• 締切済み
  • 困ってます

穴あけ加工

装置の架台に角パイプ材(50×100 t=3.2)を使用し、図面指示でφ27の穴を開けました この穴を7mm横にズラした位置に、再度穴加工が必要となりました 穴を開ける作業は人が行う必要があるのですが、可能でしょうか? 数があるので、電動工具等で、出来るだけ真円が望ましいです。 可能であれば工具の名前を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • EleMech
  • ベストアンサー率52% (393/748)

 >装置の架台に角パイプ材(50×100 t=3.2)を使用し、図面指示でφ27の穴を開けました  >この穴を7mm横にズラした位置に、再度穴加工が必要となりました φ27の穴に7mmの芯ずらしで穴を開けても、真円にはならないと思いますが、その辺りは大丈夫なのでしょうか? ただずらして穴を開けるだけなら、穴の上に板を角材と一緒にクランプ等で挟み込み、その板に墨を出して、その板に穴加工する感じで施工すれば、ずれた穴は開けることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 穴明け加工の真円度が出ない

    材料SCM435、穴径φ20mm、穴明け長さ150mmの穴明け加工において、下穴をドリル加工で19.90mm、仕上をマシンリーマで20mm(工具径φ20K5)、主軸回転速度500rpmで加工を行っています。 穴形状の真円度が出ない(ダルマ穴に加工される)、穴径が拡大する事象があり困っています。 寸法的には、真円度が0.1mm以上ずれてしまう場合があり、ピンを打ち込んだ際に隙間を感じます。 考えられる要因をご存知でしたら、教えてください。

  • 厚いゴム(タイヤ)にφ70の穴あけ加工を…

    適正な工具を探しています。 用途は、タイヤに(厚いゴムなんですがワイヤーは入っていない) 直径70mm程度の穴を開けたいのですが、適当な工具が 見つけられません…。 ドリルで開けようと考えていて、ホールソー・自由錐、 このあたりは思い浮かびましたが、やはりうまくいきません。 図で言うと、(タイヤ)◎←(穴あけ加工)こんな感じ で開けたいんですが、何しろタイヤの肉厚が100mm程度あるもので… 船用関係で、この加工が必要なんですが、どなたか良い案を 持っておられませんか? もしよろしければ、お教えください。 お願い致します。

  • ずれた鋳抜き穴に穴あけ

    AC4CH-T6のアルミ材にM12の下穴(深さ30mm)をあけたいのですが、 粗材には巣の対策としてφ8の鋳抜き穴があいており、 その穴の部分に下穴をあける必要があります。 しかし鋳抜き穴は、製造上MAX0.8mm程度の位置ズレがある為、 穴に刃物が倣ってしまい、 加工した下穴の位置精度が安定しません。 良い工具・加工方法があったら紹介して下さい。

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • アルミパイプの穴あけ

    直径25mmのアルミパイプ(肉厚1mくらい)に約10cm間隔で貫通穴(径8mくらい)を二つ、電動ドリルを使ってあけたいのですが、良い方法はないでしょうか? 二つの穴は、角度が違っていたり、芯からずれたりすると使い物にならなくなってしまいます。 卓上ボール盤も持っていますが、真っ直ぐなパイプでなく曲げ加工などがされていてボール盤にうまく固定できません。

  • 放電加工(穴あけ)

     放電加工で困ってます SUS316の穴あけ(パイプなので2ヶ所対面)なんですけど  以前はボール盤で穴あけ後中(内側)からバリを取っていました。こんごは放電加工で穴あけをしました。一応2ヶ所の穴はあきバリもなくOKなんですけど、加工条件が合わないのか、1箇所はすんなりあくけど2ヶ所目はなかなかあかずその上製品がかなり熱をもてしまいます。素人考えなので、同じように加工して、1箇所めと2箇所めで加工にかかる時間が倍以上違かかってしまうことがおかしいと思います。(初めは火花がかなり強くあくスピードも速いのですが、2ヶ所めは深さ3mm位までは順調なんですけどそれ以降は火花が弱くなりなかなか穴があきません) 加工条件は(T、40 T,10 I、20ちょっとT、Iについてはちょっとあやふやですけど)で電極はφ2.2で加工穴深さは3.8mm(実際寸法約3.3mm)です。 ほんとに放電加工機は今回初めて使用しますので(取り説を見て動かしてます)誰かご教授お願いします。

  • 多角形の穴のホーニング加工

    多角形の穴のホーニング加工ができるようになったのですが、いったい何に需要があるのかさっぱりわかりません。多角形といっても真円の場合が真円度0.2μだとすれば多角形は真円度が10μ程度で目で見てわかるような多角形ではありません。三角形、四角形、五角形、、、、 角数が多ければ真円に近付いてしまいますが、、 なにか需要があったら教えて欲しいのですが、、

  • 角パイプの穴あけ加工

    ご教示頂きたいです 角パイプに穴あけ加工をします 材質:SPFH590 t=3.2 サイズ:50X30 穴あけ径はφ13程度です 通常芯金を入れて問題ないのですが、穴あけ位置が端で 芯金ストレート部が約3mm程度しかなく、芯金の持ちが懸念されます そこで、芯金なしでシャー角パンチにて打ち抜こうと考えてます ワーク材の厚みもあり、ハイテン材のことから 打ち抜けるのではないかな?と思っておりますが とりあえず、シャー角パンチを発注してトライを試みますが どなたか経験ないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 曲面への穴あけ前のセンタリングについて

    初めての投稿です。 旋盤で製作した円筒形状のワークの外周に対して面直に 貫通穴加工(ワーク反対側まで貫通します)をしているのですが穴位置度が図面要求Φ0.14mmに対して公差ギリギリor公差外になってしまいます。 加工機はBT50テーパの横型マシセンでイケールにVブロックでワークを固定する治具で保持し、60度センタドリルでモミツケ⇒先端角135度ドリルで下穴⇒リーマの順番で加工しています。 ワーク材質は15-5PH で円筒肉厚は9mmです。 はじめは60度センタドリルと135度下穴ドリルの組み合わせが良くない と考え、モミツケを先端角140度のドリルに変更し下穴加工までをあけて位置精度を確認しましたが精度は向上しませんでした。 その他加工機の精度確認や治具精度確認しましたが問題は見られませんでした。 曲面への穴あけだとフラットドリルがありますが市販品だと工具長が短くて対応できません。 穴あけ位置にエンドミルでフラットな座を作るのも常套手段ですがカッターの突き出し量が多くなってしまい困難です。 わかりにくい文章になってしまい大変申し訳ございませんが、穴位置精度を上げるために何か良い解決案をご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 深穴、テーパー加工について

    初めて質問させて頂きます。 材料は真鍮の丸棒です。丸棒の中心に穴明加工がしたいです。 穴の入り口部の径がΦ7.5で120?入った部分の径がΦ6.0?のテーパー状深穴加工がしたいのですが、加工方法で悩んでいます。旋盤で下穴を開けた後にボーリングで広げようと考えていたのですが、穴が深いため届く長さの工具が見当たらなかったのです。 工具メーカーに問い合わせても、無いと答えられました。何か良い工具もしくは加工方法をできれば教えて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。 補足、面粗さ1.6Ra真円0.05です。