• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

オプション取引というものについて

オプション取引というものについて  先物のカテゴリで質問させていただいたのですが、回答が得られませんでしたので、こちらで質問させてください。  デリバティブ取引のデの字もよくわからない初心者です。  中でもオプション取引についてお教えください。  オプション取引には下記3通りの決済方法があると聞きました。    (1)権利行使によるオプション取引の売買  (2)反対売買によるオプションの転売  (3)権利の放棄  とくに(2)反対売買がよく理解できていません。  これは、例えば、国債先物のコール・オプションを買い建てたとして、国債先物とコール・オプションの相場がいずれも上昇した場合、買手が、売手に対し、下記いずれか2通りから、利益の高い方を選択できるということでしょうか?   (1)権利を行使し、国債の相場上昇分の差額から前渡しのオプション料を控除した額を享受する。   (上昇した国債先物の相場価格-行使価格-前渡ししたオプション料=享受できる利益)   (2)反対売買、つまり売手に買い戻させ、オプションの時価と前渡しした金額の差額を享受する。   (上昇したコール・オプションの相場価格-前渡ししたオプション料=享受できる利益)  さらに知りたいのは、(2)で売手に対し、買戻しさせるということは、当然にできることなのでしょうか?それとも、オプション取引時、売手と別途契約か特約か何かが必要なのものでしょうか?  何卒、よろしくご教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数162
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

少なくとも流動性のある市場で取引されているオプションの場合は、 売り手と買い手は不特定多数が相手です。自由に売ったり買ったりできます。 買ったオプションが値上がりしたら、市場で自由に売ればOKです。 その時点で利益が確定します。 相対(あいたい)取引のオプションの場合は、 相手に買戻しさせるような場合もあるかもしれませんね。 ちょっと脱線。権利行使の話。 それから、アメリカンタイプのオプションだとしても、 通常は満期日前の権利行使は行いません。権利行使するよりも、 反対売買するほうが有利(利益が大きい)だからです。 (満期日に権利行使、というのはよく使われます。但し 銘柄によって違います。225オプションでは満期日に自動 権利行使してSQとの差額が自動的に決済されます。 なお、225オプションは満期日前には権利行使できません) 買ったコールオプションがインザマネーになり、流動性が低下したので 先物を売って両建て状態にしてから権利行使する、というようなケースも あると思いますが、やや特殊な例と言えるでしょう。 個別株のオプションの場合、オプションの転売益は雑所得になりますが、 権利行使してから、株を転売した場合は譲渡益になると思われ、 税コストを考慮した上で権利行使する人もいると思いますが、 まあ、これも特殊な例と言えるでしょうね。 オプションで非常に大きな取引をしたとき、取引相手が誰か特定できたと 仮定します。相手はたぶん権利行使されないと思っているが、もし権利行使 されると取引資金が不足することが予想されると仮定します。 このとき、取引相手を資金不足にして強制決済させるために、あえて無茶な 権利行使をするというケースも、考えられなくはないです。(これは超・特殊 な例ですが、権利行使は「権利」なので、こういうことも可能だ、という 一例として挙げました) ※アメリカンタイプ:いつでも権利行使できる ※ヨーロピアンタイプ:満期日にしか権利行使できない 実際に取引をしてみれば、時間価値を捨てる権利行使はあまり必要ないことが わかります。また流動性がないから仕方なく権利行使したくなる気持ちも 理解できます。(私がそうですから) 権利放棄、というのは非常によくあります。オプションの大半は紙屑になりますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な解説ありがとうございました。  もっと勉強します・・・。

関連するQ&A

  • 先物取引とオプション取引

    いまいちデリバティブの事がわかっていないんですが オプション取引は簡単に言うと権利の売買だと思うんですが 上がったら権利を行使して下がれば破棄すれば 損失はオプション料だけで済むと思うのですが、 先物取引は上がったら利益を得て下がったらそのまま損失になるので どう考えてもオプション取引の方が下がった時のリスクが低い気がするんですけど なんで先物取引を活用するのでしょうか? 先物取引よりオプション取引の方がいい気がします。

  • オプション取引の損益について。(証券外務員資格受験者です)

     今、オプション取引の項目を勉強しています。  オプション取引の損益について理解できずに悩んでいます。  コールの買い場合ですと、なぜ利益は無限大なのに、損失はプレミアム分に限定されるのですか?市場価格が低くなればなるほど損失が出るような気がするのですが...  その反対がコールの売りになるのですか?  プットの買いについては、最大利益は権利行使価格からプレミアム分を引いた分になるのはなぜ?....  参考書にはたくさんの図が書かれているのですが、よく分かりません。どなたかおわかりになる方教えていただけないでしょうか?わたしはオプション取引という言葉はこの試験を受験するまで全く知りませんでした。  よろしくお願いします。  

  • オプション取引について

    教えてください。同じ権利行使価格、同じ数量のコールオプションの買いとプットオプションの売りを組み合わせると、先物を買い建てるのと同じ効果があるというのはなぜでしょうか?

  • オプション取引の計算問題!

    今晩は。オプション取引の計算問題を解こうとしていますが、プット・オプションの計算法が解らずに 困っています。オプション取引に詳しい方、御回答をお願いします。問題は以下のとおりです。 ある顧客が,権利行使価格1,000ポイントのTOPIX プット・オプションをプレ ミアム40ポイントで10単位売り建てるとともに,権利行使価格1,050ポイントの同 プット・オプションを60ポイントで10単位買い建てた。  TOPIX のSQ 値が900ポイントになった場合における取引全体での損益はいくらか。 但し、委託手数料,税金は考慮しないものとする。

  • オプション取引について

    同じ権利行使価格、おなじ数量のコールオプションの買いとプットオプションの売りを組み合わせると、先物を買い建てるのと同じ効果があるのはなぜでしょうか?どなたかご教示お願いいたします。

  • オプション取引と要因の関係について

    オプション取引と要因の関係について、いくつか分からないことがあるので 質問します。 【1】原資産価格が上がると、コールオプションの価値があがる これはコールオプションを行使することで、安く買えるから価値があがる わけですよね。 【2】権利行使価格があがるとコールオプションの価値は下がる 安く買おうとするのがコールオプションなのだから、オプションを使っても 高値でしか権利行使できないのなら、うまみがない。だから、価値が下がる わけですね? 【3】金利があがるとコールオプションの価値が上がる これがよく分かりません。金利があがるということは、同一期間の価値が 上がるということで、残存期間の価値が上がっているのと同じになる。 だから、コールオプションの価値はあがる、のかな? それとも安く買おう とするのがコールオプションだから、金利があがると競合状態になって、 価値がさがる、ということになるのでしょうか? 金利が上がった場合のプットオプションの価値については、ますます分から ないのですが……。

  • 先物取引の決済

    外務員一種の勉強をしているのですが、先物取引の分野が全く分かりません。 オプション取引はコールとプットそれぞれの権利にプレミアを付けて売買しているということで 何となしに理解しているのですが、先物はまず概念からして理解できていません。 特に反対売買云々の件が1行も分かりません。 買方は転売により先物契約を解消するとのことですが、 民事上の契約を単に消滅させるだけなら金銭の移動は発生しないですよね? 現物が移転していないことは勿論、オプションの様に 何らかの独立した権利が発生しているわけでもない様ですし、 転売とはどこの何を誰に売っているのですか? そもそも金銭の移転はいつ発生するのでしょう? 売方の買い戻しは更に意味不明です。 売建てから入るとはどういうことでしょう? 現物も権利もないものをどこの誰に、そもそも何を売っているのですか? その上買戻しと言われても最早見当も付かないです。 結局、先物の説明は先物の起源の話 (大坂商人が来年収穫される米の値段を先に決めて、現物価格が上がったので利益を得た) 以外何も分かりませんでした。 どこかに分かり易い解説は無いでしょうか?

  • 株式投資 裁定取引

    株式、為替、先物、オプション市場などで上がり下がりを予想した単品売買をするのではなく、異銘柄の売り買い反対取引とか、異限月の裁定取引或いは、異なった権利行使価格のセット売買などによって、長期安定的に利益をあげられる、勝率の高い手法をご存知ないですか。またそのような取引を行っている運用会社や個人投資家はいませんか。

  • オプション取引きと先物について

    オプション取引きと先物について、少し理解しておきたいと思い、色々と調べてみたのですが、 概要は理解できたような気もするのですが、この2つの関係、また、この2つと現物との関係がよくわかりません。 ネットで調べてみましたが、用語解説として同じようなことが書かれていて、質問させて頂いたようなことはわかりませんでした。 今後、取引きするかは検討中ですが、現物取引き・先物・オプション取引きの関係が少しでも理解できれば、 相場観も変わってきて取引きの向上になるのではないかと思い質問させて頂きました。 質問が漠然としてしまいましたが、よろしくお願い致します。m(_ _)m

  • 【日経225オプション取引の売りの買戻し】

    こんにちは。 日経225オプション取引の売りをして予想とは違う方向へ日経平均が動き、SQ前に損切りをする場合は買戻しができるそうですが、この場合一体誰が利益を得るのでしょう。 私が今まで、売り方はSQ時に買い方が権利を行使するかしないのかをただ待つだけの受身の存在であると思っていました。 だから売り方は損失が無制限であると思っていました。 しかし、マネックス証券のWEB上で、買い方はSQ前に転売をしたり、売り方はSQ前に買戻しをすることができる旨の記載があります。 オプション取引は買い方と売り方とのゼロサムゲームではなく、他の人も登場してくる取引なのでしょうか。 宜しくお願い致します。