• ベストアンサー
  • 困ってます

断熱材の結露が心配。オススメの断熱材を教えて下さい

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。 物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが 断熱材を入れてもらおうと思っています。 (現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、 暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。) 調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの 事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、 それぞれ一長一短で素人の私にはどれが良いのか判別がつきません。 さらに結露の問題もあるとの事で(これが一番心配です)、どうしたら良いのか迷ってます。 そこでご質問なのですが ◆オススメの断熱材の材質は何でしょうか? (それぞれ一長一短あると思いますが、出来れば縮んだり劣化しにくい物が良いです) ◆結露を防ぐにはどういう事が必要でしょうか?結露が出来るかどうかと言うのは 材質さえ結露の出来にくい物を選んでおけば大丈夫なのでしょうか? ◆結露を気にするのであれば断熱材は入れない方が良いのでしょうか? ◆断熱材については施工する人の腕次第と聞いた事がありますが、腕が良いかどうかは わからないです…腕が良くない方が施工する場合でもしっかりした断熱効果が得られて、 結露も起こりにくいというような材質、工法はありますでしょうか? 以上ですがどうぞよろしくお願いします。

noname#194322
noname#194322

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

(3)の再アンサーですが、 >まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが 断熱材を入れてもらおうと思っています。 今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。 「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。 どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というのは備わっているのは承知と思います。 それがなくてどういう建物? どういうグレードで建てる?って契約の指針がないってことはあり得ないでしょう?(^^ またすでに建ってるものだったら、「目で見た限りの商品ですよ」だけじゃ安心して買えないですよネ(^^ 標準仕様書に「断熱工事」の項があります。 標準仕様に謳われていることは当然お金を払うこと内容ですから、たとえばグラスウールを入れる標準施工マニュアルというのが材料メーカーに当然のようにあります。 標準品例 http://www.glass-fiber.net/form/index.html 契約内容に謳われていることは当然、施工マニュアルどおりが標準。勝手なやりかた、手抜きだのは許されません。 それに対して対価を払う建主契約者はとことん「ただ単に完全な標準施工なだけ」を要求、追求するだけです。買主・建主ですもん(^^。 施工業者技術・知識レベルが心配であれば、先の施工マニュアル持参で、販売主・不動産営業担当や社長などに、「このことが一番気がかりだ。徹底的に標準施工の品質を見守ってくれ。見届けてくれ。施工写真を撮っておいてくれ」と人間信頼感を期待して頼んでおけばいいのです。もちろ現場で大工さんと顔を合わした時も。 施工マニュアルも複数用意してそういう会話と同時に手渡せば、いくらハイハイ(内心、口うるさいシロウト施主と思う)生返事で受け流そうと思っても、施工時にはかなり気にして手をかけるはずです。それなり責任感で仕事している人間ですもん(^^。 (まー本当に重要な「気がかりなこと」は、並び立てればもっと他にいくらでもあるわけですが(笑) また、言われなくても常識でマニュアルのようにやってあたり前の現場職人かもしれないし。念押しぐらいのつもりで(^^ ------------------------------------------------------------ 一般的に、「ウチはこの材料とマニュアルを多用している」という販売主や工務店側の特別の提示がない限り断熱材はグラスウールが標準、並、一般的だと思います。 コストパフォーマンスでいまだ一番ですから。(またはロックウール。ほんの若干性能劣るもその分ほんの若干安い) 厚さが50mmか100mmかで、100mmにしたい場合差額追加オプションというケースの、50mm標準仕様レベルは存在します。 大した差額でないですから100mmにすべきべきでしょう。(関東以北の場合) また多少の施工いいかげんさがもしあっても、その厚さ膨らみで内壁側ボートとの密着性がいいですから。=膨らみを押し込むほど密着性がいいということは、その間に空隙ができにくい。=その空間を空気が流通・循環するのを防いでくれる。 特に木造在来工法など、床下の空気が温度の高い天井側へ壁内を伝って通気しているのが現状多々です。 (しっかり文書や設計・施工図で指示して見届けないとまだまだいいかげんなのが現状です。) 北海道・東北でもない限り、断熱材の室内側の防湿フィルムの完璧密閉性にはそうシビアに心配しても、神経が休まりません(笑 完璧を目指すという目標値の謳いあげで、よりハイレベルを、の(笑 仮に空気の流入が多少箇所あっても、通気しているわけではないですから、そんな内部まで流入循環が起こるわけでないので。仮に多少の湿気状態が部分小面積に起こっても、全体性能が一気に低下するほどでなく。○×思考しない柔軟性も必要。人間相手。コンセント・スイッチボックスなど密閉性を損なう要因は多数・・現状なので。。。 冷房による壁内の逆結露、カビの発生症状は、先に記しました、壁内空気循環が室内ボード 側に起こるような空隙が放置されて、その接触面で起こっている例です。 耐用年数迎えた木造住宅の建て替えや部分リフォームの現場には相当数立会い研究している立場ですが、断熱材の結露が原因で耐用年数を縮めたというような決定的な腐朽要因は経験ありません。腐朽の場合、外部から雨水・湿気など浸入しての腐朽がすべてと言っていいほど。雨漏り・壁内雨水浸入などあってはならない根本欠陥ですから、断熱材の是非と別問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答と、大変詳しいご説明本当にありがとうございました。 odasaga09様のご回答を読ませて頂いて安心しました。 とにかく冷え性で、いくら暖房をつけても手先足先は冷たいままなので 暖房がよく効く暖かい家にしたいなと思ったのですが、 ネットで色々検索していると結露についての記事がたくさんあり 結露でカビや腐朽が起きる可能性があるなら、標準仕様の断熱材だけで 我慢しようかなと思っていました。 やっぱり暖かい方が良いので、断熱材を分厚くしてもらう方向で 検討したいと思います。 本当にご親切にどうもありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>結露を防ぐにはどういう事が必要でしょうか? 結露はあくまで流動空気と固体接触面で発生します。 たとえば室内側の断熱材がむき出し状態中に、断熱性能温度差によってはその断熱材表面にさえ結露することを観察できます。 結露はまた室温の上昇、湿度環境によって蒸発しますが、問題はグラスウール等の繊維多孔質(つまり空気をたくさん含んでその空気の熱伝導の低さゆえに断熱効果を果たす)その空気層が結露水で湿潤して、内包の空気による断熱がなくなることが問題の本質です、断熱性能的には。 (もちろんカビ・腐朽の原因になります。) それを防ぐために断熱材の表層に防水フィルムが付いている、かもしくは、透水透湿しない材料となるわけで。 ですから壁体内(断熱層)に空気の流入を防ぐ「密閉性」こそ最大の重要施工注意点です。 またいずれの外部からも空気流入流動があると、冷房時、真夏の高温高湿外気と室内の低温の温度差で壁体内に逆結露が発生します。 床下や天井部との密閉性に無頓着な木造軸組み在来工法では、むしろこの逆結露、壁体内でカビの大発生など、現代の空調設備生活時代、一般理論だけの人の目にはつきにくい隠れた大問題ともなっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほどなぁと思いながら読ませて頂きました。 ”壁体内(断熱層)に空気の流入を防ぐ「密閉性」こそ最大の重要施工注意点” という事だと、よほど技術がしっかりした工務店にお願いしない難しいのでは と感じました。 私がお願いする工務店は営業年数も長くなく、恐らく技術については普通程度 ではないだろうかと思うのですが(建売ですし、予算を上げるほど余裕も ないのでそこは仕方ないと思っています)、そういう場合、その工務店に 断熱材を入れてもらう工事はお願いしない方が良いでしょうか? もし宜しければodasaga09様個人的なご意見で結構ですのでお聞かせ 頂ければ有難いです。よろしくお願いいたします。 (ちなみに結露の心配がある事を考える前は、断熱材を入れる事で冷暖房費も節約出来るし 防音効果もあるとの事なので是非と思っていたのですが、結露によって カビや腐朽する可能性があるのなら入れない方が良いと思っています。)

  • 回答No.1
  • pp300a
  • ベストアンサー率12% (11/87)

結露とは 空気中に含まれている水分が 温度低下によって凝縮し 空気中に含みきれなくなって排出される現象を言います これを防ぐには その部屋の空気の露点温度以下に建築材料の表面がならないようにすればいいのです つまり外気温との温度差が大きければいいという事になります それはつまり材料の熱伝達率を悪くすればいいという結論になります 断熱材とは熱伝達率の非常に悪いものであり 材料の種類によってこの数値はマチマチです 更に同じ材質であっても 密度、厚みによって断熱性能は変わってきますし 工事の品質によっても変わります >断熱材については施工する人の腕次第と聞いた事がありますが、 つまりこれですね 隙間だらけでスカスカであればその効果は期待できません まず 建築業者に具体的な施工法を熱伝達率の数値を入れた試算をしてもらいましょう そういう数値がきちんと出せないようなレベルの業者は避けたほうがいいでしょう 断熱材のメーカーのカタログを見ると かなり勉強になりますよ http://www.mag.co.jp/ http://www.nichias.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほど…熱伝導率が悪ければいいのですね。 購入する家が決まったら、熱伝達率の数値を出して もらえるよう聞いてみたいと思います。 教えて頂いたサイトもじっくり読んでみます。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 断熱材の内部結露について

    建築関係の仕事をしているものです。 木造住宅の断熱材を検討しています。 軸間に羊毛断熱材、付加断熱としてグラスウールボード32kを外張りした場合、内部結露の危険はあるのでしょうか? ちなみにベーパーバリアはなしです。 (建築場所は次世代区分のIII地域です) どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

  • 逆転結露

    鹿児島に住んでるものです 今回家を新築したところいろいろと不備がでてきて断熱の施工やり直すことになりました。そこで、現在50mmのグラスウールをはがして100mmに代えようとおもっている(施工業者が50mmだと厚さがないので筋交い、コンセントなどのところが施工しにくいとのことでした)のですが高温多湿の地域にこの仕様では夏場の逆転結露大丈夫でしょうか。(工法は一般的な木造住宅でサイディングしたに通気層あります。壁のうち壁側には防湿シート、外壁側には防風透湿シート施工してあります)ある雑誌で壁いっぱいの充満断熱をすると逆転結露が起こりやすいと書いてありました。鹿児島では公庫基準では50mmくらいで十分なのですが・・・ そもそも逆転結露と断熱の厚さ 壁の断熱の充満具合などは関係あるのでしょうか? 逆転結露の対策としてはどのようなものがあるのでしょうか

  • 断熱材の施工と内部結露について

    現在、在来工法で住宅を建築しています。 上棟も終わり現在は断熱材の施工途中なのですが、疑問を感じたため 作業を中断し(他の部分をやってもらってます)、週末に現地を確認しながら現場監督の方から 説明を受ける予定です。 施工状態は、重鎮が甘く断熱材が無い、防湿フィルムだけの部分がある、梁や床近辺に断熱材が 足りてないところがある、柱の間に留めている場所がある(筋交いの部分など)、などです。 疑問とは断熱材の施工方法なのですが、ネットで調べると色々と出てきます。 柱の内側にシートを留めない事、隙間なく重鎮する事、無理に詰め込めばいいというわけでもなく、 そうかといって少なくてもNG、柱と同じ高さで石膏ボードとの間に隙間が出来ないようにする、 中のグラスウールが剥き出しにならない、等々。 これらの施工は内部結露を防ぐ為に重要であったり、断熱効果のためであったりとあるようですが、 特に私が気になっている部分は内部結露です。 結露が酷ければ断熱材は水分を含み下がってくるでしょうから断熱効果は落ちるでしょうし、 もっと深刻な場合は柱が腐ったりと、建物に致命的なダメージを追う可能性があるのではないかと。 その事をザックリとですが大工さんにお話ししてみたのですが、 今回の構造は 外壁⇒空気層⇒透湿防水遮熱シート⇒断熱材+防湿フィルム⇒石膏ボード⇒壁紙、となり、 内壁の湿気が空気層や透湿防水遮熱シートから外に出る為、内部結露は心配ないとの事でした。 実際今までに何軒も解体もしてきたが、そういうお宅はなかったと。 ただ、念の為に断熱材が足りてないと大工さんが思ったであろう箇所は後から追加で補填しているようです。 (妻が見てきた為、私はまだ未確認) そこでお伺いしたいのは、空気層と湿気を通すシートがある事で、断熱材の施工が多少いい加減?でも、内部結露はしないのでしょうか? 勿論、週末に現場監督との話し合いの場でこちらの要望はお伝えしますが、今後も家造りは継続しますし、あまりにもこちらの要望だけを押し付ける事は難しいのかなと。 実際、正しいであろうと思われる断熱材の施工方法が望ましいですが、そう施工しなければ ならないルールがあるわけでもなく、もしそう施工するには一度全ての断熱材を剥し、新たに剥した分の断熱材も取り寄せなければならないと思います。 そうなれば予定外な材料費ですから、ハウスメーカーが呑むとも思えませんし。 一応、建設会社にて定める断熱材の施工マニュアルを持参し、それを見せながら説明して下さるようなんですが。 そこに定められている通り施工できているから大丈夫ですとか、逆にここは間違いなので直しましょうとか、そういう話にはなるんだと思うんですけど、 あくまでも建設会社のマニュアル上での話しですからねぇ。 その建設会社での施工なので仕方ないんでしょうけれど。 ただし、現状もいくつか補修はして下さっているようで(現場監督の方が大工さんに指示したとの事は連絡を受けています)、全く何も動いてくれないわけではなさそうです。 最終的には週末の話し合いの中で今後の動きが決まってくるのは間違いないので、今どうこう 考えてもというのはあるんですが、大工さんの言っている事があっているのかいないのかは 知りたいのです。 以上、宜しくお願い致します。

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱について

    木造在来工法で家を建てるのですが、断熱について教えて下さい。 (1)プラン内の断熱方法は「外壁通気工法」(断熱材はロックウール)ですが、寒いのが苦手だと相談した所、吹付けの断熱材を勧められたのですが、それは、工法は同じで、材料がロックウールから吹きつけ材に変わるということなのでしょうか?その場合、断熱効果はかなり違うのでしょうか?教えて下さい。(ちなみに吹き付けの材料はなにかはっきり分かりません)硬質ウレタン?とかなのかなと思ってます。 (2)外壁通気工法で、防水シートと断熱材の間に、構造用合板があるのとないのでは、どういう違いがあるのでしょうか?メーカーによって、板を入れたり入れなかったりするのは、なぜなのでしょうか? 基礎知識が乏しいので、変な質問になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 付加断熱工法と結露

    北海道で新築を予定しております。 在来工法でオール電化です。 断熱は付加断熱との仕様でした。 (グラスウール20K+スタイロホーム20mm) ある人に言わせると、充填なら充填、外張りなら外張りだけの方が家に優しいとのことでした。結露の心配が出てくると言われました。 それならば、いっそのことスタイロホームをやめて、硬質ウレタンフォームの方が良いとも考えました。(外張りは予算的に厳しい。) 結露は実際どうなのでしょうか?ご教授願います。

  • 断熱材について教えてください。

    現在新築を検討し進めています。 断熱材について、標準ではロックウール壁55mm・天井75mm となっています。 ちなみに在来木造で地域は東海、サッシはアルミで窓は ペアガラス(LOW-E)です。 比較的温暖な地域なので上記の断熱材も悪くはないのかも しれませんが、吹き抜けがあり蓄熱暖房を取り入れるので できるだけ断熱性を高めた方がいいのかなとも思います。 (そもそも高断熱、高気密の家にすればよかったのですが・・・) 業者にはロックウールを壁、天井ともに100mmにする、 パーフェクトバリアやセルロースファイバーにするなど 提案いただいています。 ロックウールの厚みを増やすくらいなら予算内だと思いますが ほかはちょっと高くなるので考えてしまいます。 でも一生住む家なので・・・迷います。 断熱性を高めると結露しやすくなるんですよね?? 第3種換気なので無理に断熱性を高めると結露しやすく なってしまうのではと懸念しています。 ぜひ断熱材についてアドバイスいただけますでしょうか?

  • この構造で結露しない?断熱性は?気密性は??

    IV地域で、木造在来工法、充填断熱で新築中です。 構造が考えていたものと違う事が判り、戸惑っています。 この構造で結露しないか、断熱性、気密性があるかすごく不安です。 (室内側)石膏ボード/ポリスチレンフォーム板40mm/透湿防水シート/外壁ALC37mm 防湿シートも構造用合板も通気層もありません。 如何なものなのでしょうか?

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。

  • 折板屋根の結露対策

    友人が新築して相談を受けたのですが、在来木造に折板屋根を採用したところ、屋根に結露するとのこと。なにかよい対策はありませんか。 ちなみに小屋裏にはブローイング工法にて断熱材が施工されています。