)-{asin(1/a)}/h となってよくわからなくなってしまいます。 お願いします教えて下さい。 以上よろしくお願い致します。

  • 関数の連続性について

    「関数f(x)の定義域に属するxの値aに対して関数f(x)がx=aで連続⇔(1)lim[x→a]f(x)が存在(2)lim[x→a]f(x)=f(a) (1)(2)のどちらかが成り立たないとき、x=aで不連続である」 と教科書にあるんですが、(2)のみ言えれば極限値が存在し、かつその値はf(a)であると言えるのではないのでしょうか 教科書がわざわざ強調しているのでたいへん気になりました。 よろしくお願いします

  • ~ε-δ論法~

    ~ε-δ論法~ 関数f(x)、g(x)、h(x)が、ある正数δに対して、0<|x-a|<δ⇒f(x)≦h(x)≦g(x)をみたしているとする。このとき、lim[x→a]f(x)=lim[x→a]g(x)=Bならば、lim[x→a]h(x)=Bとなることをε-δ論法を用いて示してください。 よろしくおねがいします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>「すべてのε>0、δ>0を満たすδが存在する s.t. 0<|x-a|<δ => |f(x)-f(a)|<ε >このときlim(x->a) f(x)=f(a) となって f(x)はx=a で連続である。」 初学者の方でしょうか? 上の式を厳密に書くと ε>0、δ>0 を前提とし ∀ε ∃δ ∀x [0<|x-a|<δ ⇒ |f(x)-f(a)|<ε] です。これは、任意の ε に対し、σが存在し、全ての x に対して [0<|x-a|<δ ⇒ |f(x)-f(a)|<ε] を真にすることが出来る。 ですが、上の論理式で ∀x を落として考えていませんか?  初学者がよく陥る誤りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • OurSQL
  • ベストアンサー率40% (53/131)

>「すべてのε>0、δ>0を満たすδが存在する s.t. 0<|x-a|<δ => |f(x)-f(a)|<ε >このときlim(x->a) f(x)=f(a) となって f(x)はx=a で連続である。」 教科書には、この通りには書かれていないはずです。 教科書に書いてあることを、あなたが「翻訳」したのだと思いますが、完全な誤訳です。 質問文全体を読んだ感想として、御自身で述べておられるように、ε-δ論法の基礎が理解できていないようです。 誤訳をしてしまった原因も、基本が分かっていないからでしょう。 >ε-δ論法を何度繰り返して考えてみても、分かりません。 まだまだ、考える回数が不足していると思われます。 理解できるようになるまで、回数制限なしで考える以外に解決方法はありません。 たぶん、教科書以上に詳しい説明をするのは、誰にも難しいでしょう。 しかし、教科書にも良書とそうでないものとがありますので、一応お勧めの書籍を挙げておきます。 「イプシロン-デルタ、田島一郎、共立出版、1,470円」 ε-δ論法に苦しんでいる学習者にとって、おそらく最良に近い参考書だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4667/9813)

>f(a)が場合によっては特異点のように、なだらかなグラフから飛び出ることもありえるので、 なだらかでなく段差なり飛び出ていれば、その差より小さくεをとれば、その場合 条件を満たすδが存在しません。 と言うことがわかりますか?わかるならその対偶をとると、 「任意のε>0に対して、あるδ>0が存在して、 |x-a|<δを満たすすべてのxについて |f(x)-f(a)|<ε」 が成り立っている限り、段差や飛び出しが無いことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ε-δ論法による関数の連続性について

    f:R→R を  f(x)=x^(1/3) (xの3乗根) と定めます.このとき f が R上連続であることはε-δ論法でどう示せばよいでしょうか? 任意の ε>0,a∈R をとったときに,  0<|x-a|<δ ⇒ |x^(1/3) - a^(1/3)|<ε となる δ>0 の存在が言えればいいわけですが,このδを具体的にどう決定してあげればいいかわかりません. よろしくお願いします. (見づらいと思うので画像を参照してください)

  • 関数が連続であることの証明

    関数f(x)=|x-1|^3がx=2で連続であることを定義に従って証明せよ。 という問題です。 ∀ε >0, ∃δ >0 s.t. 0<|x-2|<δ ⇒|f(x)-f(2)|<ε …(*) このとき、lim[x→2]f(x)=f(2)となって、f(x)はx=2で連続といえる。 よって、(*)が成り立つことを示せばよい。 0<|x-2|<δのとき、 |f(x)-f(2)|=||x-1|^3-1|=??? …この||x-1|^3-1|の計算ってどうやるのでしょうか? 絶対値がよくわからないです。 よろしくお願いいたします。

  • 連続関数

    連続関数について質問です。関数f(X) において、定義域に属するXの値Aに対して極限値が存在するならばX=Aで連続であると教科書にかいてあったのですが、X=Aで連続ならばグラフはすべて連続な関数になるのですか?連続関数とは極限値が存在する事によって連続関数と言えるのですか?連続関数とは大まかに言えば何ですか?教えてくださいお願いします。

  • 関数の連続性について

    先日、このような問題がありました。 x^2-cosx=0は区間[0,1]に解を持つ。 最初はグラフを書けばいいと思い、与えられた式を変形させ g(x)=cosx、f(x)=x^2とおいて作図しました。 グラフを書くと、f(x)は増加関数、g(x)は減少関数だから[0,1]の中で交わっていて、解があることがわかりましたが、これをε-δ論法で証明する場合はどうすればいいでしょうか。 また、この問題を証明するにあたって、関数の連続性の証明はいりますか。 回答宜しくお願いします。

  • 関数の連続ε-δ論法

    こんにちは。関数の連続性についての質問です。 定義を 「関数fが、実数のドメインD とレンジRを持ち ∀ε>0 ,∃δ>0 st|f(x)-f(p)|<ε whenever|x-p|<δ を満たすとき点p∈Dにおいてε-δの性質をもつ」 とする時、 定理1.fがε-δの性質をもつとき、fは点pに置いて連続である この定理の証明をしたいのですが、この定義はそのまま極限の定義 lim(x→p)f(x)=f(p); ∀ε>0, ∃δ>0,∀x∈S: 0<|x-p|<δ⇒|f(x)-f(p)|<ε  の様な気がするのですが、この定理は証明可能なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 極限の関数の連続性

    関数が連続になる理由がわからないので質問します。 (1) aは0でない定数とする。x≧0のとき f(x)=lim(n→∞){x^2n+1 +(a-1)x^n -1}/{x^2n -ax^n -1}を求めよ。 (2)関数f(x)がx≧0において連続となるように,aの値を求めよ。 (1)は解けました。(2)がわかりません。解答では (1)より x>1のときf(x)=lim(n→∞){x +(a-1)/x^n -1/x^2n}/{1 -a/x^n -1/x^2n}=x    x=1のときf(x)=lim(n→∞){1^2n+1 +(a-1)1^n -1}/{1^2n -a1^n -1}=(1-a)/a 0≦x<1のときf(x)=lim(n→∞){0+0-1}/{0-0-1}=1 分からない1文は、f(x)は 0≦x<1,x>1においてそれぞれ連続である。連続になる理由は、x≧0においてグラフが描けるからでしょうか?定義域の確認などは必要ないのでしょうか。 このあと、x≧0において連続になるためには、x=1で連続になることが必要十分条件 であるとして、lim(x→1-0)f(x)とlim(x→1+0)f(x)がともに1になるので、 1=(1-a)/aからa=1/2として答えをだしています。 どなたかf(x)=x,f(x)=1などがx≧0で連続になる理由を教えてください。

  • 連続関数とそのグラフ

    f(x)=lim(x^(2n-1)+x^2+ax+b)/x^(2n)+1 n→∞ が連続関数であるとき (1)定数a,bの値を求めよ。 (2)関数y=f(x)のグラフの概形をかけ。

  • 関数の連続性

    社会人になってまた数学の勉強始めたんですが、いきなり躓いてしまいました。どなたか助けてください。「無限と連続」の数学 という本を現在やっています。 関数 y=f(x) が x=a で連続であるための必要十分条件は a に収束する任意の数列 a[n] について、数列 { f(a[n]) } が f(a) に収束することである この定理の証明なのですが、 x=a で連続である時 { f(a[n]) } が f(a) に収束することは示せたのですが、逆に { f(a[n]) } が f(a) に収束するとき x=a で連続であるというのが示せません。というか成り立たない気がするのですが… 以下、私の考え↓ f(x)を次のように定義します x=a[n] のとき a[n] x=a のとき a x=/=a かつ x=/=a[n]のとき a+3 この関数の場合 { f(a[n]) }は f(a) に収束するが、x=aが連続でないという命題が示せてしまう 任意のδ>0 s.t. 存在するx∈R |x-a|<δかつ|f(x)-f(a)|>=2 を示す どのようなδをとっても、開区間(a-δ,a+δ)のなかにはx=/=a かつ x=/=a[n] を満たす点が存在しいてしまうのでf(x)はそのxの値においてa+3の値をとり、|f(x)-f(a)|>=2をみたすので上記の命題は真になる 以上が私の考えです。ただ、ちょっと不安に思う点があります。 wikipediaの関数の連続性について書かれている記事だと(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF%E8%AB%96%E6%B3%95) s.t.のすぐ後に「任意のx∈R」とあります。だから連続の命題の否定は 存在するε>0 任意のδ>0 s.t. 存在するx∈R |x-a|<δかつ |f(x)-f(a)|>=ε になるのではないかと思うのですが、私の取り組んでいる本には「存在するx∈R」のような表記がありません。 私の考えはどこで間違っているのでしょうか。

  • 一様連続の証明問題です

    R上で定義された連続関数fが lim[x→+∞] f(x)=0 をみたすとする このときfは[0,∞)上で 一様連続であることを証明せよ. ※証明にはε-δ論法を用いよ という問題なんですが まったく歯がたちません どなたか教えてください お願いします

  • f(x)=x^3はx=0で連続か不連続か

    『lim[x→a]f(x)=f(a)⇔f(x)がx=aで連続』 の⇒向きの話について疑問を感じます。 たとえば、 『f(x)=x^3はx=0で連続か不連続か。』 という問題で、解答は、 『lim[x→0]f(x)=0、f(0)=0より、 lim[x→0]f(x)=f(0)であるからf(x)はx=0で連続である。』 とかって書いてあるんですが、lim[x→0]f(x)=0っていうのはf(x)にx=0を代入して出しているのではないのでしょうか? (建前上は、)y=x^3のグラフから極限値を調べた、ということなんでしょうか? まぁ、この問題は本当に基礎の問題だからこのように書いてあるわけで、実際の問題では、多項式などは連続関数なのが自明だから、そこからはlim[x→a]f(x)=f(a)を使って求める、ということなのかな?と思ったんですが、どうなのでしょうか?

専門家に質問してみよう