• ベストアンサー
  • 困ってます

吹きつけの断熱の方法

木造在来工法で家を建てます。 断熱は、内断熱、通気工法で硬質ウレタンフォームの吹きつけを考えています。 (1)吹く付けではない場合、外壁ー通気層ー透湿防水シートー合板ー防湿シートー内壁だと思うのですが、吹き付けの場合も、防湿シートは必要でしょうか? (2)屋根や床の断熱も(1)と同じでしょうか? (3)外張りシートをきちんと使う必要があると聞いたのですが、どういうもので、何のために必要なのでしょうか? (4)繊維系断熱材に比べて、吹き付けのほうが、気密性が上がるといわれました。C値で2ぐらいといわれたのですが、木造在来工法では、この数値が妥当なのでしょうか。 以前にも断熱のことでいろいろと教えていただいたのですが、より具体的にになり、詳しい事を知りたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数456
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>(1)なのですが、うちは、55mmの吹きつけなのですが、そうなると部屋側と、防湿シート内に隙間ができることになるのですが、それは、問題ないのでしょうか? 全く問題ありません。 >(3)は、どういうものかよくわからないのですが、柱が組みあがって、一番最初にその柱に引っ付けているみたいなのですが・・・。 室外側ですか?なら透湿防水シートなのか、もし板状のものであれば構造用合板とかの類でしょう。 >(4)今は、在来工法でももっと気密値を下げれるんですね。 かなり昔からそうですよ。寒冷地では。 温暖な地域の業者は技術力がないので出来なかったりしますけど。 >次世代省エネ基準が2なので これは業界の要望を取り入れて甘くした数字に過ぎません。海外を見ると大体C<1.0が基本です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速お返事ありがとうございます(-^^-) 隙間ができても問題ないとの事ですが、 グラスウールなど繊維系の断熱材の場合、きっちりと隙間無く施工しないと、壁内で温度差がある場所ができるので、結露の原因になると聞いたことがあるのですが、その場合と吹きつけ硬質ウレタンとは、ことなるのでしょうか?すいません。教えて下さい。

関連するQ&A

  • この構造で結露しない?断熱性は?気密性は??

    IV地域で、木造在来工法、充填断熱で新築中です。 構造が考えていたものと違う事が判り、戸惑っています。 この構造で結露しないか、断熱性、気密性があるかすごく不安です。 (室内側)石膏ボード/ポリスチレンフォーム板40mm/透湿防水シート/外壁ALC37mm 防湿シートも構造用合板も通気層もありません。 如何なものなのでしょうか?

  • 断熱について

    木造在来工法で家を建てるのですが、断熱について教えて下さい。 (1)プラン内の断熱方法は「外壁通気工法」(断熱材はロックウール)ですが、寒いのが苦手だと相談した所、吹付けの断熱材を勧められたのですが、それは、工法は同じで、材料がロックウールから吹きつけ材に変わるということなのでしょうか?その場合、断熱効果はかなり違うのでしょうか?教えて下さい。(ちなみに吹き付けの材料はなにかはっきり分かりません)硬質ウレタン?とかなのかなと思ってます。 (2)外壁通気工法で、防水シートと断熱材の間に、構造用合板があるのとないのでは、どういう違いがあるのでしょうか?メーカーによって、板を入れたり入れなかったりするのは、なぜなのでしょうか? 基礎知識が乏しいので、変な質問になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 木造在来工法での高気密高断熱住宅の建築は可能か?

    設計がしっかりしていれば、木造在来工法で高気密・高断熱で結露しない住宅の建築は可能でしょうか? 木造の高気密・高断熱で結露を防ぐには外張り断熱しかないのでしょうか? 木造だと経年変化による気密性、断熱性の低下が大きいと読んだことがあるのですがいかがだでしょうか? 宜しくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>×ってことでしょうか? どちらも○です。 そうではなくて、断熱欠損が出るのは、断面をみたときに断熱材がない部分が出来るということです。そういう隙間です。問題になるのは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろと教えていただき、ありがとうございました。 断熱って本当に、難しいですね。 もう一度自分でも勉強してみようと思います。 わからない事がありまたら、またよろしくお願いします。

  • 回答No.4

>きっちりと隙間無く施工しないと、壁内で温度差がある場所ができるので、結露の原因になる 意味を取り違えています。隙間なくというのは、内壁と外壁の間の空間に断熱材がない、または薄くなっている場所があるという意味です。 内壁と防湿シートの間のことではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すいません。図が頭の中に思う浮かばなくて (1)外壁ー通気層ー防水シートー合板ー断熱材ーすきまー防湿シートー内壁は○で (2)外壁ー通気層ー防水シートー合板ーすきまー断熱材ー防湿シートー内壁は×ってことでしょうか?

  • 回答No.2
  • fitto
  • ベストアンサー率36% (1372/3800)

↓に施工例があります。 http://www.toritz.com/item/risevalue21/technology.htm (1)硬質ウレタンフォーム両面に防湿シートを貼り付けています。    硬質ウレタンフォームと内壁に隙間が出来る可能性があるので、内壁にも防湿フィルムを貼り付けています。 (2)例では、床下はグラスウール+硬質ウレタンフォーム、天井は硬質ウレタンフォーム+ブローイングとなっています。 (3)通気層があるとはいえ、外気温とは同じではないので、結露する可能性があります。 (4) c値測定結果として 木造充填工法14棟 平均c値2.3 2x4工法17棟 平均c値1.8 パネル化工法5棟 平均c値1.8 外張り工法12棟 平均c値1.3 ↓ http://ii-ie.com/pastlog/lng0104/01030042.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。 ありがとうございました。 (1)では、隙間ができても、防湿フィルムを貼れば問題ないということでしょうか?うちの吹付けは、55mmなので、かなりの隙間があくと思われるのですが・・・。

  • 回答No.1

>(1)吹き付けの場合も、防湿シートは必要でしょうか? 必須と考えた方が無難です。吹きつけとはいえ完全ではありませんので。 >(2)屋根や床の断熱も(1)と同じでしょうか? 同じです。ただ壁よりはましですが。 >(3)外張りシートをきちんと使う必要があると聞いたのですが、 何の話ですか。透湿防水シートのこと? >(4)C値で2ぐらいといわれたのですが、木造在来工法では、この数値が妥当 その数値はふざけています。 木造在来でもC<1.0以下は珍しくも何ともない。C<0.5とかC<0.3とかざらですよ。まじめに気密施工をすれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。 ありがとうございます。 (1)なのですが、うちは、55mmの吹きつけなのですが、そうなると部屋側と、防湿シート内に隙間ができることになるのですが、それは、問題ないのでしょうか? (3)は、どういうものかよくわからないのですが、柱が組みあがって、一番最初にその柱に引っ付けているみたいなのですが・・・。 (4)今は、在来工法でももっと気密値を下げれるんですね。次世代省エネ基準が2なので、それで充分なのかなって思ってました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 在来工法でのウレタン吹きつけについて

    在来工法で断熱ウレタン施工しようと思うのですが、屋根を全部ウレタン吹きつけして、外気を一切入れない状態にしても大丈夫でしょうか? 工務店はウレタンの施工経験が無く、施工は知人に頼むのですが、工務店にはウレタンで屋根裏の通気が無くなると良く無いと言われました・・。 調べていると、最近の家は高気密高断熱の家が多い気がするのですが、高気密にして、構造材を外気にさらさないと 、なにか不具合は起きるのでしょうか?

  • 木造在来工法充填断熱の納まりについて

     木造在来工法の充填断熱についての質問です。 10年くらい前に木造の工事をやっていた頃は、間柱間に断熱材を入れて、その室内側の間柱に防湿気密フィルムを張ってからボードで塞ぐことが標準納まりだったと思いますが、最近、久々に木造をやっているのですが、廻りの人が最近は結露するから防湿気密フィルムを入れない傾向だと言っている人が複数いましたが、本当でしょうか。 気密・断熱が不十分だから、結露するのだと思っているのですがどうなんでしょうか? 最近の傾向に詳しいかた教えてください。 

  • アクアフォームを使い高気密高断熱にするには?

    建てる予定の会社がアクアフォームを使っているのですが、高気密高断熱住宅にするには窓の種類や数以外で何をすればなるのでしょうか? 防湿透湿シートは外側だけでよいですか?(外からサイディング→通気層→防湿透湿シートという感じ) 遮熱防湿透湿シートに変更することで高気密高断熱と関係してきますか? アクアフォーム以外にはできないので、アクアフォームにした場合にできそうな内容でお願いします。 断熱材は 壁→アクアフォーム 75mm 天井→アクアフォーム 150mm 床→ミラフォームラムダ 75mm です。

  • 在来工法での気密値について

    現在、一戸建ての購入を検討している者です。 そこで、疑問に思った事があったのでご質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 先日、建売住宅を見学しに行ったのですが、その建物は在来工法との事で、仲介業者に「気密値」について尋ねた所 「高気密、高断熱の2×4なら気密値が大事で24h換気も必須だが、在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ。気密値と言うのは2×4の為のもの」 との事でした。 しかし、後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか?と疑問におもいました。 ほんとの所、どうなのでしょう?お詳しい方の情報をお待ちしております。 宜しくお願い致します。

  • 気密と壁内結露について教えてください。

    いつもお世話になってます。 新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。 木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。 普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね? でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね? それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、 内壁→空間→ウレタンフォーム系断熱材→構造用パネル→透湿防水シート→空気層→外壁サイディングの順なのです。 構造用パネルに断熱材がくっついていて、柱の間に外側から貼り付けるような感じです。柱ほどの厚みの断熱材でないので、内壁から断熱材まで空間ができるのです。(イメージがつくでしょうか?) 建築する業者の人は、外側で気密をとっているといいます。外側から気密パッキンとか気密テープを貼っていました。 が、そもそも、室内と壁内の温度差が室内結露をうみ、内壁の隙間から壁の中に湿気が入り、壁内結露になるんですよね? で、あれば、断熱材が内壁に接しておらず、内壁と断熱材の空間に壁内結露おきませんか? 外側で気密をとっていても、内壁からの隙間が問題に思えるんですけど・・・。 よくわかっていないので、質問の意味がわからないかもしれませんが、汲み取りいただき、教えていただけませんか?

  • 在来工法でリビングに吹抜を作ると寒いですか?

    リビングに8畳分程度の吹抜けを作りたいと思っています。 在来工法でも高気密・高断熱とうたってあるので大丈夫と思っていましたが、 アドバイザー(建築士)の方から、2x4の方がやはり気密性・断熱性は高く、 在来工法なら吹抜けを少し小さくして、在来の自由度を生かした、何らかの 工夫(スキップフロア等)もありではないかとアドバイスがありました。 (在来なら床暖房等を検討したほうがよいのではとの事でした) 現在の技術でも差があるのでしょうか? 在来工法で大きな吹抜けを作られた方等、アドバイスがあればお願いします。

  • 断熱性・気密性の向上について

    もうすぐ上棟を目前にした、関西地方の一施主です。 ●断熱は、透湿性や防音性という利点も含め、初期よりセルロースファイバーで断熱することを考えていますが、 構造用合板とビニールクロスでは、透湿性といったSF断熱の意味が半減するのではと考え、現在高性能GWを使うことも 含め、建築家の先生に検討頂いているところです。 ●一つの選択肢としては、デコスドライ工法で、防湿層なしで構造材はダイライト・・・と透湿性を高めた案を考えていますが、 そうすると、「冬は過乾燥する室内をせっかく加湿しても外へ逃げる水蒸気量が増える、夏は冷房などでせっかく除湿しても流入する水蒸気量が増える」ということ、断熱性能自体が落ちるわけではないものの、その加湿の気化熱に必要な冷暖房費がかかることになることを教えていただきました。 ●サッシについては、いろいろ御助言をいただき、当初トステムのデユオPGだったのをシンフォニーマイルドに、 ガラスは、遮熱断熱ガラス (ただしコスト減のために伊藤忠の輸入するアメリカ製というのが少し心配) に変えました。 ●24時間換気についても集中排気型などを教えて頂きましたが、今から変更が可能なものか、時間やコストがかかるのではないか、 これから調べる段階です。 ●どちらにしましても、気密性と断熱性を向上させて、次世代省エネ基準の改正にも対応できるくらいの家にしてもらいたいと 考えています。 ●しかし、関東以西のIV地域の工務店では、きっちりとした気密性を確保したレベルの高い施工が出来るところは1割程度という話も聞きました。 ●一方、西方さんのHPには、 『簡易に気密を得るには、断熱材にセルロースファイバーを使い防湿シートをなくし、外回りのタイベックで気密をとる。 関連する工務店は実際にこうした方法で簡易に隙間相当面積1cm2/m2を切っている。』との記述があります。 http://nisi93.exblog.jp/9258399/ 現在は、この西方さんの、ボード(合板)気密工法 http://www.nisikata.co.jp/n2002/sink/002/sink002.html で気密性が確保できるのではないかという話になっていますが、実際西方さんの仰るように簡易に気密性を向上させることは可能でしょうか? そのためには、工務店にはどのようにお願いしていけば良いでしょうか? もともと、住宅性能評価を受けることも考えていましたが、最終的には話し合いで受けないことになりましたので、 どうやってチェックしていけば良いかなど、悩むところです。 ● またセルロースファイバーの外壁内壁の透湿比が1:2は必要とのことですが、 このボード気密工法で行く場合内装材等に何を使えばこの比率になるのか、あるいは1:1で行くのか、 また、コストの点も含め、全てを転換し、従来の防湿層を設けたGWによる断熱に変更するのか・・・など迷うところです。 その他、断熱・気密の向上に関することで、色々御示唆・御助言頂ければ幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 建築済みの物件の断熱性能向上方法

    築1年の戸建の購入を検討しています。 もともと、高気密・高断熱住宅に憧れていたのですが、予算の関係で、木造、在来工法の建売り住宅を購入することにしました。 本日、第三者の業者に購入予定の住宅の性能評価をしてもらいました。 購入予定の物件自体は、モデルハウスとして使用していた物件になります。 性能評価の結果、断熱性・気密性については悪くもないが特別良くはない。 必要最低限の性能という評価でした。 そこで質問なのですが、建築済みの物件でもできる断熱性・気密性の向上の方法はあるのでしょうか? その場合の予算なども大体でかまいませんので教えていただければありがたいです。 識者の方々、ご助言お願いいたします。

  • 外壁通気工法の断熱性

    素人なのであまり工法のことなどあまり詳しくないのですが、インターネットで調べて、高気密高断熱で、外断熱の家が省エネで住み心地がよいのではと思っています。 現在、ヤマト住建の「木の家オアシス」というコンセプトの住宅の購入を検討中なのですが、資料の中の構造に関するところで、気密性や断熱性については特に記載されていないのですが、湿気・結露に関しては、 「”外壁通気工法”で、住まいの湿気、結露の問題を解決しました。『木の家オアシス』の外壁体内全面に、厚さ100mmのグラスウール、防風・透湿シートの層とともに、18mmの通気層を設けています。ここが空気の通り道で、壁の湿度を家の外に出します。」 という説明が書かれています。 これは、外断熱ということになのでしょうか、それとも内断熱なのでしょうか? この工法は湿気対策には良さそうなのですが、気密性や断熱性の観点ではどうなるのでしょうか? また、もしヤマト住建の建てた家に住まれている、取引があったなどの方がいらっしゃいましたら、参考までに感想を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 新築一戸建ての断熱材欠損について

    木造在来工法で新築、完成間近です。通気基礎パッキン、外壁も通気工法です。断熱材は4センチ厚のポリエチレンフォームですが、高気密高断熱ではなく埋め込み式エアコンの周りや壁と天井の境目、床下点検高の周りなど所々断熱材の小さな隙間はあります。ただ、工事中の写真を見返していたら4ヶ所、玄関床(板張り)、階段下(一坪)、二階の壁の一部(写真添付)に大きな断熱材の欠損があることがわかりました。薪ストーブの床下も入っていないと思います。 内壁も完成後のことなので今更ですし寒いのは諦めるしかないのかなと思いますが、 1、気温差による壁内や床下の結露など一部断熱材の欠損が家の耐久性に問題となることはないでしょうか? 2、階段下は板張りもなくいきなり基礎の床下空間です。そこだけは納戸の壁をくり抜いて入れば今からでも入れることは可能ですが、やってもらったほうがいいでしょうか?そのような要望をすることは可能でしょうか?