• 締切済み
  • すぐに回答を!

特許出願について

特許出願について勉強しているのですが、わからない点がありまして、 質問させて頂きます。 (1)国内最優先を主張し、先の出願が実用新案であっても、 特許出願に変更出来るのでしょうか? (2)特許は公開されないと審査されないのでしょうか? (早期審査請求と早期公開請求わけて考えてよいのでしょうか?) (3)もし公開されないで審査される場合は公開前に拒絶査定を 受けた特許申請は公開されないのでしょうか? (4)国内優先権を主張する特許出願は先の出願からいつまでに 出願審査請求をすれば良いのでしょうか? (5)PCTの加盟国は必ずパリ常訳の加盟国なのでしょうか? お手数ですが、お分かりになる方教えてください。宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • takapat
  • ベストアンサー率81% (48/59)

追加のご質問に回答します。 通常、出願人の立場からすれば、侵害のリスクを伴う出願公開はできる限り先送りしたい訳ですので、早期公開請求には、以下の様な目的が考えられます。 1. 出願公開とは別ルートで特許出願に係る発明の内容が他社に知られてしまった場合など、早期に補償金請求権を発生させる。(ご指摘の通りです。) 2. 1に付随し、優先審査の要件を満たすことも可能となる。 (早期審査と早期公開請求との関係をご質問でしたので、無理矢理こじつけた感はありますが、このような利用も可能だと思います。実際に認められるかどうかは不明です。) 3. 自社の宣伝、他社牽制の目的で出願公開公報を利用する。 ご承知の通り、出願公開公報の表紙には、「出願公開公報」ではなく、「日本国特許庁(JP)公開特許公報(A)」と記載されますので、世間に誤解を生み、権利付与の有無に関わらず、出願段階の発明や拒絶された発明に一定の抑止力と財産的価値を生みます。 (勿論、先行技術文献としての後願排除効があるのは言うまでもありません。) 出願公開公報を見て、「A社の特許にこんなものがありますが、自社の製品は侵害にならないでしょうか?」との相談があり、経過情報を調べてみたら拒絶査定になっていた等という話は良くあります。 また、【書類名】「特許願」と書かれた出願願書を見て出資をしようとは思わなくても、「日本国特許庁(JP)公開特許公報(A)」と書かれた出願公開公報を見て出資しようと思う人はあるかもしれません。 早期公開請求の理由として考えられるのはこんな所ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • takapat
  • ベストアンサー率81% (48/59)

(1)国内最優先を主張し、先の出願が実用新案であっても、 特許出願に変更出来るのでしょうか? →実用新案登録出願から1年以内であって(特41条1項1号)、登録されていなければ(同5号)、これを基礎として国内優先権を主張して直接特許出願できます(特41条1項)。この場合、出願変更(特46条1項)ではありません。 しかし、実用新案登録出願には、無審査登録主義(実14条2項)が採用されているので、実用新案登録出願を基礎として国内優先権を主張し特許出願ができる期間は極めて短く、法律上は可能であるとされていますが、実質的には無理です。 また、実用新案登録出願は、出願から3年以内は特許出願に変更できる(特46条1項)ことになっていますが、実質的に出願変更可能な期間が短く、実用新案登録に係る実用新案登録出願の日から3年以内は、実用新案登録に基づく特許出願が可能である(特46条の2)とする規定が導入されています。 国内優先権主張は、先に出願された発明と重複する部分についての優先権の利益を得つつ新規事項を追加が可能で包括的で漏れのない発明の保護に役立ちますが、先の出願が分割、変更に係る特許出願(特44条1項、特46条1項、特46条の2第1項、実11条1項、実10条1項、2項)の場合は、優先権主張できません(特41条1項2号)。 したがって、実用新案登録出願を基礎として、国内優先権を主張して特許出願をすることは、極めて短い期間に限って可能ですが、優先権主張をして発明の内容を充実させるメリットが十分生かせませんので出願費用の無駄遣いにしかなりません。 最初から、特許出願するのと同じ内容で明細書等を作成し、実用新案登録出願をし、特許出願への変更が可能な3年の期間内に需要動向を見ながら、変更出願を行うか否かを見極めるために戦略的に実用新案登録出願を利用することも無いとは言えませんが、あまり意味がありません。 (2)特許は公開されないと審査されないのでしょうか? (早期審査請求と早期公開請求わけて考えてよいのでしょうか?) →公開の有無と審査とは関係ありません。 出願審査は出願審査請求があるまで行われず(特48条の2)、出願審査請求は、特許出願の日から3年以内にしなければならず(特48条の3第1項)、出願審査請求がその期間内になければ出願が取り下げられたものとみなされます(特48条の2第4項)。 特許権(68条)は、産業上利用可能で新規な発明を国家に公開する代償として付与されるものであり、特許出願の日から1年6月経過したとき(実際には準備期間があり、1年8~9月ぐらい経たないと出願公開公報は発行されません)は、出願公開しなければなりません(特64条1項)。しかし、発明を公開することは、発明を盗用する機会を与えることになるので、出願公開があった後、出願に係る発明の内容を記載した書面を提示して警告した場合には、その警告後、特許権の設定登録前に業としてその発明を実施した者に対して、その発明が特許発明である場合に補償金の請求をすることができます(特65条1項)。 出願公開は、特許出願人にとって不利益となるため、早期公開請求(特64条の2第1項)は、特許出願人でなければできません。代理人が出願公開請求する場合には、特別授権行為となりますので委任状が必要です(特9条)。 早期審査制度は、早期の権利化を望む出願人の要求に応えるものですが、対象となる特許出願は、(1)出願人が中小企業又は個人であるもの、(2)出願人又はそれらの実施許諾を受けた者が、その発明を実施しているもの(例:製品を実際に製造販売している場合)、(3)日本国特許庁以外の特許庁又は政府間機関へも出願している特許出願、又は国際出願している特許出願であるもの、(4)出願人が大学、短期大学、高等専門学校、公的研究機関、承認もしくは認定を受けた技術移転機関(承認TLO又は認定TLO)であるものに限られます。  また、スーパー早期審査制度というのもありますが、その対象となる出願は、出願審査の請求がなされている審査着手前の出願であって、(1)「実施関連出願」かつ「外国関連出願」であること、(2)スーパー早期審査の申請以降のすべての手続をオンライン手続とする出願であること、(3)国際出願の国内移行出願(DO出願)ではないことが条件となっています。 早期公開請求と関連があるのは、早期審査ではなく、優先審査(特48条の6)です。出願公開後に特許出願人でない者が業として出願に係る発明を実施している場合に、早期に権利化し、権利行使可能とするために優先審査が認められる場合があります。  この場合、出願公開されていなければ優先審査を受けられませんので、早期に出願公開請求して優先審査の要件を満たす必要があります。 (3)もし公開されないで審査される場合は公開前に拒絶査定を受けた特許申請は公開されないのでしょうか? →出願公開されることなく放棄、取り下げ、却下、拒絶査定が確定する等、特許出願が特許庁に係属していない場合、出願公開されません(特64条1項)。 ただし、特許出願人が出願公開請求(特64条の2第1項)しており、その後、出願公開前に拒絶査定が確定し場合には、出願公開されます。 ちなみに、特許申請という言葉は特許法上使われません、特許出願です。 (4)国内優先権を主張する特許出願は先の出願からいつまでに出願審査請求をすれば良いのでしょうか? →国内優先権を主張する特許出願は、先の出願に記載された発明と重複する部分に遡及効が認められるだけで、その出願日は、分割出願(特44条1項)や変更出願(特46条1項、特46条の2第1項)とは異なり、先の出願日とはなりません。したがって、出願審査請求期間は、後の出願から3年以内です。 (5)PCTの加盟国は必ずパリ常訳の加盟国なのでしょうか? →PCTはパリ条約の特別取り決めで、締約国はパリ条約同盟国に限られます(PCT62条(1))。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすく、詳しい説明ありがとうございました。 一つ質問ですが、(すみません) 早期審査請求で対象外の場合は早期公開請求で優先審査して もらえる ということにもなるのでしょうか? 私は早期公開請求は主に、補償金目的かと思ってましたので、 とても参考になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 特許、分割出願等、今後の進め方に付きまして

    下記の経緯で、国際調査と拒絶通知により請求項を一部削除したものを、近々特許査定が来ましたら直ぐに分割出願をと考えて居りますが、PCT出願への対処も含めまして、今後どのように進めて行けば宜しいのでしょうか。皆目分かりません、教えて頂きたく宜しくお願い致します。(分割出願は勿論出願済のものに書いてあるもので、もう一つの方法での発明を実現する方法で、これも特許査定には自信があります。) 今までの経緯。基本的な特許 2015/1/13特許査定 1/16取下げとそのまま再出額で優先権主張に使用。  ここから改良した特許です。2/17出願 3/6 PCT出願 同時に国内移行と早期審査請求 4/8国際調査報告 4/9補正提出 8/28拒絶通知 10/16拒絶応答  10/16の拒絶応答の正式提出の前に審査官に確認「拒絶は解消された、新たな拒絶理由が見つからなければ・・」と言われたので補正書と意見書を提出しました。

  • この分割出願のデメリットや注意点を教えて下さい。

    今年の1月12日に特許出願したのを優先権主張に使い2月に出願して、それを3月にPCT出願後、国内移行・早期審査請求して、それがつい最近特許査定になりました。 ここで、30日以内且つ登録料納付前に分割出願を考えてますが、特許査定の時は請求項が10に減らした状態でした。出願時は請求項が21ありました。その削った分を明細書に書いてある事を加えて分割出願をしようと思ってます。 このことに何かデメリットや注意点は御座いますでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 特許 → 実用新案 の出願変更の期限について

    弁理士来年合格を目指しているものです。 実用新案法 10条(出願の変更)の1項では、「拒絶をすべき旨の最初の査定の謄本の送達の日から30日、又は特許出願の日から9年6月を経過すると、特許出願→実用新案の出願の変更ができない」と定められています。 ここで疑問なのですが、例えば特許出願後 9年3月後に拒絶査定の謄本の送達をうけることなんてあるのでしょうか?特許の審査請求は出願から3年以内でないといけないと思うのですが・・?それだった拒絶査定が(例えば)9年3月後なんてありえないので出願変更としている期間が長すぎると思うのですが?

  • 特許出願の分割について

    特許公開された後、一部を出願分割し実用新案に変更した場合、実用新案の方は特許公開された事実によって「新規性なし」とされてしまうのでしょうか?(他人が評価証明を出して争う場合など) 初めの特許出願日を基準に考え、出願分割したアイデアに関しては同一扱いになると思ったのですが、出願分割の効果について詳しく知りませんのでよろしくお願いいたします。m( _ _ )m 私の願うところとしては、レベルが低いために特許の審査請求をして「特許性なし」と判断されたアイデアであっても、出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方では保護されると考えています。「実用新案登録商品」という肩書き(?)が得られるだけでも広告効果としては利用できるので制作側としては助かるのですが、いかがなものなのでしょうか? 【知りたい論点まとめ】 ?特許公開された「後」であっても出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方は保護(登録)されるか? ?特許の方が、審査請求後「特許にならない」と判断された「後」であっても正当な期間内の出願分割ならば実用新案としては保護(登録)されるか? というものです。どうぞよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

  • 国際特許出願の審査請求期間について

    日本における優先権を伴う国際商標出願(PCTルート)において、日本での審査請求期間はいつから3年なのでしょうか?(優先日か、国際出願日か) 優先権を主張しているという事は、日本において基礎出願をしていると考えているのですが、この考え方は誤解なのでしょうか? 優先権を主張した特許=国際出願した特許と考えております。 優先権主張番号で検索を掛けても、元の特許に行き着けません。 優先権主張番号からもとの特許出願に辿り着けるのでしょうか? 特許公報DBで調べても、全く関係の無い特許か、未備蓄という結果になります・・・

  • PCT出願と欧州特許の関係

    PCT出願と欧州特許の関係 現在、国内出願を元にPCT出願をしようとしています。目的の一つがヨーロッパでの優先権を得ることですが、特許庁関係の相談所に聞いたところ、EUまとめて手続きはできず指定した各国に対して国内移行手続きが必要であると言われました。 ところが調べてみるとEU加盟国一括で手続きできる、欧州特許(EU特許)なる制度もあるようです。 となると例えばアメリカ、中国、ヨーロッパと出願したい場合、前2国はPCTで行い、ヨーロッパは直接欧州特許出願するのが得策なのでしょうか?

  • 特許法29条の2と出願分割の関係

    初めて質問します。弁理士の勉強を始めたばかりの初心者です。 詳しい方々に、おてすきの折にでもビール片手にご回答頂ければ幸いです。 特許法29条の2は、出願から出願公開までの1年6ヶ月間、特許庁内で秘密にされている先願(特許出願or実用新案出願)に対する新規性の判断ですね。 ただ、分割出願と組み合わされると少し特殊な規定になります。 先願の出願Bがあって、その分割出願B’が、自分の出願Aの後に出願された場合、B’は後願だし、分割出願の要件を満たしているかも判らないので、44条2項の規定で29条の2が適用されません。 ただし分割出願B’が特許されれば、特許法39条1項で自分の特許Aは後願として拒絶されます。 一応納得なんですが、逆に言うと、分割出願B’の処分が確定するまでは、自分の出願Aはいつまでも処分が確定されない事になります。 そうすると、48条の2の優先審査を請求しても、ず~っと処分が確定せずに待たされるのでしょうか? 出願公開を請求して早期に公開し(64条の2)、補償金請求(65条1項)したとしても、特許権の設定の登録がず~っと待たされる(65条2項)ので、請求する自分も、請求される側も、いつまでもハッキリしないで困るという問題があります。 補償金は、場合によってはその企業の業績をひっくり返すくらいの莫大な額になる場合もありえますから、株主にまで影響を与えるので早期に決着すべき問題です。 特許法のほころびでしょうか? 審査請求は他人でも出きるので、特許法は『早く決着したければ、めざわりなB’なんんか、審査請求しちゃいな~』と言っているのでしょうか? 一応、”?”を付けた所が、質問です。 その他の部分で私の解釈に誤りがあれば、ご指摘頂きたいと思います。 P.S. 29条の2関連の質問は過去にも何件かありますが、私の疑問は解なかったので、質問させて頂きました。

  • PCTルートのメリットについて

    出願から1年未満で特許査定を受けた国内出願を基礎として、出願から1年以内に優先権を主張してPCTルートで国際出願をするメリットとは何でしょうか?このような場合、既に査定が確定した国内出願を国内優先権の基礎とするこことはできないので、パリ優先権を主張して出願することになると思います。既に特許庁の厳しい審査を経ており、WIPOの国際調査報告を参考にするメリットはなく、国内優先権も主張できないので日本は指定国から外すべきでしょうし、一刻も早く対象国官庁の審査を受けるべく直接パリルートで出願した方が有利ではないでしょうか。 国内優先権を主張できない状況でPCTルートを利用するメリットは、翻訳文の提出期間が長くなる点以外にどのようなことがあるでしょうか。ご教授いただければありがたいです。

  • PCT出願について

    PCT出願について 国内優先権主張出願に基づいてPCT出願をする場合に、PCT出願の基礎出願は、国内優先権主張出願だけでいいのでしょうか? それとも、国内優先権主張出願と、その基礎出願の両方となるのでしょうか?外国出願は不慣れなためよろしくお願いします。

  • 特許の出願変更が可能な期間について

    お世話になっています。 特許、実用新案、意匠は出願形式の変更が可能ですね。いつ変更できるかについて、法律の条文とネットで見つけたサイトとでは一致しないので、混乱しています。 ・特許から意匠へ →最初の拒絶査定謄本の到達日から30日以内?3ヶ月以内?   ・特許から実用新案へ →最初の拒絶査定謄本の到達日から30日以内?3ヶ月以内?  実用新案法10条1項には特許出願の日から9年6ヶ月以内でもOKとありますが、私が見つけたサイトでは5年6ヶ月とあります。 ・実用新案から意匠へ →出願の日から3年以内(これは問題ないと思います) ・意匠から特許へ →最初の拒絶査定謄本の送達日から3ヶ月以内?30日以内?  出願の日から3年以内(これは問題ないと思います) 推察するに、私が見つけたサイトが古くて、現在までの間に法律が改正されて期間が変わったのかなと思います。 法律の条文が間違っているわけはないですもんね… このほか、実用新案から特許、意匠から実用新案への変更については記載が見つからないのですが、認められていないのでしょうか(想定されていないとか) 初歩的な質問ですみません。 よろしくお願いいたします