• ベストアンサー
  • 困ってます

外断熱と内断熱

木造3階の家を建てようと考えています。 外断熱の2重通気工法も魅力ですが、あまり聞かない方法なので不安です。 地元の工務店さんに相談したら、内断熱で建てても結露の問題などは解決できると言います。 どちらかを選ばなければいけないのですが、最後の決断ができないでいます。 何かアドバイスをお願いします。 もし外断熱の2重通気工法で家を建てられた方がいらっしゃれば、住み心地など教えて下さると幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数159
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • okowa
  • ベストアンサー率48% (172/355)

コンクリートの建物は外断熱が良いでしょう。 木造で極寒にならない地域でしたら、換気に気をつければ、あまり変わらないのかもしれません。 仕事柄、内断熱コンクリート北側&湿気が閉じ込められている木造家屋でカビをたくさん処理してきたので。 外断熱疑問視意見 http://plaza21.mbn.or.jp/~yamada32/sumai_011.htm 外断熱賛成意見 http://www.t3.rim.or.jp/~u-minami/class/sinbiosis/sotodan/wsotodan.html

参考URL:
http://www.izzat.co.jp/sotodan-info/jyutakugaku/box/bousitu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考サイトを拝見させていただきとても分かり易くて知識になりました。 最終的に皆でよく話し合って決めたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • fitto
  • ベストアンサー率36% (1372/3800)

数年前、内断熱で新築しましたが、当時外断熱などはどこもやっていなかったので、ちょっと調べてみました。 ・内断熱 :柱部の厚みのところに断熱材を入れる ・外断熱 :柱も断熱材で覆ってしまう http://www.hokushinn.co.jp/tokyo/sal1.html 外断熱のほうが、断熱材を連続的に入れられるので、断熱効率はよさそうです。 結露の問題 断熱材と壁との間で温度差が出来、壁内結露となるようです。温度差をなくすため 内断熱でも、外壁と断熱材の間は通気口を設けます。 また、家の内側は結露しても断熱材が湿気を帯びないように、ビニール?などで表面を覆っていました。 外断熱では、断熱材と内壁の間にも通気口がつくようです。 結露防止になりますし、壁内に温風を送り家全体の暖房も出来そうな構造ですね。 別の見方をすれば、万が一家事となった場合この通気口が煙突代わりになり、火の回りが速いような気もしますが・・、火が回らないような材質を使っているとメーカは言うでしょうが。 原理的には外断熱のほうが良いようにも思えました。 工務店を選ぶ場合、断熱材も気にしてください。 安い(黄色い)断熱材を使うところはやめたほうが良いです。 標準で高い(赤っぽい色)断熱材を使うところのほうが信用できます。 また、断熱材は切れ間無く全面に張らないと、切れ間で結露が生じるそうです。 施工時注意してみていないと、平気で切れ間付き断熱材を使われます。 >>外断熱の2重通気工法で家を建てられた方がいらっしゃれば、住み心地 断熱工法の差で住み心地は分からないです。 内断熱に住んでいますが、2重サッシを使っているので窓結露はありませんし、冷暖房機ひとつで家全体をカバーしています。 壁内結露は見えませんので、コメントのしようが・・・・。

参考URL:
http://www.hokushinn.co.jp/tokyo/sal1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 丁寧に教えてくださりとても参考になりました。 最終的に皆で話し合って決めたいなと思います。

  • 回答No.1

日本でも、東北以北では、外断熱が多くなっていますが、建築費は2割くらいアップします。 関東より南なら、内断熱で充分でしょう。 外国は外断熱が多いとか、長谷工のもと役員が書いた外断熱の本があったりしますが、本当のところは?です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 意見を参考にして、皆でよく話し合って決めたいと思います。

関連するQ&A

  • 外断熱の家って・・・

    外断熱の家にも、色々種類があると思うのですが、実際住んでみて住み心地はどうなんでしょう? 内断熱と外断熱とでは、住み心地に何か違いがあるのでしょうか? やはり、色々な文献に書いてあるように、外断熱の家は日本の気候に適しているのですか? 今までの家は、ほとんどが内断熱で建てられている様なのですが、やはりこれからは外断熱の時代が来るのでしょうか? 外断熱の短所と、内断熱の長所も、ぜひ教えていただきたいと思います。   よろしくお願いします。

  • 外断熱の家がいいのですが・・。

    気に入った土地があるのですが、そこは条件付で、工務店が必然的に決まってしまいます。まだ詳しい話はしていないのですが、工務店の社長のお宅におじゃまして、いろいろこだわりの家を見せてもらいました。断熱材の話を少しこちらからすると、「グラスウールはちくちくするし、あまりこのましくない、発砲系も万が一火事になったときに、有害なガスがでるからよくない」と言ってました。その社長のお宅は、石膏ボードを壁と壁の間にいれてあるそうで、断熱に関してはあまりこだわりがないように見えました。 近々その工務店に出向く予定があるので、そのときにはっきり「外断熱がいい」と伝えたいのですが、外断熱は手間がかかるようで、内断熱を採用しているところは、嫌な顔をされると聞いたことがあります。外断熱もきっちり隙間がないように断熱しないと効果がないといいますし、その点でも、外断熱を採用していない工務店にお願いするのは無理なのでしょうか?

  • 外断熱の変則技、これってあり?

    現在、在来木造住宅を建築予定で、工務店と話している段階です。 私なりに断熱などは勉強し、外断熱でスッポリ家を覆った方が 結露しないし、長持ちするという理由が納得できたからです。(素材はネオマフォームです。) 三角屋根にするのですが、屋根まで外断熱にすると、屋根裏に逃げる熱が多くなるので、2階天井部分をグラスウールにして塞ぐ方が熱カロリーを考えるとよいと言われました。(2階床面積は25坪前後)。屋根の部分は多分断熱なしになるのだと思います。 熱カロリーという面では納得できるのですが、100年住宅を目指していますので、結露の面、天井部分の木材への負荷などがどの程度なのかが分かりません。 建築場所は北海道で、さらに雪が多い地域です。 よろしくお願いします!

  • 床だけ外断熱すると

    現在マイホームを建築中のものです。 地元の工務店で建てるのですが、先日営業の方に 「今度外断熱を扱うことになったので、試験的に床だけ 外断熱にさせていただけませんか?」と言われました。 一部外断熱にしても効果はあるんでしょうか? 費用はかからいようなんですが、デメリットはありますか?

  • 外断熱の家の外壁について

    現在、新築を設計中です。 ハウスメーカーではなく、地元の木造の外断熱を基本にした工務店にお願いをしています。 間取りがだいたい決まってきたので、そろそろ外壁などを考え始める時期になりました。 そこで質問ですが、外断熱の家の場合、外壁はどの種類がおすすめですか? 木造で木の質感を大事にする和風モダンな内装の方向です。 庭はオープンな感覚で、あまり木なども植えず、花壇などに花などを植えようよ考えています。 総2階建てで寄せ棟の屋根(瓦を検討中)のデザインです。 当初は、タイル張りがいいと思っていましたが、コストもかなりかかるようなので・・・ 希望としては内装とのギャップを出すか、内装にあわせて和風にいくかも迷っていますが、できるだけランイングコストや手間がかからないのが希望です。 うまく伝わらないと思いますが、工務店の担当者と詰め始める前に、イメージをある程度固めたいと思って質問をしました。よろしくお願いします。

  • 外断熱とSW工法どちらがよい??

    3年前に、新築し木造軸組みの外断熱(外張り工法)で家を建てました。 先日、夫婦間で今度建てるなら・・・と言う話で盛り上がったのですが 主人が言うには 外張り工法は、「大工さんの手抜き。素人が知らないと思って手間を省いているわりにコストがかかる。 ぼったくりみたいなものだ。 本当は、内断熱(?になるのかな)トステムのSW工法のような 柱と柱の間に断熱版を入れてきっちり造れば こっちのほうが、高断熱・高気密の家である。 (木は水分を通しにくい。熱も、ボードより通さない。) だから、手間のかかる分コストもこっちの方が高くなる。」 と、いいました。 外断熱とSW工法どちらもきっちり造ったとして、 どちらが高気密・高断熱の家として優れているのでしょうか? どちらがコストがかかるのでしょうか? また、利点・欠点などありましたらアドバイス下さい。 よろしくお願いします。

  • 外断熱か内断熱かで悩んでいます

    ・外断熱の場合30mmで壁の内側は空洞 ・内断熱2×4の場合90mmで壁の内側に断熱材 ・内断熱2×6の場合140mmで壁の内側に断熱材 この3パターンで悩んでいます。 外断熱は結露の心配がほとんどないと説明されましたが、 30mmでは断熱や防音性能が落ちるのではないかと心配です。 内断熱ではどうしても結露が発生してしまうのでしょうか。 区道の裏道に面しているので、防音も重視しています。 住宅展示場では内断熱2×6の家の防音性能が高いと感じましたが、 一般的にはどのように考えればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 外断熱って良いですか?

    この度、新築することになり色々な本を読みました。その中で外断熱工法が気に入り、地元で外断熱工法を行っている会社に検討を依頼しました。すると結構、内断熱工法よりも割高であることが分かりました。雪国に住んでいるため、冬暖かく結露のない家にしたいのですが、外断熱で建築なされた方のご意見をお聞かせください。

  • 外断熱と通気層

    INAXの断熱材一体型下地材「HYBRIX」に関する質問を出しましたが、なかなかコメントいただけないようなので、もっと単純化して質問したいと思います。 内断熱(充填断熱)の場合、外壁通気層は、部材の透湿抵抗を外側通気層に対して徐々に小さな値に設定することで、内壁に浸入した湿気を通気層に排出でき、極めて有用だと理解しています。一方、外断熱(外張り断熱)の場合、ボード系断熱材の透湿抵抗が高く、壁内の湿気は外側通気層に排出されません。それにもかかわらず通気層を設けているということは、外壁への日射による温度上昇を通気層で緩和し、断熱材・駆体側への影響を軽減する、雨水の駆体への浸入を通気層で食い止めるの2つの役割と理解します。 とすれば、外壁と断熱材を緊密に密着させ、十分な雨水浸透対策と断熱対策を施せば、通気層はなくても良い、と理解して良いのでしょうか? その場合、壁内に入った湿気は室内側に戻す工夫が必要だと思いますが、どのような部材構成とすれば可能になるのでしょうか?何故、このようなことを聞くかというと、外断熱の弱点である反響音を壁内にグラスウールを充填して緩和しようと思っているからです。グラスウールは袋入りにする予定で、構造用面材より透湿抵抗が高いため、浸入した湿気はPB経由室内へ排出されず壁内にとどまってしまうことを心配しています。 まずは壁内に湿気が入らないようにする工夫が第一だと思いますが、万が一、外断熱で施工し壁内に湿気が入った場合、それを排出するのにどのような方法があるのでしょうか、という質問です。 それとも、外断熱の場合、室内と壁内の温度環境が同じであるため、壁内結露は考える必要はないと理解して良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 外断熱の新工法?その効果対コストを教えて下さい。

    外断熱に対して全くの素人で下記工法に対しご教授願います。 木造建築を中心に左官塗工法による外断熱及び結露防止の工法です。建築構造としまして壁構造合板→断熱・防水シート→下塗断熱層→化学繊維ネット→上塗断熱層→弾性仕上です。屋根は断熱・防水シートを使用した外断熱です。 (塗壁材:珪藻土、パーライト、フライアッシュ、有機繊維を混合した天然無機質素材のプレミックス材で比重は0.7~0.96。また不燃材料認定取得済み。) その効果は ・塗厚35m/m仕様でおよそ17℃の断熱効果 ・ノンラス工法で化学繊維ネット、及び内部錆の起きない固定具使用で耐震性及び強度の向上 そのコストは ・7660円/m2(弾性仕上げ別途)でおよそ外断熱仕様で建築物のコストが1.15倍になるそうです(2000万→2300万) その建築経歴は ・準防火地区で3階建を建築済み たそうです。こういった左官塗りの外断熱工法は以前からあるのでしょうか。また、他の外断熱(サイディング等)と比べどういった利点や懸念点がありますか。何卒宜しくお願い致します。