• 締切済み
  • すぐに回答を!

PCRについて質問があります。

 ある特定の遺伝子をサイバーグリーンを用いたqRT-PCRで定量したのですが、うまくいきませんでした。その遺伝子は、通常のPCRでは、ちゃんとシングルのバンドが強く検出できます。しかし、同じサンプルをサイバーグリーンを用いたqRT-PCRでやるとうまくいきません。しかし、スタンダートカーブとして使うPCR産物は、増幅可能という理解不能な結果が出ます。  プライマー、テンプレート、マグネシウムの濃度勾配も試しましたが、うまくいきませんでした。しかも、ハウスキーピングの遺伝子は、同じサンプル中で綺麗に定量できます。こうなると、違いは、プライマーのみとなりますが、どうしてこうなるのか、もうお手上げ気味です。なにか提案のある方がいらしゃればお願いします。

  • LMT
  • お礼率42% (14/33)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数2
  • 閲覧数528
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

通常のPCR時と同じプライマーですか?であれば、q-PCRのextensionが短すぎるとか。 通常のPCRと違うプライマーなら反応条件に合ってないのではないでしょうか?q-PCRにかけたサンプルを流してみてはどうですか?短くてもバンドが見えると思います。バンドがなければ反応がうまくいっていないし、バンドがあれば、サイバーの蛍光がちゃんと読めていないということでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

酵素が違うのですから反応性に差がでることは不思議ではありません。 スタンダードが引けるということは、サンプル中にターゲットのmRNA(cDNA)が発現していないか、発現していても発現量(鋳型DNA)が少なくて正確に立ち上がってこないということはありませんか? 後はスタンダートが本当に目的の遺伝子を増やしているのか、疑う必要もあるかもしれません。 どうしても解決しなければ、ここでの質問を締め切ったあとに「バイオテックフォーラム」で相談してみるといいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご解答ありがとうございます。 スタンダードが引けるということは、サンプル中にターゲットのmRNA(cDNA)が発現していないか、発現していても発現量(鋳型DNA)が少なくて正確に立ち上がってこないということはありませんか?  すいません。仰っている意味がよくわかりません。ただ、スタンダードは、ポジティブの組織から得られたcDNAで作ったPCR産物を使用しておりますが、同じプライマーを使用して、ある組織からのcDNAを使って通常のPCRでも、この目的遺伝子のポジティブの組織から得られたcDNAと同じよう強度で検出できます。つまり、質問にも明確に示しておりますが、かなり多く発現しております!!  それに、ネガティブの組織のcDNAには、何も検出されず、NoRTコントロールもきれいなネガティブコントロールとなっています。また、バンドのサイズもポジティブと比べて全く同じで、BLASTサーチでも、目的遺伝子のみ増幅する結果が出ています。ただ、シークエンスだけは、まだ行っていません。というのも、年末で、core facility が正月明けまでおかないので、できない状態です。  酵素が違うと言う指摘ですが、ハウスキーピングやほかの遺伝子は、同じサンプル中でも全く問題なく普通のPCR同様、サイバーグリーンでも検出可能です。ただ、この特定遺伝子のみ検出できません。それが、普通のPCRで検出できなければ、プライマーが悪いと結論付けることも簡単ですが、そうでないので、苦労しております。  特定の遺伝子配列で、サイバーグリーンの系が働かないという風に考えるのも、納得がいかないので、頭を悩ませているところです。

関連するQ&A

  • 定量PCRのスタンダード作製

    最近、リアルタイムPCRで増幅産物の定量を行うようになったのですが、 市販されているプライマーとスタンダードのセットでしか測定をしたことがありません。 自身でデザインしたプライマーで増幅した産物の定量を行いたい場合、 スタンダードはどのように作製したら良いのでしょうか? PCRの増幅産物をプラスミドにクローニングしてスタンダードを作製するようなことを読んだのですが、悲しいことに理解できずにおります。 また、塩基配列が判明している変異遺伝子やウイルス検出にあたり、手元に陽性コントロールとなるサンプルがないとスタンダードを作ることは無理でしょうか? 具体的な解説、初心者向けのおすすめ書籍・webサイト等がありましたら、教えてもらえないでしょうか。

  • 定量RT-PCRのスタンダードについて

    定量RT-PCRのスタンダードについて 抽出したプラスミドの濃度からコピー数を算出し、定量RT-PCRのスタンダードに用いています。 ただ濃度の測定したときの吸光度が低いので、測定誤差の影響が大きいように感じています(測定に用いている分光光度計は70μlキュベットしかなく、サンプルを10倍に希釈して測定しています)。 そこでプラスミドをM13プライマーでPCRをかけて、増幅産物をスタンダードに利用しようと思っています。 このような場合、何か注意点はありますでしょうか? やはり増幅産物の精製は必要でしょうか? またグリセロールストックの大腸菌に直接PCRをかけてスタンダードに用いるのは強引でしょうか? ご意見、アドバイスを頂けると助かります。

  • プライマーなしでのOverlap Extension PCRについて

    異なる遺伝子(PCR産物)を鋳型にしたPCRで、プライマーを付けずに伸長反応をさせることにより、異なる遺伝子をつなぎ合わせて、その後プライマーを入れてのPCR反応により、異なる遺伝子をつなげて増幅できると論文にありましたが、プラマーがないと異なる遺伝子が反応せずに残るのではないかという意見もありました。 このようなOverlap Extension PCR場合、サイクル数、プライマーの有無はどのようにすればよいのでしょか?

  • リアルタイムPCR コピー数のわかるテンプレートの作製について

    あるサイトカイン遺伝子の発現をリアルタイムPCRを用いて定量しようとしています。検出系はSYBRを考えており、TaqManもSYBRが無理なら考えています。 現在プライマーを作製して、感度を調べている段階なのですが、スタンダードカーブがうまくひけずに困っています。 コピー数のわかっているテンプレートをスタンダードに用いるとよい、とおそわったのですが、その方法について若干判らないところがあるので質問させていただきます。 方法は、PCR産物をプラスミドに組み込み、その濃度、分子量等からコピー数を求めるということでしたが、 コピー数の求め方がよくわかりません。 考え方を教えていただけたければ幸いです。

  • 2段階PCRについて

    少々汚いDNAを鋳型に用いてPCRをしています。 増えが悪いときに、PCR産物を鋳型に同じプライマーを用いて2段階PCRをすることで、ほとんどのサンプルが増幅してくれます。 それで、この結果を元に論文を書こうと思っているのですが、なぜ2段階PCRをすることでPCRの結果が改善するのかという引用文献が見つけられません。 2段階PCRは感度が良いと言われていますが、そうきちんと書いてある文献や、なぜ感度がよいのかを書いてある(議論している)文献をご存じの方、教えていただけませんでしょうか。

  • PCR産物

    ある特定遺伝子のmRNAをRT-PCRにより増幅します。 仮にですが、目的のmRNAの全長は1000bpで、逆転写反応後プライマーを用いて増幅させると500bpの産物が得られるとします。 その後ネガティブコントロールを行い、さらにF.W.のみとR.V.のみで反応を行います。 この結果(電気泳動パターン、産物の大きさ等)はどのようになると予想されますか?

  • RT-PCRトラブルシューティングとして

    こんにちわ。RT-PCRの初心者です。アドバイスを頂けたらと思います。 ある目的の遺伝子のmRNAを抽出してcDNA合成後、PCRで増幅してバンドを確認したいのですが、バンドが確認できません。 TRIZOLでの抽出及びキアゲン社のRNeasykitの両方で試しましたがうまくいきませんでした。OD260/280の値から見ると1.8-2.0で純度も悪くないと思います。そこから濃度計算しておよそ1μgほどをテンプレートとしています。RTにはキアゲン社のOneStepRT-PCRを使っています。 そこからPCR後に泳動するとバンドが確認できません。(ポジコンのサンプルです)違うサンプルではバンドが出ていたのでプライマーやアニーリングには問題が無いと思います。泳動も問題ないと思います。 そうなると抽出か分解かになると思うのですが・・。 自身で考えられることはしましたが改善できませんでした。 何か考えられる問題点とアドバイスをいただけたらよろしくお願いいたします。

  • PCRで複数のバンドがでます。

    初歩的な質問ですいません。 PCRをしています。PCR産物を電気泳動すると、複数のバンドがでます。なぜでしょうか? たとえば、100、200、300塩基の長さのバンドがでるとすると、これらはすべて、用いたプライマーによって増幅されたものなのでしょうか?それとも、プライマーの配列と完全に一致しなくても、このようなバンドがでるのでしょうか?

  • RT-PCRについて

    RT-PCRの質問です。 RNAからcDNAに逆転写するときに、Randam Primerと いうものがありますが、これってランダムにRNAに くっつくのですよね?だからいろんな長さのcDNAが できてしまうと思うのですが、Randam Primerを使っても 大丈夫でしょうか?Randam Primerの他に、オリゴdT Primer というのもありますが、どっちが逆転写に良いのでしょうか? あと、cDNAを増幅させるときのPCRで、遺伝子特異的な プライマーを使おうと思うのですが、1つのサンプルに センスとアンチセンスのプライマーを混ぜても大丈夫 なのでしょうか?あらかじめセンスとアンチセンスを 等量混ぜたプライマー液を作っといて、反応液に混ぜれば 良いのでしょうか?

  • PCR

    2本のプライマーで目的遺伝子をPCRしました. その後,得られたPCR産物のsequenceを確認したら,2本のプライマー間のsequenceには変異や塩基の欠落等はなかったのですが,それぞれのプライマーの部分に塩基の欠落がかなり見られました. プライマー間に変異があったとしたなら,間違って塩基を取り込んでしまったのだろうと考えられるのですが,プライマーの部分は購入したまんまの状態なので,業者のプライマー合成ミスということなのでしょうか? 当然プライマーの部分のsequenceがあっているものもありましたので,恐らく購入したプライマーは目的の1種類の配列だけではなくて,間違った配列のものも含まれていると考えられるのでしょうか? または違った理由で,この様なことが起こるのでしょうか?