• ベストアンサー
  • 困ってます

社労士試験 雇用保険適用除外についての質問

こんにちは 1.雇用保険被保険者に関して、次の「」内の文章は正しいでしょうか? 「季節的事業に雇用される者であって雇用期間が4ヶ月以内のものは雇用保険の被保険者にはなれないが、所定の期間を超えて引続き同一の事業主に雇用されるに至った場合は、所定期間を超えたときから被保険者となる」 2.もし、上述1.の内容が正しい場合、所定期間を超えたときからは一般の被保険者になるのか、それとも短期雇用特例被保険者になるのか、どちらでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 こんにちは。  もし、本試験の五肢択一の問題での一肢で出題され、これ以外に正答の候補がないなら○にします。  まず、雇用保険法の条文から引くと、 第六条  次に掲げる者については、この法律は、適用しない。 >四  季節的に雇用される者であつて、第三十八条第一項各号のいずれかに該当するもの 第三十八条  被保険者であつて、季節的に雇用されるもののうち次の各号のいずれにも該当しない者(第四十三条第一項に規定する日雇労働被保険者を除く。以下「短期雇用特例被保険者」という。)が失業した場合には、この節の定めるところにより、特例一時金を支給する。 >一  四箇月以内の期間を定めて雇用される者 >二  一週間の所定労働時間が二十時間以上であつて厚生労働大臣の定める時間数未満である者  これらの条文を整理したのが問題文になっています。  しかし、行政手引(雇用保険法に関する行政通達のこと)の20555に、「当初定められた期間を超えて引き続き雇用される場合であっても、当初の期間と新たに予定された雇用期間が通算して4カ月を超えない場合には、被保険者資格を取得しない」とあります。  この解釈が補足されていれば必ず○にしていました。要するに、問題の「所定の期間を超えて」の説明が足らないのです。 >>2.もし、上述1.の内容が正しい場合、所定期間を超えたときからは一般の被保険者になるのか、それとも短期雇用特例被保険者になるのか、どちらでしょうか?  まず、雇用保険法の条文より 第三十八条  被保険者であつて、季節的に雇用されるもののうち次の各号のいずれにも該当しない者(第四十三条第一項に規定する日雇労働被保険者を除く。以下「短期雇用特例被保険者」という。)が失業した場合には、この節の定めるところにより、特例一時金を支給する。 >一  四箇月以内の期間を定めて雇用される者 >二  一週間の所定労働時間が二十時間以上であつて厚生労働大臣の定める時間数未満である者 2  被保険者が前項各号に掲げる者に該当するかどうかの確認は、厚生労働大臣が行う。 3  短期雇用特例被保険者に関しては、第二節(第十四条を除く。)、前節及び次節の規定は、適用しない。  まず、第1項により「短期雇用特例被保険者」に該当することが確認され、また第3項により一般被保険者になることが適用しないことがうたわれています。 ※「第二節」とは「一般被保険者の求職者給付」のことです。  よって、所定期間を超えたときからは短期雇用特例被保険者になります。  念のため、これも行政手引を確認しておきます。 行政手引20451の一部抜粋 「ロ 特例被保険者が、同一の事業主に引き続いて1年以上雇用されるにいたったときは、その1年以上雇用されるに至った日以後は、(65歳に達した日以後等に該当する場合を除き=意訳)、一般被保険者となる」 行政手引21082の一部抜粋 「イ 一般被保険者への切替えは、同一の事業主に引き続いて雇用された期間が1年以上となることにより当然に行われるものであり、安定所においては何らの特別の事務処理を要しない。」 「ロ 同一の事業主に引き続いて「1年以上雇用される」とは、被保険者資格の取得の日から起算して1年以上雇用されることをいい、翌年における取得日に対応する日の前日まで雇用されている場合はこれに該当する。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

所定期間を超えて雇用されたとしても、4ヶ月を超えない場合は被保険者になれないのですね。 まさに私が知りたかったことを120%回答いただきました。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 季節的労働者の雇用保険について

    季節的労働者の雇用保険について お世話になります。 雇用保険の適用除外者は次のようになっています。 1.一週間の所定労働時間が20時間未満である者 2.一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用されることが見込まれない者 3.季節的に雇用される者であって、次のいずれかに該当するもの   (1)4箇月以内の期間を定めて雇用される者   (2)1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である者 ここで例えば季節的に雇用される者で「一週間の所定労働時間が21時間である者」で且つ「同一の事業主の適用事業に継続して32日間雇用されることが見込まれれる者」は、上述の3.の規定を適用すると雇用保険適用除外者に該当しますが、一方、1.と2.は満たしています。 つまり、この者が季節的に雇用されるがために適用除外となってしまうのであって、もし季節的に雇用される者ではなく、パートタイムのようにその時だけ32日間雇用される者であった場合は雇用保険適用となるのだと思いますが、季節的に雇用される者(出稼ぎ労働者)をこのように差別する理由は何なのでしょうか?

  • 短時間就労者の雇用保険への加入について

    短時間就労者の雇用保険への加入について 今年度の法改正により (1)次のいずれも該当する人は雇用保険に加入できるようになりました。 ・1週間の労働時間が20時間以上ある人 ・31日以上引き続き雇用が見込まれる人 (2)一方で季節的に雇用される人のうち次のいずれも該当しない人は「短期雇用特例被保険者」として雇用保険に加入できます。 ・雇用期間が4ヶ月以内の人 ・1週間の労働時間が20時間以上30時間未満の人 ということは、 ・1週間の労働時間が20時間で、且つ雇用期間が3ヶ月の人は「一般被保険者」として雇用保険に加入できると考えてよいでしょうか? (上述(2)より「短期雇用特例被保険者」には該当しないが、上述(1)より雇用保険には加入できる条件がそろっているので) もし上の理解が正しいとした場合、「短期雇用特例被保険者」より短期的雇用条件にもかかわらず「一般被保険者」として雇用保険に加入するというおかしな状況になると思うのですが如何でしょうか?

  • 季節的に雇用される者の社会保険の適用について

    季節的に雇用される者の社会保険の適用について 質問です。 まず、雇用保険からです。 4ヶ月以内の期間を予定して行われる季節的事業に雇用される者が、その定められた期間を超えて引続き同一の事業主に雇用されるに至ったときは、その定められた期間を超えた日から被保険者資格を取得する。(事業主の都合でたまたま4月を越えても) 一方、健康保険、厚生年金保険についてはたまたま事業主の都合で4ヶ月をこえて使用されることになっても、被保険者にはなりません。 何故、雇用保険と健康保険、厚生年金保険でこのような違いがあるのでしょうか。 恐らく、健康保険、厚生年金保険でなくても国民年金、国民健康保険で受け皿があると思いますが いかがでしょうか。 この理由付けを自分の言葉で明確に話せる方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

  • 短期雇用特例被保険者について

    『「短期の雇用に就くことを常態とする者」とは、過去一定期間に2回以上1年未満の雇用に就くことを繰り返してきた者で、新たに雇用された時も1年未満の雇用である者をいいます。』 と定義されていますが、  『なお、昭和62年10月以降同一事業所に連続して1年未満の雇用期間で雇用され、極めて短期間の離職期間で入・離職を繰り返し、そのつど特例一時金を受給しているような労働者については、原則として、以後は一般被保険者として取扱うことになります。』 とも定義されています。 どちらも、1年未満の雇用期間を繰り返しているという点で一致しているにもかかわらず、後者は『以後は一般被保険者として扱う』と書いてあります。 この二つの文章は矛盾しているように思うのですが、この違いを詳しく教えていただけないでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 労務の問題です。65歳以後に短期雇用特例被保険者と

    労務の問題です。65歳以後に短期雇用特例被保険者として雇用された者が同じ雇用主に引き続き1年以上雇用された場合、高年齢被保険者になりますか。

  • 雇用保険の短期雇用特例被保険者は何カ月働くと適用さ

    雇用保険の短期雇用特例被保険者は何カ月働くと適用されますか? 特例一時金は幾ら貰えますか? 半年以上働くと貰えますか? 半年働いた場合と1年働いた人、2年働いた人も同じ金額ですか?

  • 雇用保険について

    会社の閉鎖にともなう、整理解雇の場合なのですが、 事業主が、雇用保険を故意に掛けていなかった期間がありました。 その未加入期間分を、事業主からもらいたいのですが、訴訟で勝ち取ることはできるものでしょうか? 雇用保険は、2年で時効になるそうで、ハローワークでは、再加入できないので、何とか、事業主から、未加入期間の給付分をもらいたいのです。直接、事業主から払ってくれればいいのですが、当然払うわけないので、取れる方法があれば教えてください。

  • 季節雇用者の雇用保険

    雇用保険の被保険者になるか教えてください。 週30時間以上40時間未満勤務の季節雇用者がいます。 同一の適用事業に雇用される通常の労働者の週の所定労働時間は40時間です。 この場合、 適用除外の要件には該当しませんが、短時間就労者が被保険者になれる 場合の要件にも該当しません。 (1年以上引き続き雇用される見込みがないため)

  • 家事使用人の雇用保険適用について

    お世話になります。 一般的には、家事使用人は雇用保険の適用外とされていますが、家事使用人が雇用保険の適用事業に直接雇用され、適用事業の代表者からの指揮命令に従ってその代表者の自宅の家事を行う場合も雇用保険の適用外となるのでしょうか? (上記例の場合、労働者が雇用保険適用事業主の指揮命令に従って労働を行うので、その事業に雇用される他の労働者と同じように雇用保険被保険者になれる気がしますが、一方で、指揮命令者であっても自宅に帰れば家人となるので、家人の命令で労働を行う家事使用人は適用除外となる気もします。) どなたか分かる方、よろしくお願いします。

  • 雇用保険料があがるからと・・・・

    こんにちは  どうか皆様教えて下さい。 自動車の保険のように、雇用保険の場合も労災などで使うと個人や事業主の保険料はあがるのでしょうか? 保険料が上がるのが嫌なので、事業主は労災を使わせずに健康保険でなおせ!!っていう場合はあるのでしょうか? お願いしますm(__)m