• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

銅材の穴あけ加工

材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • 閲覧数2324
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついて、、、 たしかにその傾向はあっても加工不能はないはず。ドリルの切れ味が悪いと思います。 いちどそれをやるとドリル側面が摩耗しバックテーパが失われるので更に酷くなり(側面の観察、マイクロメータで測り確かめる)、再研で大きな切り落としを要す。 Exロングは剛性が弱いので並、並ロングを出来るだけ使ってから。 穴の真直性は腕ながら運次第な面も。どうしても必要なら穴基準で外形を削りなおす。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました、並とロングしかなくなんとか250mm開けることができました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

銅といってもいろいろあります http://www.yamatogokin.co.jp/?page_id=49 長手にあけるということなので 冷却穴かと思い クロム銅あたりかと 穴を広げているところで食いついてとまるということは 高切り込みにになってると思う(切れるのでついつい押してしまう) 12.2で250あけて 10で貫通という工程にかえれば いいと思う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、12.2mmの穴は12mmの温度センサーが入る穴だそうです。切削油の代わりに灯油を使ってなんとか開けることができました。

関連するQ&A

  • 穴あけ加工について

    調質した材料に穴あけを行う際にキリが直ぐ悪くなり困ってます。 ・材料(S45C厚み35mm) ・調質(HRC22~27℃) ・キリ穴(Φ10~Φ14) ・ドリル(ハイス) 加工手順 素材荒加工(穴は荒加工しません)→調質→穴含め仕上げ加工 ※穴は当然、センターもみ→ドリル ハイスドリル以外に良い物を教えて下さい。 又、ハイスコーティングドリルは先端を研ぎ直すとコーティングの効果が激減しそうな気がするのですが、どうなんでしょう?(ドリルは先で削っていくので・・・)

  • SUS403焼き入れ材料の穴開け加工

    SUS403焼き入れ材料(長さが100~110)を27.2に外径切削をして、真ん中に16m mの穴明加工をしたいのですが、心押し台にナチのハイスドリル16mm(ドリル長さは100)をつけて  そのまま押して穴明しましたが、片面の穴が芯からずれていたり、片面の径が16.5なったりして、うまく、加工できません、こうなってしまう原因とどのように加工するとうまくいくものなのてしょうか?

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • チタンの穴明けΦ27.0、テーパーシャンクドリル

    ラジアルボール盤で、チタンに穴明け、条件は、テーパーシャンクドリルΦ27でチタン素材厚み120mmに貫通穴を明ける。現在は三菱マテリアル製コバルトハイスを使用しています。水溶性クーラント使用です。 現在、1時間/1個です、改善したいです。 替えられない条件は ①ラジアルボール盤 ②素材チタン、Φ27深さ120mmの貫通穴明け ③水溶性クーラント 最適なテーパーシャンクドリルをご存じの方はおられるでしょうか? お知恵を拝借願いたいです。

  • ベリ銅の加工条件

    みなさんの貴重な解答を見て、いつも勉強させてもらっています ありがとうございます 今ベリ銅を縦マシニングで加工しているのですが、どうもスカッとする加工条件がわかりません 穴あけ10.6キリ S520 F52 Q3 深さ50の貫通穴 ナチのGSDで新品で不水溶性で加工してます 1個めの穴はロードメーターが4%でした 32穴あけたところで急にロードメーターが上がっていき13%以上になったのでドリルを交換しました ヘタっているようには見えないのですが変えました S600にして後は同じ条件で今加工してますが今のところ大丈夫そうです この加工条件は皆様先輩方の経験からして、いかがなものでしょうか? 貴重な意見をお待ちしてます

  • 深穴加工について

    野村精機のNC自動旋盤でφ2.8mm、長さ17.0mmの貫通穴を加工していますがステップ加工の為加工時間がかかってしまいます。ドリルはハイスでステップでの切削深さは8.8mm、3.2mm、2.6mm、2.1mm、2.0mmの5回入れています。回転数は4600です。もっと早く加工できる方法があれば教えて下さい。また市販のドリルをそのまま使うと穴ガバが出る為に手研ぎをして使っています。いいドリルがあれば教えて下さい。超硬ドリルは使ったことがないので教えていただければ幸いです。 初心者なので出来れば条件等を詳しくお願いします。 材料はASK2600、M3タップ深さ10.0mm転造タップを使用しています。機械はNN-10SB?です。

  • 深穴加工について

    はじめまして、ステンレスの加工をメインにしています。 4ミリで深さが150ミリ貫通なんですがなかなかうまくいきません。10穴程度で折れます。 ドリルはナチのGロングで加工しています。 切削条件は回転数800(10m)送り0.05ステップ1ミリです。 お勧めのドリルとか条件のアドバイスを宜しくお願いします。

  • ドリルサイクル(穴あけ加工)に関して

    お世話様です. ドリルサイクルにG81とG83があります.この二つの違いについて教えていただけないでしょうか(流し物のとき,時間短縮のためG81で加工可能なものは一気に終わらせたいと考えています) t2のワークなのですが(一部t4もあります)キリ穴やタップ加工です.G83で加工していましたが,数量が比較的多いためサイクルを短縮したいと考えています. G81で切削すれば短縮になると思うのですが,G81による工具への影響等はG83とどう違うのでしょうか.t2(t4)のワークをG81で切削するのは危険でしょうか.またG81はどのような時使いますか. 被削材・・・銅 穴径・・・φ3.3,φ4.0,φ4.2,φ5.0それぞれ貫通 使用工具・・EX-SUS-GDR 回転数2000m/min前後 送り150mm/min前後 私は,G83は深穴加工で,切子排出や工具冷却を目的とした加工法と認識しています.しかしG81についてははっきり理解できていません.G81とはどのような加工目的なのかも合わせて教えていただけるとうれしいです. よろしくお願いします.

  • 木材の穴開け加工のコツ

    CNC加工機で木板(25mm厚)にΦ6の穴をドリルで開けます。 その際、ドリルが貫通すると、木面(反対面)に割れが生じます。これはCNC加工機特有の問題ではなく、ボール盤でも同じことが言えますが、何か工夫をすることで、「割れ」を防ぐことができますか? 今までやってみた事は ・裏面に木を重ねクランプで固定したまま加工 ⇒若干の改善あり ・貫通寸前で穴加工をストップし、裏面を1mm研磨する(穴を露出させるイメージ) ⇒改善されるが加工に手間がかかる 素人レベルの質問で恐縮ですが、皆様からのアドバイスをいただきたいです。 よろしくお願いします。