• 締切済み
  • すぐに回答を!

特許出願して審査請求をしないのはどういう理由ですか

特許について詳しくないので、どなたか教えて頂きたいのですが、 特許出願をして3年以内に審査請求をしないと、出願が取り下げられたとみなされるということですが、 出願して審査請求しないのは、どういう場合でしょうか。 単に、審査請求料を払うのが惜しいからでしょうか。 「自分が最初に考案した。」ということを他人に示すことだけを目的の出願だったということでしょうか。 審査請求が無くて特許出願が取り下げられたら、他の人が同じ発明で再び出願できないのでしょうか? (それが目的の出願だったということでしょうか?) 大変初歩的な質問ですけれど、お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2733
  • ありがとう数25

みんなの回答

  • 回答No.7
  • lkjhgf
  • ベストアンサー率0% (0/1)

回答 審査請求は出願してから3年以内に特許庁へ申請しなければなりません。 審査請求は出願してから公開になるまで1年6か月かかります。出願した時に先行特許がないと分かって自分の出願前1年6か月の間に誰かが出願した場合は1年6か月の間はその内容を誰も知りえることはありません。その為、1年6か月待ってから審査請求するのが通例になっています。審査請求料は約17万円+4,000円×請求項の数となり高額です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許の出願と審査請求について

    初心者的な質問で申し訳ありませんが、 特許は出願→審査請求となっていますが、本やHPを見てると 先に出願すれば後から出願はできないとあります。特許文献を 見ていてもほとんど審査未請求となっており、出願だけして 審査請求をしない傾向が強いように思います。審査請求費用 が高いためとりあえず出願して他社への敬遠としているよう に感じているのですがそれは間違いでしょうか? 審査請求の意味について教えてほしいです。

  • 審査請求を出すとどういったメリットがあるのでしょう。

    特許出願してから審査請求をするかどうか質問されました。 審査請求を出すのと出さないのとではどういった違いがあるのでしょう? 特許出願をした時点でアイデアが公開されたわけで、もし他の人がそのアイデアを真似したら、賠償請求できるんですよね? 無知な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 審査請求の意味自体がさっぱりわかりませんでした。

  • 特許の出願審査請求を他人がする場合

    特許の出願審査請求は何人でもできることになっています。その場合、実体審査の結果は、誰のもとへ届くのでしょうか? 特許出願人にも届くのでしょうか? もしそうだとすると、特許出願人は身に覚えのない審査結果の連絡が届いて、自分の発明に関心・警戒を抱くものがいる!と驚くことになるのでしょうか? それから出願審査請求の料金は誰が負担するのでしょうか? 他人による出願審査請求の場合は、その他人が支払うことになるのでしょうか?

  • 回答No.6
  • lkjhgf
  • ベストアンサー率0% (0/1)

お答えします。 出願してから1年6か月たってから審査請求をするのが通例です。 出願した時に過去の技術は調査でき、なければ特許出願します。 審査請求は約17万円します。一年半待ってその間に類似する特許が 出願されてないことを先行特許を調査し確認してから審査請求をするのです。 また生産力を向上される機械を発明して工場内で使う場合特許出願する と1年6か月後に全国に公開になり誰でも知ることができるようになり ます。その場合、発明技術が市場に知られてしまいます。 他社がこれはいいわが社でも使おうとする場合は通常は出願者と 通常実施権などの契約をし利益の一部を提供しなければなりません。 しかし、工場内へは一般者が自由に入って調査することはできません のでそれをよいことに出願者にロイヤリティーを支払わないで無断で 使用してもわかりません。出願者が調査に入ることができないのです。 そのような場合は出願をしないで自分の工場だけで使う方がよいのです。 出願した場合は取り下げればよいのです。その場合公開されません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

業種にもよるとは思いますが、私の経験では特許出願のタイミングは研究・開発の比較的早い段階で、アイデアの検証データがある程度得られれば速度重視で即出願します。 しかし、その後の事業化までの検討で案件自体がドロップしたり、別の方法が見つかったりすることもあるため、対費用効果を考えると自供かに関係のない出願については審査請求しないというケースが多々みられます。 「自分が最初に考案した。」ことを示すだけなら論文等、別の手段もあるので公知化だけを目的に出願と言うケースは稀な気がいたします。 以上、経験談です。ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

審査請求しない一番の理由は経済的な理由でしょうね。審査請求がタダなら、とりあえずは審査請求するでしょうから。タダなら出願時に審査請求するでしょう。弁理士費用やら印紙代で10万円を超えますので、将来的に費用対効果が低ければ見送る、と言う事はありますね。 特許は、自分が発明したものを公開するかわりに、他の模倣を防ぐ、というのが第一にあります。しかし『他社が同様の特許を取得する事を防ぐ』という意味合いも強いです。防衛的な意味合いですね。 審査官は特許を審査する段階で、過去の文献を調査しますが、まず調査するのは特許です(科学雑誌等を調べる場合も多少はありますが、そういう拒絶理由は少ないですね)。過去に公開されている特許にこう書かれているからその発明は無効(拒絶)だ、と言う事になります。他に特許を取られない為には、まず特許を出願する、と言う事が最も有効な訳です。 ちょっと前までは審査請求の期限は7年でした。7年あればその発明がどうなっているか判断が簡単なので良かったのですが、3年になってからは、まだヒットになっていない未熟商品の審査請求をするかしないか、と言う判断が難しくなってます。他社から見れば、気になる特許が白黒はっきりするのが公開後1年半後(出願から公開までは1年半)なので良いのですけどね。 > 審査請求が無くて特許出願が取り下げられたら、他の人が同じ発明で再び出願できないのでしょうか? 出願は可能です。出願は形式さえ整っていれば何を書いても出願可能です。ですが、みんなが知る事になった公知の事実では特許となりません。 参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#31628

出願から1年半経過後に発行される公開公報に「審査請求なし」と書かれていても、その後に審査請求されるものも多いです。しかも、平成13年9月30日までの出願については、出願審査請求は7年以内となっていましたので、そういうケースがもっと多かったでしょうね。 ・・・と思ったのですが、調べてみたら、確かに半分近くは審査請求されていませんね。 http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2005_pdf/toukei/02-02_01.pdf >審査請求が無くて特許出願が取り下げられたら、他の人が同じ発明で再び出願できないのでしょうか? (それが目的の出願だったということでしょうか?) 上記のように、出願してから1年半を過ぎると、発明の内容が公開されます。公開されることによって、その出願の明細書・特許請求の範囲に記載されている発明や、その発明に基づいて当業者が容易に発明することができた発明については、その後に他人(又は自分)が出願しても、特許を取ることができません。(出願すること自体は自由です。) 従って、防衛目的で出願だけして審査請求をしないということはありますよ。 ただ、審査請求しない理由は他にもいくつか考えられますね。 1.最初は特許を取って独占的に実施しようと思って出願したが、その後有力な先行技術が見つかり特許になりそうもないので諦めた。(外国で先に審査して拒絶された場合も含む。) 2.最初は特許を取って独占的に実施しようと思って出願したが、月日が経つ内に会社の経営方針として実施の予定がなくなり、興味を失った。 3.自分で特許を取って独占的に実施しようとは思わないが、他社に特許を取られて自社の業務に影響が出るのを防止するために、出願だけはしておく。(上に書いた防衛目的のもの。) 4.平成16年4月1日以降の出願については審査請求料金が2倍になったので、特に審査請求する出願を厳選する傾向が増えてきた。(これは上記のデータには反映されていないと思いますが。) 5.出願はしたものの実施の予定もないし、莫大な件数の審査に追われててんてこ舞いの特許庁が泣いて頼むから、やめてあげた。(冗談っぽく言ってますけど、できるだけ審査請求をしないでほしいという要望が実際にありました。) 6.出願したことを忘れてしまった。(あり得ない話ではないです。) 7.出願した後に死んじゃった。(これもあり得ない話ではないですよね。)

参考URL:
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2005_pdf/toukei/02-02_01.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございました。 審査請求をしないことにも色々理由があるのですね。大変勉強になりました。 参考になるご回答でした。

  • 回答No.2
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

公知目的か、2年近く目的の相手を縛れることからすれば、安い買い物です。 防衛は攻撃があって初めて成立するものですし、専守防衛の証といった所なんでしょう。 みなし取り下げまでの期間、その後の影響を考えて見てください。 だた、問題は、出願人と発明者は実在である必要がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございました。 やはり特許係争にそなえてということですね。 大変参考になりました。

  • 回答No.1

一般に、特許権を確定し、権利を主張する為に申請が行われるのですが、特許申請書に記載される中身が公開されることになり、その応用で、別の特許が成立しないとも限りません。従って、特許申請を行わない事例は結構あるように聞いています。 今回ご指摘のように特許申請は行うが、審査を請求しないのは、同種の特許権者を主張する者に対して、公文書(公開された時点で)として 証明されることになり、後に特許係争が発生したときの防御で申請する 場合があると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございました。 やはり、他者との特許係争にそなえての特許申請ということですね。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 特許を出願して審査請求しない意義とは何でしょうか?

    初心者です。よろしくお願いします。 表題の件について、 特許権を取得するためには出願から3年以内に審査請求を行わなければならないというのは理解できるのですが、出願と審査請求をわざわざ沸けるという意義がよく理解できません。 ということは出願をして、審査請求をしないことも可能だという意味ですよね。 このように出願と審査請求が手続きとして分かれている 意義をご教示いただけたらうれしく思います。 よろしくお願いいたします。

  • 出願人変更について 別法人で審査請求

    初めまして、タイトルの質問を致します。 特許出願をしてあるのですが、諸事情あり、出願人を別法人にして 審査請求をしたいと思います。 特別な手続きは必要なのでしょうか? 初歩的な質問ですいませんが詳しい方がいらっしゃいましたら どうぞ宜しくお願いします。

  • 優先権主張出願の審査請求期間

    国内で基礎となる出願を元に、優先権主張して新たに特許出願をしましたが、その場合審査請求の期限は基礎となる出願日から3年だと思っていたのですが、あとから出願した特許の出願日より3年と電話で特許庁の人に言われました。これは本当でしょうか?だとしたらどんどん伸ばせるように思えますが何故でしょうか?

  • 審査請求が未請求のケース・・・。

    特許庁のHPで特許を検索・閲覧していましたが、ある事項に気がつきました。しかし、理由がわかりません。その事項とは特許出願はしていますが、審査請求が未請求のケースがとても多いのです。私からみればせっかく出願しているのになぜ?っておもいます。なぜ審査請求をしないのでしょうか。

  • 特許審査請求のタイミング

    特許の審査請求のタイミングについて教えてください。 絶対的な、有効な特許は、特許公開或いは出願と同時に審査請求を行い、他社から特許使用料を得られることができると思います。 しかし、他社にまねをされない目的なら、世の中の状況を見て判断する、と言う考え方もあり、審査請求料金、特許年金支払いのコストを考え、審査請求期限ぎりぎりまで待つのも良いと思いますが、いかがでしょうか?  大量生産/少量生産で事情は違うと思いますが。

  • 平成7年度12月出願、の審査請求

     よろしくお願いします。 実は平成7年度12月出願の特許がありまして、その後審査請求をしておりませんでした。 えー確か当時は、出願後7年以内に審査請求をすればよい、となっていたと思いましたが、 確か最近、出願後七年以内、というのが短縮される(た)ような話を聞いております。 この場合、平成7年度出願の特許にまでさかのぼり、その審査請求までの期間短縮が 適用され、平成7年度12月出願の特許は審査請求できないのでしょうか? 出願のお金も大きなものですし、審査したいと思いました。 よろしくお願いします。

  • 国際特許出願の審査請求期間について

    日本における優先権を伴う国際商標出願(PCTルート)において、日本での審査請求期間はいつから3年なのでしょうか?(優先日か、国際出願日か) 優先権を主張しているという事は、日本において基礎出願をしていると考えているのですが、この考え方は誤解なのでしょうか? 優先権を主張した特許=国際出願した特許と考えております。 優先権主張番号で検索を掛けても、元の特許に行き着けません。 優先権主張番号からもとの特許出願に辿り着けるのでしょうか? 特許公報DBで調べても、全く関係の無い特許か、未備蓄という結果になります・・・

  • 出願審査請求をする時期

    個人で特許出願をしようと思っています。 私は今年、非課税になっているので、減免措置を利用したいと思い、審査請求を年度内にしたいと思っています。 それで、出願してからまず方式審査がありますよね。 その結果、補正命令が通知されるのは大体、出願してからどのくらいかかりますか? やはり審査請求は補正命令の有無がわかった後にする方がいいんでしょうか。

  • 特許出願済で特許査定前の事業委託契約について教えてください

    ある分野で弁理士に依頼して特許出願をしています。審査請求はまだしていません。この発明を含む事業を他に委託して、業務を任せるにあたり、収益の一部を受け取ることに問題はないでしょうか?又、まだ特許になっていない段階で、いわばライセンシングのようなことをして、いずれ審査請求をして特許とならなかった場合はどうなるのかと考え相談に参りました。こういった契約はそもそも合意があればしていいものでしょうか。よろしくお願いします。

  • 審査請求の前に

    特許出願したあとなら審査請求しないでその特許製品を売っても問題はありませんか?