• ベストアンサー
  • 困ってます

住宅の基礎について 

初めて質問いたします、この度家を建て直す計画をしているのですが 相談したい内容ですが、以前有った家を壊し新しく家を建て替えるのですが、前面道路が傾斜が有り土地も傾斜しており、家を新しくする時は高い方に合わせて基礎を高くする予定です。そこで気になった事ですが 工務店の基礎図面によると今ある地盤から 1m60cmの基礎をする予定ですが(基礎の上まで) 鉄筋のピッチコンクリートの厚さが気になります。図面では立ち上りの幅150mm 鉄筋ピッチ D13 横 200ピッチ 縦D10 200ピッチ べた基礎なので 下の部分 厚さ150 D13 250ピッチとありますこのような基礎で問題は無いのでしょうか? 担当の方に尋ねると以前もこのような基礎をしたことが有るようですが 本当に大丈夫なのか気になります 地盤検査の結果 3t ?有るみたいです 当方初めての新築になり シビアになりすぎでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数725
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

3t → 30kN   べた基礎可、底盤 T=120mm以上 、配筋 D10 @300 これが最低基準だと思います。 これからみると問題ない設計のような気がしますが。これは木造の構造計算書の本にかかれている内容です。ただし このような底盤の厚さは現実的には適合しないと思います。これらは底盤がまっ平らと思っているひとの考えです。 鉄筋コンクリ-トの底型枠のようなものでも、やりにくいのですので。なぜなら、コンクリ-ト上、下面から鉄筋位置が内部にきます。鉄筋高差もおきます。D10 ダブル上下 10*4=40 かぶり厚30+20=50 120-(50+40)=30 鉄筋間 10*2.5=25 骨材 25以上 計算残5mm となります。通常はビル物の土間コンも150mmが普通です。いろいろ気にされてたてられたほうが良いと思います。ただ今回地震被害建物 木造住宅を解体する工事の現場管理をしているのですが、神戸の地震の前の建物もあり その後の建物もあるようです。これから住宅をたてられるわけですから、建物の壁量等は確認審査を受けられるので問題 ないと思います。今回の地震のような巨大地震は半端な現象ではありません。弱いところがあればそこがやられます。 建物を支える地盤が盛土と切土の間にはさまるとその接合部の土が動く影響で建物に影響をおよぼします。 片側が下がったりします。叉建物の敷地の擁壁部分もしっかりした施工になっていないと、一部破壊され、土が流動します。 それによって建物がかたむいたりします。おきをつけなされた方が良いと思います。もうひとつは基礎土台を基礎パッキンで支える工法です。これらはメ-カ-の基準が細かくさだめられています。安易に施工し基準通りに施工されないと、在来の基礎天端に土台をのせるよりひどい結果を生じるようです。これらは仕様基準がさだまっているものは同様だと考えております。 なぜならメ-カ-が長い期間をかけ実験しこれならだいじょうぶということで売り出しをかけているのでしょうから。 これらを無視すると、たとえば基礎パッキンが仕様通りなっていない建物をみてきたのですが、建物形状によっては土台がねじれ、ボルトのナットがとび建物が傾斜し、こわさなければならなくなったようです。住宅たてて3年半 退職金をつぎこんでたてた 希望のマイホ-ムが一瞬で崩壊  これが3.11の現実の木造り住宅の被害の一部です。これらは工務店さんの知識不足なようなきがします。たてた工務店さんはもう廃業したそうです。もちろん鉄筋コンクリ-トの建物 マンション、ホテル等も被害があり 修理等がされています。心配しすぎることはないと思いますよ。叉このコ-ナ-の回答者には一般のかたもいると思いますが、建築構造のプロもいるようなきがしますし、専門職 職人さんの親方、ビル物の現場管理をしている人もいると思いますが。 素人の方だけではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます 文面内容とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 住宅基礎の配筋について

    業者から来た図面では、以下のようになっています。 6M*7Mの住宅外周の基礎です。 立ち上がり部 巾120MM*350MM 横にD13が上下2本、 基礎梁部  巾200MM*450MM 横にD16が上下2本と真ん中にD13が1本 両者を貫通するタテ D13 が @200 基礎梁に土間(厚さ150MM)のD13@200が落とし込まれています。 すべての鉄筋にフックがありません。また、スターラップとかいうツナギの鉄筋もありません。 以上の断面、配筋で問題ありませんか。教えてください。 なお、地盤は良好とのことです。

  • 基礎の鉄筋について

    戸建ての提案を2社から示していただいています その中で基礎に関する提案内容が A社(従来工法)  べた基礎  立ち上がり厚み 150mm  基礎パッキン工法  鉄筋 縦・横筋共D13 @150 B社(2×4工法)  べた基礎  基礎パッキン工法  シングル筋 D13 @150  厚み 150mm となっています。 この表記方法の違いによって基礎の強度の違いはあるのでしょうか? また、 A社の担当は、鉄筋を縦横共にD13を使っていることから 通常の基礎より頑丈に施工しているとの説明がありましたが 井形に鉄筋を組んでいくときに短辺と長辺で鉄筋の太さが違うことは ないと思っているのですが私の思い違いでしょうか?

  • 建築基礎のこと教えて下さい

    自分で増築(4坪)しようと思っています。まずは基礎、べた基礎でやろうと思っています。鉄筋の太さ(10mm13mm)、ピッチ等を教えてください。地盤は粘土質で良いほうだと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

>シビアになりすぎでしょうか? なりすぎってことはないです(^^ が、要は信頼おける人、この人に任したっていう信頼に足る人への気持ちの問題が大きく作用していると思われます・・・ >担当の方に尋ねると以前もこのような基礎をしたことが有るようですが って担当の人ってどんな人??? 設計者ならその人が一番の頼りなんだから徹底して納得いくまで説明してもらって人を見るしかありません。 配筋の詳細を記しても、現場状況、建物うわものプランほかもっと重要な情報が欠落しているのですからそれ以前の問題かと・・・ >地盤検査の結果 3t ?有るみたいです 地耐力3t?て・・・もう最低要件だし・・・傾斜地どこのレベル、深さでの話? 欠陥住宅になるぎりぎりの数値ですから、責任を持てる者、保証体制をよくよく契約内容で確認しておく必要があります。もちろん経営状況も。(将来長期に渡って存続し得る業者でないと意味がないですから)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • 3711710
  • ベストアンサー率13% (109/805)

もう一度回答すいません。 ベタ基礎を支える地盤面はおそらく水平なのでしょうか? 水平にするため、盛り土が必要になり 盛り土部分の布の配筋でしたなら、横方向を太くするのが 通例ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 3711710
  • ベストアンサー率13% (109/805)

コンクリートの実際の完成、出来の高さがべたの広いコンクリートの 底面からか上端(表面)からにしても、1.5Mは「中」程度の高さですね。 記事中の横筋と縦筋が逆だといいですがね。縦をD13でピッチ200。 また1.5M部分に接合されている布部、いわば土台を載せるために直角 にコンクリートを打つ基礎があればあるほど強いものです。追加的に、 業者にも提案していただき、安全策として縦のピッチを150にしても、 お金はそんなにかかりません。 余計な話ですが、コンクリートの流動性のため、現場でミキサー車に 水を入れることがないか?監理者さんにみていただきましょう。お酒 に水を入れると同じでして、強度が凄く落ちますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答誠にありがとうございます 地盤面は大体、平らです 鉄筋縦方向もD13と言うことで工務店サイドに確認してみます 一生に一度しかない機会だと思いますので後悔しないようにしたいと思います ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 木造の基礎大丈夫かな?

    木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、べた基礎です。 ヒール基礎では、ありません。 地盤は、杭工事がしてあります。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 鉄筋ですが、立ち上がり、耐圧盤共に、D10@300で、シングルです。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 法的には問題ないのでしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。 近くに別の建築屋さんの新築現場があちらこちらにあるのですが、すべて地盤は、杭工事がしてあり、べた基礎で、耐圧盤、立ち上がり共に、D13で@150~@200でした。スラブがダブルの所もありました。 同じ木造2階建で、私の所は、立ち上がり、スラブ共に、D10で@300。 比べると、とても心配です。

  • 基礎 配筋

    基礎の配筋を確認したところ、給・排水配管に鉄筋が干渉する箇所があり、配管との干渉を避けるため、鉄筋(D13)が家の中間ぐらいから外側に向かって約100mm(外側の最大ズレ巾)ずれて斜めに組んである箇所があります。当然その部分については図面の200mmピッチは守れず、100mm+200mmで300mmになっています。若干鉄筋も曲がっているようにも見えます。個人的には鉄筋を斜めに組んで干渉を避けるのではなく給・排水配管と干渉しない箇所に鉄筋を追加したほうがいいと思うのですが、業者さんは問題ないと言うのです。本当に問題ないのでしょうか?

  • べた基礎について

    はじめまして。家を建てる為に先日、べた基礎を行いました。コンクリートで固めましたが部屋の部分のあたりに鉄筋が何本か見えていました。ハウスメーカーに聞いた所、基礎をつくる業者に渡した配筋図面と地盤調査後に設計士が渡した配筋図面が違っていた為、いらない鉄筋があったので削って取ろうとしたがとれなかったのでそのまま残ってしまったと言っていました。構造には問題はないと言っていましたが、資料をみせられた訳ではないので不安になってきました。このような場合、コンクリートをとって鉄筋の配筋からやってもらった方がいいのかそれとも、このくらいのミスはよくある事なのか教えてください。それと基礎の平らな場所に山みたいな盛り上がりがあるのですがそれも平気なのか教えてください。

  • 構造図の基礎コンクリート、鉄筋配筋図の読み方

    構造図の屋上基礎図面(コンクリート基礎の断面図)で 「D13@100D.C(フック付)」との表記があるのですが、読み方と施工方法が分かりません・・。。 この D.Cというのはどのような意味なのでしょうか? (屋上に室外機を設置するため、新しくあご付の基礎を設置します。 図面上では、基礎の上端部分の配筋(あご付近)に記入があります) この場合・・ (1)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、且つダブル巻きで配筋をすることになるのでしょうか (2)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、ダブル配筋として上下に配筋することになるのでしょうか (立面の断面図には上筋しか書いてありません・・) 表記が基礎立ち上がり部分の「あご」の部分にこのように記入がある ので・・あご部分だけを指しているのかも分かりません。。 一般的には D.C とは なんと読みますか? また、その施工方法もご教示下さいませ。。

  • 基礎工事直前での立ち上がり基礎幅の変更

    教えてください。 新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、現在、基礎工事に取り掛かっている段階です。 次の日より基礎のベースの外枠組み及びベースの鉄筋組みを行なう予定となっていました。 そこで、問題が発生しました。 打ち合わせの段階で私が営業の方に確認しなかったのが、そもそも良くないのですが、基礎の立ち上がり幅(高さではありません)120mmが標準だと言うことが分かり、急遽オプションで150mmへ変更してもらうことになりました。 そこで質問です。 (1)次の日にベース基礎が行なわれる段階で基礎の立ち上がり幅を急所変更しても、基礎の強度など、問題はないのでしょうか? 業者は120mmの予定で準備していますので、150mmに変更すればそれなりに再度準備し直す必要があるのでしょうか? (2)変更による請求金額です。 業者からの請求金額が10万円との提示がありました。 通常、基礎幅を120から150mmに変更する程度であれば、10万円は高すぎるような気がします。 営業の方に聞いたところ、図面の変更等があり、この位はかかるとの返答を頂きました。 この請求金額は妥当なのでしょうか? 以上2点の質問です。 よろしくお願いします。

  • 基礎の仕様について

    木造在来工法2階建てで、外壁サイディング、屋根ガルバの建物で 基礎の標準仕様が 構造: 鉄筋コンクリート造ベタ基礎(防湿シート) 配筋: D13 200mmピッチ(主筋、ベース筋) 耐圧盤: 厚み150mm 立ち上がり: 巾120mm 高さGL+400 最大スパン4m以下 地盤が5t以上としてこの基礎でOKでしょうか?

  • 【至急】基礎の鉄筋に油がついています

    新築の基礎を行っているところです。 現在は、べた基礎部分をコン打ちし、今週中にも立ち上がり部分の打設が行われる予定です。 べた基礎部分から出ている鉄筋は出来上がっているんですが、タイトルの通り鉄筋に油がついている箇所が多く見られます。 特にコーナー部分に多くついています。 業者に質問しても大丈夫としか言わないんですがこのままコンクリートを打設しても大丈夫でしょうか?

  • 高い基礎になってしまいます

    高い基礎になってしまいます 現在傾斜地で、少し掘ると安定地盤が現れるようなところです 浅いところでは300、深いところで1,200も掘れば十分 安定地盤は平坦なレベルが出ているようです 家は木造平屋8mx8m 板金屋根ですから随分軽い造りです 道路までの距離は5mほどで 道路はGL-1,000です ようするに勾配を付けて植栽しようと考えています 設計GLは安定地盤より1,000あるため基礎が背高のっぽになります 基礎高さ1,500です ここで質問です 高基礎にして盛り土をするのと地盤改良してベタ基礎でいくのと どちらがいいでしょうか? もしくは何かいい方法がありましたらご伝授ください

  • 地鎮祭後の挨拶 住宅基礎 2質問

    いつもお世話になってます。 1 いよいよ地鎮祭を迎えますが地鎮祭後施工業者と私で挨拶回りをする事になったのですが私は簡単な洗剤セットで施工業者は石鹸らしいです。 私からと施工業者から21個づつお渡しするのは別におかしくないでしょうか?また挨拶時はどの様な言葉を言えば良いのでしょうか?お教下さい。 2 述床55坪インナーガレージの家を新築するのですが地盤調査の結果改良必要はいらなく布基礎で大丈夫と言われたのですが私としては何となくべた基礎にしたいのですが布基礎からべた基礎にすると一般的にどれくらいの金額が上がりますでしょうか?是非お教下さい。

  • 基礎 杭工事の必要性について

    新築の家を建てようと考えており、基礎杭について 地盤調査をうけました。 本工事は、工務店から地盤工事会社へ外注になっています。その結果、地表から2mの所で少し硬い地盤と10m以上深くで硬い地盤にたどりついたそうです。 しかし、工務店の話しでは、「10m分の深さであれば保障付きで工事をします。もし短い方で工事をするならば保障はしません。」と言われました。 杭の長短とその保障について、詳しい説明を求めたのですが、「どうするかは?施主の判断です。」の一点張りです。 べた基礎の下にある杭の長短でどのように変わるのか教えていただきたいと考えています。 素人考えでは、べた基礎さえしっかりしていれば家が壊れる事は少ないように思うのですが・・・・ また工務店が主張する保障の有無は?どのようなことでしょうか?