• ベストアンサー
  • 困ってます

RT-PCRについて

RT-PCRの質問です。 RNAからcDNAに逆転写するときに、Randam Primerと いうものがありますが、これってランダムにRNAに くっつくのですよね?だからいろんな長さのcDNAが できてしまうと思うのですが、Randam Primerを使っても 大丈夫でしょうか?Randam Primerの他に、オリゴdT Primer というのもありますが、どっちが逆転写に良いのでしょうか? あと、cDNAを増幅させるときのPCRで、遺伝子特異的な プライマーを使おうと思うのですが、1つのサンプルに センスとアンチセンスのプライマーを混ぜても大丈夫 なのでしょうか?あらかじめセンスとアンチセンスを 等量混ぜたプライマー液を作っといて、反応液に混ぜれば 良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数4
  • 閲覧数2098
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2481/6028)

#3です。 オリゴdTはmRNAにつけられるpolyA tailに結合します。 mRNAが持っているものですので、効率よく全長のcDNAを作製するとき、つまりcDNAライブラリーなどに使用される他、cDNAの3'側にPCRのprimerが設計されている場合には、mRNA特異的ということもあってRT-PCRにも有効ですが、まえのかたも書かれていますが、cDNAの全長がながく、しかも5'よりにprimerのsetが設計されている場合には増幅効率に影響しますので注意してください。 primerのミックスは作製しておいて良いですが、凍結融解を繰り返す場合には分注しておいたほうがいいのと、合成したすべてのprimerをまぜうようなことはしないほうが無難です。ときどき、こんなprimerはRT-PCRにしかつかわないからといって調子に乗って全部まぜる愚か者がおりますが、片方のprimerがひつような場合など多々ありますので、一部小分けしてミックスして、さらに分注して保存しておくのは便利だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い対応ありがとうございます。 なるほど~oligo dT primerはpoly Aに結合 するのですね。だからmRNA specificなプライマー なんですね。cDNAの全長が長いと増幅効率も変わる そうなので、気をつけたいと思います。 primerのMixは、少量を分注しておこうと思います。 さすがに全部を混ぜる勇気はありません…。どこでまた 必要になるかわからないですからね! とても勉強になりました。専門誌とかも読んでもっと 勉強しようと思います。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2481/6028)

学生に指導するときには、Randam primerとoligo dT primerの特性を説明し、自分が用意した実験計画に合わせてRT反応をさせます。一般にはRT PCRにはrandam primerの方が使いやすいと思いますが、azwagon2さんの具体的な実験計画がわかればもうすこし詳しくご説明できるかと思います。 2番目のご質問は、RT反応をした後のPCRということでしょうか。 であれば、混ぜてPCR反応を行ってください。両方入れることで増幅が可能です。RT反応にも入っていてかまいませんが、バックグラウンドで非特異的なものが増えてしまう可能性が高くなるので、アンチセンスのみでRT反応はした方がいいですね。 お答えになりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。どうも一般的にRandam Primerの方が 使われてるみたいですね。 私の実験目的は、細胞の薬剤処理有無で目的の遺伝子発現に どれだけ影響するか調べる実験です。 ごく当たり前にやられてる実験なので、randam primerを使った 方が無難な気がしてきました。ちなみにoligo dT primerとは どのようなプライマーなのでしょうか?cDNAのどの辺にくっつく のでしょうか?? 2つ目の質問は、RT反応後のPCRです。両方のプライマーを いれて増幅可能なんですね!!てことは、2つのプライマーを 混ぜて持っておいてよいのでしょうかね?? また宜しければ教えてください。

  • 回答No.2

ある程度ものが分かっているならSpecific primerという手もありますよ。10kbくらいなら頭と5kbくらいのを混ぜて逆転写すれば全部をカバーできると思います。 2の質問は、 PCRの時にfowardとreverseをいちいち混ぜるのでは無く、あらかじめ混ぜたものをストックとしておくという意味ですよね。 やったことがないので分かりませんが、多分問題ないと思いますよ。 よほどそのフラグメントを数増やすのであれば別ですが、混ぜるのはもったいないと思いますよ。他の事には使えなくなりますし・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにSpecific Primerを使う手もあるってのを プロトコール集で調べてみたらのってました!! 2つ目の質問は、tunertuneさんがおっしゃる通り です。混ぜるとたしかに他のことには使えなくなり ますね。

  • 回答No.1
  • tatoo
  • ベストアンサー率53% (38/71)

1つめの質問についてですが Randam primerとoligo dT primerでは使用する目的が若干異なります。ごくごく簡単にですが、それらの長所と短所を挙げてみます。 Randam primer 長所;サイズが大きいRNAの5'側のcDNAを得やすい 短所;全長cDNAを得にくい oligo dT primer 長所;全長cDNAを得やすい 短所;サイズが大きいRNAの5'側のcDNAを得にくい PCRで増幅する場所が10kbのRNAの最も5'側である場合、oligo dT primerでRTをしたtempleteではPCRがうまくいかないことがあります。あなたがおっしゃるととおり、Randam primerではいろんな所にアニーリングしていろんな長さのcDNAができるので、それが利点となって上記の問題が解決する場合があります。その辺の事を考慮に入れて実験を行えばいいのではないでしょうか? 2つ目の質問は。。。。書いてある事がよくわかりません(汗 PCRの原理についてもうちょと勉強してみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

教えて頂き、ありがとうございます。 Randam Primerとoligo dT primerとでは 目的がかわってくるのですね。oligo dTだと サイズが大きいRNAの5'側が得られにくいなら、 Randam Primerの方が良い気がしてきました。 2つ目の質問は、RTの後のPCR反応で、プライマーを 入れる時、あらかじめセンスとアンチセンスの プライマーを混ぜておいたチューブを作っておいた 方がいいかなと思っただけなんです; わかりずらい質問で申し訳ないです。

関連するQ&A

  • RT-PCRが上手くできないのですが

    RT-PCRでポジコン(GAPDH)を含めたバンドが検出されません。 RNAはキットの製品を使用し、OD260/OD280で2程度、電気泳動でRNAを確認しました。(poly-Aに精製してません) cDNAの作成もキットで、Randam hexamer primerを使用しました。 PCRは論文に掲載されているprimerと条件で行いました。 cDNAが上手く出来ていないのかprimerがいけないと思うのですが、このような状態でどのような原因検索をしたらよいでしょうか? また、primerはcDNAという1本鎖のDNAに対してでもsenseとanti-senseのペアーが必要なのはなぜでしょうか?

  • RT-PCR

    RT-PCRでcDNAの作成を行っています 通常は、 RNA抽出物を逆転写して (polyA primerで) PCRへもっていっています。 しかし 先日ふと思い立って、 RNA抽出物を鋳型として そのままPCRしてみました。 すると、このRNA抽出物を鋳型としてPCRした場合も、 cDNAを鋳型とした時と同じ位置にバンドが出てきました。 このバンドは、鋳型RNAをRNAse Aで処理すると消えます。 このPCR産物の シークエンスをチェックしてみると、 目的遺伝子であることが確認できました。 (全長800bpの中の500bpのシークエンスを確認) RNA抽出キットはキアゲン社のものを使っています。 精製度が高いということなのでDNase処理は行っていません。 この場合、 RNAを鋳型として 目的遺伝子が増幅しているのでしょうか? あるいは、 ゲノムDNAがコンタミが原因で イントロンを含んだものが増えているのでしょうか? 通常、 DNA polはRNAを鋳型として 遺伝子増幅できないといわれていますが、 本当でしょうか? 何か参考になる文献があれば 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • RT-PCRにおけるプライマー設計について

    はじめてお世話になります。 通常のPCR時におけるプライマー設計は理解できるのですが、RT-PCRにおいては、はじまりが1本鎖のcDNAであるということでひっかかりを感じます。 cDNAの塩基配列がわかっていますのでそれをもとに遺伝子解析系のソフトを用いてプライマーを設計したところ、sense-primerの配列が、cDNAの相補鎖となるものと相補的になっていました。(anti senseのほうはcDNAと相補的だったのですが) 実験書を読むとsenseがまずcDNAとアニールして2本鎖になってから通常のPCRがはじまるというふうに理解できましたので、上記のプライマー設計ではPCRがおこらないということでしょうか? この場合はcDNAの相補鎖に対してプライマー設計をおこなえばよいのでしょうか。 それともこのままのプライマーでよろしいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 逆転写後に残ったプライマーは、あとのPCRに影響する?

    逆転写でRNAをcDNAに変換する時、ランダムプライマーを使用する場合があると思います。この場合、その後の実験系(PCR、定量PCR)において、残っているこれらのプライマーによって非特異的なシグナルが増幅したり、ターゲットの遺伝子のシグナルに影響を与えたりすることがあるのでしょうか? やはり、エタノール沈殿など行なってから次のPCRなどに移行するのが普通でしょうか? どなたかご意見いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • RT-PCRのランダム,オリゴdTプライマーについて

    今度RT-PCRを使用しようと考えております. そこで疑問なのですが,1st cDNAの精製の際に 使用するランダム,オリゴdTプライマーなのですが 両方の特性を考えると長いRNA上流に目的配列が 無いときやGCリッチがないときはオリゴdTプライマー の方がいいような気がします. しかし,他者の論文その他を読みますと 自分と同じような系で ランダム,オリゴdTプライマーを使用している方が 半々ぐらいいます.金額的にもオリゴdT,ランダム プライマー共に変わりません,何かランダムにする 理由が考えれますでしょうか? 宜しくお願いします.

  • RT-PCRのプライマー

    RT-PCRの逆転写反応の際に使うプライマーについての 質問です。プライマーは、Oligo dT primerか、ランダムヘキサマー プライマーのどちらを使っていますか? また、どこの会社からプライマーを購入しているか教えて 頂けたら助かります。

  • RT-PCRについて

    抽出したRNAからRT-PCRでcDNAを作成する際に、原核生物の場合はoligoーdT primerはpoli(A)-tail が存在しないので、利用できないと書いてあったのですが、実際手違いで利用したところなぜかmRNAを取り出すことができました。これはもしかしたらpoli(A)-tailが存在するかもしれないということなのでしょうか? この理由について知りたいのですが、回答よろしくお願いします。

  • RT-PCRについて

    RT-PCRをするさいに、oligodT3sitesAdaptor Primerをつかっているのですが、このAdaptorの役割はなんですか?またmRNAにAdaptor自身がひっついてしまうことはないのでしょか。それとAdaptorはcDNA合成後も離れずprimerに結合したままなのでしょうか。教えてください。

  • PCRにおけるプライマー合成について

    プライマー合成の記述で まず、増幅したい遺伝子部分の5’末端にあたるセンス鎖およびアンチセンス鎖それぞれのオリゴDNAプライマーを設計、合成する。 という記述は正しいでしょうか?本にこれがあったのですが5'末端でいいのかよわかりません。 PCR素人なのでよろしくお願いします。

  • RT-PCR法について

    RT-PCR法を勉強していて疑問に思ったのですが、 cDNAを増幅した後、mRNAをつくるとき、作られたmRNAはcDNAとハイブリダイズしていると思うのですが、そのハイブリダイズしているcDNAはもう鋳型として使われることはないのですか?それとも一本鎖になって、またmRNAを作るための鋳型として使われるのでしょうか?