• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

実用新案登録に基づく特許出願について

特許法に 出願人から実用新案技術評価の請求があった場合 には実用新案登録に基づく特許出願ができない とありますが、どうしてでしょうか 詳しい方よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数194
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

二回も審査するのが面倒だからです。 http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/sangyou_zaisanhou.htm  第5章 実用新案登録に基づく特許出願制度の導入 (PDF 1,180KB) http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/pdf/h16_kaisei/08.pdf このファイルのP82に書いています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 実用新案登録に基づく特許出願について

    特許法について質問します。 46条の2で実用新案登録に基づく特許出願が可能になりました。 原則として、実用新案登録出願から3年以内にしなければなりません。 しかし、実用新案登録無効審判が実用新案登録出願から3年以上経過してから請求された場合は、最初の答弁書提出期間であれば特許出願に変更可能なのでしょうか?

  • 実用新案登録に基づく特許出願をして登録に成った時?

    お忙しいところ恐縮ですが教えてください。 有効期間のことで教えてください。 実用新案登録に基づく特許出願をして登録に成った時の有効期間のことで教えてください。 実用新案登録して一年程経過しました考案を、実用新案登録に基づく特許出願に・・・ 再度特許出願に手続きをしたいと思っています、この場合特許登録に成った時有効期間のことで教えてください。 (実用新案登録は十年・特許の登録は二十年)上記の時の場合の時有効期間を教えてください。

  • 中小企業診断士 実用新案技術評価 特許出願

    中小企業診断士の受験準備で経営法務の過去問を解いています。平成17年第5問に実用新案登録出願後に特許出願する問題がありますが、ここで何故実用新案技術評価の請求があるとその後特許出願ができなくなるか理由がわかりません。どのような理由なのでしょうか? 1)たとえば、本人が実用新案技術評価の請求した場合、特許としての技術用件を満たしていると評価された場合に、特許出願できなくなるとすると本人が評価請求する意味ないのでは? 2)第三者が実用新案技術評価の請求して特許としての技術用件を満たしていると評価された場合に、30日の猶予期間を過ぎるともう特許出願できないのは、どのような背景から?酷なのでは? またこの時第三者の評価請求した結果は、出願者に通知されるのでしょうか? よくわかってないかも知れません。初心者ですので、優しく教えていただけると助かります。

  • 実案から特許出願への変更

    実用新案から特許出願への変更について、 実用新案が共同所有の場合、共有者全員での変更出願しないといけないのでしょうか。 実用新案出願から特許出願への変更は特許法14条に記載があるようですが。(特許の変更 と記載されているのが気になりますが) また、特許法9条には実用新案から特許出願への変更が不利益行為に入っているのですが14条には記載がありません。

  • 実用新案を利用した物を公開してもよいのは、出願日以降?実用新案技術評価

    実用新案を利用した物を公開してもよいのは、出願日以降?実用新案技術評価請求し、技術評価書が来た後? 実用新案を利用した物を出願の前に公開してしまうと、新規性が失われるということを知りました。 実用新案は「基礎的な審査だけが審査され新規性や進歩性は審査されずに直ぐに権利化」されるのはわかるのですが、 公開しても問題ないタイミングは下記のいづれかだと思うのですが、いつでしょうか? (1)出願日以降 (2)出願から約6ヶ月後の設定登録以降 (3)実用新案技術評価請求し、技術評価書の返送以降 以上、よろしくお願い致します。

  • 特許出願の分割について

    特許公開された後、一部を出願分割し実用新案に変更した場合、実用新案の方は特許公開された事実によって「新規性なし」とされてしまうのでしょうか?(他人が評価証明を出して争う場合など) 初めの特許出願日を基準に考え、出願分割したアイデアに関しては同一扱いになると思ったのですが、出願分割の効果について詳しく知りませんのでよろしくお願いいたします。m( _ _ )m 私の願うところとしては、レベルが低いために特許の審査請求をして「特許性なし」と判断されたアイデアであっても、出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方では保護されると考えています。「実用新案登録商品」という肩書き(?)が得られるだけでも広告効果としては利用できるので制作側としては助かるのですが、いかがなものなのでしょうか? 【知りたい論点まとめ】 ?特許公開された「後」であっても出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方は保護(登録)されるか? ?特許の方が、審査請求後「特許にならない」と判断された「後」であっても正当な期間内の出願分割ならば実用新案としては保護(登録)されるか? というものです。どうぞよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

  • 実用新案登録を基礎とする変更と出願審査請求

    特許法46条の2第1項1号に、実用新案登録からの変更可能な期間は出願日から3年とあり、出願変更(46条2項)のようにこの3年に例外規定は記載されていません。 一方、特許法48条の3第2項に、出願審査請求の特例として出願から3年経過後でも、変更の時から30日は出願審査請求が可能とあります。 実用新案登録からの変更は、実用新案の出願日から3年が例外なく決められているのに、出願審査請求の特例を認める必要があるのでしょうか? どんな場合を想定して48条の3第2項に46条の2を記載しているのかがわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • 実用新案登録願

    実用新案登録願 実用新案登録願に貼る特許印紙について教えてください。 基本は14000円ですが、その他に掛かってくるものに 請求項の数となっていますが、そこのところがよくわかりません。 また、出願と同時に納付する登録料についても教えてください。

  • 実用新案登録の後発的無効と実用新案技術評価の請求に関して

    実用新案法の第12条第2項に、実用新案技術評価の請求に関する 以下のような条文があります: ----------------------------------------------------- 2 前項の規定による請求は、実用新案権の消滅後においても、 することができる。ただし、実用新案登録無効審判により無効 にされた後は、この限りでない。 ----------------------------------------------------- しかし、同法第37条第6項には、例えば事後的な条約違反による 後発的無効理由のようなものが挙げられています。 すると、特許法第125条ただし書きのある特許権と同様に、 甲の実用新案登録Aが、実用新案登録の設定の登録時点T1から、 ある時点T2までは効力を持ち、T2以降は無効であるという状況が ありえる、ということになります。 で、質問です。 甲のAは、条約に違反するので、T2 以降において取消しと なりました。その後、時効が成立する前に、甲は、T1とT2 の間の ある時点 T において、乙がA を侵害している可能性のあることに 気づきました。甲が乙に対して侵害訴訟を提起しそうになったので 乙は不安になり、T1-T2 のおけるAの実用新案技術評価を請求しよう と思いました。 しかし、乙の、この請求は不可能である。 正しいですか? また不可能であるとして、それは何故ですか?

  • 特許出願と実用新案出願の訂正可能回数

    実用新案出願では補正命令に対して一回のみ訂正が認められ、自発的な表現や誤字脱字等の訂正は一切認められないようですが、特許出願の場合は自発的に表現や誤字脱字等を訂正することは審査請求前であれば何回でもOKという理解でよろしいでしょうか?