• 締切済み
  • 暇なときにでも

税収が増えないのに、政治家が歳出を増やす理由

「年度予算編成」に伴う、「税収額」と「歳出額」の関係について。「細川政権(1993年)」あたりから「棒グラフ」を描くと、「税収の増加は、見られない」のに、「一般歳出額」が、どんどん増えて、「国債や建設国債による借金が増大」しているのですが、これは、「国民の要求内容が多彩になり、年々、国民の要求に応えるための政策が具体化された」という証拠で、「国を運営する政治家は、支出増加に伴ない、税収も同様に増やす政策は描かない」のでしょうか?「家計の場合、収入に見合った、支出を考える」のが普通だと思うのですが。 「政治家が、金を配分する権限を持つ」ことは了解していますが、逆に、「政治家による、税収の増加を図る政策(特に、法人税について)」とは、「どういう例がある?」のですか。「棒グラフを見る」限り、「年々、借金が増える一方」で、「永遠に、返済は出来そうにない」という、「イメージしか描けない」感じがするのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数320
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6

現在の財政状況はよい状態ではありませんが、日本は巨額の借金を抱えていると同時に巨額の資金貸し付けも行っています。 まず基本的な事を考えて見ましょう。 Q皆が朝から晩まで毎日毎日働いて、何を行っているのでしょうか? Aお金を稼いでいます。 Qでは何の為にお金を稼いでいるのでしょう? A食事したり遊びをしたり生活をする為のお金を稼いでいます。 つまり、お金を稼ぐという行為は社会における資源の分配を行っているという事なのです。根本的には、食料、エネルギー、鉱物資源、の分配をお金という相対数字によって、国家が製造した紙によってそれが行われています。お金は数字合わせであり、ルールでしかないという事でもあります。 日本にとっての最大の問題は、資源価格の高騰です。食料、エネルギー、好物資源など多くの資源を外国に頼っています。日本にとっては国内でいくら借金が少なかろうが多かろうが、海外で資源価格が高騰するような事があれば否応なしに生活を圧迫する事になります。日本にとっての最大の問題はここなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「巨額の資金貸し付け」について、具体例をお願いします。「国債を、次々に、発行できる」ことは、「国の信用がある」ということだと思うのですが、この「信用と、貸付金の関係」が、「私の理解のヒントになる」ような感じがします。よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • アベノミクスで、財政はよくなるのでしょうか?

    建設国債200兆円(1年で20兆円)、インフレ2%をうたってますが、これで国の財政はよくなるのでしょうか? 国債発行額は1年で20兆円増、インフレで国債の利払いは1年で1兆円ずつ増えて10年後で1年あたり10兆円増になると言われています。 アベノミクスで、税収が20~30兆円増ならなければ、所謂、借金やその支払いが増えるばかりです。 国の莫大な国債とその利払いは、実はデフレだから何とか持ちこたえられたのではないでしょうか? 何かこの政策がとても支持されているのですが、本当に大丈夫でしょうか?

  • 国家予算の半分が国債で日本は大丈夫なんですか?

    来年度の予算原案が出ました. 81兆円の予算の半分近くの37兆円が国債でまかなわれています. いろいろな経済理論があるのかもしれませんが, 支出(歳出)の半分が借金でまかなわれている現状は いいのでしょうか. 国債は,普通の借金と違うとか聞きますし,国民の1400兆円の貯金があるから大丈夫だとか聞きます. これって,将来的に,「徳政令(借金の棒引き)」するという意味にしか,私には理解できないのですが. 税収が40兆円しかないのなら,40兆円の公共サービスにすべきではないのですか? もちろん,デフレスパイラルになってはいけませんし, 経済がゼロサムゲームではないという要素も考えた上で, 今の日本は,身の丈にあった予算になっていない様に思うのです. 国債の償還期限は60年です. 私は,そんなには多分生きていないでしょう.そんな借金しても良いのですか? 詳しい方おられましたら,お願いします. ちなみに,私も年収の2年分くらいの借金をしていますが, 現在の国の借金は180兆円だそうで,これは,税収40兆円に対して,4年分になります.そう考えると,それほど深刻ではないのかなとも思います.しかし,私の借金は,一世一代の出費ですが,国の場合,日々の暮らしのために借金を恒常的にしているように見えます. 個人のレベルで考えると,無計画にサラ金に手を出しているように感じてしまいます.

  • 国の借金の増加の理由

    国の借金1000兆円突破 国民1人あたり792万円 :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0902O_Z00C13A8MM8000/ # 2013年6月末時点で1000兆円を突破したと発表した。 # 国の借金の残高は1008兆6281億円。 # 国の借金は13年度末には、1107兆円になる見通しだ。 とあります。このニュースでは何がどう増えるのかの内訳や理由は述べられていませんでした。何十年かかけて積み上げてきた借金が1000兆円なのはまぁいいのですが、びっくりしたのは年度末までにさらに100兆円近くも増える見込みだという事です。 一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移 : 財務省 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/003.htm 税収・財政支出も去年に比べ特に劇的に変化しているというようには見えません。公債発行額を見ると43兆円程度で、まぁ例年通りに見えます。なので、あとの60兆円ほどの借金が何なのかよくわかりません。 で、質問は、 ・その内訳(国債・借入金・政府短期証券などの種類) ・借金の額が今年だけ(?)激増する理由 ・今後の増加の見通し これを教えてください。よろしくお願いします。

  • 回答No.5

もし財政の支出を増やしてこなかったら、日本は大変な事になっていました。恐慌になり、税収は激減し、日本経済はボロボロ、社会基盤は戦後並みの惨憺たる状況になっていたでしょう。 80年代末に起こった資産バブルとその崩壊というのはそれほどすさまじい経済爆破が起こっていたのです。しかし多くの日本人はそれがどんな事であるかの理解がなく、政治家や官僚の無駄遣いの積み重ねが莫大な借金となっていると誤解をしています。まるでフランス革命前期に国民の間に流れた「マリーアントアネットの贅沢三昧な無駄遣いが、国家財政、景気経済を疲弊させ破綻に導いている」という噂話のような具合です。 多く場合は世界中どの国であっても基本的には担保があって借金が成立します。そしてその借金によって商売を事業を行い儲けをだす事で経済運営が行われます。日本ではバブルが崩壊しその担保価値は都心部の不動産ではピークから1/5にまで落ち込んでいます。これまで1億円だと思って担保としていたものが2,000万円でしたという事態があちらこちらで起こったのがバブル崩壊です。この事で90年代に日本で失われたその金額は約1500兆円です。 (しかし、このような事態にも関わらず日本のGDPはバブル崩壊後も成長をしてこられました。それは財政出動が市場を下支えした為です) 企業は一斉に借金返済に走り、金融機関は貸した金の回収に走りました。すると日本中で皆が借金返済の為に担保売却をするものだから資産価格の下落が促進され、更なる借金返済を迫られる事態となり悪循環へ陥って行きます。企業は資産売却や事業縮小、人員削減、リストラによって生き残りをかけて借金返済に努めます。 この悪循環にブレーキをかける事ができる唯一の手段が財政出動であったとう訳です。民間企業の多数が一斉に借金返済に回ってしまい、お金を借りて投資をする人が激減し、需要が縮小へ向かっているような経済環境下では、金融機関は運用先がなく困っている状態にあります。そこで政府が国債を発行する事でお金を借り需要を造る事が最善の策となるのです。またこのように民間企業の需要が大きく落ち込んでいる間は、通常では考えられない低金利環境となっているため、政府はこれを逆手に低金利で資金調達をして民間需要が増加してくるまで、財政出動を行って市場を支える事が最善策となるのです。 致命的なバブル崩壊によって資産下落が進み民間需要が縮小を続けているような環境では、企業や個人は借金返済や預貯金に努め、需要がドンドン縮小して行ってしまいます。資産売却や事業縮小が行われれば行われるほど、リストラは促進され、設備機器余剰、人員余剰が生まれ、リストラを後押しし、更なる需要の縮小が起こります。これがとことん進むと江戸時代に施行された「ぜいたく禁止令」下の生活水準にまで行き着いてしまいます。 だから、民間が借金返済より借金を増やし事業拡大へ動き始めるまでは、日銀と上手く調整や根回しをして財政出動を賢く行っていく必要があるのです。 96~97年には橋本政権により安易な財政再建が進められ、消費税増税が行われ、減税措置撤廃が進められ、大型補正予算も帳消しにした。その結果、日本経済は大打撃を受け、税収は激減、その後にはその補填の為に財政赤字は倍増し、余計な何百兆円もの政府債務の発生に繋がりました。 現在、民主党の様子を見ているとかなり危うい印象を受けます。自民党では何でも良いから財政出動で市場を下支えという政策と、何はなくとも財政再建、緊縮財政という政策が代わる代わるで行われ、安易な財政再建で無駄な借金が増える事になりました。 民主党がもし自民党のように 何はなくとも財政再建 に動けば、経済の失速でその後にはその補填の為に財政赤字は更なる増大という最悪の事態となってしまうでしょう。 今、民主党がやる事は 自民等的な不合理な財政出動 から 国民の説得できる賢い財政出動への転換 でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そもそも、「経済運営の概念が、自分には、分からない」ので、「他のサイトで見た、ヒトの意見」を借りて質問します。何となく、「海部政権や宮沢政権の時代が、バブル期に相当する」ようには、感じています。この時期に、「10年計画の、公共投資基本計画(430兆円+200兆円)」という政策が実行されたようです。この「公共投資計画」によって、その「後の政権による、財政出動が増大」して、「国債発行(=借金)が増えた」という指摘がありました。 ご回答を見ていると、この「基本計画(=政策)」には、言及されていませんが、「結果的に、この10年にわたる、公共投資基本計画(政策)が正解だった」ように思われます。上記の「ヒトの意見」では、「日本の借金を増やした、諸悪の根源は、この10年計画の政策だった」というイメージだったので、できれば、この「意見・見解」についても、一言お願いします。

  • 回答No.4

国民と約束したやりたいことが一杯有るのに、景気が悪く税収が増えない上に、埋蔵金が思ってたほどなかったから。 自民党の予算には無駄が一杯有っていくらでも削れると算段していたが、どれもこれも削れない国民のための予算だった。 政府の中枢を知らな過ぎたのヨ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#101110
noname#101110

よき時代、税収と歳出は共に増加していました。別に政治家が努力したわけでもなかったのですが。 歳出の増加にはずみがついてどんどんあがっていたのに、ある時点から税収がついてこなくなったのです。でも政治家は一時のことだと思って借金でそれを埋め合わせました。税収のへこみはその後も続き、歳出の増加だけが見る間にどんどん膨らんでいったのですね。具合悪いなとは思っていたようですが、財政を均衡させるとか、税収を上げることは彼らの能力では出来ず、さらきん地獄に陥ったまま今に到ったのです。自覚しているかどうかは定かではありませんが自民党歴代の大失政であることは明明白は句です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • uvkki
  • ベストアンサー率8% (11/124)

政治家がやろうとすることは国民の要請です。 あれは政治家が勝手にやったとうそぶいても、残念ながら結局はそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • indoken
  • ベストアンサー率37% (173/457)

本当は、税収を増やしたいのですが、 法人税を増やすと、企業が外国に逃げてしまう、と言われ、 所得税の累進性を高めると、金持ちが逃げ出す、と言われ、 消費税を増やすと、選挙に勝てない、と言われるので、 税収が増やすことができないのです。 (私は、消費税を増やせばよいと思いますがね。 景気が悪くなるといいますが、そんなことはないはずです。 集めた税金を使えば、それは景気を良くするはずだからです。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 財政赤字でも破たんしない理由

    最近の、一般会計歳出の20%以上が、借金返済のための国債費です。 金利が上昇すれば雪だるま式に借金が増えて財政が破たんすると思いますが、次のような理屈で破たんしない、という人達がいます。 「これは国の借金ではなく、政府が国民から借りているだけ。貸主は国民だから、国民の経済が破たんするわけがない」 私は国民ですが、国債は持ってないので国にお金を貸した覚えはないですし、国債の金利分は結局国民から税金で徴収されるのではないでしょうか。 どちらの考え方が正しいのでしょうか?解説をお願いします。

  • 建設国債大丈夫なの???

    200兆/10年の国土強靭化計画、、、、、財源は借金の建設国債だそうです、、、?! 赤字国債/普段の生活費を借金 建設国債/ 車を買うための借金 結局皆 借金ですよね、規程している法律が違うだけの呼び方の違いです。 どんどん、バカスカ 返すあても無く借金増やして大丈夫なのでしょうか? ギリシャなんて比較にならないくらい抱えています?! 「いくら借金しても国内だからOK!」というのも聞きますが、いくらしても大丈夫なら消費税も上げなくてもイイのでは?  それなら毎年の税金も全部借金でまかなったら???(無限に借金、、、) 結局 安倍さんの政策 財源がない、民主と同じように思えるのですが? どうなのでしょうか??? 私を安心させてください?!  

  • 日本の国家の歳入って年々増え続けているんですか?

    日本の国家の歳入って年々増え続けているんですか? 7年連続で支出が増えていると言ったら、歳入が増えてたら問題ないと言われました。 確かに税収の歳入が増えてたら支出が増えても良いと思いました。 国の借金の国債を減らすって言っていたが、今は国債の発行を抑えて、支出は増やして次年度の歳入を増やすという税収の好回転を作り出そうとしているように見えます。 肝心の歳入の数年間の変化を教えてください。

  • 借金700兆

    グループ発表のため日本の借金について調べています。  いつだったかTVで日本の借金が増えたのは小渕政権以降(高橋内閣も??たしか)のむちゃな政策のせいだと聞きました。たしか、バブル崩壊とともに税収が減り、歳出が上がっていたのを、小渕さんが景気対策のため減税と公共投資をおもいっきりやったため(国債を去年の2倍発行?)増えた。と言っていたかと思います。これは本当でしょうか?他に政府の失敗はあるのですか??  今年から国民年金や厚生年金だけでなく、もしかすると消費税までもが7%まで上がるかもしれないと聞きました。なぜ、政府の失敗を私達国民が負担しないといけないのでしょうか?他に国民に負担の掛らない政策案はないのでしょうか??  私もつい最近知ったので人のことを言えないのですが、日本は借金に対する危機感が薄すぎなのではないでしょうか?そう思うのは私だけでしょうか?日本の借金時計で1秒約90万づつ借金が増えていました。政府は一体今まで何をしてたんですか?国民の預貯金が1400兆あまりあるから大丈夫だと思っているのでしょうか??かつて戦後に預貯金凍結が実地されましたが、今でもそれはできるのですか?いきなり貯金が無くなるのではないかと不安です。  

  • 税収不足5兆円、赤字国債発行?

    『税収不足5兆円、赤字国債発行も浮上』 今や、860兆円にまで膨らんでいる国の借金。鳩山総理は、選挙中から「国債の発行はできるだけ抑えるべきだ」と訴えてきました。 しかし、政府内では46兆円と見込んでいた今年度の税収自体が、不景気の影響で5兆円も不足するという見通しが出てきています。 藤井財務大臣は6日、来年度の国債の発行について明言しませんでしたが、5兆円もの税収不足は鳩山政権のもくろみを根底から揺るがすことになりかねません。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20091006/20091006-00000058-jnn-bus_all.html 民主党は国債増発するのでしょうか? もししたら国民の期待を裏切ったことになりませんか。

  • 日本国債はなぜ建設国債、特例国債、復興債とか借換債

    日本国債はなぜ建設国債、特例国債、復興債とか借換債とか分ける必要があるんでしょうか? 国が借金する国債はどれも借金で同じじゃないんですか? 金利が違うとか出すか? それとも日本国債を新たにまた発行するというより、復興債を発行しますとか言ってニュアンスを国民市民からの反発を誤魔化すために分けて言っているのでしょうか? どれも国債は国債でトータルしたら借金は同じなので分ける必要がないと思いました。 なぜ分けるでしょう?

  • マクロ経済学の問題です

    計算過程を示して解いてください。 よろしくお願いします。 マクロ均衡条件をY=C+I+Gとする。 (Yは国民所得 Cは消費 Iは投資 Gは政府支出) ここで、消費関数をC=0.6(Y-T)+20とする。 Tは税収入を表し、それはYに関係なくある一定の大きさをとるものとする。 (定額税の仮定) また、投資も与えられた大きさをとるものとする。 以上の条件下において、 問い一 税収一定で政府支出が2増加したとき、(ΔG=2) 国民所得はいくら増加しますか。 つまり、ΔG=2のときΔYはいくつですか。 問い二 政府支出を2増やしたとき、(ΔG=2) 税収入も2だけ増やす政策 (T=2)は、 国民所得をどれだけ変化させるのでしょうか。

  • 景気がよくなったら国債払えないんじゃない?

    ふとした疑問です。 消費税増税ではなく、景気対策を実施すべきといった意見がときどき見受けられるのですが、 仮に景気対策がうまくいった場合、本当に大丈夫なのかという疑問が湧きました。 景気がよくなると、通常インフレになると思いますが、そうなると銀行金利も上がりますよね。で、国債の利回りも上がりますよね。 今、歳出では国債の利払いだけで10兆円程度かかっています。景気がよくなると税収増が期待できますが、国債の利払い増を上回ることができるのでしょうか?国債の利回りが1%上がっただけで、利払いが激増しますよね。 どう考えても 国債の利払い増加>景気がよくなることによる税収増 になるような気がします。 景気対策はやっちゃいけないのではないでしょうか?

  • 道義的に、政治家・公務員殺しは、許されるか?

    人殺しは、現状の日本に住む限り、法的には決して許されるものでないことは当然です。しかし、人々の心中(しんちゅう)、心の中では、この人殺しは当然の報いだ、と思えるものもあると思います。たとえば、奥さんや子供を惨殺された被害者Aが、犯人を撃ち殺したとしても、Aに対して憤る人は少ないでしょう。 現在、日本では、政治不信が深刻です。国民年金やマニフェストなど、詐欺や泥棒は当たり前。どんなに税収が減って、国の借金が増えようとも、政治家や公務員の給料を大幅にカットしようという動きは、選挙の前しかありません。一方で、国民には、隙さえあれば増税を迫ろうとします。 どこまで、国民が追い詰められたら、政治家や公務員を殺したとしても、心情的に許されると思われますか?(もちろん、法的にはどこまで言っても許されません。)

  • 一般会計と特別会計の関係(長文)

    専門家の方でしたら結構ですが詳しくご存じの方お願いいたします。 現在プライマリーバランスが一般会計で超過しております。歳入のうち借金による部分を除いた額から、歳出のうち借金を返すための費用を除いた額を差し引いた財政収支が均衡していません。現在我が国は借金を返済するための費用のみならず、その年度の政策的な支出ですらその年度の税収等で賄うことができず、新たな借金を重ね、借金を大きくして次代に先送りしている状態のようです。 基礎的財政収支が均衡していれば債務残高対GDP比率は一定に保たれるわけですがそこで質問です。 一般歳出を押さえることは厳しいでしょう、地方交付金等も極力抑えても極端な税収の伸びがなければバランスを取ることは至難の業です。 問題を先送りしない為に増税も止む得ないものと思っております。 質問。 1,一般会計は特別会計とどの様な関係にあるのでしょうか? 2,特別会計の支出と人件費を極力抑えて行きますと現在の一般会計で問題にされている基礎的財政収支の均衡を図れるのでしょうか?特別会計を緊縮すれば増税はしなくても済むと考えている人もおります。 構造改革は全てに連動していて金の掛からない国家にすることは解りますが社会保障も福祉も医療もそしてインフラ整備も全て国民のために必要なことです。 切りつめた上での増税ならば国民は担税の義務がありますので受けるでしょう。初歩的な問題なのでしょうが理解しておりませんので宜しくお願いいたします。

専門家に質問してみよう