• ベストアンサー
  • 困ってます

住宅ローン控除と住民税

前年分の所得税において控除し切れなかった金額は翌年度の住民税で控除されるとのことですが、 自分の場合、算出式(参考:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/090929.html)に当てはめると 個人住民税の住宅ローン控除額(A)=所得税における住宅ローン控除可能額-住宅ローン控除適用前の前年の所得税額 A=248800円-109200円=139600円 となります。 しかし、上記式で算出された控除額が「前年分の所得税の課税総所得金額等の5%(97500円を限度)(B)を超えた場合には、控除額は(B)の金額になります、とありました。 とすると、自分の場合は住民税の控除額は97500円となるのでしょうか? 約4万円は戻ってこないことになるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数743
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • mongaf
  • ベストアンサー率72% (8/11)

すでに回答にある通り住民税からの控除額は97500円となります。 なぜそうなるのか説明したいと思います。 所得税率は税源移譲前(平成18年以前)とそれ以後では異なっています。 (質問者さんの場合は課税所得330万円以下と思われますのでそれについて例示します) ・平成18年以前の所得税率(課税所得×10%) あなたの所得税は、206700円になると思います。 ・税源移譲後の所得税率(課税所得×10%-97500円) あなたの所得税は、109200円 どちらの場合も住宅ローン控除可能額が所得税額を上回っていますので、支払う所得税額は0円となります。 すると、税源移譲前は206700円の控除が受けられていたのに、税源移譲後は109200円しか控除が受けられなくなり、差額97500円の負担増になってしまうので救済措置としてその分を住民税から控除することになるのです。 住宅ローン控除は、あくまで所得税を対象としたものです。それが税源移譲によって(所得税が低くなったことによって)負担増になる人が出てしまうために、その分を住民税から控除する措置がされているのです。 ただ、税源移譲前でも所得税額を住宅ローン控除可能額が上回っているからといって、その分(約4万円)が支給されたり、住民税から控除されることはありませんでした。(極端な話、所得税がもともと0円の人は住宅ローン控除可能額がいくらあろうと、控除される額は0円となります。) 要するに税源移譲前の所得税額以上の控除は受けられないというのがポイントです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございました。 よくわかりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • 86tarou
  • ベストアンサー率40% (5094/12700)

とすると、自分の場合は住民税の控除額は97500円となるのでしょうか?> そうです。 約4万円は戻ってこないことになるのでしょうか? > 住宅借入金等特別控除は所得税の税額控除なので、所得税の範囲でしか控除出来ません(税金がプラスにはなり得ない)。なので、払ってない源泉所得税に関して戻るなんてことはないのです。元々、所得税から税源移譲で住民税に振り分けられた分ですから、税源移譲以前でも所得税から引き切れなかった分なのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうすよね。払っていない分がもらえるわけないですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>自分の場合は住民税の控除額は97500円となるのでしょうか? 約4万円は戻ってこないことになるのでしょうか? そのとおりです。 もともと、住民税にはローン控除がありませんでした。 平成19年に大幅な税制改正があり、所得税が少なくなりその分住民税が多くなりました。 その結果、今まで所得税から控除できた分ができなくなる人が出てきたため、その分を住民税からも控除できるようになったという経緯があります。 税制改正後の平成19年、20年の入居の場合は住民税からの控除はできませんでした。 しかし、不況の経済対策の一環として、平成21年入居からは住民税の控除ができるようになりました。 なので、住民税からの控除がない人もいるんですから、控除があるだけでもラッキーて思えばいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今までの経緯説明いただきありがとうございました。 ラッキーと思うことにします。

  • 回答No.1

質問者様のおっしゃるとおり、住民税からの控除は97500円になり 控除できない控除可能額が4万円程度出ることになります。 もともと、住民税からの控除は税源移譲に伴う措置なので、 税源移譲で所得税額が減った以上には 控除されないような制度になっています。 要は質問者様の場合税源移譲前であっても 引ききれない控除可能額が出ていたということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりそうなのですね。 ちょっと残念ですけど仕方のないことですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住民税と住宅ローン控除について

    「平成24年度 給与所得に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書」についてです。 平成23年度と比べると、住民税が月額で10000円近く上がっていたのに驚き質問させて頂きました。 質問1ー  年収がいくらぐらいから税率が変わる境界となるのでしょうか?  税率の区分と大まかな支払額を教えて頂ければ大変参考になります。ちなみに世帯構成は世帯主の自分と専業主婦の妻、8歳と4歳の子です。年収は約700万です。 質問2ー  復興財源として、所得税が上がったと記憶していますが、これは地方税に対してどの程度(具体的な金額)の影響を及ぼしているのでしょうか? 質問3ー  住宅ローン控除の適用を受けていまして、所得税から受けられる分での還付を満額で受け、それでも足りない分を住民税(地方税)から、こちらも上限の97500円(でしたでしょうか)の控除を受けております。  この住民税の控除は所得税と違い、いったん払ったものが戻ってくるものではなく、先に97500円÷12ヶ月=8125円という額が、月額で支払う分が少なくなっているという解釈でよろしいのでしょうか?  逆を言えば、今、月額で24000円くらいを支払っている地方税は住宅ローン控除を受けていなければ、32000円くらいの支払いとなるということなのでしょうか? 質問4ー  冒頭の通知書に記載の「住宅借入金等特別税額控除額」の市と県を合わせた金額が、81600円のようですが、これは上限である97500円は控除されておらず、自分の場合は何らかの事情により住民税は81600円止まりの控除となっているということなのでしょうか?  ただ自分の場合は、平成23年度6月から還付を受けておりまして、控除率は1.0%で、住宅ローン残高から単純計算しても37万近くは上限があると思います。確か10年間控除率は低下しない記憶がありますが、ここに勘違いがあるのでしょうか?   質問5ー   以上をまとめ終えた後、ノートのメモ書きに住民税より最大で97500円まで(※ただし「課税所得の5%まで」)とあったのを見つけました。これはどういった意味合いでしょうか?  となれば、控除率は1.0%で間違いないですが、課税所得の5%までの方の縛りを受けての81600円となっているのでしょうか?  いずれにしても控除を申請をした初年度では、住民税からも確かに97500円の控除を受けておりこの辺りが良くわかりません。つまりはこれも年収が増加したことが関係しているのでしょうか? 質問が多く、また質問も下手なので大変申し訳ないのですが、どなたかわかるものだけでも構いませんので教えて頂けますと大変勉強になります。 よろしくお願い致します。

  • 住民税における住宅ローン控除について

    住民税における住宅ローン控除の金額と還付について教えてください。 (1) 私は、昨年(平成22年)、住宅を購入し、住宅ローン控除のための手続きを致しました。 そのため、所得税については住宅ローン控除の還付を受けることができました。 その金額は、給与所得控除後の金額-所得控除の額(以下、(A)といいます。)の合計額が195万円以下だったため、還付金は(A)の5%の8万4400円でした。 他方、住民税における住宅ローン控除の金額は、(A)の5%(最高9万7500円)か、所得税で控除できなかった分の低い方の金額とありました。 住宅ローンは3000万以上ありますので、所得税で控除しきれないということはないと思います。 そのため、住民税における住宅ローン控除の金額も、(A)の5%の8万4400円かと思ったのですが、 市民税・県民税特別徴収税額通知書には8万3550円とありました。 大きな差ではないのですが、どうして8万4400円ではないのか教えて頂けないでしょうか。 (2) また、還付は、今年6月から来年5月の毎月に、8万3550円の12分の1(6962.5円)ずつ住民税額から減額されるという理解でよろしいのでしょうか? 6月の給与明細の住民税を確認したのですが、10400円とあり、先月5月の13200円と2800円しか減額されておらず、本当に1年間で8万3550円も減額されるのか心配になってしまいました。 お手数お掛け致しますが、ご存知の方がいらっしゃましたら 教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 住宅ローン控除 住民税ではどうなる?

    今年の住民税の明細をもらうと、所得税の一部が自治体(住民税)の徴収に振り返られ、昨年と比べると大幅に住民税が上がっています。それに対して所得税は今年から下がっています。 そこで、住宅ローン控除はもちろん上限はありますが、私のような低所得一般サラリーマンは年末調整でその年支払った税金の全てが返ってきます。 当り前のことですが、返ってくると言っても、税金を納めていない分までは返ってくるわけはなく、納めた分が少なければ自動的に返ってくる金額も少ないわけです。 しかし、今まで住民税では住宅ローン控除はありませんでしたので、もしも所得税から住民税に振り返られた分に住宅ローン控除が適用出来ないとなれば、納めている所得税が少なくなっているわけですから年末調整の返金は少なくなります。 実際のところ、所得税から住民税に振り返られた分に住宅ローン控除が適用されるのでしょうか?  結果として、住宅ローン控除に係るる実質的税負担(所得税+住民税)は増えることになるのでしょうか?

  • 住宅ローン控除 住民税の減額について

    住宅ローン控除について 所得税から控除しきれない部分は、住民税から最大で97500円(でしたよね)減額される これを12ヶ月で割ると ひと月8125円が住民税から減額されているというだいたいの考えでよろしいでしょうか? また住民税減額の区切りは、6月の給与から次の年の5月までですか? よろしくお願い致します。

  • 住宅ローン控除と住民税

    中々解らないので教えて頂けたらと思います。 夫婦共働きで夫のみ住宅ローン控除が有り、源泉徴収税額が0円になっています。 住民税の方も最高の97500円控除されているのですが、この場合確定申告で医療費控除を申告しても住民税はこれ以上減らないのでしょうか? 減らない場合は私(妻)の方で医療費控除をしようと思うのですが、住民税の算出方法が分からないので、分かりやすいHP等教えて頂けたら助かります。 よろしくお願いします。

  • 住宅ローン控除と住民税

    住宅ローン控除と住民税についてお聞かせ下さい。 マンション購入後、今年で2年目となります。 1年目は確定申告により、住宅ローン控除を行いました。 今年からは年末調整により住宅ローン控除を行なった結果、 以下の様になりました。 <結果>  ○平成20年8月から住居  ○源泉徴収票   源泉徴収税額:0円   住宅借入金等特別控除可能額:195500円  ○給与明細   所得税:-119029円   (※平成21年の1~12月の所得税が返還) 1年目の確定申告と比較すると、随分損をしている感があった為、 色々調べてみると、所得税だけではなく住民税からも控除が可能 ということがわかりました。 ですが、私が入居した時期はどうも控除対象外みたいな情報も あり、詳しい情報をお聞かせ願えればと思い、投稿させて頂きました。 以下に質問を記載しますので、ご回答の程、お願い致します。 (1)上記<結果>から住民税からの控除は可能でしょうか? (2)控除可能な場合、いくらぐらいでしょうか? (3)控除不可能の場合、年末調整ではなく、毎年確定申告をすれば  損をせずに済みますでしょうか? 以上、宜しくお願い致します。

  • 住民税と国民保険保険税(料)と住宅ローン控除

    以下の前提でお尋ねしたいことがあります。 自営業者で配偶者(総務・経理事務)を青色専従者にしている。 青色65万控除後の所得が約250万,専従者の給料として約290万,子ども2人(私の扶養)。(もろもろの控除をひいて)ざっくり計算した結果,私の所得税は数千円程度。しかし,住宅ローンの税額控除分が17万円ほどあり,この控除の恩恵をほとんど得られない。一方,専従者には所得税が6~7万(源泉で9万程度払っているので年末調整で2万ほど戻る),住民税は12~3万かかりそう。 ここからが質問です。 専従者の給与をもっと抑えれば(100~150万程度に),専従者の所得税,住民税を低くできます。一方,私の課税所得は増えますが,その分は住宅ローン控除で税額控除されるので,所得税だけで考えればこちらのほうが節税にはなります。但し,私にかかる住民税は増えるますが, 1)住宅ローン控除で所得税(150万程度増やしても所得税は7~8万で収まる)から税額控除できない(余った)額(まだ10万くらい残りそうです)を住民税から控除できるでしょうか(入居は平成16年です)。 2)また,こちらのほうが知りたいのですが,所得税から控除できなかった住宅ローン控除の残りを住民税から控除できたとして,国民保険税の計算基準となる課税所得は,住宅ローン控除前の所得でしょうか(住宅ローンは所得控除ではなく税額控除ですよね)。もし,そうであれば,ローン控除の17万程度を諦めて,わたしの課税所得額を低いまま申告するほうが国民保険税は安くなるのではと思っています(サラリーマンを辞めて独立した年に高い国民保健税で苦労しました)。

  • 住宅ローン控除の住民税からの控除について

    平成28年に住宅を購入し29年から住宅ローン控除を受けています。 令和2年分は所得税で控除しきれなかった分が5万円ほど住民税から差し引かれていました。 しかし、令和3年分を見ると住宅ローン控除が税額控除されていません。 令和2年の年末調整では控除可能額18万、控除額13万となっているので、住民税から残りの5万円ほどを税額控除できると思います。 私の認識は間違っているでしょうか。 控除期間に期限があるなどの見落としがないか、税金に詳しい方のご意見を頂ければと思います。 よろしくお願い致します。

  • 住宅ローン控除について

    住宅ローン控除についてお伺いします。 土地を購入し、家を建て、平成22年3月に居住したものです。 確定申告により住宅ローン控除を受けようとしています。 借入額の残額は3800万くらいです。 専業主婦の妻と子二人がいる会社員です。 還付金額は源泉徴収額と同額の15万くらいとでました。 実際は、もうちょっと多く戻ってくると思っていました。 イメージとしては、所得税と住民税分(所得金額の5%で上限が97500円)が戻ってくるものと思っていたので、今回の金額少なく思いました。 個人的な試算では20万~30万はもらえるのではなかと考えておりました。 来年度以降は年末調整にて控除が受けられると聞いておりますが、戻ってくるお金は今回の還付金額より増えるのでしょうか? またどのような仕組みとなっておりますか? 毎月所得税や住民税を支払ったものが年末に戻ってくるという考えでしょうか? なぜ今回の還付が少なく、来年度以降は増える(自分のイメージ通りとなる)のでしょうか? 見当違いのこと含まれるかもわかりませんが、分かりやすい回答を頂けますとうれしいです。 よろしくお願いいたします。

  • 住宅ローン控除で所得税が少なく控除仕切れなかった場合、住民税からも控除

    住宅ローン控除で所得税が少なく控除仕切れなかった場合、住民税からも控除が可能ですか? 住宅ローン控除の初年度で、所得税の確定申告はしましたが、住民税からも控除できるとは知らなく、確定申告の期限は過ぎていると思われますが、住民税の申請は受けうけてもらえるのでしょうか?ちなみに、住宅借入金等特別控除額が182,500円で所得税が66,500円です。