• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

環境保護は必要でしょうか。

環境保護は必要でしょうか。 先日、衛星放送でアメリカの高名な環境保護活動家のインタビュー番組を見ました。 その人の活動や新しい技術に感心しながらも、「私たちはこんなに素晴らしいことをやっているんだから、みなさんも協力すべきだ」という態度はやや高慢で偽善的に感じました。 環境保護活動家に「なぜ環境保護は必要なのですか?」と聞くと大抵「そんなの愚問だ。必要に決まっているじゃないか」と訳の分からない答えが返ってきます。 私は環境保護は部分的には必要かもしれないが、社会を挙げて取り組む程のことではないと思っています。理由は以下の通り。 1.地質学者の研究によれば、地殻変動により数万年後には再びマグマが地表近くに現れ、地球上の生物は死滅すると考えれていること。 つまり、環境保護をしてもしなくても、人類は滅亡するということです。 2.自然を支配し、欲望を満たすことは人間の本質であり、過度な環境保護活動は文明を否定することにつながる恐れがあること。 絶滅危惧種を守るというのも偽善に満ち溢れていると思います。 もし仮にゴキブリが絶滅しても誰も気にしないと思いますが、クジラが絶滅するとなると西洋人たちは大騒ぎします。 これは生物を選別していることになり、人間の傲慢です。 生物は46億年の間、絶滅と進化を繰り返してきました。 一つの種が絶滅すれば、新しい種が生まれます。 絶滅する種を守るなどということは、単なる人間のノスタルジックです。 環境が変われば、それに適合した新しい生物が生まれるという考えではいけませんか。 恐竜が絶滅したように人類が絶滅するのも宿命です。 今は人類が地上を支配していますが、それは地球を支配していることにはなりません。 永続的な繁栄を目指すこと自体が無意味だし、傲慢だと私は思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数552
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

環境保護などときれい事を言っていますが本心は自分が満足したい 自分の子孫に今の環境を残したい それだけのことです 今の環境がどうなろうと地球は気にしません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 今日、様々な企業、専門家の方々、政治家の国際会議などで、「環境保護」「

    今日、様々な企業、専門家の方々、政治家の国際会議などで、「環境保護」「地球温暖化」といった地球環境改善のテーマがあげられていますよね?今ある地球環境を維持するため、元からあった自然環境を取り戻すため、そういうことをするのはいいことだと思います。僕もちょっとしたことですけど、エアコンの温度を少し上げたり、そういう対策はしてるつもりです。 ただ、たまにこう思うときもあります。 「今地球が温暖化したり、異常気象が起きたりすることは、地球が自分でもとのあるべき姿、すべての生物が生活の場を失うこともなく、均衡のとれた世界に戻ろうとしている現れではないか?」 今環境保護をしてもしなくても、いずれ人類は自滅する形で滅びると思います。そうすれば、人類という地球の均衡を壊すものがいなくなった地球は元の姿に戻っていきます。今は森林伐採で失われた原生林も復活するはずです。そう考えれば、今人類が「環境保護」だの「地球温暖化対策」だのと言っていることは、なんだか意味がないことのように思えてきます。むしろ、そう言って無理に地球環境を操作することは、地球が元に戻ろうとすることの妨げになっているのではないか? こんな事も思ったりするんですが、どう思いますか?決して環境を保護したりすることがめんどくさいとか、人類が快適に生きれれば他の生物がどうなってもいいなんて思ってはいません。ただ、「地球の本来あるべき姿」というのには、人類は邪魔な存在、必要がない存在、均衡を崩す存在と感じます。 皆さんのご意見を聞かせてください

  • 本当の環境保護とは

    ISO14000シリーズだとか、環境保護団体だとか、環境にやさしいなどという表現を毎日目にしますが、私はその全てが偽善だと思います。 そもそも人間の存在自体が地球にとって害虫のような存在であることを認識しているのでしょうか? リサイクルをしたり資源保護を呼びかけるなどの手法は小手先だけのやり方で一体何を考えているのかと思いたくなります。 人間も何百万年か先には途絶えるかもしれませんが、自然とのバランスをとってこの地球上で快適に生きるためには余りに数が多すぎます。 農業を覚えて以来食料を生産できるようになり、人間だけが異常に増えバランスを崩し自業自得の状況を生み出しました。しかも他の動植物を巻き添えにして・・・。 現代の科学技術をもって人口を縄文時代以前にすることが環境のバランスにおいてベストなことがわかりきっていますが、マスコミを含めてそのことをどこも取り上げません。 そこで教えてください。 人口抑制を問題にすることはタブーとされているのでしょうか? それともそのことさえ分らないほどほど皆無知なのでしょうか?

  • イギリスの環境保護について

    イギリスの環境保護の現状について教えてください。 自然を守るのに、どのような活動をしているかなど、詳しく教えてください。お願いします。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

温暖化のポジティブ・フィードバックを考えただけでも必要です。温暖化対策を しないことはする事よりもより大きなコストとして跳ね返ってきます。南極の棚 氷が解け出すと海岸沿いの都市は水没を免れず、空前絶後のブリザードが吹き荒 れる可能性もあります。標高の高い土地を求めて避難民としてその日暮しの移動 生活、道半ばで行き倒れる老人と子供、避難先では食糧暴動、国家間の資源争奪 戦争(比喩ではなく本物の武力衝突)エヴァンゲリヲンのセカンドインパクト後 の世界が繰り広げられます。あるいはイキナリWater.worldの世界が訪れるので しょうか。温暖化は既に偏西風を蛇行させ中東に洪水、日本とロシアに猛暑をも たらしました。台風は大規模化強力化して農作物の被害のみならずより多くの人 命が失われるでしょう。温暖化対策で少しはマシな未来を、人類が地球の一員で あると自覚して地球環境と呼ばれる壊しかけたパズルを再生して行こうではあり ませんか、貴方の心眼が澄んでいるなら可笑しな環境活動家の歪んだ環境保護な ど簡単に見抜けるはずです。Twitterのkagakuotakuより

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.9
  • nama777
  • ベストアンサー率26% (183/699)

一読しましたが、非常に分かりにくいです。 全体に、人間はもっと傲慢であれという主張と、人類はもっと謙虚であれという主張が、混同されているように見えます。 質問2は前者にあたる。つまり人間は本能に従って欲望を満たせばよく、それで行き詰まったら潔く滅んだらよいと。 それをいまさら取り繕うような行為は往生際が悪く、偽善であるから反対だと。 字面の上ではそう読めます。少なくともこれは傲慢のすすめです。 その一方で質問最後では、今でこそ人間は繁栄しているが地球の支配者と勘違いしてはならず、永続的な繁栄を目指す行為は傲慢であるから反対だと。 クジラのくだりも、生物の選定は傲慢にあたるから反対だとあります。これは、いわゆる謙虚のすすめです。 いま一度、頭を冷やして論旨を整理されたらどうでしょうか。 想像するに、冒頭の活動家の言動にカチンときたことから 「環境保護反対」 という結論が先にできてしまい、その理由を後付けで色々くっつけたから、矛盾が生じたように見えます。 >生物は46億年の間、絶滅と進化...環境が変われば、それに適合した新しい生物が生まれるという考えではいけませんか。 その自然進化に人間が棹さすのはよくない、というのが話の根源にあるのだと思います。自然に滅ぼうとしている種をそのまま死なせてやればよく、そのことには誰も異存ないが、クジラやトキなど、人間がいなかったら数が減らなかったものについては、自然の摂理に従うなら人の手で保護するべき、という趣旨だったと思います。そのこと自体にはとりたてて偽善も高慢も感じられません。 なお質問1はノストラダムスばりの与太話ですから、こういう議論の根拠にあげることはやめましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に対する批判は、この質問サイトの規定に抵触します。 規定をよく読んだ上で、回答してください。

  • 回答No.8

「地球が泣いている」とか、過激なのになると「地球のために人類は居なくなった方がいい」とかいう意見がありますが、確かにナンセンスですよね。なぜなら、地球は泣きもしないし、人類が居ても居なくても何とも思わないでしょうから。 ならば環境保護など無意味かというと、そうではないと私は思います。 なぜなら環境保護は地球のためではなく、人間のため、すなわち人類の繁栄のためのものだからです。 まあ言ってしまえばエコとは人間のエゴ、それが原点なのですが、それを理解していない人が確かに多いのは事実ですね。 ただし、人類の繁栄と言っても、短期的な繁栄ではなく長期的な繁栄を目指すもの、それがエコの本質です。 >1.地質学者の研究によれば、地殻変動により数万年後には再びマグマが地表近くに現れ、地球上の生物は死滅すると考えれていること。 つまり、環境保護をしてもしなくても、人類は滅亡するということです。 おっしゃるような地殻変動がなくても、遠い将来は太陽が活動を終えて大爆発を起こしますので、地球どころか太陽系そのものが消滅します。しかし、だからといって自棄になることもないと思います。繁栄できるうちはできるだけ長い間繁栄を謳歌すれば良いと思います。 >2.自然を支配し、欲望を満たすことは人間の本質であり、過度な環境保護活動は文明を否定することにつながる恐れがあること。 まさにそのとおりです。過度な環境保護活動をする人は手段と目的を混同している人だと思います。本来は、短期的な発展が近い将来の破滅を招く場合があり、長期的かつ持続的な発展をするために環境保護が必要になってきている、という事だと思います。 絶滅危惧種を守るというのは、一つは、人類のために遺伝資源を保存するということ。もう一つは多様な生態系を保っておく方が人類にとって有益だから、ということです。ひとつの種が絶滅するということは、均衡を保っていた生態系のバランスに変化が起きますから、ある生物の大量発生、害虫、しいては病原菌・ウイルスなどの異常発生を招く恐れがあります。人類に害をなす生物が急激に増えないように、生態系はできるだけ現状を維持しておいた方が良い、との考え方だと思います。 >恐竜が絶滅したように人類が絶滅するのも宿命です。 ならば、絶滅を回避しようとするのも人類の生物としての宿命でしょう。 人間はいずれ死ぬ宿命ですが、死から逃れようとするのもまた宿命であるように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.7

 科学理論の裏付けない、一生活者の思いです。    変化は物事につきものですから、すらっと読むだけならご質問の文章に対してもっともであるという賛意を表することになります。  医学や、人類の生活などの進歩、或いは少しでも平和が維持されている状態は、人類の人口を飛躍的に増大させましたね。  1. 私は東京でも数年前は自然の豊富なとことに棲んでおります。    1)住宅や開発で自然というものが真に僅少になりました。    2)昔、タチションも犬猫の排泄物も、何の問題にも為りませんでしたが、今はそうは行かなくなりました。   これは真に些細なことかも知れませんが、世界全体ではもっと大きな循環法則の逸脱があると思います。   宇宙自身として、それはそれで成り行き進行し、その結果をもたらす。   宇宙としては人間に妥当とかどうかは別だという見解になるのか分りませんが、人間が人間の首をしめていないかなぁ。   そして環境という自然界へ強要は、人間の許される都合を逸脱しているかの感想と思いです。  2. 呼吸も吐いたら吸う。吸ったら吐く。ということでやはり何事も加えすぎた事は、多少は回復する仕事も伴わなければいけないと思います  3. そして自分の信仰の問題かも知れないが、人間はもっと自然や生きることに謙虚である必要がないでしょうか?   これだけ自然に強要し、ぎゅうぎゅうやっていることは、人間の能力と立場の逸脱といえないでしょうか?   ややり、大きな資本が環境問題に関心があるという事はとても救いでもあり、私達も生活では人間の与えられていることの意味を考えるべきだと存じますが。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.6

必要ですよ。 少なくとも国が発展してゆくためには必要です。 環境保護は、別名静脈ビジネスと呼ばれますが、物の生産・販売を意味する動脈ビジネスに加えて国の経済を支える第二の柱になるのです。 簡単にいえば動脈ビジネスだけの国と比べると動脈ビジネスと静脈ビジネスの両方を発展させた国は国内総生産が二倍になる可能性があるのです。 国内経済(GDP)が二倍になれば、より多くの国民が職にありつき、年金を納付し、公務員たちの給料を支払い、かつ先輩たちの残した膨大な借金(国債)を返してゆくことが可能になるかもしれないのです。 質問者さんは動脈ビジネスだけで日本のGDPを増加させ、雇用を創出し、年金制度を維持し、公務員たちの給料を支払い続け、かつ先輩たちの残した膨大な借金を返済することが可能だとお考えでしたか? 日本の様に先進国でありながら、膨大な借金を抱えている国は、今後は静脈ビジネスを積極的に開発してゆく「必要がある」のです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6063)

>環境保護は必要でしょうか。 はい。必要です。 環境保護の観点がまるで抜け落ちて発展してきた近代日本がどれだけ汚くて暮らしづらい社会だったか知っているので。 今でこそ都内の河川(神田川、石神井川、隅田川のはなしですよ)にも魚や水鳥が生息していますが、ほんの40年前までゴミや動物の死体や家庭排水がドロドロと滞留するようなドブ川だったんですよねえ。 かつては海は大きいからどれだけ排水を垂れ流してもたいしたことなかろうと思っていた工場があたりの生物の体内に毒物を蓄積させました。その結果、漁民を中心に中毒患者が大量に生まれました。 ああいう世の中はもう嫌です。 >「なぜ環境保護は必要なのですか?」と聞くと大抵「そんなの愚問だ。必要に決まっているじゃないか」と訳の分からない答えが返ってきます まさか一回の問答で一般化しているんじゃないですよね?誰にそんなこと訊いたんですか?ほんとうに全員がそんな回答だったんですか? まあ1については それ、人間どうせ死ぬんだから病気や怪我なんかなおす必要無いんじゃね、ってレベルのはなしですね。 根本的にそういうニヒリズムに則って生きるなら、ご自由にどうぞ、というしかありません。 でも、そんなひとがこういう場所で何かを問いかけてみたりすることの虚しさに気づかないんだとしたら、頭が悪いのか自己欺瞞に満ちているのかのどちらかですね。 2については >自然を支配し、欲望を満たすことは人間の本質 この命題の証明がなされていません。まず、そこから始めないと。 「そんなの愚問だ。そうにに決まっているじゃないか」なんて訳の分からない答えは返さないように。 >過度な環境保護活動は文明を否定する そりゃ、過度はいけませんよ。適度にすれば良いんでしょ。 なんでそんなことを理由に選んだんですか?最初から「過度な環境保護は必要無い」と言うだけで終わるのに。 >絶滅危惧種を守るというのも偽善に満ち溢れていると思います 発言内容に責任を持ちたいなら思うだけじゃ無くて考えてから物を言ったほうが良いですよ。 私だって幼稚園児のころから色んな事思っちゃってましたよー。 >仮にゴキブリが絶滅しても誰も気にしないと思いますが、クジラが絶滅するとなると西洋人たちは大騒ぎします ゴキブリが絶滅するようなことがあれば気にする人はわんさかいますよ。あなたが無関心だからそういう想像が働かないだけです。 クジラが絶滅するとなれば西洋人以外だって大騒ぎしますよ。現在でも日本人だってメキシコ人だってクジラの絶滅を心配している人はいますよ。 >これは生物を選別していることになり、人間の傲慢です なにも選別しない、なんてことができるわけないのだから傲慢もへったくれも無いわけですし、何をどう選別しているのかについてのあなたの論拠(ゴキブリとクジラ)はただの思い込みなのでこの文章自体が無意味です。 >環境が変われば、それに適合した新しい生物が生まれるという考えではいけませんか それでOKですよ。 絶滅種の保護について学者は学問的な意味を見出そうとするでしょうが、まあそれは自然保護とか環境保護とかとは別のはなしですしね。(まさかその辺もゴッチャにしているなんてことありませんよね?) でも、人為的な環境変化も全すべてあなたのおっしゃる「環境」に含まれるんだとしたら、それこそ人間の欺瞞に満ち満ちてパンクしますね。 最後の段落はあなたの人生観の表明に過ぎませんね。 永続的な繁栄とかなんだとか、それ、現在の環境保護・自然保護について何の関係もありませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に対する非難は、質問サイトの規定に抵触します。 以後お気を付けください。

  • 回答No.4
  • cyototu
  • ベストアンサー率28% (393/1368)

多分貴方が正しいでしょう。まっ、貴方がいなくても皆の生活は変わりませんし、地球の環境も変わりません。貴方が一生懸命生きなくてはならない理由は、確かに私には見当たりませんものね。貴方の単なるのノスタルジックだということに賛成です。死ぬ者は死ぬんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#140045
noname#140045

環境保護と言ってもいろいろとありますので、すべて同列で考えることは危険です。 特に、動物などに関しては、なるべく人間と関わり合いを持たない方向に進んでいます。 例えば、日本でも(たぶん)白鳥の餌付けが最近ではなくなりましたが、これもそのような考えによるものです。(自然淘汰) また、食料としての動物もなるべく家畜にして、自然の生き物はなるべく殺さないような流れになっています。 日本は、まだまだその点では遅れていて、「グリーンピース」のような過激な人たちがいるからこそ、逆に捕鯨を正当化している状況です。 私からすれば、"鯨なんか食べなくても誰も死なない"と言いたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • parts
  • ベストアンサー率62% (6342/10114)

人一人一人が環境を理解し、行動するためにはある程度の活動は必要なのですけどね。 このところ金ありきの活動が多いのが情けない。特に、先進国は利権が渦巻いているのが、哀しい。 それをどのように理解するかによるでしょう。環境活動家の中にはいろいろな人や団体がいます。自分の利益のために環境を売りにする人や団体は結構ありますが、その中で企業はその最たるであり、エコブームに便乗してエコロジーを過剰アピールするのはその証拠でもあります。 環境活動家に資金が流れるのは当然ですし、必要なのか必要ではないのかという前に、今の資本社会のシステムにずいぶん前から組み込まれているのが、この環境活動です。 そのため、質問者様の意見はある意味では間違っていません。考え方によってはおかしいのです。活動がメインでお金は二の次のはずが、お金がメインで活動の内容が二の次になっている。結果的に派手なパフォーマンスが主体の意味のない(環境に悪影響を与えかねない)活動家を生み出します。 ただ、実際にやるべきことを正しく活動する活動家もいます。 種として多様性を失うことを危惧する人には、生き物としての重要性を見る人もいますが、人間にとっての重要性を見る人もいます。地球上に存在する種は数兆とも言われ、まだ判明していない種もたくさんいるとされています。それらには、一つ一つ役割があり、その歯車が狂えば人間も含めた生態系に悪影響を与えるとされているのです。 例えば、次の質問ですが、 環境が変われば、それに適合した新しい生物が生まれるという考えではいけませんか。 これは、種によって妥当な判断ではありません。特にほ乳類やは虫類などの高等生物で、寿命の長い種はその生態系に適合した新しい種になるまで、数千年~数万年果ては数十万年の時間を必要とします。これは、一つの世代が生殖能力を備えるまでにいたるまでに、時間が掛かるためです。一世代の寿命が長い種は、一度滅びると同じような種またはそれに変わる種を生み出すまでに、長い時間が必要になります。 人が、猿人から人になるまでに100万年掛かったことを考えればわかりやすいでしょう。 それに対して、細菌やバクテリアは種の寿命が短いため、早期に変異します。 NDM1などの抗生物質の効かない耐性菌がどんどん生まれるのが、その一つの例です。 大型で長生きする種は、滅びるとたぶん人類が存在する間に元の穴埋めをするような種が生まれることはありません。そうなると、人間の食い扶持がなくなりますから、人は自らで滅びへの一歩を踏むことになるでしょう。また、変異の早い細菌やバクテリアに対抗できる物質は自然界の植物や動物、有機化合物から生まれます。それらは希少なものが多く入手する手段も徐々に立たれることになります。人が滅びるのが早くなるだけの話です。 まともな環境活動家で特別な強行団体などに属さない人は、それを考えて行動するケースも多いのです。テレビに出て、当たり前だろうというような活動家はパフォーマンスをして企業の資金を漁るのが実態であり、今の社会が産んだ偽物のパフォーマンス主体の活動家です。 ちなみに、1については地質学者でもたくさんの解釈が出ているはずです。氷河期が来るだの、地震がうんたら、火山がうんたら・・・。これは、地震の長期予測が難しいのと似ています。物事は、過去の事象を元に計算されます。しかし、惑星にも年齢があり、年を取れば周期が変わるのは当然のことですし、プレートの移動が今でも起こっていますが、そのプレートの場所による環境変化もある。隕石など外的要素によって変わるかもしれません。そのため、1は実際にその時間にならないと答えが出ないのです。場合によっては、明日からかもしれないし、100万年1000万年後も変動はないかもしれない。ただ、計算した人から見た確率論としては高いというだけです。 2は、文明の否定にはならないでしょう。 金が出るということはそれなりのバックボーンがあるのです。世界の環境団体は、世界中の一流企業に支えられているとされています。実際には一流企業の下請けかもしれません。それでも、容認されていると言うことは、自由な活動が出来る文明社会がそうさせているという見方もできます。 本当に今の文明が否定されるなら、富豪はそういった手段は危険視するでしょう。そうでないということは、文明を肯定する要素(お金になる部分)があるのですよ。 ちなみに、現代文明社会は通貨で成り立っています。 最後に蛇足です。この数年の日本人に多い傾向として限界を超えたがらない傾向がある。 当たり前、無意味。他人には今、無意味でもその人にとって意味があるからやることは多々あり、それをした結果評価されることもある。閉塞社会では無意味の方が可能性があると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 〉2は、文明の否定にはならないでしょう。 環境ビジネスという意味では、環境保護が経済活動の一環となり、文明の否定にはならないかもしれません。 しかし「CO2何%削減」といったように、現行の経済活動を制限するような政策は、全く無意味だし、文明の否定につながると考えます。

関連するQ&A

  • 環境保護に力を入れている団体を知りたいのですが、

    環境保護に力を入れている団体を知りたいのですが、 内外を問わず、その活動が顕著である団体を 教えていただけないでしょうか? また、その際一言貴方のその団体に対するコメントを 伺えると幸いです。 よろしくおねがいします。

  • エコロジーは何のため?

    エコロジーは何のために行うのでしょうか? 人間の活動によって、 地球の環境が変化し、多くの生物の生存が脅かされています。 地球を、環境を守るためと言われれば 確かにエコロジーは当然なことのように感じます。 しかし、地球が誕生してから多くの生物が誕生し、 環境に合わせて進化しています。絶滅した種も多いでしょう。 現在環境問題と言われている事柄によって地球の環境が変化しても、 また新しい種が生まれ、進化し、適応していくのでしょう。 人類が絶滅した後も、地球は変化し続けるでしょう。 そう考えると、地球環境を守る必要性に疑問を持ってしまいます。 現在地球上にいる種を長く生き残らせるため、 という考え方が妥当なのでしょうか。 一般的な意見、もしくは専門的な意見等あれば ご回答よろしくお願いします。

  • 究極の環境保護(子孫とりやめ)をなぜ流布しないか

    私の認識が甘かったら申しわけありませんが、環境保護環境保護といいながら、究極的な方法、あるいは絶対的な方法である「人間を減らす」ということをなぜ流布しないのでしょうか。子供を作らないで生涯を終えるということが、実は(政治を考えなければ)究極唯一な方法であると思います。 所詮、自分の幸せを犠牲にするという思考法はないのでしょうか?

  • 環境問題を訴える言葉として「地球に優しく」という言葉の使用は適切ではないのではないでしょうか?

    私はこの地球上に温暖化をはじめとする環境問題など一切存在しないと考えている者なので、最近の猫も杓子も「エコ」「エコ」と言っている状況には正直うんざりしています。 それも変わり者が私的にのたまわっている分にはいいのですが、近時では政府いや国際会議などの場でも議論されるようになり、二酸化炭素の排出権が取引されるようになったり将来的には環境税の導入なども真実味を帯びてきており、私には全く理解不能かつ不愉快な事態です。 そこで教えて頂きたいのですが、 (1)本当に温暖化などという現象は起きているのですか?起きているとするのならばその根拠は何ですか? 地球46億年の歴史の中では今よりも二酸化炭素の量が多く、地球全体が熱帯雨林気候のような時代もあり(恐竜が栄えていた時代にはCO2の量は現在の6~7倍あり、気温もずっと高かった。そうでなければあれほど巨大な生物が生きていけるだけの植物が賄えない)、また逆に全世界が氷に覆われた氷河期の時代もあり、地球の気候は1億年とかもっと長いスパンで変動しており、人類の活動の影響で気温が上がったと言うのには正確なデータが地球の歴史から考えるとあまりにも短く説得力に欠ける(地球の誕生から今日までを1年とすると人類の生産活動が本格化した産業革命から今日まではたったの2秒に過ぎない。そんな一瞬のデータだけで地球の長い歴史の気候変動を無視し、人類の活動の影響で温暖化が進んでいるとするのには無理があるのではないか)。 (2)また、仮に温暖化が進んでいるとしても温暖化して我々人類にとって何か不利益があるのですか?あるいは地球が滅亡するというような事態が起こるのですか? 温暖化で全地球の平均気温が3~5℃上がり北極や南極の氷が融け、海水面が上昇し南太平洋のツバルとかいう国やイタリアのベニス等が沈んだとしても大したことではないのではないか。また、気温の上昇により世界各地の水が蒸発し砂漠化が進行することにより地球上の人類全体を養っていくだけの食糧が取れなくなると言う話もあるが、そんなことは先進国で経済力がある我が国にはあまり関係のないことなのでないか。 それに先程も述べたとおり仮に温暖化が進んで気温が現在より3~5℃上がったとしても地球の長い歴史ではもっと過酷な環境であった時代もあり、温暖化により地球が滅亡するということは考えにくいのではないか。 (3)温暖化が進むと我々人類にとって何か不利益があるとしてもそれは我々人類が生活を営んでいく上で環境が悪化し住みにくくなるというだけで、地球は別に何も困らない訳であり、環境問題を語る上で「地球に優しく」と言う言葉の使用は適切ではないのではないか。「エコ」ではなくむしろ人間の「エゴ」なのではないか。 本当に地球を守りたいということであれば、人類がこの地球上から居なくなることが一番の環境保護につながるのではないか。地球も人間以外の生物にとってもそれが最も喜ぶことなのではないか。 本当に地球を守りたいと声高に叫んでいる連中はそのことを理解した上で、環境保護を訴えているのか?自分の命を投げ出す覚悟があって環境問題を語っているのか、私はおおいに疑問を感じます。 以上の通り私には現在の環境問題を巡る議論の意味が全く理解できません。大変愚か者で申し訳ありませんが、どなたかこのような愚か者の私にも分かるようにこの問題についてご教授頂けますでしょうか。

  • Q:米「CERES」のような環境保護グループが、日本にもありますか?

    Q:米「CERES」のような環境保護グループが、日本にもありますか? こんにちは。環境と企業について勉強している学生です。 知識不足がたくさんあると思いますが、何卒よろしくお願いします。 質問は、アメリカの「CERES」のような環境保護グループ・組織・運動が、日本にもあるかどうかです。 海外(特に途上国)の環境保護活動においては、経済や多国籍企業を必ず考えなければいけないキーワードである思います。 そこで、投資会社の社長が代表となっているCERESはとても有効である団体だと思えました。 しかし、日本でそういった団体を探すと、なかなか見つからず、質問させて頂くことにしました。 もし、ご存知でしたら教えてください。(知人の関係でJBIBは知ることができたので、それ以外でお願いします)

  • 宇宙船、地球号の乗組員、人類について?

    はじめまして 人類は地球上に存在する、特殊な生物です。 莫大な人口増加、食料の不足、それに伴う高度成長と呼ばれる環境破壊など、人類は地球にとっては非常に困った存在になっています。 また、正当な理由を付けて、他の種を絶滅させたり、開発という名前の環境破壊はどしどしやって行き、食料は、自分たちが食べる以上の食料を確保し、何らかの理由を付けて無駄に消費してしまいます。 人類の得意なことは、地球上にいる人類以外の生物を絶滅させる事、支配することが特徴で、共存する事は出来ません。 牛や豚を家畜として、飼育してある時期が来ると食料にします、こういう事は共存とは言いませんね?今は、人類が動物を支配している為、様々なルールを作り、それらしくしているだけで、あくまでも人間のルールで良い悪いが判断されてしまいます。 人間とて自然の一部、生物でしかありませんが、人類だけは、食物連鎖に関わらず、消費だけを行っています。 人類は地球が長い間掛けて作ってきた自然循環型の連鎖を壊して、自分勝手に繁殖していきます。このままでは人類は、地球上の悪しき存在以外ありません。 例えば人食い虎が、森を破壊しますか?人食い鮫が海を破壊するのでしょうか、違います彼らは自然のままに生きているだけですが、人間は自分たちで制御出来ない物に対しては、恐れから、正義の名の元に駆除などを行います。 未来のことが考えられる教育が、今の人類には必要だと思います。 また、今は解決策が見つからない世界であっても、これを劇的に変化させることが、出来る科学の力は、無いのでしょうか。

  • 絶滅危惧種の保護

    素人の単純な疑問です。 深い意味はありませんので、皆様の思うまま気軽に答えて下さい。 (科学的に答えたい方もそれなりに。) 絶滅危惧種は何故保護しなければならないのですか? 地球環境は日々変化しています。 人間による外的作用が一番の原因でしょうが、それが無くても変化が有る事は変わりません。 環境の変化に伴って生きられる生物も変わって行くのは自然だと考えますが、何故サポートしてまで現種を残すのでしょうか? 必要性はどこに有るのでしょうか? 実は深く考えている訳ではないので(何となく思っただけ)、簡単に回答して頂けると助かります。

  • 地球温暖化がいけない理由

    地球温暖化が叫ばれて久しいですが、そもそもなんで地球温暖化はいけないことなのですか? 地球温暖化が進めば、気温上昇,海水温上昇,海水面の上昇,異常気象,気候変化,生態系の変化・・・など様々な影響があるのは分かります。ですが、だからといって、その何が悪いのでしょうか。 生物は環境の変化に適応してきた種が生き残ってきているのであり、人類が絶滅の危機に瀕する程度ならば、地球温暖化は阻止すべきでしょうが、地球の平均気温が少し上がったぐらいで人類が絶滅するとは思えません。 もちろん、一部の地域では住みにくくなると思いますが、そんなのは移住すれば済む話です。 もし、人類が滅亡する程度のことなら、その防止に取り組むのはわかるのですが。 地球温暖化が進めば、絶滅する種もでてくるでしょう。他の種を保護するのは自由ですが、そんなのはそういうのが好きな人が勝手にやってもらえばいいわけで、国家レベルで地球温暖化防止に向けて取り組むのはおかしいと思います。 人間だけが栄えれば良いというわけじゃないという人もいるかもしれませんが、ほかの動物は他の種のことを考えて生きていないと思いますし。 私は、地球温暖化防止に取り組むなといっているのではありません。これほどまでに国家レベルで二酸化炭素の増加の抑止を叫ぶ必要はないと思うのです。 欧米では、日本ほど地球温暖化に対して考えてないというのも(特にクライメートゲート事件がおこってからは)聞いたことがあります。 なんで、地球温暖化がいけないのでしょうか。

  • 「紙の節約」は環境保護に意味なんてあるの?

    現在、エコブームで、レジ袋有料化・オフィス冷暖房抑制が流行ってます。 私の職場内でも「紙の節約」が流行っております。 印刷間違い等でいらなくなった紙を「廃紙」と呼んでますが、この裏面は まだ使えるので、別の印刷用紙として再利用しています。 しかし、あまり度の超える環境保護も業務効率の低下を招くため、 どうかと思う時も多々あります。 紙1枚は1円もしません。 環境に対する価値ってそのまんま値段と同じだと思うんで、せいぜい 紙は1円以下の価値なんでしょう。 仮に、紙が地球環境に対して大きな影響があるとすれば、紙の値段は 必然的に高くなるんじゃないでしょうか? 紙を節約する事は、地球環境にとって本当に意味があるんでしょうか?

  • 行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか?

    行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか? 極論で一つの事だけを取り上げますが、 例えば、食事中に下に落とした物を拾って食べる人、食べない人 食べない人の中でも、もったいないけど人目とかを気にして食べない人 誰も見てないけど、しつけで行儀良く育ったため、食べない人 など育った環境などによって十人十色だと思います。 北朝鮮やアフリカなどの貧困な人は極端ですが 日本の江戸時代や、それ以前での一般庶民は 何のためらいもなく、それどころかもったいない事のみで 拾って食べるのではないでしょうか? もったいない事をしてまで行儀やマナーは人類にとって必要なのでしょうか?