• 締切済み
  • すぐに回答を!

確定申告書の撤回は可能?

今年2月に平成22年分の「確定申告を要しない給与所得」と「確定申告を要しない配当所得」の2つを合わせて申告してしまいましたが、5月のこの時期に確定申告書の撤回は可能でしょうか? 税務署はダメだというのですが、本当のところはどうなんでしょうか? (所得税還付金よりも、住民税+国保税が多くなってしまいます。 そもそも、”金融機関から役所に支払いの通知が行っているものだ”と思ってたのが間違いの元で、税務署に確定申告をしなくても、区役所側は住民税や国保税の算出に配当所得を合算して通知書を送ってくるものだと思い込んでいました。)

noname#149181
noname#149181

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数5074
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.6
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

No.3です。 121条に関する基本通達は知りませんでしたが、これを読む限り申告により「納税が発生する場合」ですね。 貴方の場合は、還付の申告なので該当しないと思われます。 なので >配当控除額に誤りがあったので、修正申告をするように通知がきました。 撤回は出来ず、修正するように言われました。 ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさんのお陰で、断片的な知識が繋がりました。 回答くださった方々、有難うございました。

関連するQ&A

  • 確定申告書について(A用かB用か?)

    所得税の確定申告時期ですが、基本的なことを教えてください。 小生の所得は、公的年金、株式配当及び株式売却益からなっておりますが、確定申告は確定申告書A用」で良いのでしょうか? 公的年金は約300万円、株式配当及び株式売却益は合計で200万円未満ですが・・・。

  • 確定申告

    確定申告 所得税の確定申告の受付が始まりましたが、私の家には税務署からその旨の通知が来ていません。確定申告ではこのような通知はなされないのでしょうか。通知を待たずに国税庁のホームページから確定申告書を作成してもいいですか。

  • 配当所得の確定申告

    配当所得の確定申告をするか否かで悩んでいます。 配当所得を含めても課税総所得が330万円(税率10%)より低い人は 配当所得を申告したほうが得だと聞きました。 調べると所得税の部分は確かに申告したほうが得に感じますが、 住民税や健康保険(国民健康保険)を考えると トータルでは損をするケースもあるという意見がありました。 私の場合、所得は配当所得だけで年間30万円程度です。 この場合、確定申告したほうが得でしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.5
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

配当所得が問題だと思います。 修正申告を求められているということなら、申告分離課税を選択されて配当控除が受けられないのでしょう。 「確定申告をする」選択をしてるのは、所得税法121条による申告義務が無い人が申告をするのと違うと考えるようです。 配当控除を受けるには、配当ごとに申告をするかしないかを選択し、申告するを選択した場合に「総合課税」と「分離課税」を選択できることは、ご承知のとおりです。 申告をしなくてもいい人が申告書を出してしまった(基本通達121-2該当)のではなく、申告をする選択をした上で、かつ総合課税か分離課税かまで選択してるので、およそ「誤って申告書を出してしまったのではない」と判断されるのでしょう。 121-2通達をご存知なのですから、税務署員に提示して、納得のいくまで尋ねられるのが良いと存じます。 なお「税務署に確定申告をしなくても、区役所側は住民税や国保税の算出に配当所得を合算して通知書を送ってくるものだと思い込んでいた」方が、基本通達をご存知だとは思いもしなかったので、失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

所得税法基本通達に以下があります。 (確定所得申告を要しない給与所得者から提出された確定申告書の撤回) 121-2 申告書に記載されたところによれば法第121条の規定に該当することとなる給与所得者から提出された申告書で第3期分の税額が記載されているものにつき、その者から当該申告書を撤回したい旨の書面による申出があったときは、その申出の日に当該申告書の撤回があったものとし、当該申告書に係る既納の第3期分の税額を還付する。 (注) 1 申告書を撤回した者は、改めて確定申告書を提出するまでの間は、無申告者となることに留意する。 2 当該第3期分の税額に係る過誤納金については、その撤回の日に更正の請求に基づく更正があったものとして通則法第58条第1項《還付加算金》の規定を適用するものとする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こちらの法121条-2については既に調べてありましたが、解釈が今一つで これを読む限りは撤回できそうな気もするのですが・・・

  • 回答No.3
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>平成22年分の「確定申告を要しない給与所得」と「確定申告を要しない配当所得」の2つを合わせて申告してしまいましたが、5月のこの時期に確定申告書の撤回は可能でしょうか? いいえ。 所得を少なく申告しすぎたなどから追加の税金を納める「修正申告」や、その逆に確定申告した際、誤りがあり税金を多く納めすぎで還付を求める「更正の請求」という制度はあります。 要は、申告した内容に誤りがあった場合にできる手続きです。 でも、いくら確定申告を要しないものであっても、申告した内容に誤りがなければ申告し直したりそれを取り下げできるという制度はありません。 >所得税還付金よりも、住民税+国保税が多くなってしまいます。 しかたありませんね。 今年度はあきらめるしかありません。 来年以降、気をつけましょう。 配当所得は申告しなければ、役所は把握していません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>申告した内容に誤りがなければ申告し直したりそれを取り下げできるという制度はありません 配当控除額に誤りがあったので、修正申告をするように通知がきました。 撤回は出来ず、修正するように言われました。

  • 回答No.2
  • yasei
  • ベストアンサー率18% (44/244)

まず確定申告において、申告の撤回というものはありません。 次に申告を要しない給与所得とは、年調済のもの以外の少額給与でよろしいですか? いいとして、還付申告をする際これは合算しなければならない所得になります。 3つめですが、申告を要しない分離所得は、申告の段階で「申告するかしないか」を選ぶことができます。あなたの場合、当初の申告時に申告しているため、申告することを選んだことになります。この場合は修正申告でそれを外すことはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

過誤申告であれば修正申告という手がありますが。 思い違いで有っても、真実を申告してしまえば その結果がどうであれ、打つ手は無いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住民税の申告について

    配当所得があります。今まで確定申告で所得税・住民税ともに還付を受けていましたが、国民健康保険料に影響するのでどちらが節約になるか考えて確定申告するか確定申告不要制度でほっておくか決めていました。 最近、所得税は総合課税で、住民税は確定申告不要と分けれると言う話を聞きました。 下記の考えであっているでしょうか? 所得税 配当所得300万円(それ以外の収入はありません) 源泉所得税45万円源泉住民税15万円(ややこしいので復興特別税は無視します)円) 控除計180万円 課税所得120万円 所得税6万円 配当控除30万円 還付45万円 住民税 源泉のまま 15万円 還付0 国民健康保険 基準総所得0 所得割0 均等割額平等割額のみ ポイントは所得税と住民税を申告の仕方を変えた場合、国保の基準総所得や住民税の総所得への参入があるかどうかです。 自治体としては税務署から個人の収入がみえるわけなのに所得に加えないと損になるのでは?

  • 確定申告で小額配当の申告をする場合、住民税は増えますか?

    小額配当の確定申告について教えてください。 上場株式の小額配当を受け取っています。 課税所得が、330万円以下の場合には、確定申告をすると税金(所得税)が戻ってくると聞きました。 所得税の還付については自分で調べてなんとなく分かりました。 (実際は、仕組みがよく分からなかったので、e-Taxで試算してみました) が、住民税との絡みがよく分かりません。 (試算できるような具体例がのっているホームページを探してみたのですが・・・見つけられませんでした) 配当所得の源泉徴収の税率が10%(所得税7%・住民税3%)差し引かれているわけですが、住民税は今年の申告から10%ですよね。 確定申告によって課税所得が増える⇒結果住民税が増える、ということになるのでしょうか? 住民税が非課税というわけではないので、申告した方がお得なのか、それとも損なのかが良くわかりません。 詳しい方、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 住民税と確定申告

    今年初めて確定申告をして、先日区役所から住民税の納税通知書(振込用紙)が来ました。確定申告後、所得税の還付金がまだ振り込まれておらず、税務署からも何の音沙汰もないのですが、収入は私が申告した通りに確定したと考えて住民税を支払っていいのでしょうか? 初めてのことなのでよくわからず困っています。ご存知の方がいらっしゃったら是非ご回答をお願いいたします。

  • 配当所得の源泉徴収税額

    16年度から配当の税額が10%(所得税7%+住民税3%)になりましたが、確定申告のときに、配当所得の源泉徴収税額として記入するのは、10%と7%のどちらなのでしょうか。 確定申告書Aなのですが、10%で記入した後で、もしかして7%?という気がしてきました。 また、申告書第二表の左下の「住民税に関する事項」の「配当割額控除額」に記入するのは? 税務署に電話して聞いたら、市役所に聞いてくれといわれ、市役所に聞いたら、こちらもあまりわからないふうで、最初は「配当の金額」との答えでしたが、その後また電話で返事があり、「3%分の数字だと思います。」 思いますでは困るのですがというと、「3%です。」 整理しますと、教えていただきたいのは、 (1)確定申告書の配当所得の源泉徴収税額 (2)第二表の「住民税に関する事項」の「配当割額控除額」 (1)は7%で(2)が3%なのかなと思ってはいるのですが。

  • 住民税について

    住民税について教えてください。 現在会社員で、給与から天引きで住民税を支払っています。 給与所得以外に配当所得があります。 配当所得を受け取った際、3%の住民税をすでに引かれた形で 受け取っていますが、この場合は配当所得分に対する住民税の 支払請求が来ることはないでしょうか? 仮に配当所得を確定申告し、所得税の還付を受けた場合は いかがでしょうか? 確定申告をすると住民税の支払いの必要が出てくることは ありますか? 確定申告と住民税のつながりが良くわかっていなくて、初歩的な質問で 申し訳ないのですがご教示ください。 よろしくお願いいたします。

  • 所得税の確定申告書B を税務署でもらったんですが

    はじめて確定申告をするのでお尋ねします。 税務署へ行って所得税の確定申告書Bをもらってきたのですが、 私は、帳簿を弥生会計で管理しているのですが、収支内訳書は 弥生会計から出力できるのですが、所得税の確定申告書Bの 第一表と第二表は、手書きするものでしょうか。それとも税務署で タッチパネルか何かで入力するのでしょうか。 よろしくおねがいします。

  • 所得税確定申告書

    今日突然所得税確定申告書が税務署から届きました 私は普通のサラリーマンで勤続15年ですが高収入でも なく初めてこのようなものが届いたのでビックリしています。 去年、高額医療で確定申告をしたのですがこの時の データが残っているからなのでしょうか? 税務署に聞くのが一番いいのですがもし詳しい方がいらっしゃいましたらこのような場合どうすればいいのか教えて下さい。会社からの給料以外の収入はありません。よろしくお願いします。

  • 年金生活者の配当所得と確定申告(する・しない、どっちが得?)

     リタイアし65歳超、年金生活者です。公的年金は2箇所からもらっています。  平成20年において、年金収入が158万円を超え、課税所得が50万円ほど発生します。所得税率は5%の世界です(住民税は10%でしたかねぇ)。  ところで、配当所得(上場企業の)が30万円あり、10%(国税7%、地方税3%)が源泉徴収されたのですが、確定申告にはこの配当所得も含めた方が得なのでしょうか。  平成15年から配当所得については申告・納税手続きが簡素化されたと聞きますが、年金生活者のような低所得者にとっては、配当所得も含めて確定申告すれば、源泉徴収された税金の一部が必ず戻ってくるのではないでしょうか。いや、それとも、確定申告すれば所得税5%+住民税10%で合計15%取られるから、10%の源泉徴収のまま放置しておく方が得、ということでしょうか?。

  • 特定口座(源泉徴収あり)における取引での確定申告について

    証券会社に特定口座(源泉徴収あり)を持っている会社員です。 取引は少なく月1回以下で、年間で数万程度の利益になりそうです。 また、配当所得も各社より4~8千円を2社からもらっています。 配当所得については配当控除があるそうですがしたことがありませんでした。 「源泉徴収ありの口座の場合は確定申告は不要です」とよくありますが、 これはしてもしなくても良いという意味なのでしょうか。 このような場合確定申告すれば、税金は還付されるでしょうか。 「源泉徴収口座ありでも給与所得者は20万円以下の所得は 課税されないので申告すれば戻ってきますよ」という記述がなく、 確定申告しても良いものなのかどうか、自信が持てません。 ほとんど利益がないのに、今まで結構な額の税金を 納めて来たような気がします。 また、確定申告した際に住民税等はどうなりますか。 会社の方に住民税の通知等で他の所得があったことが知られるのでしょうか。 そして今年のみ医療費控除を申告する予定です。 確定申告でこれらをまとめて申告すれば良いのでしょうか? まとまりのない質問で申し訳ないですが 初めて確定申告をすることになりそうなので どのような手続きになるか教えてください。

  • 確定申告時の扶養親族とは

    私は配当所得のみです。 配当所得は小額配当について確定申告不要制度があるので、確定申告していません。 親の扶養控除の対象となるか知りたいです。 確定申告時の扶養親族とは合計所得金額が38万円以下であると確定申告の手引きに記載がありますが、私の合計所得金額の算定に配当所得を加える必要はないでしょうか?