• 締切済み
  • すぐに回答を!

住宅基礎の人通口について

現在、一戸建ての建築中で、基礎の配筋作業をして頂いておりますが、 人通口部分の施工について疑問に思ったことがあり質問させて頂きます。 (1)基礎(べた基礎)形状について   一箇所の点検口から家全体の基礎内部を点検する計画  となっているため、基礎のあらゆるところに人通口があり、  基礎の立上り部は連続することなく全体的に半島形状と  なっています。   基礎内部を点検するとなるとこのような半島形状になるのは  やむをえないという気もしますが、全体的にこのような形状と  なっているのは通常の(特殊でない)状態でしょうか。 (2)人通口の幅について   施工状況を見ると人通口(開口)部で鉄筋の芯々が900mm程度  であり、コンクリート打設後で人通口幅が750mm程度になりそうです。  「性能保証機構標準仕様」や住宅金融支援機構の「木造住宅工事  仕様書」では人通口幅が600mm以下となっていますが、現状で  問題ないのでしょうか。 (3)人通口部の鉄筋補強について  上記仕様書をみると、人通口部は立上り端部及びスラブ筋の補強が 必要であると書いてあります。  現状では、立上り端部にL型の鉄筋を添えている程度ですが、 強度的に問題ないのでしょうか。 アドバイスの程、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数12494
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • mr19m
  • ベストアンサー率39% (217/556)

>そこで、一点お伺いしたいのですが、構造計算は、鉄筋(補強筋 >含む)の一本一本の太さ・配置等を計算条件として入力して行うもの >なのでしょうか。 >もしそうであるとすると、監督員の説明のとおり、構造上は問題ない >基礎ということになるのでしょうか。 どなたか回答されると思っていましたが、無いようなので・・・ 基本は、建物総重量を、ベタ基礎総面積で割り、地反力を求めます。 底版は、基礎梁で囲まれたスラブ面積で応力を、 基礎梁は、長さで応力を求めます。 単純梁なら、M=(地反力×長さの二乗)/8、M/(ft*j)=at(長期と短期を求める) atの数値は、cm2で、鉄筋の断面積です。 1本当りD10なら0.71cm2、D13なら1.27cm2 at値÷0.71なら、D10の必要鉄筋本数が出てきます。(たわみ量も要チェック) 曖昧スギて、わかりにくいと思います。図書館か、本屋さんで調べてください。 でもいくら、構造計算をしても、人通口のベタ基礎底版には、@100か@200で、補強筋が必要なハズですが???? だだ、最近の構造計算で、人通口の算定は、幅600では無く、柱間距離で算定するようになってきていますので、補強筋がしっかり入ってさえいれば、幅600を超えても、問題は無いと考えます。 構造計算で、安全を確かめている事が判れば、よかったと思いますが? どうしても不安なら、基礎(底版、基礎梁、人通口)の計算部分ダケでも、見せてもらえばどうでしょう? 今後、お仕事の参考になると思いますが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 人通孔について教えて下さい。

    人通孔について教えて下さい。 平成14年度建設の建売住宅を購入し今現在も居住しております。 一階は東南角部屋がリビングでそこに隣接するように北側にキッチン、西側に和室があります。 風呂、洗面所、トイレはキッチンの西側にあります。 先日床下チェックをしたかったので工務店の方に来てもらい、我が家に由一ある床下点検口がキッチンにあるので、床下収納庫を外して下に潜ってもらったところ、基礎で全部埋囲まれている。隙間から見たところ和室側も全部基礎で囲まれていてリビングが独立した状態になっており、せっかくキッチンから床下に潜ってもどこにも行けない。 もちろん、水周りの点検も不可能。 施工会社に話した所、当時の設計者及び管理責任者に、”必要であれば全部の部屋に点検口をつければいい、水周りのトラブルの際は床をやぶって入る。このように基礎で囲ってあったほうが人通孔があるよりも頑丈でベターだ。”と言われました。 素人的発想からいって、全部の部屋に点検口がある家なんてみたことないし、違和感を感じます。 主人が他にもチェックしたところ、基礎パッキンの間隔が一メートル以上の箇所がいくつもあるし、屋根裏の断熱材も隙間だらけで雑に置いてあると。 建物&会社に対して不信感だらけです。 この建物の契約書には基準書と共に公庫仕様書も付けられています。 中を詳しくみてみたら、 基礎には通気、点検に適切な間口を設けること。とありました。 もしこの箇所が特記事項として削除されていたならこの状況が納得できますが仕様書には何もありません。 そして、JOTOの基礎パッキンの仕様について見て見ると、間隔が1メートル以内としないといけない。それが守られないと強度は保証できない。という内容があったと思います。 ・この場合、人通孔については施工会社に義務はありませんか? ・基礎パッキンは問題ありませんか? ・これだけの内容があって、施工会社にお金で解決させることは可能でしょうか? ・もし可能でしたら金額はいくらくらい? ・同じ施工会社で同時期に同じ敷地内に約15世帯ありますが、皆に話をして家をチェックし  施工会社に話を持っていったほうがいいですか? 大きな買い物で失敗してしまい、とても悩んでいます。 アドバイスお願いします。

  • 基礎の人通口について

    人通口について教えてください。 建築中の自宅をチェックしていると、基礎の人通口がなく、 点検でも もぐれない箇所があることに気づきました。 下に情報をまとめますと、  ・基礎はべた基礎(ベース部下に防湿シートを敷設済み)  ・床下断熱で、基礎通気パッキンを設置済み  ・960mm×1820mm(約1畳分)の広さの、    四方向を立ち上がりに囲まれた箇所がある    (その部分は床が張られると床下にもぐれなくなる。)  ・そこは、人通口もなければ水抜きスリーブもない  ・そこは、外壁に面しておらず、    外壁から1820mm離れた内陸部(?)にある  ・狭いスペースのためか、その下には床束も設置しない設計  ・その上は、小さな廊下+階段の上がりだし3段となる部分  ・土台は105mm角、大引は90mm角@910  ・床は根太レス合板24mm  ・合板の上にはPB9.5mm+床仕上げ材20mm 上記のような条件のもと、質問は下記です。  1.もぐれない箇所を設計することは一般的なことか  2.もぐれない箇所があることの考えられる問題点    (メンテナンスなど長いスパンの視点も含む)  3.問題があるとすると、事前にできる対策    (現在、大引・断熱材・床合板は未施工の状態) また、ご意見として伺いたいのは、下記のとおりです。  4.もぐれない1畳程度の箇所に床束を設置してもらうべきか否か  5.大引のスパンを@455にしてもらうことへの賛否    (床鳴り等の修正ができないことの対策として) 設計士に問題ないか質問しても、本人も人通口を設けなかったことを後悔しているのか、明確な回答を得られません。 皆様のご意見をお伺いしたく、よろしくお願いいたします。

  • 木造住宅の基礎配筋について

    2級建築士です。 木造住宅の布基礎立上りの配筋について、はずかしながら質問させてください。 外周部の縦筋と主筋(横筋)の位置関係ですが、 住宅金融支援機構の仕様書によると、 縦筋が外側、主筋が内側になっています。 自分もこの形が正しいと思って図面を書いてきましたが、 いろいろと現場を見ると、その逆だったりするところもあって、どちらが正しい配筋の仕方なのか今更ながら分からなくなってきたので質問させていただきました。 勉強不足の感は否めませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • mr19m
  • ベストアンサー率39% (217/556)

>基礎の立上り部は連続することなく全体的に半島形状 問題アリと考えます。 >人通口幅が600mm以下となっていますが、現状で  問題ないのでしょうか。 基本的な幅は、600mmですが、構造計算を実施し、補強筋が 適切に配置されているなら、問題無いと思いますが 補強筋が無いのであれば、問題アリと考えます。 >立上り端部にL型の鉄筋を添えている程度 立ち上がり以外、底版にも必要。 以上の問題点は、意匠図、構造図を見てみないと 何とも言えない部分も有り、推測しか回答出来ないと思います。 (きわめて曖昧な回答になります) よって、もう配筋がなされていると思いますが 一度、工事監理者(皿カン)に、問い合わせて見てはどうでしょう? (この配筋で、大丈夫かどうか?) 基礎工事(人通口周辺や半島部先端で、亀裂が入る恐れ)の不具合は、 必ず施工者側の責任に押しつけられると思います。 問い合わせには、覚悟がいると思いますが、住む人の安全を優先してほしいですネ。 半島型の基礎が多いというのは、構造オンチの設計屋かもしれませんネ。 設計者(一級建築士や二級建築士)であっても、構造オンチは、結構多いと思います。

参考URL:
http://www.how.or.jp/seinou/gijyutsu/shiyou16_6.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 早速監督員に確認させて頂きましたところ、基礎の強度は 構造計算により確認しているので問題ないとのことでした。 住宅金融支援機構、性能保証機構の仕様書も見せましたが、 こららの仕様書は参考資料程度ですのでという感じでした。 そこで、一点お伺いしたいのですが、構造計算は、鉄筋(補強筋 含む)の一本一本の太さ・配置等を計算条件として入力して行うもの なのでしょうか。 もしそうであるとすると、監督員の説明のとおり、構造上は問題ない 基礎ということになるのでしょうか。 アドバイスの程宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 建て方工事・土台のアンカーボルトについて(その2)

    今日、上棟を負えました。前回、アンカーボルトの位置がかなり端に寄っているのが多いことについて、色々ご助言頂きました。 対策として、1,アンカーボルトの台直し、2.基礎増コンクリート、3.土台の補強、4.金具で基礎と土台を別途補強する。(地震対策で施工する方法)などを教えて頂きました。  結局、建築家の先生にご相談しましたが、確認のお返事を頂く前に私から「欠陥住宅を作らない施工会社を見つける方法」という本にある「お願いシート」のアンカーボルトのページ(15mmまでのズレは許容範囲と記載)をお送りし、お返事を頂きました。その答えは、 3. ボルトの位置について 土台芯と基礎芯は同じですが基礎の鉄筋(φ13mm)が基礎の芯にありますので、鉄筋が芯にあればそれに沿わせるアンカーボルトは芯からは鉄筋とボルトの径の分ずれます。逆にほぼ芯に入っているアンカーボルトもありますが、ここは鉄筋が多少左右に振れているということになります。鉄筋は型枠に引っ付かないように間隔を確保していますが、何メートルの長さの中では多少の振れはあります。鉄筋が型枠に引っ付かないことが大事なのは鉄筋コンクリートがその性能を発揮するには適正なコンクリートのかぶり寸法(鉄筋の外にあるコンクリートの厚さ)が必要だからです。そのために床の鉄筋は下に落ちないようにブロックをかませてかぶりを確保しますし、立ち上がりの鉄筋はスペーサーなどを かませてかぶりを確保します。木造住宅の基礎の鉄筋コンクリートは高さも低く一番シンプルな鉄筋コンクリートですから、かぶりが無いような施工は論外です。また現場では鉄筋の間隔についても200mmですが、現場での割付で多少広がったところは、その間に鉄筋を増やしています。土台アンカーを芯から計ると0mm~15mmのずれで、鉄筋の位置との兼ね合い、土台幅(120mm)から見ても許容範囲だと思います。図面でのアンカーボルトの確認、現場でのセッティングの立会いから、適当にやっていることはありません。  基本的に建築家の先生を信頼していることは今も変わりませんが、今日自分の目で確認、またメジャーで測ったところ、2cmからズレていると思われるところもたくさんあったように思われました。(個数を数えたわけではないですが・・・。)  まぁ、もう神経質になりすぎず、これからのことをきっちりして頂ければ・・・と考えておりますが、念のために写真をアップさせて頂きますので、ご意見を頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • 住宅の基礎の幅について

    新築で、現在検討している工務店の基礎が下記の通りの 仕様ですが、他の工務店に相談したところ立ち上がり幅135mmで 4寸の土台に16mmの主筋となると被り厚が心配と言われました。 誤差を加味すると135mmでは不足とのことでしたが どうでしょうか? 法律上は問題の無い仕様かと思うのですが 実際やはり135mmだと問題ありなのでしょうか?  主筋 16mm  縦横筋 13mm 200ピッチ  立上り幅 135mm 土台の寸法は4寸です。

  • 断熱材と基礎の仕様について教えてください。

    建築条件付で家を購入して現在打ち合わせ中なのですが、標準仕様書というものに「断熱材として(全てグラスウール)小屋裏(天井)10K・種別A・厚さ100、外壁24K・種別A・厚さ50、1F床下32K・種別A・厚さ42」と書かれています。 また基礎として、「ベタ基礎 耐圧盤150mm、立上り幅150(120)mm、基礎高400mm」と書かれていますが、これで問題ないのか気になっています。 住まいは、埼玉県川口市で2Fの天井は勾配天井になっています。 工務店は標準で問題ないようなことを言っているのですが、どなたかアドバイスをください。 宜しくお願いします。

  • 基礎の打継ぎ部の止水用コーキングについて

    昨日、スラブと立上りの基礎(ベタ基礎)の打設が終わったところです。 基礎形状は逆T型でスラブはフーチングと同レベルです。 スラブ面が地盤面よりも600mm程下がった位置(凍結深度)にあるので、止水板の設置をしてあります。 そこでスラブと立上りの打継ぎ部分の外周部土側に「コーキング」を施工すると止水が万全になると聞いたのですが、これは一般的な樹脂製のコーキングの事なのでしょうか? それとも埋め戻されて地盤内に入る部分なので、専用の物があるのでしょうか? それともモルタルの事なのですか? 樹脂製の場合、シロアリにやられたりしたりしないのか疑問があります。 実際に施工した状態を見た事がありませんので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 基礎のアンカーボルトについて

    17年前に将来車庫を建てる予定でベタ基礎でコノ字型の駐車スペースを作りました 現在ここに2Fを物置にした車庫を計画しているのですが、基礎にアンカーボルトがで ていません。 この基礎の上に車庫を建てることは可能でしょうか? 間口は5460mm、基礎の幅は120mmで、多少勾配はありますがベタ基礎のGLから 500mmぐらいの立ち上がりで鉄筋が入っていたことは記憶しています。 アンカーボルト以外は基礎としての要件は備えているように思うのですが施工図面 は残っていません。 ネットなどいろいろ調べると、後施工アンカーボルトでは建築できないとありました。 なにかいい方法はないでしょうか?

  • 基礎配筋における建築基準法って・・・

    いつもお世話になっております。 教えてください。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。 立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。 人通口付近の配筋についてです。 連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。 その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。 配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。 たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。 工事監理の方に上記の事項を報告しました。 その回答は以下のとおりです。 ・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。 ・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。 ・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。 だそうです。 その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。 これって、普通ですか?

  • 基礎の補強について。

     阪神大震災の被災地域です。現在高さ5.4m 2階 木造。幅5.2x長さ6.4mです。振下げをおろすと、35ミリ傾いてます。  先月 外壁トタン張替え。同時に胴ふち(30x60幅)&柱を鋼板で補強。弱いと思われる取り合い部分(50箇所)には 3.2ミリ(300x400ミリ) 鋼板をビス打ち。  さらに外壁の外に100*100角パイプ2本(弱いところ)取り付け。  柱11本裂けてました。同時期に町の下水道工事で、配管が、道に埋設されました。そのためか、我が家から20m向こうから バスやダンプカーが来ると、衝撃波が来ます。  床下は、S40年代の建築仕様で、布基礎ですが、土が見えます。  素人考えですが、床をめくりあげて、土を撤去。 柱が持ち上がるのを防ぐ金物を取り付け。  布基礎の幅を増やすことで補強。  さらに ぐり石 鉄筋を並べ床全面をコンクリート打ち。  これらの工事を行ったら 現在困っている衝撃波の発生が緩和されるでしょうか?

  • 瑕疵になりますか?

    公共建物の耐震補強工事をしました。H鋼外付けブレースによる補強で、1年点検でブレース接合部から錆汁が発生したため指摘を受けています。 仕様は、接合部は高耐力ボルト接合。工場錆止め塗装+ローバル、現場耐候性塗料塗り。工場グレード、鋼材品質とも特記仕様書どおりの仕様の元施工しました。 錆汁は接合部母材同士突き合せの隙間から出ています。接合部は塗装しないこと、仕様書どおりの施工であることしか言えないのですが、先方は「それは分かるが、何らかの落ち度があって錆汁が出ている結果は受け止めて・・・」と返され進展しません。こちらとしたら、錆が出て当たり前の構造だと思うのですが・・・。 このたび呼び出しを喰らっており、その場で言いくるめて補修させようという魂胆だと思います。 以上の内容からみて、これは施工側の瑕疵に当たるでしょうか? 説明が下手で理解しづらい点もあるかと思いますが、皆様のお考えをお聞かせください。因みに施工場所は雨も多く雪も必ず降る地域です。

  • ベタ基礎の構造計算

    木造住宅工事仕様書で、ベタ基礎の人通口廻りの補強例が記載してあります。 そこに柱間隔が0.91mを超える場合は構造計算を行い適切な補強を行うとあります。 メーターモジュールの場合は1.0mになると思いますが、その場合は構造計算により適切な補強が必要なのでしょうか?

  • 基礎の防水

    住宅の基礎工事の防水について教えてください。 建築する辺りは、川も近く、地下には水が沸いて出てくるような場所です。 施工側の話では、基礎には十分の防水対策をするとのこと。 当初、基礎の地下ピット周りにシート防水を施すよう聞いていたのですが、仕様書を見る限り、ゴムアスファルト系塗膜防水となっていました。 素人なのでピンときませんが、水の浸入だけは避けたいので、ご意見伺えたらと思います。 建築するのはRC造です。