• 締切済み
  • すぐに回答を!

オプション取引について

行使価格が100円のコールオプションとプットオプションをそれぞれ一株づつ買ったとする。満期時に原資産である株価が80円になった場合に、満期時の損益として正しいものはどれか?との設問の答えが「20円の利益」との答えなのですが、なぜでしょうか?+-0になるのではと考えていたのですが。。。どなたかご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数115
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

「買い手」の場合、コールのほうに損失はありません。プットのほうの利益20円のみでいいはずです。 実際には、コール、プット双方からプレミアム分が差し引かれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プットオプション・コールオプションについて

    (1)プレミアム60円、行使価格900円のプットオプションを2単位買い (2)プレミアム90円、行使価格1200円のプットオプションを1単位売り (3)プレミアム120円、行使価格1500円のコールオプションを1単位買い の組合せでできるポジションの満期時点での損益をExcelで次のように出してみました。 満期日の価格: 300  600 900  1200  1500  1800        (1):1080  480 -120 -120  -120  -120        (2):-810 -510 -210   90    90   90        (3):1080  780  480  180  -120  -120     純損益:1350  750  150  150  -150  -150 (※縦列がきれいに揃っていなくて申し訳ありません。) この損益の結果から分かることって何かあるのでしょうか? また、もし計算結果が違いましたら、ご指摘・ご指導をいただきたいです。 回答よろしくお願いします。 (※あまり専門的なことは詳しくないので、難しい言葉はわかりません;;)

  • 日経225指数オプション

    プットオプションの件でご教授願います。 原資産 日経225 例えば、ある時点の 日経225の株価が16,000円 プットの権利行使価格が  15,500円 ・・・80円  15,000円 ・・・20円 だったとします。 15,500円プットを3枚を売り 15,000円プットを2枚を買う とします。 そして、清算日に原資産の価格が15,000円となり、 下記の損失が出たとします。 売り損失 =80円×1,000円×3枚=240,000円 ・・・(1) 買い利益 =20円×1,000円×2枚=40,000円 ・・・(2) 損失(1)-(2)=▲200,000円・・・(3) そこで、原資産(日経ETF等)400株を保有するとします。 15,000円×400株=6,000,000円・・・(4) その後、株価が17,000円まで上昇し 原資産を売却します。 17,000円×400株=6,800,000円・・・(5) 利益=(5)-(4)=+800,000円・・・(6) トータルして600,000円の利益((6)-(4))があったという認識は、 間違いないのでしょうか?

  • オプション取引と要因の関係について

    オプション取引と要因の関係について、いくつか分からないことがあるので 質問します。 【1】原資産価格が上がると、コールオプションの価値があがる これはコールオプションを行使することで、安く買えるから価値があがる わけですよね。 【2】権利行使価格があがるとコールオプションの価値は下がる 安く買おうとするのがコールオプションなのだから、オプションを使っても 高値でしか権利行使できないのなら、うまみがない。だから、価値が下がる わけですね? 【3】金利があがるとコールオプションの価値が上がる これがよく分かりません。金利があがるということは、同一期間の価値が 上がるということで、残存期間の価値が上がっているのと同じになる。 だから、コールオプションの価値はあがる、のかな? それとも安く買おう とするのがコールオプションだから、金利があがると競合状態になって、 価値がさがる、ということになるのでしょうか? 金利が上がった場合のプットオプションの価値については、ますます分から ないのですが……。

  • 回答No.1
noname#212174

>……行使価格が100円のコールオプションとプットオプションをそれぞれ一株づつ買った…… いくらで買ったのか分からないと計算できません。 なお、オプションの数え方は、一般的に「枚」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コールオプションの価格

    現在の株価250円、残存期間1年、行使価格300円、無リスク利子率年0.5%、ボラティリティー年15%とするときの、この株式を原資産とするヨーロピアン・コールオプションの価格は、 50.884 と求まったのですが、この価格から分かることってあるのでしょうか?? 回答よろしくお願いします。

  • コールオプションの価格

    現在の株価250円、残存期間1年、行使価格300円、無リスク利子率年0.5%、ボラティリティー年15%とするときの、この株式を原資産とするヨーロピアン・コールオプションの価格を、 ブラックショールズモデルの式に当てはめると、 2.380 となりました。 この求めた価格は正しいでしょうか?? 自信がありません;; ちなみに、Excelで次のような計算をしました。 d1=(ln(株価/行使価格)+(無リスク利子率+ボラティリティー^2/2*残存期間)/(ボラティリティー*√残存期間) d2=d1-ボラティリティー*√残存期間 標準正規累積密度関数の計算 N(d1)=normsdist(d1) N(d2)=normsdist(d2) よって、コールオプションの価格は、 株価*N(d1)-行使価格*e^(-無リスク利子率*残存期間)*N(d2) の計算によって、2.380と求められました。 この結果は正しいでしょうか?? また、このコールオプションの価格がわかると、何がわかるのでしょうか??

  • オプション計算

    原資産が現在80円 時点1で確率50%で88円 確率50%で72円となる。この行使価格86円のプットプレミアムはいくらか? 又、コールプットパリティでも計算をしてみる。 この期間の無リスク金利5%とする。 教えてください

  • コールオプションについて

    教えてください。コールオプションでは権利行使価格が低いものほどプレミアムが高いのはなせでしょうか?また原資産価格が上昇するほどプレミアムが高くなるのはなぜでしょうか?

  • 新株予約権を監査法人からマイナス評価されました

    会社で保有している新株予約権の評価で監査法人(大手)と意見が分かれました。 上場株式の新株予約権を0円で取得していたのですが、 期末に、その上場株式の時価が予約権行使価格を下回ってまして、 その差額を評価損とするように言われました。 B/Sに新株予約権がマイナスで計上されています。 新株予約権の価格が0円を下回るはずはなく、 実務家からすると明らかにおかしいのですが、 どのように説得すればよいかお力を貸してください。 なお、評価損益=取得価額-時価だと主張したのですが、 デリバティブでは評価損益=行使価格-原資産の時価と言われました。この根拠も不明なのですが、教えていただけますか?

  • ヨーロッパ型コール・オプション

    現在のA社の株価は40ドルだ。1ヶ月後には42ドルか38ドルになることがわかっている。無リスク金利は連続(1年)複利で年率8%だ。 行使価格39ドル、行使期間1ヶ月のヨーロッパ型コール・オプションのオプションの値はいくらか? 【解答】 ポートフォリオ… ◎単位の株式を購入 ◎1単位のコールオプションの売却 ステップ1 このポートフォリオを無リスクにするような△を計算する。 株価が上昇したとき ◎株価の価値:△42 ◎オプションの価値:3 したがってポートフォリオの価値=42△-3 株価が下降したとき ◎株価の価値:38△ ◎オプションの価値:0 したがってポートフォリオの価値:38△ 無リスクになるには株価の上昇、下降に関係なくポートフォリオの価値が等しくなればよい。この条件での△は、 42△-3=38△ △=0.75株となる。 よって、無リスクでのポートフォリオの価値は28.5 である。 ステップ2 この場合において、オプションの現在価値fはいくらになるか? 40×0.75-f=28.5e^(-0.08*1/12) f=1.6894(答え) ここで質問なんですが、 1…株価が下降したときにオプションの価値が-1じゃなくて0なのはなぜですか?また、28.5という数値はどこから出てきますか?

  • 貸借対照表の純資産について

    1.株主が出資したお金は、純資産の払込資本に算入できますか? 2.ストックオプションの行使価格それとも、行使したことによって発生した株価が純資産の新株予約権に算入できますか? 3.前2問は、貸金業の要件に定める純資産額5000万円以上に算定できますか? 御回答、頂ければ幸いです。

  • eワラントについて

    eワラントに興味があるのですが、よくわからないことがあるので、質問です。 GSのHPにある「シミュレーター」で満期までワラントを保有した場合の利益がマイナスになる場合があります。この場合の想定事項としては、コールで満期時の原資産の参照価格が権利行使価格よりも高いということにしているのですが、どうしてこのような結果になるのでしょうか? 私の理解では、満期時の償還金は、コール型の場合、 (満期参照価格-権利行使価格) X 1ワラント当たり原資産数 X 保有ワラント数 ということで、税金や手数料を無視して考えた場合、上記のケースで利益がマイナスになることは無いと思っているのですが。 もうひとつ、eワラントの説明でよくわからないのは、「時間的価値の減少」という記述です。満期が近づけば近づくほど、時間的価値が減少する、というような説明ですが、そういうことであれば、むしろコール型のワラントを満期直前に買うほうが、同じ元本で購入できるワラント数が増えることにより、満期で権利行使価格を上回れば、その分得ではないかと思ってしまうのですが、間違いでしょうか?何か根本的な部分の理解が間違っているような気がしています。 以上、御回答よろしくお願いいたします。

  • オプションのプレミアムの急騰の合理的意味

    今回の震災後の値動きで、プットオプションのプレミアムがかなり急騰しましたが、それにしては急騰しすぎ(原理的にありえない?)ではないのかと思いました。 以下は、3月15日の4月限と、5月限プットの高値で、おそらく225先物が一時8000割れした時の値であると思います。(一部、オーバーシュート?な値になってプレミアムが逆転してるようなとこがありますが) 行使価格  4月限  5月限 5500     255     6000     350    350  6500     475    485 7000     1340   635 7500     1320   780  8000     920    945 8500     1150   1240      9000     1490   1650 そもそも、オプションのプレミアムはITMにならないと250円以上の値はつかないと思うのですが、このときはほぼATMの8000円のプットでさえ920円にもなっています。 プレミアムには時間的価値が含まれるので、ある程度の上乗せがあるとはいえ、先物との関係上高すぎるのではないでしょうか。 オーバーシュートなのか?、とも思いますが、そもそもオプションの値動きは、デルタの存在が示すように、原資産の値動きに対してある程度規則的に変動するものですよね。 であるならば、先物が8000円の時点でのこれらのプレミアムは(理論上?)ありえない(高すぎる)と思うのですが。 これらプレミアムの値からすると、原資産である先物が5500円くらいを示している状態ではないでしょうか。 しかし一方で、需給というものがありますから、そういう意味ではどれだけオーバーシュート(先物に対する乖離)してもおかしくはないともいえます。 しかしそうすると、そもそもデルタって何なんだ?ってことになるのですが(需給で先物を無視したプレミアムの値動きが成立するのなら、デルタは意味をなさない?)。 二転三転してややこしくなりましたが、このときのプレミアムはどういう理由(原理?)でついたのでしょうか?

  • ワラントの満期日

    (1) 日経平均が12000円、権利行使価格が10000円のコールワラントを満期日の前日に購入し、満期を迎えた場合、(12000-10000)X1ワラントあたり原資産数X保有ワラント数 の金額を誰もが受け取れるのでしょうか?(満期日の日経平均は変らず12000円と仮定します。ゴールドマンサックスは満期日の前日まで売買可能という前提です。) この場合ですと損をする人がいないと思うのですが、世の中そんなに甘くはないと思って調べました。しかし、答えがみつからなかったため、質問させていただきます。 (2) また、同じ満期日で権利行使価格10000円があるにもかかわらず12000円のコールを購入してる人はどのような意図で購入しているのでしょうか?12000円コールの方が、リスク高いですよね?? ご存知の方、できれば簡単な例を示していただけると助かります。よろしくお願いします。