• 締切済み
  • 暇なときにでも

源泉所得税を引かれてない場合

タレントの手配を行う個人事業主は、源泉所得税を引かれた額を取引先から振り込まれると思いますが、引かれずに振り込まれる場合は、自分で申告するのでしょうか? 発注元(振り込む側)は、本来源泉所得税を預からなければならないのに、それをしてないとどうなりますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1203
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

>タレントの手配を行う個人事業主は… 個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありませんが、 【芸能人の役務の提供を内容とする事業を行う者のその役務提供】 として、源泉徴収されるべき性格のものですね。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm >引かれずに振り込まれる場合は、自分で申告するのでしょうか… もちろん自分で確定申告をします。 しかし、何か考え違いをしていませんか。 源泉徴収というのは、あくまでも仮の前払いです。 それで納税が完結するわけではなく、1年間の所得が確定した時点で、前払いした分の過不足を調整しなければなりません。 報酬の源泉徴収は、100万円以下であれば「売上」の 10%、100万円を超えれば 20% が前取りされます。 一方、本来の所得税は「売上」ではなく「利益 = 所得」に対して課せられます。 一般に売上の 10% も税金を納める必要はない (所得の多寡にもよるが) のですから、確定申告は避けられないということです。 >発注元(振り込む側)は、本来源泉所得税を預からなければならないのに、それをしてないと… それは源泉徴収義務違反として、税務署からおとがめを受けますが、あくまでも支払い側の問題です。 もらった者に責めはありません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 源泉所得税は必要ですか?

    設備の点検業務を仕事にしています。決まった頻度でお客様の設備を点検して結果を報告する仕事です。 個人事業主として青色申告をしています。 新しいお客様で報酬から源泉所得税を差し引いて払ってくるところがあります。 そのほかのお客様からは契約額全額をいただいて収入として計算し、利益が出たら所得税として納税しています。 たっくすアンサーを見てもよくわかりません。源泉所得税として差し引いた額をもらうのは正しいやり方なのでしょうか?お教えください。

  • 源泉所得税

    国家資格(二級建築士)をもった個人事業主が請求書を出すタイミングで、受注先から源泉所得税を引いた金額を請求するように言われました。それは一般的なことなのでしょうか?

  • 源泉所得税、消費税について

    個人事業でタレントのキャスティング業などをする予定です。 この業種の場合、源泉所得税を引いた金額をタレント(個人事業主)に支払うということでよろしいでしょうか? また、法人のプロダクションに出演料を支払う場合は、源泉所得税は引く必要ないのでしょうか? これが法人ではなく個人事業者の場合ですと、たとえプロダクションであっても源泉税を引くべきもの? あともうひとつお伺いしたいのが、出演料+消費税の合計が5万円だった場合、タレントに実際に支払う金額、預かる源泉所得税はいくらにすればよいでしょうか? タレントではなくコンパニオンの場合も同じでしょうか? バンケットコンパニオンの場合、下記のように書かれています。 コンパニオン代金が1万円の場合は、その中に消費税も含まれてるので、どのような計算をすればよいでしょうか? 消費税を引いた金額から源泉所得分を引くとも聞いてますが、なんだかよくわからなくて。。。 源泉徴収すべき所得税額は、次の式で計算した金額です。 (報酬・料金の金額-控除金額)×10% 控除金額は、報酬・料金の計算期間の日数に1日当たり5千円を掛けた金額です。

  • 回答No.2
noname#77757

※事業所と個人が取り決めた内容で処理をしてください。取引先だの仲介だの関係ありません。兎に角源泉徴収を忘れた事が明確なら関わるところが個人から控除して納付すべきです。 ※発注元がどうの、事業所がどうのではなく、税務署は納税さえしてもらえばよいのです。個人の源泉徴収分を預からない場合は未納に過ぎません。つまり脱税です。勿論違法です。事と次第では延滞税を加算しなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

源泉徴収票をもらった上で自分で申告してください。税を納めるべきものから預かって納税するのが原則です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 源泉所得税に関して

    個人の方に業務委嘱をお願いする場合、源泉所得税の取扱いはどのようにしたらよいのでしょうか? 取引先が会社の場合は、支払の際に源泉を差し引いて支払いをしています。 個人・業者に関わらず、源泉は支払元が管理するべきなんでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 源泉所得税の記帳

    個人事業主が、従業員の給料から源泉所得税を差し引かずに、 いつも事業主の自腹で税務署に納めている場合、 帳簿にはどのように記帳しますか? 貸方が「事業主借」だと思うのですが、 借方は「預り金」しか思い浮かびません。 でも差し引かずに現金を従業員に渡してますから、 そもそも何も預かっていません。 給料を渡した時と、税務署に源泉納付した時、 仕訳はどうのようにすれば良いでしょうか? 源泉を納付するのは半年に1度(1月と7月)です。

  • 源泉所得税について

    顧問契約の源泉所得税について教えて下さい。 私の会社が、個人の方と顧問契約を結び、月20万円+交通費をお支払しております。 その場合、交通費を除いた金額20万円に対して10%の源泉所得税を徴収しなければならないのですよね? ですが、源泉所得税を徴収せず、20万円+交通費分を毎月その方にお支払しております。 なので、源泉所得税を納めていないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?

  • 源泉所得税について

    個人事業主で従業員を雇っています。月々は88,000円以上だっつたり、50,000円だったり、様々ですが、年間は103万以下の支給額になります。結果、従業員は所得税は納める必要はないと思います(納めた月があっても申告することによっては戻ってきます) ただ、事業主の私は88000円以上支給する月は一度は源泉し、納付する必要があるのでしょうか。それとも、103万以下と決めているので、どの月も源泉を引かずに支給し、年末調整もしなくて良いのでしょうか?教えていただけますでしょうか?

  • 源泉所得税を間違えてしまい・・・

    ある方の毎月の給与の源泉所得税を1ヶ月分間違えてしまいました。 どうやらその月の源泉所得税の(甲欄)扶養人数で1人多く見てしまいました。ですから、本来徴収すべき額より少し足らないということになります。 その方は年内に退社してしまいましたし、源泉徴収票も(年調未済で)送ってしまいました。きっともう年末調整も済んでることと思います。 差額はいくらでもないのですが、どうするのが正しいでしょうか? 1/10には源泉税を収める為に、納付書にはどのように記入すべきでしょうか?(間違えたままか、本来の額か)どうかお願いいたします。

  • 源泉所得税

    士業をしております。 法人に源泉所得税を差し引いて請求書を出しています。 確定申告で、源泉所得税の還付請求をしているので、支払調書が欲しいのですが、法人からは協力が得られず、その法人から源泉所得税の支払調書を頂けません。そこで、こちらの方で支払調書を作成し、法人の印をもらい、法人に代わって税務署に納税するには具体的にどうすればよいのでしょうか?教えてくださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 個人事業主の源泉所得税徴収対象

    現在、個人事業主としてホームページ制作や、PCの障害の保守業務をしています。またコンサルティングとして、PCに関する業務全般(HPメンテナンス、PC障害対応)を月額契約で請け負っている会社もございます。 取引先のお客様は法人や個人の方ですが、報酬をいただく際に、源泉所得税を計上して請求しないといけないのでしょうか? もしくは法人側は源泉所得税を徴収しなくてはいけないのでしょうか? (上記業務が源泉所得の対象になるかどうかです) 源泉所得税の対象業務を見ても、ホームページ制作や、PCの保守業務に関しては記載なかったので、どのようにしたらいいのかわかりません。 ※ホームページ制作に関しては源泉所得税を徴収している会社が多いと記載がありましたが。。 ご意見をいただければ幸いです。

  • 前年度分の源泉所得税につきまして

    主人が業務委託契約で英会話講師の仕事をしております。 今年初めて青色申告の申請をするつもりなのですが仕訳等でつまづいています。 (青色申告の申請書は提出済みです。) 先日会社から支払調書を頂いたのですが、計算したところ2015年1月にもらった報酬から引かれている源泉所得税が前年度分(2014年12月分)が入っているようです。 (報酬・給与の締めは前月20日締め、翌月15日払いです。) 調べたところ源泉徴収される対象は働いた期間ではなく、売り上げが入金された時点(この場合2015年1月分にかかる)とどこかで見ました。 つまり1月分にひかれた源泉所得税は全額今年分に徴収された額として計算すると思うのですが、このままですと支払調書の額と合いません。 この場合、1月にひかれた源泉所得税の前年度分をどのように仕訳すれば良いでしょうか。 同じ会社で数年働いているので今まで会社から出される支払調書の額でそのまま申告しておりました。 (白色で出していたので特に仕訳で困ることはありませんでした。) 過去分・また今後金額が被らないよう同じ仕訳で計算(1月分のみを前期分込み)するのであれば前期分と分けても問題ないとの意見も聞いたのですが、どのように仕訳をすればよいかご意見いただければ幸いです。 仕訳例 20日: 売掛金250000/ 売上250000 翌月入金時:普通預金244475/ 売掛金250000       事業主貸25525/ 交通費20000 このように仕訳しています。 1月分の事業主貸25525(源泉所得税)が、支払調書に全額入っていない状態です。 (年末前に会社の締日が変わり、月末締めとなったので来年度からは前期分が混じるというようなことはないと思います。) アドバイス宜しくお願い致します

  • 個人事業主の源泉所得税について

    私は個人事業主で、ある事業で10万円の売上がありました。その際、お客様から源泉所得税の対応を質問されたのですが、勉強不足のためご返答できませんでした。 お客様は、「通常は支払額から源泉所得税を差し引いたものを支払っています」とおっしゃっています。 これはどういう意味なのでしょうか? また、私は10万円の売上に消費税の8000円を足して108,000円を受け取りましたが、お客様に源泉所得税をいくらお返しすればよいのでしょうか? ご教授のほどよろしくお願いします。

  • 源泉所得税について

    アルバイトを一つしてるのですが、アルバイト先が「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出の有無については何も説明もなく、乙の税額で源泉所得税を引かれてます。「給与所得者の扶養控除等申告書」の有無について聞かなく、乙で源泉所得税を引くのには何か理由があるのでしょうか。また会社に「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出をして、甲欄の税額に来年度よりしてもらう事は可能でしょうか。 宜しくお願いします。