• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ベタ基礎スラブの配筋設計・人通口は4辺固定になりますか?

ベタ基礎スラブの配筋の設計で、4辺固定になるか3辺固定になるかで悩んでいます。 立ち上がり基礎に補強した人通口を設けた場合、その立ち上がり基礎は固定された1辺と見なされるでしょうか。 補強するのだから固定されている? それとも3辺固定? はたまた人通口のある辺は無視し、最大の長さの4辺固定で設計すべきでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4513
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 ベタ基礎設計の原則として、布の立ち上がりのある基礎梁部分は固定となります。 開口の部分は、土間テラス等の止まりと同じように土間コンクリートの厚さと高さを増し、布基礎同様の主筋配筋補強されていなければ、固定とみなすことが出来ません。 一応、判断の参考にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >布基礎同様の主筋配筋補強 されていません。人通口としての配筋補強だけです。 この場合は4辺固定にならないようですね。 開口のある基礎梁を『固定されていない1辺』として考えればいいのでしょうか。もちろん補強はします。 感覚的には開口のある基礎梁は無視し最大寸法で設計するべきだとは思うのですが、 それだと人通口の性質上ほぼスラブ1枚で配筋設計することになってしまい厳しいです。

関連するQ&A

  • 基礎配筋における建築基準法って・・・

    いつもお世話になっております。 教えてください。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。 立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。 人通口付近の配筋についてです。 連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。 その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。 配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。 たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。 工事監理の方に上記の事項を報告しました。 その回答は以下のとおりです。 ・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。 ・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。 ・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。 だそうです。 その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。 これって、普通ですか?

  • 住宅基礎の人通口について

    現在、一戸建ての建築中で、基礎の配筋作業をして頂いておりますが、 人通口部分の施工について疑問に思ったことがあり質問させて頂きます。 (1)基礎(べた基礎)形状について   一箇所の点検口から家全体の基礎内部を点検する計画  となっているため、基礎のあらゆるところに人通口があり、  基礎の立上り部は連続することなく全体的に半島形状と  なっています。   基礎内部を点検するとなるとこのような半島形状になるのは  やむをえないという気もしますが、全体的にこのような形状と  なっているのは通常の(特殊でない)状態でしょうか。 (2)人通口の幅について   施工状況を見ると人通口(開口)部で鉄筋の芯々が900mm程度  であり、コンクリート打設後で人通口幅が750mm程度になりそうです。  「性能保証機構標準仕様」や住宅金融支援機構の「木造住宅工事  仕様書」では人通口幅が600mm以下となっていますが、現状で  問題ないのでしょうか。 (3)人通口部の鉄筋補強について  上記仕様書をみると、人通口部は立上り端部及びスラブ筋の補強が 必要であると書いてあります。  現状では、立上り端部にL型の鉄筋を添えている程度ですが、 強度的に問題ないのでしょうか。 アドバイスの程、宜しくお願い致します。

  • 基礎の設計について

    初めて基礎の設計をしています。 「横架材及び基礎のスパン表」を参考に検討しています。 防湿ベタ基礎で、スラブ配筋、開口部直下の補強筋までは、なんとか進めることができたのですが、「水平荷重時 基礎梁の検討」の項目でつまづいてしまっています。 ○「建物隅部の配筋表」には、壁高2.7m以下の表がありますが、2.7m以上の場合はどうしたらいいのか? ○「壁長さ」とはどこまでのことか?耐力壁が構造用合板のばあいは、隅部から開口部までの長さが3.64mや4.55mと長くなるが、どのように考えたらいいのか?  わかり難い文面で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

補足について 床スラブ厚及び布基礎梁寸法等の詳細が分かりませんが、木造2階建の標準仕様と判断して下記の仕様とすれば固定梁とみなす事が出来ます。 床スラブ上端を基準 開口幅2mとして 開口床梁断面寸法300×300 上下主筋 2-D13 ST-D10@200~150 とすれば開口部分を固定端として計算できます。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 基礎の人通口について

    人通口について教えてください。 建築中の自宅をチェックしていると、基礎の人通口がなく、 点検でも もぐれない箇所があることに気づきました。 下に情報をまとめますと、  ・基礎はべた基礎(ベース部下に防湿シートを敷設済み)  ・床下断熱で、基礎通気パッキンを設置済み  ・960mm×1820mm(約1畳分)の広さの、    四方向を立ち上がりに囲まれた箇所がある    (その部分は床が張られると床下にもぐれなくなる。)  ・そこは、人通口もなければ水抜きスリーブもない  ・そこは、外壁に面しておらず、    外壁から1820mm離れた内陸部(?)にある  ・狭いスペースのためか、その下には床束も設置しない設計  ・その上は、小さな廊下+階段の上がりだし3段となる部分  ・土台は105mm角、大引は90mm角@910  ・床は根太レス合板24mm  ・合板の上にはPB9.5mm+床仕上げ材20mm 上記のような条件のもと、質問は下記です。  1.もぐれない箇所を設計することは一般的なことか  2.もぐれない箇所があることの考えられる問題点    (メンテナンスなど長いスパンの視点も含む)  3.問題があるとすると、事前にできる対策    (現在、大引・断熱材・床合板は未施工の状態) また、ご意見として伺いたいのは、下記のとおりです。  4.もぐれない1畳程度の箇所に床束を設置してもらうべきか否か  5.大引のスパンを@455にしてもらうことへの賛否    (床鳴り等の修正ができないことの対策として) 設計士に問題ないか質問しても、本人も人通口を設けなかったことを後悔しているのか、明確な回答を得られません。 皆様のご意見をお伺いしたく、よろしくお願いいたします。

  • 配筋ミスへの対応

    木造在来工法で一戸建てを新築中です。 現在基礎工事(ベタ)をしていますが、設計士のミスで本図面上、リビングと対面キッチンの境の壁位置が、打ち合わせよりも15センチずれていたことが突如判明しました。 すでにベースのコンクリートが打ち終わり、配金も立ち上がってしまっているので、問題の箇所は、間違っている配筋をそのまま残し、本来の位置に差し筋(?)をしてW配筋とし、構造計算を再度行って対応します。構造上特に問題はありません。 とのHMの説明だったのですが、正直いって素人にはよくわかりません。設計部門の上司がでてきて、謝罪されて、事の重大さに気づいた有様で・・・。 これでほんとうに問題はないのでしょうか?どなたか教えてください!!

  • 基礎の立ち上がり配筋の施工方法について

    基礎の立ち上がり配筋の施工方法について教えてください 基礎にはL型やT型のコーナが必ずありますが、この部分の主筋をコーナ筋で定着させる配筋工事まで進んでいます そこで、主筋とコーナ筋の太さが違う配筋を使用し、主筋とコーナ筋を定着させる配筋工事方法はどんな問題点があるのでしょうか?もしくは全く問題ないのでしょうか? 建築種別:軽量鉄骨の2階建て(一戸建て) 基礎種別:布基礎 主筋:D19 コーナ筋:D13 継手方法:重ね継手 重ね継手の長さ:各コーナ毎に50cm程度

  • 柱の下に人通口を取ってしまいました。対処法について

    建設会社の下請けで図面や申請を行っており 基礎伏は建設会社の方で書いているのですが 建設会社から、柱の下に人通口をとってしまい、基礎の立ち上がりが無いんだけど大丈夫?と言われました。 中間検査までにどのような対応をとればよいですか?

  • ベタ基礎の配筋

    お世話になります。 最近では一般的になっているベタ基礎の配筋について質問いたします。 1 スラブ筋について シングル配筋の場合の端部処理の仕方です。スラブ筋の端部は、立ち上がり部の横筋(主筋など)にフックにして引っ掛ける。または、90度に曲げて下方向に縦筋などに定着(定着長は?)する。もしくは、そのまま何もせずに配筋。  スラブ厚150mmの時のスラブ筋の位置ですが、60mmのサイコロ状のものを置きますが、これで土被りは問題ないですが、配筋のしかたとしては、スラブ上に近い側に配筋するのがいいように思うのですがいかがでしょうか。 2 継手位置 最近は加工済の鉄筋が多いようですが、加工や運搬を考慮してなのか継手位置のことは考えていないようです。つまり主筋などの継手部位置が上下とも同じ場所に集中しますが、補強筋を入れれば問題はないのでしょうか。 3 縦筋の定着 縦筋を断面で見ると、基礎上からペンで書くと 上→下→横→斜め→横 のような絵柄になると思います。この最後の横の部分なのですが、ちょうどスラブ筋と同じレベルに位置すると思います。この部分の定着40dは必要なのでしょうか。それとも、スラブ筋とは別に考えるため特に40dは必要ないとかんがえるのでしょうか。 4 ベタ基礎内部の立ち上がり部 縦筋の下部の端部の処理のしかたなのですが、もちろん90度に曲げてスラブ内部に配筋されることになりますが、この90度に曲げたところからの端部の定着長の決めはあるのでしょうか。 以上4点の回答、参考文献などをお待ちいたします。

  • 配筋の立ち上がり部切断について教えてください。

    1階玄関アプローチ部(2階はベランダ)の基礎(コンクリートで固めた後)が図面より突起していることに気付きました。建築業者へ指摘すると、後から切断(100mm)し修正されました。配筋の立ち上がり部(5本)も同時に切断されおり、その旨業者へ指摘すると、玄関外アプローチ部で強度的には問題ないので大丈夫との回答でしたが、本当に大丈夫でしょうか。その上部はバルコニー部(2730*1820mm)の柱の片側1本(全2本中)が、配筋立ち上がり部切断後の基礎に乗ります。 明日から工事が進んで行くので、回答をすごく急いでおります。よろしくお願いいたします。

  • べた基礎の人通口の配置について

     設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。  ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。  先生方どうぞよろしくご教授ください。

  • 瑕疵担保のおける基礎配筋について

    瑕疵担保責任保険の基礎配筋について質問です。 弊社の地域は積雪200cmの区域で雪下ろしを条件に150cmまで低減でき、 この場合、木造2階建ての住宅で、まもりすまい設計基準のスパン表より 軽い住宅の短辺3.0以下の条件でスラブ厚150 D13@200シングルの配筋となるのですが、 同じ地域に建設した とある個人工務店の配筋はD10@300シングルで検査を通った との話を聞きました。 地耐力などから構造計算してもここまでの鉄筋にはならないでしょうし、不思議でならないです。 この個人工務店は、実際に検査は受けていないのかもしれませんが、どなたかこのような配筋にできる方法を知っていらっしゃる方、ご教授お願いいたします

  • べた基礎のスラブの配筋

    3階戸建で べた基礎(スラブは短辺、長辺ともD10@200 ダブル) なんですが、公庫基準(?)ではスラブの配筋についてD13とされていますよね? 構造計算書でD10@200ダブルで計算済であるのですが これは中間検査時(配筋検査)問題ないのですか?もちろん設計図面も計算書にあわせてD10で書かれていて、確認は通っています。

  • 住宅建設で基礎の配筋について

    住宅建設で基礎の配筋について 先ほど、自宅の建設現場を見てきました。 1)地盤の上にシートが敷いてあって、その上の配筋についての疑問なのですが、   水周り部分に排水管らしきものが立ち上がっているのですが、その配管の部分だけ   他よりも配筋が10cmほど盛り上がった状態でした   他の水平になっている配筋のレベルより排水管の水平部分が高くなっているので   その上に配筋しているため、盛り上がっている状態です   これって、水平になった排水管への配筋の負荷は問題ないのでしょうか   配筋の強度についても問題はないものでしょうか 2)排水管の立ち上がりが、お風呂場の位置にはありませんでしたが   これは隣の脱衣所の洗濯機や洗面台の排水と一緒にしているということなんでしょうか   キッチンには他と同じサイズとは別にすぐそばに小さめの排水管が立ち上がっていましたが   これってなんなのでしょうか お分かりの方がいらっしゃたら、教えていただけたらと思います よろしくお願いします