• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

みなし取り下げになった特許の再出願

特許の出願を5年前に行い、審査請求をしないまま公開され、みなし取り下げとなりました。 今回この特許内容を元に事業を起こそうと思うのですが、ここで質問です。 ・再度出願し、審査請求は可能なのか?  「みなし取り下げは、再出願の機会を付与するため」との条文があるのですが、これに該当するのでしょうか? ・発明者の不一致に関して 出願時は発明者を2名の連名で行ったのですが、今回そのうちの1名で出願する場合、もう1名に宣誓書をもらえばいいのでしょうか?この宣誓書は法的に効力のある文書である必要があるのでしょうか? ・法的保護 特許としての権利取得が無理な場合、実用新案等他の方法は可能なのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3713
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • takapat
  • ベストアンサー率81% (48/59)

見なし取り下げになった特許出願を再出願しても既に出願公開されているなら、新規性欠如で拒絶されます。しかし、そのままでの再出願は無理ですが改良した発明であれば特許取得も無理ではありません。ただし、ご自身の先願公知発明だけでなく他人の従来技術に対しても進歩性が認められなければならないのでハードルはかなり高いものであることを覚悟して下さい。 また、見なし取り下げされた公知発明は、後の特許出願を排除する効力を有しますが、出願人には何の権利も与えられておらず、仮に、後願の改良発明が特許を受けた場合には、改良部分に新規性、進歩性が認められているので、改良発明の出願に際して、もとの共同発明者に了解をとる必要はありません。(商売上の道義的責任はあるかもしれませんが) また、商標登録によって、技術を保護できるような錯覚を起こさせる裏技的なアドバイスをされた方がいますが、商標で技術そのものが保護されることはありません。 たしかにテフロンは登録商標であり、商標権者であるデュポンに無断で、ポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂を使用した商品に”テフロン加工済み”とか”テフロン使用”というような記載をして販売すれば商標権の侵害になりますが、材料としてのポリテトラフルオロエチレンの使用そのものに商標権の効力が及ぶことはありません。(もちろん特許権の侵害になる場合はあります。) マグライトという会社は、ミニマグライトという小型懐中電灯を、デザインを変えずに長年販売を続け、著名となり、その形状をそのまま表したものを立体商標として登録することに成功しました。しかし、デザインが保護されるわけではなく、商標としての使用に保護が与えられているだけなので、デザインが類似する商品は巷にあふれています。不正競争防止法の対象にはなりますので、マグライト社は、類似品の排除努力を続けています。 あなたが、特許出願しようとしているものが、物の発明であるなら、意匠登録出願の方がまだましです。この場合、先願の特許出願が公知であっても、意匠とは保護対象が異なるので、拒絶の理由にはなりません。 一方、特許出願、実用新案登録出願、意匠登録出願は、相互に出願変更も認められているほど共通性もあるので、互いに権利が抵触する場合があり、先願権利者が後願権利者の実施を制限できます。 たとえば、タイヤの溝は、機能面の効果を発揮する技術については、特許又は実用新案登録によって保護されますが、同じタイヤの溝のデザインについて意匠登録によって保護を受けることも可能です。 日本弁理士会で無料相談に応じてもらえますので、プロのアドバイスを受けた方が無難だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。 とても詳細で丁寧な回答ありがとうございました。takapatさんの回答で疑問が完全に消え、これからの相談等の方向性も定まりました。 意匠登録の可能性について弁理士会に相談してみたいと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 特許出願の分割について

    特許公開された後、一部を出願分割し実用新案に変更した場合、実用新案の方は特許公開された事実によって「新規性なし」とされてしまうのでしょうか?(他人が評価証明を出して争う場合など) 初めの特許出願日を基準に考え、出願分割したアイデアに関しては同一扱いになると思ったのですが、出願分割の効果について詳しく知りませんのでよろしくお願いいたします。m( _ _ )m 私の願うところとしては、レベルが低いために特許の審査請求をして「特許性なし」と判断されたアイデアであっても、出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方では保護されると考えています。「実用新案登録商品」という肩書き(?)が得られるだけでも広告効果としては利用できるので制作側としては助かるのですが、いかがなものなのでしょうか? 【知りたい論点まとめ】 ?特許公開された「後」であっても出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方は保護(登録)されるか? ?特許の方が、審査請求後「特許にならない」と判断された「後」であっても正当な期間内の出願分割ならば実用新案としては保護(登録)されるか? というものです。どうぞよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

  • 特許と実用新案なら、特許の方が良い?

    もし特許が廃止になって、実用新案に吸収すると、ドーなりますか?発明業界からすれば、些細な制度変更かと思うのですが? 実用新案権も排他的独占権で、これがあれば十分では?手続き簡単で審査費用は安いし、出願から権利化が早いそうだし。 特許にするか実用新案にするか、発明者は選べます。でも、人気があるのは特許です。その理由は、金儲けを考えると特許の方が有利だからですか? 国益を重視して発明者の利益が2の次なら、特許は廃止にするべきですか?

  • 失効した特許は出願できないのでしょうか。

    特許のことなんですが、当たり前かもしれませんが、未審査請求によるみなし取下により所有権を失効してしまったアイデアをもう一度出願して特許を取ることはできないのでしょうか? つまり、特許を取ろうと思って調べたところ、すこし違うのですがよく似たアイデアが既に未審査請求によるみなし取下になっていました。 この場合、同じようなアイデアを出願するとどうなるのでしょうか? できればこの後、アイデアを商品化してその技術を自分の物にしたいのですが、このままでは誰でも真似できてしまうのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

商標でとるという手があると思います。 やりようによっては特許の様な技術的な物でも権利になります。 例えばテフロン加工も商標だったりします。マジョーラカラーという、光の反射だけで色が変わる技術も商標です。 商標の場合は、技術の公開もしないである程度の効力を奏し、しかも永久に権利期間が発生するため、この制度を使う企業は結構あるようです。 商標のばあい、マーク、ネーミングに対し、商品または役務の指定をするという制度なので、その技術とネーミング、マークで保護します。よって、かなりの著名性が必要となる訳です。 讃岐うどんという看板をたててお好み焼きをやるのは基本的にオッケーになるのでこういう使われ方をされても侵害にはなりませんし、別の名前、例えば佐野ラーメンという看板をたてて讃岐うどんを販売しても基本的には侵害になりません。(なるようにすることは出来ます) そのため、たくさんの人に「この名前ならこの商品!!」となるまで知られることが必要になります。しかしある程度の権利行使が出来るわけなので、商標をつかう企業がいる訳です。このような企業は宣伝力をもっているから商標をうまく使えるっていうことももちろんある訳ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!とても参考になりました。 既にオリジナルな名称は考えてありますので(知名度はもちろんありませんが) 商標登録してから事業展開したいと思います。 なにも保護がないままで商いを始めることに不安があったので とても心強いです。本当にありがとうござました!

  • 回答No.1

既に公開された発明と同一のものは、それがたとえ自分の出願であったとしても、再出願しても新規性(特許法第29条第1項)なしとして拒絶、無効の理由となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。やっぱり再出願は無理なんですね。 これを応用しての特許を捻り出すしかないんでしょうかね? 実用新案等他の権利取得も無理ということでしょうか? 追加質問となりますが、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 特許出願して審査請求をしないのはどういう理由ですか

    特許について詳しくないので、どなたか教えて頂きたいのですが、 特許出願をして3年以内に審査請求をしないと、出願が取り下げられたとみなされるということですが、 出願して審査請求しないのは、どういう場合でしょうか。 単に、審査請求料を払うのが惜しいからでしょうか。 「自分が最初に考案した。」ということを他人に示すことだけを目的の出願だったということでしょうか。 審査請求が無くて特許出願が取り下げられたら、他の人が同じ発明で再び出願できないのでしょうか? (それが目的の出願だったということでしょうか?) 大変初歩的な質問ですけれど、お願いいたします。

  • 特許出願と実用新案出願の訂正可能回数

    実用新案出願では補正命令に対して一回のみ訂正が認められ、自発的な表現や誤字脱字等の訂正は一切認められないようですが、特許出願の場合は自発的に表現や誤字脱字等を訂正することは審査請求前であれば何回でもOKという理解でよろしいでしょうか?

  • 特許?実用新案?

    質問させてください。 市販のものAと市販のものBを組み合わせただけの物を作りました。俗に言うアイディア商品です。この2つを組み合せた形状にし、この形状で1つの物としてこれを出願したいんですが特許?実用新案?どちらで出願するべきなのでしょうか? 用途の限定などで狭めてやっと実用新案程度の進歩性と思われますが、様々な本を読むと企業に売り込みに行き商品化を考えている人は実用新案で出さないほうがよい。と書いてあり、特許で出願しようか迷っています。 この程度のアイディアでも売れれば特許になりうるのか?審査請求で拒絶された後の審査官面談を利用して、と本に書いてありましたがなにか参考になることを教えてほしく書き込みました。よろしくお願いします。

  • 特許出願について

    特許出願について勉強しているのですが、わからない点がありまして、 質問させて頂きます。 (1)国内最優先を主張し、先の出願が実用新案であっても、 特許出願に変更出来るのでしょうか? (2)特許は公開されないと審査されないのでしょうか? (早期審査請求と早期公開請求わけて考えてよいのでしょうか?) (3)もし公開されないで審査される場合は公開前に拒絶査定を 受けた特許申請は公開されないのでしょうか? (4)国内優先権を主張する特許出願は先の出願からいつまでに 出願審査請求をすれば良いのでしょうか? (5)PCTの加盟国は必ずパリ常訳の加盟国なのでしょうか? お手数ですが、お分かりになる方教えてください。宜しくお願い致します。

  • 実用新案登録に基づく特許出願について

    特許法に 出願人から実用新案技術評価の請求があった場合 には実用新案登録に基づく特許出願ができない とありますが、どうしてでしょうか 詳しい方よろしくお願いいたします。

  • 特許出願と商標登録出願

    特許を出願することを特許出願といいます。 しかし、実用新案と意匠、商標は登録出願といいます。 なぜ、特許登録出願とはいわないのでしょうか?逆に商標出願とはいわないのでしょうか? 条文を参照しましたが、特許出願、商標登録出願とあるだけで明確な答えがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 実用新案登録に基づく特許出願について

    特許法について質問します。 46条の2で実用新案登録に基づく特許出願が可能になりました。 原則として、実用新案登録出願から3年以内にしなければなりません。 しかし、実用新案登録無効審判が実用新案登録出願から3年以上経過してから請求された場合は、最初の答弁書提出期間であれば特許出願に変更可能なのでしょうか?

  • 特許 → 実用新案 の出願変更の期限について

    弁理士来年合格を目指しているものです。 実用新案法 10条(出願の変更)の1項では、「拒絶をすべき旨の最初の査定の謄本の送達の日から30日、又は特許出願の日から9年6月を経過すると、特許出願→実用新案の出願の変更ができない」と定められています。 ここで疑問なのですが、例えば特許出願後 9年3月後に拒絶査定の謄本の送達をうけることなんてあるのでしょうか?特許の審査請求は出願から3年以内でないといけないと思うのですが・・?それだった拒絶査定が(例えば)9年3月後なんてありえないので出願変更としている期間が長すぎると思うのですが?

  • 特許の出願変更が可能な期間について

    お世話になっています。 特許、実用新案、意匠は出願形式の変更が可能ですね。いつ変更できるかについて、法律の条文とネットで見つけたサイトとでは一致しないので、混乱しています。 ・特許から意匠へ →最初の拒絶査定謄本の到達日から30日以内?3ヶ月以内?   ・特許から実用新案へ →最初の拒絶査定謄本の到達日から30日以内?3ヶ月以内?  実用新案法10条1項には特許出願の日から9年6ヶ月以内でもOKとありますが、私が見つけたサイトでは5年6ヶ月とあります。 ・実用新案から意匠へ →出願の日から3年以内(これは問題ないと思います) ・意匠から特許へ →最初の拒絶査定謄本の送達日から3ヶ月以内?30日以内?  出願の日から3年以内(これは問題ないと思います) 推察するに、私が見つけたサイトが古くて、現在までの間に法律が改正されて期間が変わったのかなと思います。 法律の条文が間違っているわけはないですもんね… このほか、実用新案から特許、意匠から実用新案への変更については記載が見つからないのですが、認められていないのでしょうか(想定されていないとか) 初歩的な質問ですみません。 よろしくお願いいたします

  • 特許公開になっている技術の利用契約

    2000年に特許出願し、その後審査請求がされていない発明の一部を利用して、当方が製品開発を行おうと思います。審査請求期限(出願から3年)をとうに経過しているため、この発明は特許登録にはならないものと思います。この場合、発明者と当方との間では特許専用実施権または通常実施権などの契約は行えるのでしょうか?それとも他の契約方法(対価の支払有り)があるのでしょうか? 初心者です。何とか判りやすくお答えいただければ幸いです。

専門家に質問してみよう