• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「政治と政策」と「政治と金」は、どちらが大切ですか?

「政治と政策」と「政治と金」は、どちらが大切ですか? <参考>概算です。 予算200兆円(政治)対小沢4億円(金:虚偽記載)=給料50万円(家庭)対1円(家計簿誤記) 国の借金900兆円×年利0.3%÷365日÷24時間=3億円 *200兆円は国民の負担ですが、4億円は国民の負担ゼロ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 政治
  • 回答数9
  • 閲覧数30
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#140269
noname#140269

今はまず、「政治と政策」を真剣に議論すべきでしょう。予算委員会の大部分を「政治と金」の追及、党の粗探しに費やさないで、真剣に予算について議論すべきです。他の委員会もそうです。とにかく今は政策を最優先にしないと、本当に日本は崩壊します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • 3691819
  • ベストアンサー率18% (162/874)

 こんばんは。 マスコミに洗脳された国民にしてみれば「政治とカネ」 が国の一大事なんだろうね。日付を訂正すればいいだけの 話を、ここまで凶悪犯罪のように扱えば、馬鹿な国民は 小沢憎しに洗脳されちゃうかもしれません。  政策をどこまで実行したかが重要なのにね・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • wwbc
  • ベストアンサー率28% (247/857)

「政治と政策」が大事だから「政治と金」を利用して民主党の力を削ごうとしているのです。 目的は「政治と政策」。その手段が「政治と金」。 ただし、その手段は「政治と金」でなくとも、「鳩山の精神的資質」でも良いし、「小沢の天皇の政治利用」でも良いし、「レンホーの極度の短足」でもいい。 見てると今の民主党の大半が、「権力におごって」いる。権力に酔ってるのかな。 政策のための政治を実行しようと言うよりは、権力を維持する為に政治をしようとでも言う按配。 その民主党政権を潰すには、政策の不備・矛盾を突くか、その他の政策以外の不備・矛盾を付くか、両刀を使える。 だからその両方を使って潰そうとしてますよ。 なので質問者さんにも見える通り、「政治と金」も利用して民主党を潰す動きがある。 ちなみに民主党の政策の多くは、おかしい。おかしい政策はさせてはダメだし、息の根を断たねばならないし、そういう政策を出してくる政党を排除撲滅しなければならない。と。 特には今の段階では、民主党の首相候補としてつい最近目立っていた小沢が、刑事被告人に国民の審判によって成った… という特別の状況だから、民主主義の建前上でも、小沢関係の処理はキチンとせんとあかんですよ。 ついでに同様の問題として、元首相の鳩山の虚偽発言も。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • pupurr
  • ベストアンサー率18% (129/705)

 どちらも論点が違うので比較できない。  答えて言うなら、どちらも大事。  法律が1つでないのと同じで、あらゆる関係で一体をつくってるという全体像から言えば、政治の腐敗が政策に影響するということで、  どちらも大事で、政策も、政治権力の腐敗の独善を追放するのも、どちらも大事なことです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#120567
noname#120567

政治家にとって、 (1)政策はとても大事です。 ➁そして、不正なことをして政治に携わるのは論外です。 国民としては、そう思います。 4億円は国民の負担ゼロならば、 どこからのどういった資金なのかは、 明らかにすべきかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • sotom
  • ベストアンサー率15% (698/4470)

外交戦略の無さを「政治とカネ」で誤魔化しているだけだろう? 結局、能力が欠如している。彼らにできる事は、辞職するか殉職するだけだ。 後者の方が、国民にとって望ましいのは言うまでもない。 テロは歴史の流れを変えられない。止めるだけだという言葉があるが、 マイナスよりはゼロの方がいいと思える。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

「政治と政策」と「政治と金」なんて分けるな。 両方ともやるんだよ。当たり前すぎることだが。 本来、国民の立場からすれば、二律背反する事項では無いのだからね。 国会にいる者たちが己の欲得に忠実になり、また保身、権力の維持に躍起になるからいけないのだ。 国会が止まるのでは無く、彼らが国民を無視して私的な理由で勝手に止めている。それだけのことだ。 止めている理由が、個人的なもしくは党利党略的なものであるというところは国民にとっては極めて迷惑なことである。 単純な話、疑惑のある者を責任ある場で話をさせ、疑惑をはっきり(黒なら辞職、白なら続行)させて、同時進行で経済対策等の政策をさっさと打てば良いだけの事。 時間が経っているのに、未だにハッキリさせられていない事項があること事態が問題。(小沢、海保の録画テープ、検察への政治介入の有無等) しゃべるべき者が正直であれば、すぐにでも終わっている問題だから・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#139664
noname#139664

「政治と政策」をいうけど、政策なんてないじゃん。 いままで政策というのは「自民党の政策に反対」というのが政策で、 それじゃああまりにもというので「政治と金」というのでやってきた。 政権交代してもやってることは自民党の政策の逆。 民主党がどういう政策をしたいのかというのが準備ができていないため 政策の議論にはならないのですよ。 議論を深めれば、「マニフェストに書いてあるから」と「自民党が悪いから」のどちらかで 議論が停止します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 4億円というのは小沢個人に入ったお金ということですよね。問題にするべき金額は小沢個人に4億円渡すために幾らの税金が使われることになったかということです。  企業にすれば、4億円以上の利益が増えないことには支払う理由にはならないですからね。それを考えたら、質問文に書かれている  予算200兆円(政治)対小沢4億円(金:虚偽記載) というのは、問題ではなくて  予算200兆円(政治)対小沢のために無駄に支払われた税金 を問題とするべきでしょう。さらに付け加えるなら、虚偽記載でない、堂々とした企業献金だってあります。  例えば、技術が低くて本来なら入札には参加できない業者に落札されたなんてことがあれば、それによって失われる税金って100億じゃ済まないですよ。  もう一つ。田沼意次ってご存知ですか?江戸幕府で老中という要職についた人ですが、賄賂を取ったことで日本史の教科書にも載っている人です。  田沼は地方の細かいことについては、贈られた賄賂で決めましたが、大きな国政については賄賂では決めませんでした。鎖国であったにも関わらず、長崎から金銀が流出していくこと憂い、平賀源内を重用してフカヒレなどの乾物を輸出するようにして、金銀を取り戻しています。  確かに政治と政策の方が政治とカネよりもっと重要です。問題なのは国辱外交を繰り返し、ただ自分の議員としての座を守り、懐を潤わせることだけに専念してそのためだけに、占拠地盤への利益誘導を図っているだけの男が議員であり、与党の要職にあることが問題であると私は考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「虚偽記載」と「記載漏れ」

    なぜ森喜朗元首相と川崎二郎・国対委員長パーティー券の不記載が記載漏れで、今回の小沢議員の4億円が虚偽記載になるのでしょうか? 両方とも悪質なら「虚偽記載」というべきだと思うんですが。

  • 収支報告書の解釈

    頭が悪いのかマスコミの解説を聞くほど混乱します。 以下のはネットで拾ったものですが、間違っていませんか?  陸山会のH16年政治資金収支報告書には「小澤一郎より借り入れ4億円」と記載されています。  一方、定期預金を担保に金融機関から借り入れた4億円は記載されていませんし、小沢一郎からのキャッシュ4億円も借入金として記載されていません。  これは、金融機関から融資を受けた主体も、小沢一郎からキャッシュを借りた主体も「小澤一郎」という人物であって「陸山会」ではないってことです。  定期預金4億円の原資は陸山会が管理する政治資金ですから、陸山会が定期を担保に4億の融資を受けていれば、借り入れ先は、その融資を行った金融機関の名前になるはずです。  そうすれば、そこに「小沢一郎」の名前も「小澤一郎」の名前も出てこず、借り入れは陸山会が独自に都合したものということになります。  実際、当初の陸山会による土地購入資金の原資に関する説明は、そのように理解されてしまうようなニュアンスがありました。  まあ、その理解でも事実と大きな乖離があるわけじゃありませんが、金融機関から融資を受けた主体が「陸山会代表・小澤一郎」である以上、その金が陸山会に移動する際、形式的にでも「小澤一郎より借り入れ」としておかなければ、虚偽記載の疑いをかけられます。  検察は、陸山会の当初説明を石川氏から聞いて、これは「小沢一郎」の名前を隠そうとした、悪質な偽装だと考えたのでしょう。  しかし、実際のところ収支報告書には「小澤一郎より借り入れ4億円」と記載されており、検察シナリオであった「小沢隠しのための虚偽記載」は瓦解しました。  「収支報告書に記載あり」の情報が流れて、マスコミが大慌てした理由は、そこにあるのです。  「実際は小沢から借りたのに、金融機関から借りたかのように報告、説明している。これは小沢の原資に怪しいところがあるからに違いない!」と早合点して飛ばし記事を書いていたことがバレてしまった形ですね。  でもこれで「事件」の全貌は明白になりました。  「小澤一郎」が4億円を、どのようにして作ったかは関係なく、陸山会は「小澤一郎から借り入れ4億円」としておけば、虚偽記載にも不記載にも問われる心配はないのであり、事実そのように報告、記載されています。  「小澤一郎」が陸山会に4億円を貸し出すにあたって、一時的に「小沢一郎」の自己資金を使って立て替えたとしても、それは陸山会にとって「あずかり知らぬ」事であり、当然、収支報告書に記載する必要はありません。  マスコミは、「記載あり」の情報が流れた後、2~3日沈黙しましたが、今度は「小沢氏が定期預金を担保に金融機関から借りた4億円と、小沢氏がキャッシュで用意した4億円の、計8億円が陸山会に入金されているのに、収支報告書には前者のみを記載して、後者を記載していないから『不記載』だ」というシナリオに書き換えました。  この急ごしらえの三文シナリオは、全くの的外れです。  陸山会への入金は「小澤一郎からの借り入れ4億円」のみであり、金融機関から融資を受けたのは「陸山会」じゃなく「小澤一郎」なのですから、収支報告書への記載義務は一切ないどころか、それを「陸山会への入金」として記載すれば、それこそ「虚偽記載」になります。  また、小沢氏の自己資金4億円が一時的に陸山会へ移動したのは、小澤氏が定期を担保に金融機関から借りる予定だった金が間に合わず、小沢氏の自己資金で一時立て替えたことによるものであり、小澤氏に融資が下りた時点で、その原資は「陸山会が管理する政治資金」へと戻ります。  したがって、本来「立て替え金」である小沢氏の自己資金提供を「借り入れ金」として収支報告書に記載すれば、これまた「虚偽記載」になってしまうのです。

  • 小沢元幹事長の政治資金問題ですが。

    小沢元幹事長の今回の政治資金事件。世論始め国会でも小沢元幹事長の説明不足と言っていますが、何を説明しろと言うのですか。まさか小沢元幹事長が4億円は不正な裏金で公共工事の口利きでせしめ た金だとは言うわけないでしょう。皆さんは小沢元幹事長がどう説明することを期待しているのかお教え下さい。

  • 収支報告書虚偽記載の故意証明(陸山会事件)

    民主党の小沢元代表が起訴された陸山会事件は石川議員など元秘書の人たちが 収支報告書に嘘の記載をしたとして、治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で有罪になりました。 石川議員らは無罪を主張しましたが、有罪になりました。 詳くは、 陸山会が04年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、小沢氏から借りた4億円を04年分の政治資金収支報告書に収入として記載せず、約3億5千万円の土地代金の支出も05年分の収支報告書に遅らせて記載した。 事務担当秘書だった石川知裕衆院議員(38)は、小沢氏から4億円を受け取った後に、同額の銀行融資を小沢氏名義で受け、陸山会に転貸していた。判決は、融資の目的を「小沢氏が4億円もの巨額資産を有することが公表されて批判的な報道の対象となり、政治的に不利益を被る可能性を避けるための簿外処理だった」と指摘。04年分の収支報告書には小沢氏の4億円は記載せず、銀行融資のみを記載し、土地代金の支出も05年分に先送りしたことについて、いずれも石川議員や池田光智元秘書(34)による虚偽記載と裁判で認定された。 というもの。 ただ、この事件は虚偽記載が故意に行われたものでないと当然罪にはならないと思います。 どうやって故意を証明したのでしょうか? 「04年分の収支報告書には小沢氏の4億円は記載しなかったのはうっかり記載し忘れたからだ。」 「土地代金の支出を05年の報告書に記載したのも先送りしたわけではなく、05年のものと間違えて記載しただけだ。書類が多く間違ってしまった。」 とあくまで過失を主張したとしたら、どうやって過失でないと証明するのでしょうか?

  • 政治資金規正法のおける虚偽記載が問題とのことですが。

    小沢秘書、大久保容疑者は、西松建設に関わる政治団体名義の献金を、その政治団体名義を収支報告書に記載したのが、政治団体名義を、表示された名義で報告する事が何故、「虚偽記載」という罰則に該当するのでしょうか? 事実上、西松建設からのダミー、迂回献金だからでしょうか? そうであれば、「西松建設」関わる政治団体と書き加え記載すれば、「虚偽記載」にはならないのでしょうか? どちらにしても、日本では企業献金も一定の条件で認められているのではないですか? 法という形式上、名義上全く問題がないと思い、その通り書けば何故、「虚偽記載」になるのでしょうか? 叉、大久保容疑者が事実上、その献金が西松建設であると認識していれば何故、「虚偽記載」になるのですか? 東京地検特捜部の方にでも、この点「説明責任」を国民のために果たしていただけないのでしょうか? ともかく、俺、アホやから、誰か教えてください!!よろしく。

  • 森ゆうこ議員たちはマインドコントロールされている?

    小沢判決への森ゆうこ議員たちの反応は狂信的とさえ見えます。 私には、小沢一郎は政治家ではなく選挙に勝つだけの政治屋にしか思えません。政治を自分の生計のために利用する一種の政治ゴロとでも言うべき存在と思えます。 ところが、森ゆうこ氏の仲間たちは、自分を政治家にしてくれたと感謝する気があるのでしょうが、それにしてもあれほどまでに小沢氏をかばう思考様式はどうしても理解できません。つまり、虚偽記載はあった、小沢氏は知っていたはずだ、つまり小沢氏は嘘をついている、と裁判官も言っているのに、(バカな)検事のねつ造のことを引き合いに出して話をそらし小沢氏は潔白である主張する手口です。 こうなると、ロシアのラスプーチンとか、麻原なにがしのオーム真理教とか、最近、女性タレントの洗脳問題で話題になった件などと同じように、いわゆるマインドコントロールされていると考えるということなのでしょうか? マインドコントロールというのは政治の世界のような表の世界でも有効なのでしょうか?

  • 自由党の小沢一郎が民進党と合流して自由民進党を結成

    自由党の小沢一郎が民進党と合流して自由民進党を結成するそうです。 小沢一郎は政党を作っては潰しての繰り返しで財を築いた人物ですよね? 政党を作っては潰してを繰り返して政党助成金で財を作った。 資産は2億円って言うけど、資産管理会社の陸山会と夫人名義で14億円もプールしている。 陸山会事件までは資産は0円だったけど、4億円とか資産0円の胡散臭さ120%の小沢一郎が4億円をはした金というニュアンスだったことで隠し口座のマネーロンダリングみたいな陸山会に実は14億円ありまして見たいな国民にどこが誠実なんだよ。誠実さゼロかマイナスじゃねーかと思われたんで、じゃあ2億円ぐらいは入れておこうと国民の目を意識して入れてる見せ金であって、国民にとっては2億円は大金だけど、小沢一郎先生にとっては一度に4億円が動くのはザラなんで2億円は妥当な額にして4億円の取引でも2億円払って残りの2億円はローンでみたいな国民目線でしょ?アピールですよね。 でもすぐにローンは完済して、2億円がまた口座に入るわけです。 で、政治家の給料で資産14億円は無理ですよね。 この人は政党助成金が目的で、作って貰って、潰してがっぽり商法で稼いでいる。 で、今回は金になりそうなんで自由民進党を作った。 けど政党助成金が目的だから解散しますよ。 政党助成金成金の小沢一郎に投票する人って馬鹿だと思うんですけど何でこの人の党を応援するんですか?

  • 政治と金の問題の解決について

     国会議員による「政権交代をめざす市民の会」への献金問題に代表される政治と金の問題について、問題が発覚してしばらく経ったり、問題を起こした閣僚が辞任すると、ニュースなどで取り扱われたり、責任を追及される場面を見ることが少なくなっているように見受けられますが、なぜでしょうか?すでに解決されているということでしょうか?  司法の場での決着はまだかもしれませんが、国民の目線から見て、菅直人前首相や鳩山由紀夫元首相などの献金していた議員が政治家としての説明責任を果たしたとは思えません。  小沢一郎氏や鳩山由紀夫元首相に至っては、未だに影響力を行使していることをニュースや新聞記事で見る度に、うんざりしています。  菅直人前首相も、ほとぼりが冷めたら何もなかったかのように大きな顔をして政治活動を続けていくのでしょうか・・・  また、前原誠司氏の外国人献金問題の責任についても疑問があります。  8月に行われた民主党代表選挙への出馬について、前原氏は当初外国人献金問題の影響で出馬には消極的であると報道されました。  これは、逆に考えると閣僚にならずに一国会議員でいる限り、外国人献金問題の追及はないということでしょうか?  閣僚であれば、当然国会での質問がありますから追求されるのは分かりますが、一議員として追及したり説明責任を果たす場はないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 以下の見解に対するご意見をお願いいたします。

    「民主党の小沢一郎元代表は、資金管理団体が土地を購入する際に提供した4億円を巡り、収支報告書に虚偽記載をしたとして、検察審査会の議決によって強制的に起訴されました。裁判では、小沢元代表が虚偽の記載について、石川知裕衆議院議員ら元秘書から報告を受けて、了承していたかどうかが最大の争点になり、元代表は『共謀したことは断じてない』と、一貫して無罪を主張し続けました。26日の判決で、東京地方裁判所の大善文男裁判長は、報告書の内容について、『石川議員が、元代表の巨額の個人資産やその原資に関して追及を受けるなどして、政治活動に不利益になると考え、虚偽の内容を記載した。元代表も4億円を記載しないことなどの報告を受けて了承していた』と指摘しました。」(NHK NEWSを引用) 本件に関する最大の争点は、小沢代表が「虚偽記載」を了承していたかどうかでした。東京地裁の判断は、「虚偽記載を了承していたが、石川議員との共謀はなく、虚偽記載の違法性に関する認識があったとまでは言えない」と小沢代表の犯罪故意の立証が不十分であることを理由に小沢代表を無罪としました。この点に関し、政治資金規正法25条1項3号は、「次の各号の一に該当する者は、五年以下の禁錮又は百万円以下の罰金に処する・・・第十二条第一項若しくは第十七条第一項の報告書又はこれに併せて提出すべき書面に虚偽の記入をした者」と規定します。 ところで、犯罪に関する事実的故意とは、「行為者に犯罪の前提たる事実についての認識・認容があり、行為者が客観的構成要件該当事実を認識・予見しながら違法性阻却事由該当事実を認識・予見しなかったこと」を意味します(通説・判例)。そこで、小沢代表は、「虚偽記載を了承していた」以上、「犯罪事実に関する認識・認容」があり、「犯罪に関する事実的故意」がなかったとは言えません(本件の状況下では、責任故意や期待可能性がないとも言い得ません)。これに対し、東京地裁は、「虚偽記載を了承していたが・・・虚偽記載の違法性に関する認識があったとまでは言えない」との判断を示します。しかしながら、刑法38条3項本文は、「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない」と規定し、刑法上の「法の不知はこれを許さず」という大原則を示します。すなわち、小沢代表に「虚偽記載の違法性に関する認識がなかった」ということは事実の錯誤ではなく法律の錯誤に該当するので政治資金規正法虚偽記載に関する故意を阻却しないと解されます。 ましてや政治資金規正法25条2項が「前項の場合・・・において、政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠つたときは、五十万円以下の罰金に処する」と「政治団体の代表者」に重過失がある場合にも罰金刑を科している以上、小沢代表が「虚偽記載を了承していた」本件において、小沢代表が刑法上全くの無問責とは言い難いと考えます。 次に、刑事訴訟法第318条は、「証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる」と刑法上の事実認定に関する自由心証主義を規定していますが、このことは裁判官の自由な判断が論理則や経験則に反してもかまわないという意味ではありません(憲法76条3項の裁判官の「良心」は客観的良心と解されます)。ですから、裁判所の事実認定は、裁判官という法律専門家の属する日本国民から乖離した閉鎖社会の社会通念(常識)に基づくべきではなく、日本の一般社会における一般国民の経験則(社会通念・常識)に基づいた事実認定が為される必要があります。 ちなみに、現行検察審査会制度では、検察審査会の11名中8名による起訴相当議決(検察審査会法39条の5 第1項1号)に対する検察官による再度の不起訴処分が出た場合、検察審査会は当該審査の当否に対する再審査をしなければなりません(検察審査会法41条の2 第1項)。そして、検察審査会の11名中8名による起訴議決が再度為された場合(検察審査会法41条の6 第1項)、裁判所が指定する弁護士が公訴を提起し、当該事件について検察官の職務を行います(検察審査会法41条の9)。すなわち、本件では、検察審査会の起訴議決に至る一般社会人による上記意思決定過程の厳格さを考えれば、小沢代表に「虚偽記載の違法性に関する認識があり故意があった」と事実認定する方が一般国民の経験則(社会通念・常識)に従った事実認定であると考えます。 一方、これだけの多数による国民の民意(選ばれた検察審査会の構成員数以上の国民の民意の反映)を少数の法律専門家である裁判官が覆した以上、本東京地裁判決は、法律専門家であり一般国民よりも賢いと自負する国民の総意を超越した裁判官が国民に正しい法律的判断を教示することを意図した官尊民卑的判断と言わざるを得ません。しかしながら、国民の総意から形成される民意を超越した正義が国民を支配する社会に民主主義があるとのでしょうか?(http://blogs.yahoo.co.jp/marvellous157/2786682.html参照)

  • 官僚政治でも皆さんは良いのですか?

    官僚政治でも皆さんは良いのですか? 世論は小沢は悪いと言いますが、私は官僚出身の菅直人の方がこのままで日本の未来は無いと思います。 確かに小沢はお金の問題があります。でも菅直人より、マシでしょ? 円高デフレでも対策無し。天下りOKした。事務次官会議再開。 あれだけ、官僚主導はダメだと言っていたのに、世論はもう良いの? なぜ日本国民は、これだけ官僚にバカにされても良いのでしょうか? 今の地業仕分けぐらいかな…、カットしてもなぜか予算が増えているし…。 官僚出身は官僚主導。 世襲議員は庶民の暮らしが分からない。金銭感覚がない。銀行の手数料一律210円かかると言ったら、別に良いじゃないとか、カップラーメン500円ぐらいかなとか…。 で、たたき上げの議員は、どうしても大きくなろうとすれば金が必要になるので何か裏取引が無ければ…、悪いことですが、日本の選挙体制上どうしても…。 たたき上げの方が日本を良くしてくれると思うのですが…。 鈴木宗男も官僚にやられたし…。 小沢は官僚主導が嫌いです。 その小沢がなった方がもっと改革が出来ると思うのですが、私の考えは間違えていますか? 官僚主導にすればろくなコトが無い。 例 ゆとり教育-富裕層は最初から私立で、一般人はバカに。最初から差がついて金持ちは金持ちのまま、貧乏は貧乏のまま エコポイント-買う時に最初から値引けば良いのに、申請させて天下り機関作る。バカは申請しないので天下り機関が余った予算を搾取。 官僚は日本国民をどうにかして食い物にしようと考えていると私は思っています。 その官僚を見張るのは政治家だけです。 だから、官僚を嫌っている、小沢や田中真紀子にガンバって貰いたいと思っています。 私の考えは間違えていますか?