• ベストアンサー
  • 困ってます

特許の審査請求について

特許の審査請求をすぐにした場合と、ぎりぎりまで待った場合とのメリットとデメリットを教えてください。特許分野はEビジネスです。

noname#156053

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数341
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

#1です。 そこまで小細工するメリットがどこにあるのか私にはわかりませんが・・・。 審査請求は、平成13年10月1日以降の出願は、出願日から3年以内にしないといけません。それ以前は7年以内でした。 3年という短い期間の中で(公開まで出願から1年6ヶ月、というのは変わらず)あれこれ小細工するより、費用の許す範囲で出願をばんばんしていったほうが良いのでは? 実際、あなたの出願の審査請求をしなかったとしても、あなたの出願より後にされた類似の他人の出願も特許されないのですから。 あなたも権利は取れないけれども、他人にも取らせない、というメリットが、出願手続きそのものにはあるのです。 ですから、本当に権利を取りたいものであれば、審査請求をすればよいのですし、そうでないものには、10万円もかけて手続きをすることはないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。 ばんばん出して、すぐに審査請求をする方法で行こうと思います。

関連するQ&A

  • 特許の審査請求

    特許の審査請求について教えていただきたく投稿しました。 自分ではじめての特許の申請を手探りで2002年にしたのですが、審査請求の期限が近づいていますが、審査請求の費用は、結構高いので決断しかねています。 減免措置として資力の乏しい個人の場合、 市町村民税非課税者と 所得税非課税者は減免があることを知りました。私はサラリーマンで所得があるので該当しないのですが、妻(私の扶養。所得なし)が審査請求はできるのでしょうか?本人しかできないのでしょうか? 特許庁のページなど見てもわかりませんでした。 ご存知の方アドバイスいただけたら嬉しいです。

  • 特許審査請求のタイミング

    特許の審査請求のタイミングについて教えてください。 絶対的な、有効な特許は、特許公開或いは出願と同時に審査請求を行い、他社から特許使用料を得られることができると思います。 しかし、他社にまねをされない目的なら、世の中の状況を見て判断する、と言う考え方もあり、審査請求料金、特許年金支払いのコストを考え、審査請求期限ぎりぎりまで待つのも良いと思いますが、いかがでしょうか?  大量生産/少量生産で事情は違うと思いますが。

  • 特許の出願と審査請求について

    初心者的な質問で申し訳ありませんが、 特許は出願→審査請求となっていますが、本やHPを見てると 先に出願すれば後から出願はできないとあります。特許文献を 見ていてもほとんど審査未請求となっており、出願だけして 審査請求をしない傾向が強いように思います。審査請求費用 が高いためとりあえず出願して他社への敬遠としているよう に感じているのですがそれは間違いでしょうか? 審査請求の意味について教えてほしいです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#144547

こんにちは、弁理士受験生のhisanoriです。 まだ受験生なので一応「一般人」ということにしておきます。弁理士資格者のほうが良いアドバイスができるとおもいますので。  さて、審査請求ですが、審査請求の時期によって、権利になるかならないかは関係ありません。GIPBEANさんが読んだ本の意味は、本当に取得したい権利なのかを考えてしたほうが良いので、審査請求の時期をぎりぎりまで待ったほうが良いということだと思います。審査請求の費用は最近値上がりしているので、積極的に取得しないものまで審査請求をすると、高い金額をどぶに捨てることになってしまいます。従って、早く権利を取りたいと思っているものは、早く審査請求をしたほうが良いであろうし、本当にこの権利が必要かどうか迷っているものは、ぎりぎりまで待ち、そのときにいるかどうか判断したらよいと思います。 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

審査請求の早い遅いで、特許になる・ならないが決まるものではありません。出願前に公知の発明や先願があるかどうかが問題となります。 仮に、拒絶の理由が何もない出願だったとします。つまり、審査請求後、補正や意見書提出などせず、すんなり特許査定がくるとします。 特許の権利期間は出願日から20年間ですので、早く審査請求をすればそれだけ、権利期間が長くなりますので権利行使の期間が長くなります。 しかし、その分、特許料の納付期間も長くなります。 審査請求をギリギリまで待てば、権利期間が短くなるので特許料は少なく済みますが、権利となった時点で、その特許に価値があるかどうか(新規性・進歩性など)つまり、権利行使する価値があるかどうか、は疑問ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 以前どこかのサイトか書籍で、特許取得の戦略として、出願時にクレームをいろいろなレベルで出しておいて、世間の動向を見つつ、クレームの分割や変更で柔軟に対応した方が良い。といった内容の記事を読んだ記憶があります。この際、審査請求はぎりぎりまで待った方が良い。とも書いてありました。 この辺りをポイントとして、詳細を教えていただけませんか?

関連するQ&A

  • 審査請求について

    審査請求をしないと成立しないと聞きましたが、では審査請求しないと特許をだす意味がないのでしょうか?特許の基本的なことが知りたいのですが参考になるサイトをどなたか教えてください

  • 審査請求の前に

    特許出願したあとなら審査請求しないでその特許製品を売っても問題はありませんか?

  • 特許出願して審査請求をしないのはどういう理由ですか

    特許について詳しくないので、どなたか教えて頂きたいのですが、 特許出願をして3年以内に審査請求をしないと、出願が取り下げられたとみなされるということですが、 出願して審査請求しないのは、どういう場合でしょうか。 単に、審査請求料を払うのが惜しいからでしょうか。 「自分が最初に考案した。」ということを他人に示すことだけを目的の出願だったということでしょうか。 審査請求が無くて特許出願が取り下げられたら、他の人が同じ発明で再び出願できないのでしょうか? (それが目的の出願だったということでしょうか?) 大変初歩的な質問ですけれど、お願いいたします。

  • 審査請求が未請求になっていた場合

    自分の開発している製品が抵触しそうな特許が見つかりました。2年前に発行された公開公報を見たら審査請求は未請求だったんですが・・・ この出願はもう特許になることはないのでしょうか? どのようにすれば審査請求の有無やその後の情報を知ることが出来るのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 特許出願の審査請求にて?

    「ある物件」の特許を電子図書館で検索し 「経過情報」を見たら下記のようになっています。審査請求は未請求ということでいいでしょうか。 査定種別(査定無し) 最終処分(未審査請求によるみなし取下) 最終処分日(平12.5.25)

  • 特許の審査請求の費用について

    2~2日内に出願中の特許の審査請求を予定していますが、個人として所得税非課税者に該当するため1/2軽減となるようです。 請求項数1ですから(118,000円+4,000円)÷2=61,000円の特許印紙を審査請求書に貼り付ければ他に費用は掛からないのでしょうか? また、特許印紙は特許庁内で入手できるのでしょうか、それとも郵便局で入手しておく必要があるのでしょうか? 確認のため、経験者の方か、事情を知っておられる方、教えてくださるなら助かります。 納付すべき税額 無 の納税証明は既に手元にあります。

  • 審査請求を出すとどういったメリットがあるのでしょう。

    特許出願してから審査請求をするかどうか質問されました。 審査請求を出すのと出さないのとではどういった違いがあるのでしょう? 特許出願をした時点でアイデアが公開されたわけで、もし他の人がそのアイデアを真似したら、賠償請求できるんですよね? 無知な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 審査請求の意味自体がさっぱりわかりませんでした。

  • 特許を出願して審査請求しない意義とは何でしょうか?

    初心者です。よろしくお願いします。 表題の件について、 特許権を取得するためには出願から3年以内に審査請求を行わなければならないというのは理解できるのですが、出願と審査請求をわざわざ沸けるという意義がよく理解できません。 ということは出願をして、審査請求をしないことも可能だという意味ですよね。 このように出願と審査請求が手続きとして分かれている 意義をご教示いただけたらうれしく思います。 よろしくお願いいたします。

  • 審査請求が未請求のケース・・・。

    特許庁のHPで特許を検索・閲覧していましたが、ある事項に気がつきました。しかし、理由がわかりません。その事項とは特許出願はしていますが、審査請求が未請求のケースがとても多いのです。私からみればせっかく出願しているのになぜ?っておもいます。なぜ審査請求をしないのでしょうか。

  • 審査請求していない特許について

    特許を検索できるサイトで、公開特許をいろいろ見てみると、審査請求していないものがかなりありました。 審査請求をして特許が成立したものについては、第三者がその技術を使う時にはロイヤリティが発生すると思うのですが、登録特許でないものについては使い放題なのでしょうか? (審査請求するには費用がかかるため、出願特許全てを審査請求するわけにはいかないとは思うのですが、)そうすると、一つ疑問に思うのですが、審査請求をしないのであれば、最初から出願しないほうが良いのではないのでしょうか? 出願しても審査請求しないということは、自社技術を外部にだだ漏れさせているだけにも思うのですが、、、それとも、他社に先に特許を取られないために、(つばつけということで)とりあえず出願だけはしておくということでしょうか?