• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

源泉所得税

国家資格(二級建築士)をもった個人事業主が請求書を出すタイミングで、受注先から源泉所得税を引いた金額を請求するように言われました。それは一般的なことなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数827
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • usikun
  • ベストアンサー率35% (358/1003)

そういうこと10万請求して9万入ってくる 確定申告で所得税が100万円って計算されれば、引かれた1万と相殺して 99万の納税。 源泉されなければ計算100万、引かれてないので相殺無しで100万納税。 外注さんへの払いとかがあって資金繰に困ってないなら取引先との関係優先 でいいと思いますよ。 経理処理は 源泉有 預金 9万  / 売上10万 仮払税金 1万 注)前納税金を集計し易いように仮払税金勘定を使ってます。 源泉無 預金 10万 / 売上10万

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。たいへん参考になりました。 どうもありがとうございます。

関連するQ&A

  • 源泉所得税を引かれてない場合

    タレントの手配を行う個人事業主は、源泉所得税を引かれた額を取引先から振り込まれると思いますが、引かれずに振り込まれる場合は、自分で申告するのでしょうか? 発注元(振り込む側)は、本来源泉所得税を預からなければならないのに、それをしてないとどうなりますか?

  • 源泉所得税

    士業をしております。 法人に源泉所得税を差し引いて請求書を出しています。 確定申告で、源泉所得税の還付請求をしているので、支払調書が欲しいのですが、法人からは協力が得られず、その法人から源泉所得税の支払調書を頂けません。そこで、こちらの方で支払調書を作成し、法人の印をもらい、法人に代わって税務署に納税するには具体的にどうすればよいのでしょうか?教えてくださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 源泉所得税を引いて支払うか?

    デザイナーから請求書が届きました。 以前は会社へ所属しており、その会社から請求書が届いていましたが、 4月より独立し、個人名で請求書が届きました。 個人名で請求が来たものは、源泉所得税を差し引いて支払う必要がありますでしょうか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • usikun
  • ベストアンサー率35% (358/1003)

一般的かというと判断に困りますが、特別変なことではありません。 要は報酬10万円の請求書でなく、報酬10万源泉△1万差引9万の請求書を 作ってくれということでしょう。 振込の事務をする人が解りやすいように等の理由でそういう様式美を持っている 企業がいたとしても何ら不思議はありません。 下に二級建築士を持ってれば何でも源泉ではありませんという書き込みも ありますが恒常的な取引のある状況なら相手企業では質問者様への支払は 「源泉有」でマスター管理されているはずです。 原則論ではマスター管理されていようが何だろうが業務の種類によって 源泉の有無を行うべきですが余りそのあたりで頑なな態度を取ると 場合によっては取引先に嫌われますよ。 「設計をしたり施工管理をしたり現場監理をしたり、これらが混ざったり  イチイチ担当役務毎に細かく判断してられるか!」 受注先の企業規模な内部の体制によってはそういうことも言われるのが 当たり前の業界ということは質問者様もよくご存知でしょう。 源泉は所得税の前払いで最終的に精算されるので、上手に振舞った方が 「得」だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 あまり理解してなかったですが、 >源泉は所得税の前払いで最終的に精算される・・・ と、言うことは結局払うお金は同じということでしょうか?

  • 回答No.3

>源泉所得税は無視した金額で請求するのが一般的なのでしょうか… 該当する職種なら、10万円の請求書を出しても、9万円しか支払われないということです。 >源泉所得税を引いた金額を希望報酬額に設定するという逆の発想… それは間違っています。 所得税というのは、儲けたお金の中から払うものです。 所得税も含めて、儲け (粗利) と考えなければいけません。 しかも、源泉徴収はあくまでも仮の分割前払、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。 狩りの成果は、確定申告で明らかになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.2

>国家資格(二級建築士)をもった個人事業主… 具体的なお仕事内容はなんでしょうか。 二級建築士資格があるからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。 源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。 下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm 個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm >受注先から源泉所得税を引いた金額を請求するように言われ… 源泉徴収の対象になる職種で間違いないとしても、源泉徴収は支払者の責で行うものです。 請求者があれこれ指図する問題ではありません。 このあたりを誤解している人・企業が多いのは事実のようです。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 職種(仕事内容は)、インテリアと建築のデザインになりますので、対象になる職種ではあるようです。 >源泉徴収の対象になる職種で間違いないとしても、源泉徴収は支払者の責で行うものです。 請求者があれこれ指図する問題ではありません。 ということは、源泉所得税は無視した金額で請求するのが一般的なのでしょうか? または、源泉所得税を引いた金額を希望報酬額に設定するという逆の発想はどうでしょうか? 重ね重ねすみません。

  • 回答No.1

え? 何で顧客と所得税の話しなんかしてるんですか? 個人事業主なら、相手は関係ないじゃないですかwww

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ですよね。私もそう思っていたのですが、いざ言われて調べてみると色々疑問がわいてきました。 ご回答いただきありがとうございます。

関連するQ&A

  • 司法書士の源泉所得税について

    司法書士の源泉所得税について質問です。 (報酬-10,000)×10% が源泉所得税というのはわかるんですが、 これは司法書士のすべての報酬に対してかかるものなのでしょうか? 具体的には、謄本を取ってきただけの報酬についても源泉所得税が かかるのでしょうか? 普段は源泉所得税が記載された請求書が送られてくるんですが、 上記のような内容の場合、記載のない請求書がおくられてきます。  報酬  20,000円   印紙代 50,000円  消費税  1,000円   計  71,000円 といった具合です。 わかりにくい文章だとはおもいますが、よろしくお願いします。

  • 司法書士の源泉所得税

    こんにちは 司法書士に、建物登記を依頼し、その請求書の源泉所得税の欄が横棒(つまり意図的に消していると思います)で消されていました。 この場合、 (1)請求額通り支払い源泉所得税は納めない (2)請求書金額から10%差し引いた額を司法書士に支払い、源泉所得税を納める。 どちらがよいのでしょうか。 当方は給与支払事務所です。

  • 源泉所得税の記帳

    個人事業主が、従業員の給料から源泉所得税を差し引かずに、 いつも事業主の自腹で税務署に納めている場合、 帳簿にはどのように記帳しますか? 貸方が「事業主借」だと思うのですが、 借方は「預り金」しか思い浮かびません。 でも差し引かずに現金を従業員に渡してますから、 そもそも何も預かっていません。 給料を渡した時と、税務署に源泉納付した時、 仕訳はどうのようにすれば良いでしょうか? 源泉を納付するのは半年に1度(1月と7月)です。

  • 源泉所得税について

    顧問契約の源泉所得税について教えて下さい。 私の会社が、個人の方と顧問契約を結び、月20万円+交通費をお支払しております。 その場合、交通費を除いた金額20万円に対して10%の源泉所得税を徴収しなければならないのですよね? ですが、源泉所得税を徴収せず、20万円+交通費分を毎月その方にお支払しております。 なので、源泉所得税を納めていないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?

  • 源泉所得税は必要ですか?

    設備の点検業務を仕事にしています。決まった頻度でお客様の設備を点検して結果を報告する仕事です。 個人事業主として青色申告をしています。 新しいお客様で報酬から源泉所得税を差し引いて払ってくるところがあります。 そのほかのお客様からは契約額全額をいただいて収入として計算し、利益が出たら所得税として納税しています。 たっくすアンサーを見てもよくわかりません。源泉所得税として差し引いた額をもらうのは正しいやり方なのでしょうか?お教えください。

  • 源泉所得税

    経理を担当する者です。業務上、大会等を主催し発表者に謝礼として(実質は報酬)ジャスト1万円支払う時、係る費用は税込みでいくらになって、源泉所得税はいくらになるのでしょうか?ちなみに費用は税込みで11,052円で源泉所得税は1,052円でジャスト1万円になるかと思いますが、合っていますでしょうか?ちなみに領収書はもらいますが請求書はありません。慣例でそのような流れになっています。どなたかご教授下さい。

  • 源泉所得税

    情報提供の源泉所得税についての質問ですが、 情報の提供をくれた方に現金30万を支払いしました。 そのときの源泉所得税はいくらですか?教えてください。

  • 源泉所得税の納付について。

    こんにちは、タイトルの件でご質問があります。 納期の特例で源泉所得税を納めている法人です。 先日源泉所得税を支払ったのですが、外交員報酬の源泉所得税を天引きしていたのに、その分だけ納付していませんでした。 この場合は、支払っていない源泉所得税分だけの納付書を再度記入して、納付すればよいのでしょうか?教えてください。

  • 源泉所得税、消費税について

    個人事業でタレントのキャスティング業などをする予定です。 この業種の場合、源泉所得税を引いた金額をタレント(個人事業主)に支払うということでよろしいでしょうか? また、法人のプロダクションに出演料を支払う場合は、源泉所得税は引く必要ないのでしょうか? これが法人ではなく個人事業者の場合ですと、たとえプロダクションであっても源泉税を引くべきもの? あともうひとつお伺いしたいのが、出演料+消費税の合計が5万円だった場合、タレントに実際に支払う金額、預かる源泉所得税はいくらにすればよいでしょうか? タレントではなくコンパニオンの場合も同じでしょうか? バンケットコンパニオンの場合、下記のように書かれています。 コンパニオン代金が1万円の場合は、その中に消費税も含まれてるので、どのような計算をすればよいでしょうか? 消費税を引いた金額から源泉所得分を引くとも聞いてますが、なんだかよくわからなくて。。。 源泉徴収すべき所得税額は、次の式で計算した金額です。 (報酬・料金の金額-控除金額)×10% 控除金額は、報酬・料金の計算期間の日数に1日当たり5千円を掛けた金額です。

  • 個人事業主の源泉所得税について

    私は個人事業主で、ある事業で10万円の売上がありました。その際、お客様から源泉所得税の対応を質問されたのですが、勉強不足のためご返答できませんでした。 お客様は、「通常は支払額から源泉所得税を差し引いたものを支払っています」とおっしゃっています。 これはどういう意味なのでしょうか? また、私は10万円の売上に消費税の8000円を足して108,000円を受け取りましたが、お客様に源泉所得税をいくらお返しすればよいのでしょうか? ご教授のほどよろしくお願いします。