• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

源泉所得税の記帳

個人事業主が、従業員の給料から源泉所得税を差し引かずに、 いつも事業主の自腹で税務署に納めている場合、 帳簿にはどのように記帳しますか? 貸方が「事業主借」だと思うのですが、 借方は「預り金」しか思い浮かびません。 でも差し引かずに現金を従業員に渡してますから、 そもそも何も預かっていません。 給料を渡した時と、税務署に源泉納付した時、 仕訳はどうのようにすれば良いでしょうか? 源泉を納付するのは半年に1度(1月と7月)です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数164
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

事業主には源泉徴収義務があります。 帳簿に源泉税預り金を明記し納税を行わないと、税務調査時において従業員当事者が確定申告しているか否に関係なく徴収義務を負うことになります。 その回避方法として2通りあります。 (1)一旦給与を全額支払い、その後に源泉税を別徴収した事にする方法。 給与支払時 (給与手当)×××(現金又は預金)××× 源泉税徴収時 (現金又は預金)×××(預り金)××× その預かったお金が従業員か否かは税務署にも判りませんから、事業主のポケットマネーでもOKです。ただしそのお金の出どころ(反面)に気を付ける必要があります。 最善方法 (2)給与支払額を手取額として源泉税を計算する方法(事業主の源泉税負担分にも賃金として源泉税を掛ける方法) 例えば、扶養者無し・給与総支給額が20万円の場合。 源泉税の税引後が20万円として計算します。 源泉徴収税額表で源泉税を差引して20万円となるのは203,000円以上~205,000円未満の4,910円です。 総支給額204,910円、源泉所得税4,910円、給与支払額20万円となります。 給与支払時 (給与手当)204,910円(現金又は預金)200,000円             (預り金) 4,910円 これは社会保険や雇用保険があったとしても計算が出来ます。 例えば上記で雇用保険がある場合 雇用保険徴収後に204,910円となるように計算します。 給与総支給額205,526円、雇用保険616円(0.3%の場合)、源泉税4,910円 あとは納期特例での源泉税納付時に通常仕訳をするだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2通りの方法を分かりやすく教えて頂き、誠に助かりました。モヤモヤが取れました。ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 源泉所得税の過納付時の仕訳をご教示下さい。

    皆様、おはようございます。  納期の特例を適用しておりますが、源泉所得税を中間時に多く納めすぎてしまいました。年末調整の後に、これに気付きまして、過納付額を、翌年以降の源泉所得税に充当しようと考えています。  この場合、源泉所得税の仕訳はどのようにしたら、よろしいのでしょうか。源泉所得税を多く納めすぎているので、預り金勘定はマイナスになっています。  預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。ご存知の方、ご教示の程、よろしくお願い致します。  

  • 個人事業の源泉所得税(還付)の仕訳について

    はじめて質問させていただきます。経理初心者です。宜しくお願い致します。 個人事業なのですが、半年ごとの特例の申請をしています。従業員はいないのですが、専従者として毎月源泉所得税は預り金という形で処理をしています。預り金23,820円に対して、年末調整をした際13,340円超過で10,480円納めました。 この場合の仕訳(税務署に納めた金額や還付金などの仕訳)についてどなたか教えてください。宜しくお願いします。 <借方>  <貸方> 預り金 23,820円 現金 23,820円 ※簡単にこれでよいのでしょうか??

  • 源泉所得税・預かり金処理について

    いつもお世話になっております。 源泉所得税の件で質問があります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 給与136,800円に対して、 源泉所得税が3,990円だったため、 従業員には132,810円を支払ました。 納付はそのまま3,990円を所得税として支払ました。 そこで誤って、仕訳を 給与 132,810円 /現金 132,810円 としてしまいました。 誤りに気づいたので、 給与 136,800円 /現金 132,810円          預り金  3,990円 と仕訳を修正したのですが、 預かり金で処理をしていなかったため、 (納付もそのまま従業員の給与から引いた分を 仕訳せずに納付していました。) 預り金の残高が異なってきてしまいました。 どこを修正すればよいのか 頭が混乱してよく分からなくなってしまいました。 誤った処理としては、 仕訳を通さず、給与から所得税分をひいて、 そのまま納付したという点だと思います。 分かりにくい説明ですが、 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4038/14669)

たとえ自腹で払うにしても、それは事業経費なので事業主借はおかしいでしょう。 単純に事業経費としての租税公課の支払いで、貸方は現金でも何でも実際に出した部分でいいです。もちろん、預かっていないのだから預かり金にはなりません。 ただ、源泉税を天引きしないという事は、実質的に余分に賃金を払っている事になります。源泉税の計算からしておかしくなると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりおかしいですよね。 租税公課にはできないので、ちゃんとします。 ご回答ありがとうございましま。

関連するQ&A

  • 源泉所得税の納付の適否について

    源泉所得税の納付の適否とはどういうことですか? 税務署のHPを見たら、給料を支払ったり税理士に報酬を支払う場合などには、一定の所得税を源泉徴収して納付していただくことになっているとかいてあります。 うちは、従業員3人の個人事業です。 源泉所得税の納付の適否とありますが、源泉所得税の納付の義務が発生するのは給料を払えば、発生してしまうのでしょうか。従業員の人数、金額の上限等はないのでしょうか?教えてください。

  • 源泉所得税の納付に関して

    源泉所得税の納付の仕訳に関してなんですが、 現金××/預り金×× 預り金××/現金×× のように毎月源泉所得税を預りと納付の 仕訳をしています。 そして一月には、年末調整還付税額を 預り金××/現金×× と仕訳しています。 そこでなんですが… 毎月預ってる分と納付の分の額は一致しているのですが ひと月(一月ではなくて)だけ一致してなかったのですが これは、どういったことなのでしょうか? 資料は、源泉所得税の預りの額は、給料台帳から 納付は、所得税徴収高計算書です。 この場合は、一月だけ一致してなかったのですが… 毎月一致してない場合もあって これは何が原因なのでしょうか? 住民税や社会保険料も個別にT勘定を設けてるのですが 一致してないことが多いのです(預りと支払いが) 宜しくお願いします。

  • 税務調査で源泉所得税の過小申告を指摘された場合の仕訳について

    先月税務調査が入り、ある従業員の源泉所得税の過小申告を指摘されました。原因は計算間違えで、従業員から少なく徴収していました。 小さい会社なので追加納付額は数万円程度なのですが、この場合仕訳をどのようにするのかがわかりません。 なお、特例で半年毎に納税しています。 1)源泉所得税の追加納付の仕訳はどのようにするのが正しいのでしょうか? 通常は下記のようにしています。  ◇給料支払い時(金額は例です)    給料 200,000 普通預金 190,000              預り金 10,000  ◇納税時(年末調整時) 預り金 5,000 現金 5,000 -還付 預り金 55,000 現金 55,000 -納税 追加で不足分を申告した場合、    給料  30,000 預り金 30,000 -不足分を従業員から徴収     預り金 30,000 現金 30,000 -不足分納税 という仕訳で良いのでしょうか? 宜しくお願いします

  • 仮払金にした源泉所得税の精算処理は?

    個人事業主をやっています。 源泉所得税の処理をこれまでは、モノの本を見ながら  【借方】   【貸方】  事業主貸  現金(or普通預金) とやっていたのですが、商工会の記帳指導で、  【借方】   【貸方】  仮払金   現金(or普通預金) としたほうがいいと指導を受けました。 そのときはなるほどと思ったのですが、仮払金だからどこかで精算処理をしなければなりませんよね? 精算のタイミングは、確定申告後に所得税が還付(or納付)されたときでしょうか? そうすると、そのときの仕訳はどうすればいいのでしょうか? 会計が不案内なものでよくわかりません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 源泉所得税 納期特例の還付仕訳について

    個人事業主です 給与所得等の源泉所得税は納期特例を受けています。 店舗が2つあり、別々に帳簿等はつけています。 但し、源泉所得税は合算して納付する(税務署より)ことになっていて頭が混乱しています。 H23年7月~12月分を1月10日に納付します。 A店 預り金 47,700  還付金 24,540            納税   23,160 B店 預り金 19,010  還付金 21,690 ← ここで預り金が-2,680になる。 一店舗だけだと税務署に還付請求するか 次の月に充当するか だと思うのですが、 合算して納付ということなので A店+B店 預り金 66,710  還付金 46,230            納税   20,480 で納付はマイナスになることなくできます。 ここで問題なのは仕訳です。 上記の納付を仕訳にすると下記のようになるのと思うのですが・・・ A店 (借)預り金 47,700 (貸)現金 24,450 還付分                 現金 21,860 納付分                ○○○ 2,680   ←これは何分? B店 (借)預り金 19,010 (貸)現金 21,690 還付分    ○○○  2,680                  ←これの勘定科目は?  この2,680をどうしたら良いのか・・・・ 仕訳かた教えて下さい どうかよろしくお願いします。

  • 源泉所得税

    今回の質問は、会社が個人に報酬を支給したケースの会社の経理についてです。 会社が従業員ではない個人に、パソコンの入力作業を依頼し、報酬を支給した場合、源泉所得税の徴収をする必要があるのでしょうか? 現在は、その個人を、個人事業者と見立て 借方:雑費(課税仕入)/貸方:現金 という仕訳で処理をしています。 それでは、回答をよろしくお願いいたします。

  • 専従者の源泉所得税について教えてください

    初歩的な事で申し訳ないのですが質問させてください。 個人事業主(青色申告)です。妻の専従者給与を月額20万円で、従業員の給与が15万円の場合、 源泉所得税の納付書には一括で税額を書いていいのでしょうか? 人数は2名で税額はそれぞれの給与に対する金額を足して出せばいいのか 判りません。 これは分けて書いたほうがいいのでしょうか? 他にもアルバイトが数人いて彼らは8万円以下なので税金はかからないのですが、今までは人数と0円として 税務署に郵送しておりました。 先月から専従者と従業員が増えたので(税務署に届けは出しました) どうやって書けばいいのか悩んでいます。 明日が締め切りで振り込まなければいけないのでできましたら 早急にお教え願えませんでしょうか?

  • 源泉所得税の納付署は?

    昨年の1月から山梨県で飲食店を営業開始しました。 過去に有限会社を長野県で設立し、休眠状態だったのですが、この度、この会社で経営することとし、昨年の9月に法人を山梨県から長野県に移転登記しました。 同時に税務署へも異動届を提出しました。 ただ、長野での営業は1月からしていたにもかかわらず、何も考えずに異動年月日を9月で提出してしまいました。  また、従業員の給料に係る源泉所得税も納付していませんでした。(1月から) この度、決算になり、慌てて1月からの源泉所得税を納付しようと集計しているのですが、この場合、源泉所得税(1月から今まで)の納付署は長野の税務署でいいのでしょうか?  滞納している状態なので、税務署に電話しづらくこちらでお聞きさせてもらいました。

  • 源泉所得税の支払いについて

    お世話になります。 今月末(6/30)に顧問税理士と特許事務所の方に報酬を支払います。 弊社の給料日は25日で必ず翌日に従業員の源泉徴収額を納付しに行きます。 この場合の顧問税理士と特許事務所の方の報酬にかかる源泉所得税の納め方を教えてください。 1.従業員の源泉の納付と一緒に行ってよい(まだ報酬は支払っていない)? 2.報酬の支払い後7/10までに納付しに行かなければならない? 3. その他 よろしくお願いします。

  • 源泉所得税の納付方法

    個人事業主です。 従業員の源泉所得税を税務署に納付するのは、 毎月10日までに、1ヶ月単位で毎月手続きしないと いけないのでしょうか? よくわからなくて、昨年は半年づつ納付していたのですが、 1ヶ月づつと決まっているのでしょうか?