• ベストアンサー
  • 困ってます

定量RT-PCRのスタンダードについて

定量RT-PCRのスタンダードについて 抽出したプラスミドの濃度からコピー数を算出し、定量RT-PCRのスタンダードに用いています。 ただ濃度の測定したときの吸光度が低いので、測定誤差の影響が大きいように感じています(測定に用いている分光光度計は70μlキュベットしかなく、サンプルを10倍に希釈して測定しています)。 そこでプラスミドをM13プライマーでPCRをかけて、増幅産物をスタンダードに利用しようと思っています。 このような場合、何か注意点はありますでしょうか? やはり増幅産物の精製は必要でしょうか? またグリセロールストックの大腸菌に直接PCRをかけてスタンダードに用いるのは強引でしょうか? ご意見、アドバイスを頂けると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数4
  • 閲覧数6316
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

よくわからないばかりで恐縮ですが、 質問者さんはどの程度qPCRをやってこられて勉強されていますか? どうも私と話が通じていない感がありあす。 qPCRではコントロールをどうおくかで相対定量になるか、絶対定量になるのか が決まります(というか、どっちをしたいかでコントロールを何にするか決めます)。 まず、見たいものがmRNAの発現量である場合、 絶対定量をするためには、自分で作成したmRNA(量をきちんと定量したもの)をコントロールとします。 そのRNAを目的mRNAと混ぜて逆転写反応を経てリアルタイムPCRを行なわなければなりません。 わかりますか? こうしないと、絶対定量は出来ないわけです。 なぜなら、目的mRNAの逆転写の効率とその後のPCRの効率をモニターしなければ 絶対定量出来ないからです。 上記の方法をやると、自分で作ったRNAは最初に量がわかっているわけですから、 それと比較して目的のmRNAの量がcopy数でわかる絶対定量になるわけです。 一方、mRNAの相対定量をするには、自分の複数のサンプルの中に同じ量含まれているであろう mRNAをコントロールとして設定します。この時、よく使われるのがハウスキーピング遺伝子です。 ハウスキーピング遺伝子の量をリアルタイムPCRで比較して同じくらいの量と確認するか、 量の違いを補正して確認し、その量と比較して相対的に目的遺伝子を発現量を定量します。 これが相対定量です。 これは典型例です。実際、質問者さんの実験系はよくわかりません。 想像で言いますが、目的遺伝子の量を比較する物差しとして プラスミドに組み込んだ目的遺伝子(加えた量を把握している)のPCRの増幅を使っているのでしょうか。 (これは正確には絶対定量ではないと思います) その場合、少なくとも反応系は同じでなければいけないと思います。 つまり、 反応液に、かたや目的遺伝子はDNAなりRNAを加えるのに、 プラスミド(コントロール)は大腸菌を加えるのであれば、 PCRの反応条件として全く違うことになりませんか? もう少しリアルタイムPCRで、実際自分は何をやっているのか 自分の目的を考えたときに、それであっているのか? 考えた方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々お答え頂き恐縮です。 何度も書いているつもりですが、質問の本題はプラスミドの精製と濃度測定についてご意見をお聞きしたかったのです。 たまたま抽出したプラスミドをリアルタイムPCRに利用する機会が多かったので、質問の文言に入れてしまいましたが、PCR反応云々についてお聞きしたいわけではありません。 言葉の定義等、非常に重要なのはよくわかります。 おそらく指導的な立場にいらっしゃる方ですよね。基本計画を重視してのご回答だったと思いますが、どうも話が伏線にそれてしまいますので、やりとりはこれで終了にしたいと思います。 最後に・・、 >反応液に、かたや目的遺伝子はDNAなりRNAを加えるのに、 >プラスミド(コントロール)は大腸菌を加えるのであれば、 >PCRの反応条件として全く違うことになりませんか? 当方に誤解を招く表現があったかもしれませんが、さすがにリアルタイムPCRのスタンダードに直接大腸菌は入れたりは致しません。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

よく混乱するので、私はReverse Transcription-PCRのことをRT-PCRと言い リアルタイムPCRは定量にしか使わないので、Quantitative PCR、qPCRと言います。 ちなみに(半)定量RT-PCRという方法もあるので(RTはReverse Transcription)、 なおさら混乱します。 それで、私も勘違いしていたみたいで、 質問者さんはリアルタイムPCRのことをおっしゃっていたのですね。 リアルタイムPCRにおいてのスタンダードと言っても、 自分の実験系でよく考えて選ぶ必要があります。 あず、目的ですが、 発現しているRNAの量を見たいのか? 存在するDNAの量を見たいのか? そして、絶対定量をしたいのか? 相対定量をしたいのか? これによって決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 当方が行っている反応系は、分子量が明確で分子量を算出することができるベクターに組み込んだ核酸分子を人為的に作製して、検量線からコピー数を求めているので、絶対定量になります。 目的はRNA(cDNA)、DNAどちらも候補としています。 ただ今回お聞きしたかったのはPCR反応系の内容ではなく、あくまでもクローニングで作成したプラスミドの効率的かつ正確な濃度測定方法です。 大腸菌グリセロールストックから培養を行い、プラスミドを抽出して濃度測定をする方法ではなくて、大腸菌に直接PCRを行い、挿入した核酸分子+αの領域を増幅したものを濃度測定に利用したいと思っています。 実験的には問題がなかったのですが、注意点等がありましたらアドバイスを頂きたく質問させてもらいました。

  • 回答No.2
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

イメージできないことがあります。 通常、組織や細胞に発現している遺伝子を定量RT-PCR(この場合半定量ですが)で発現量等を比較する場合、 細胞数や組織量のトータルが同じであるということを、 ハウスキーピング(どの細胞も発現虜が同じだろうと思われる遺伝子)などのバンドが同じように出る条件下で 目的遺伝子のバンドの濃さを比較するという作業かと思います。 そこにきて、 >ターゲットはヒトで、House Keeping GeneやCancer Marker ということと、 >スタンダード作成に「グリセロールストック大腸菌の培養→プラスミド抽出→DNA濃度測定→コピー数算出 この2つのことが、私の中でリンクできません。 どういうことでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 表現がわかりにくく、申し訳ありません。 ハウスキーピングや目的遺伝子の定量時に、予定増幅産物の塩基配列を挿入したプラスミドの希釈系列をスタンダードとしてコピー数(copy/μl)を求めています。 最終的にハウスキーピングと目的遺伝子の比による値補正を行っていますが、測定はあくまでもプラスミドのコピー数を基準に求めています。 今回お聞きしたいことは定量時に用いるプラスミドの濃度を簡便にかつ正確に求める方法になります。 当方の施設では電気泳動による濃度測定は目視でしか行えず概算値となるため、比色による数値データが理想です。

  • 回答No.1
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

何に発現している遺伝子で、どのような方法で 定量RT-PCRをしようとしていらっしゃるか書いた方がいいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 ターゲットはヒトで、House Keeping GeneやCancer MarkerをSYBR Green系で検出しています。 またVirusの定量も行っています。 現在はスタンダード作成に「グリセロールストック大腸菌の培養→プラスミド抽出→DNA濃度測定→コピー数算出」としています。 可能であれば「グリセロールストック大腸菌のM13によるPCR→DNA濃度測定→コピー数算出」にしたいと考えています。 一般論・経験論等、ご意見を聞かせて頂けると幸いです。

関連するQ&A

  • 定量PCRのスタンダード作製

    最近、リアルタイムPCRで増幅産物の定量を行うようになったのですが、 市販されているプライマーとスタンダードのセットでしか測定をしたことがありません。 自身でデザインしたプライマーで増幅した産物の定量を行いたい場合、 スタンダードはどのように作製したら良いのでしょうか? PCRの増幅産物をプラスミドにクローニングしてスタンダードを作製するようなことを読んだのですが、悲しいことに理解できずにおります。 また、塩基配列が判明している変異遺伝子やウイルス検出にあたり、手元に陽性コントロールとなるサンプルがないとスタンダードを作ることは無理でしょうか? 具体的な解説、初心者向けのおすすめ書籍・webサイト等がありましたら、教えてもらえないでしょうか。

  • cDNA 定量

    一定量のRNAをインプットして、cDNAを作製した後、リアルタイムPCRに進む前にcDNAの濃度は測定したほうがいいのでしょうか?そうした場合、RT-PCR反応でのランダムプライマーやdNTPは、分光光度計による測定でどの程度影響するのでしょうか?

  • PCRについて質問があります。

     ある特定の遺伝子をサイバーグリーンを用いたqRT-PCRで定量したのですが、うまくいきませんでした。その遺伝子は、通常のPCRでは、ちゃんとシングルのバンドが強く検出できます。しかし、同じサンプルをサイバーグリーンを用いたqRT-PCRでやるとうまくいきません。しかし、スタンダートカーブとして使うPCR産物は、増幅可能という理解不能な結果が出ます。  プライマー、テンプレート、マグネシウムの濃度勾配も試しましたが、うまくいきませんでした。しかも、ハウスキーピングの遺伝子は、同じサンプル中で綺麗に定量できます。こうなると、違いは、プライマーのみとなりますが、どうしてこうなるのか、もうお手上げ気味です。なにか提案のある方がいらしゃればお願いします。

  • RT-PCRとリアルタイムPCRのプライマーの違い

    初歩的な質問ですがご助言願います。 リアルタイムPCR用に設計したプライマーを用いて RT-PCRをかけようと思うのですが そもそも、この2つのPCRのプライマーに設計上の違いはあるのでしょうか? 違いがあれば、RTではうまくいかないのでは?と思っています。 ちなみにこのプライマーでできるターゲット産物のサイズは400bp程度です。

  • リアルタイムPCR コピー数のわかるテンプレートの作製について

    あるサイトカイン遺伝子の発現をリアルタイムPCRを用いて定量しようとしています。検出系はSYBRを考えており、TaqManもSYBRが無理なら考えています。 現在プライマーを作製して、感度を調べている段階なのですが、スタンダードカーブがうまくひけずに困っています。 コピー数のわかっているテンプレートをスタンダードに用いるとよい、とおそわったのですが、その方法について若干判らないところがあるので質問させていただきます。 方法は、PCR産物をプラスミドに組み込み、その濃度、分子量等からコピー数を求めるということでしたが、 コピー数の求め方がよくわかりません。 考え方を教えていただけたければ幸いです。

  • RT-PCRについて

    RT-PCRの質問です。 RNAからcDNAに逆転写するときに、Randam Primerと いうものがありますが、これってランダムにRNAに くっつくのですよね?だからいろんな長さのcDNAが できてしまうと思うのですが、Randam Primerを使っても 大丈夫でしょうか?Randam Primerの他に、オリゴdT Primer というのもありますが、どっちが逆転写に良いのでしょうか? あと、cDNAを増幅させるときのPCRで、遺伝子特異的な プライマーを使おうと思うのですが、1つのサンプルに センスとアンチセンスのプライマーを混ぜても大丈夫 なのでしょうか?あらかじめセンスとアンチセンスを 等量混ぜたプライマー液を作っといて、反応液に混ぜれば 良いのでしょうか?

  • RNAの量について

    先日よりRT-PCRを行っているのですが、 mRNAを逆転写する際に濃度を調製するために、 分光光度計にてmRNA量を測定使用としているのですが 吸光度から濃度への変換の仕方が、1=40μg/mlで あったり45μg/ml出会ったりするのですがどれが正しい のでしょうか? また、測定器によるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • RT-PCR

    RT-PCRでcDNAの作成を行っています 通常は、 RNA抽出物を逆転写して (polyA primerで) PCRへもっていっています。 しかし 先日ふと思い立って、 RNA抽出物を鋳型として そのままPCRしてみました。 すると、このRNA抽出物を鋳型としてPCRした場合も、 cDNAを鋳型とした時と同じ位置にバンドが出てきました。 このバンドは、鋳型RNAをRNAse Aで処理すると消えます。 このPCR産物の シークエンスをチェックしてみると、 目的遺伝子であることが確認できました。 (全長800bpの中の500bpのシークエンスを確認) RNA抽出キットはキアゲン社のものを使っています。 精製度が高いということなのでDNase処理は行っていません。 この場合、 RNAを鋳型として 目的遺伝子が増幅しているのでしょうか? あるいは、 ゲノムDNAがコンタミが原因で イントロンを含んだものが増えているのでしょうか? 通常、 DNA polはRNAを鋳型として 遺伝子増幅できないといわれていますが、 本当でしょうか? 何か参考になる文献があれば 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • PCR&電気泳動について

    電気泳動について質問です。3種類のプラスミドDNAについて、同じプライマーを用いてPCRを行いました。このバンドを電気泳動してみたところ、2種類のプラスミドDNAに関してはクッキリと目的バン ドが出たのですが、残り1種類のプラスミドDNAの増幅産物にかんしては、薄い目的バンド➕スメアが観察されました。この原因として考えられるのは何でしょうか?自分が考えているのは、プライマーや酵素には問題がないと思うので(他2種類のプラスミドDNAのPCRはうまくいった。)、テンプレートのプラスミドDNAの精製度が低いと考えています。現にO.D値も1.72くらいだったので…。なので、プラスミドDNAの抽出からやり直そうかと考えています。 他に何か考えるべき要因があれば、ご教授お願いします!

  • PCR産物

    ある特定遺伝子のmRNAをRT-PCRにより増幅します。 仮にですが、目的のmRNAの全長は1000bpで、逆転写反応後プライマーを用いて増幅させると500bpの産物が得られるとします。 その後ネガティブコントロールを行い、さらにF.W.のみとR.V.のみで反応を行います。 この結果(電気泳動パターン、産物の大きさ等)はどのようになると予想されますか?