• ベストアンサー
  • 困ってます

高校物理におけるdy/dxの扱い

高校物理におけるdy/dxの扱い 親戚の子の高校物理の問題(高難易度)の解説を見ていて気になることがありました。 途中で微分の式が出てくるのですが、   (ナントカ)・dy/dx=(カントカ) のような式が出てきたのですが、その直後に  両辺にdxをかけて   (ナントカ)・dy=(カントカ)・dx というような変形をして解説が続いていました。 自分は高校生の時に、数学で「dy/dxは分数ではなく微分の記号。ただし合成関数などの微分では分数のように扱える」とかのように習った記憶があります。しかしこの解説では、dy/dxをもはや分数と同様に扱っているように見えました。 物理の世界ではこういった式変形はよくあるのでしょうか? また高校物理でこういった表現をすることに支障は無いのでしょうか? ちなみに自分は数学は大学受験レベルまで、物理は高校の授業レベルの知識ですので、それを考慮して答えていただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数439
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • sak_sak
  • ベストアンサー率20% (112/548)

ご存知かとは思いますが分数と同様に考えることはできます。 私もそうですが、多くの理科系の人間はdxをΔx(微小増分)のように解釈することがあります。 しかし、飽くまでdxは微積分の記号であり、分数と解釈するのは誤りだと考えます。 もし「両辺にdxをかけて」という表現があったら、数学上の問題があると思います。 これに関しては数学カテゴリで質問し直される方が良いかもしれません。 >物理の世界ではこういった式変形はよくあるのでしょうか? よくあります。 大学の理科の先生は「dxをかける」という言い方は授業中よくすると思います (ただし文字として残す場合には気をつけるのが本来です)。 >また高校物理でこういった表現をすることに支障は無いのでしょうか? 文部科学省検定の教科書に書かれているのなら問題だと思います (「発展」や「研究」という名前で“読み物”として扱われているなら別かも)。 市販の参考書や問題集にある、ということなら問題無いと思います。 そのような式変形は知っていると問題集の作者は考えているのでしょう。 そこまで考えていないのかもしれません。 難易度の高い参考書類に大学の知識が出てくるのはよくあることです。 但し、その場合でも「両辺にdxをかけて」という表現には問題があると思います。 (高校生にわかりやすくするためにΔxとdxを混同させているのかもしれませんが…)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

関連するQ&A

  • dy=dy/dx・dxの求め方

    dy/dx=dy/dx から両辺にdxを掛けたようになっておりますが、 dy=dy/dx・dx を求めるために 微分法等の公式を活用してどのようにすれば求められるのでしょうか? dy/dx はyをxで微分するということを表しており、dy/dx は分数とは異なると理解しておりますが・・・ どうぞ宜しくお願い致します。

  • dxやdyの本当の意味は?

    宜しくお願いします。 昔、高校で dy/dyの記号を習いました。これは分数ではなくて一塊の記号なのだと習いました。 が、微分方程式ではdyとdxをばらばらにして解を求めたりします。 「両辺をdy倍して…」等々、、、 また、積分の置換積分では約分したりもしますよね。 結局、dy/dxは一塊ではないんですか??やはり分数なのですか? (何だか高校の数学では騙されてたような気がしてきました) 一塊の記号でないのなら分数っぽい記号ではなくもっと気の利いた記号にすればいい のにとも思ったりします。 実際の所、 dxの定義は何なんですか? dyの定義は何なのですか? 本当はdxとdyはばらばらにできるのですか? どなたかご教示いただけましたら幸いでございます。

  • dy÷dx

    独学で数学の勉強をしています. 微分のところをやっていて少し詰まってしまいました。 Δy÷Δx というのは分数のようなのですが、 dy÷dx はただの記号というようなことが書いてありました。 過去の質問等を見て lim という操作をしているから分数ではないと考えたのですが、 その一方で dx などが「微分」と呼ばれ、 dy÷dx は「微分係数」とか「導関数」と呼ばれるということも知り、 ただの記号なのに dx 単独に分解できてるので、 どうしても分数のように見えてしまいます。 どのように考えればよいのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

こんばんわ。 >物理の世界ではこういった式変形はよくあるのでしょうか? >また高校物理でこういった表現をすることに支障は無いのでしょうか? 物理の世界というよりは、高校数学でもこの変形はありますよ。 微積の一番最後ぐらいに、「微分方程式」という項目があったと思います。 ここでは、このような式変形→両辺を積分としています。 よく出る例は、 ・放射性物質の半減期を問う問題(数学の教科書なのに)や ・水槽から水を抜いていく問題(水が出る速さが深さの平方根に比例する) があります。 dyや dxを分数のように扱えるのは、あくまでも 1階微分までです。 2階微分は、d/dx(dy/dx)のように 1階微分の繰り返しとしなければなりません。 高校物理では原則使いませんが、本当の物理学では微分方程式で論じるのが常です。 上記の例も物理現象ですし、違った物理現象などの内容を誘導形式をとりながら論じ解かせる大学もあります。 (東京大学後期の試験では、そのようなものがあったと記憶してます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

  • 回答No.6
  • waamos
  • ベストアンサー率71% (33/46)

高校のカリキュラム的にどうか?というのは分からないのですが、 物理的に大丈夫か?という話であれば問題ないと思います。 むしろ、無限小のdxや積分の∫dxは、現実の有限な世界では Δxや?Δxになると解釈した方が、物理的な意味が分かりやすく、 計算が楽しくなると思います。(数学の先生は放っておきましょう) 「dfは単なる微小な数」という考えが破綻するのは、 (1)fが多変数関数で、どの変数で微分したdfか区別する必要がある。 (2)fが異様な形の関数で、途切れたり発散している点が密集している。 ぐらいのもので、高校物理ではどちらも必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

  • 回答No.4
  • rukuku
  • ベストアンサー率42% (401/933)

こんばんは 大学の物理学科卒です。 数学的にどう扱うか、ということは少し離れます。 私が高校生の時(15年くらい前)は物理では微積分は使いませんでした。 (等加速度運動の位置、速度、加速度の関係は公式としてでてはいましたが、  微積分を使った説明はありませんでした。) 一方、数学では、「紹介」程度で微積分の一例として「自由落下」が出てきました。 (ただ、物理では出てきた「空気抵抗を無視したときの打球」というXYが  あるようなもののは出てきませんでした) 大学1年生のかなり最初の授業で物体の運動で微積分を使うようになりました。 本当は物体の運動は微積分を使うのがスッキリするのに、高校の物理と数学は チグハグしていて、うまくかみ合っていないような状態でした。 >また高校物理でこういった表現をすることに支障は無いのでしょうか? これは、場合によっては「問題あり」だと思います。 基礎的な知識の裏付けが十分でないままに、「試験問題を解くテクニック」だけ を身につけてしまうと、実際の場面で応用が利きません。 高校数学も「応用」と称して難しい問題を解いているうちに基本的なことから 離れていってしまっているのでは?と感じたことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

  • 回答No.3

>dy/dxをもはや分数と同様に扱っているように見えました。 (ナントカ)・dy/dx=(カントカ)のdy/dxはたしかに微分の記号ですが 意味があります。 ご存知かと思いますが・・ ある微小な距離(変数)xがx+dxだけ変化したときの関数yの変化率dy/dxなので、 もともとある分数です。 つまり、{(y+dy)-(y)}/{(x+dx)-x}=dy/dx (数学上では、dxを極限のゼロ近傍まで持っていったときのyの変化率としますが・・) >物理の世界ではこういった式変形はよくあるのでしょうか?  変数分離というもので、よくやります。 >また高校物理でこういった表現をすることに支障は無いのでしょうか?  詳しく理解する分にはよいかと思いますが・・・  公式で対応できる範囲であれば、その公式で計算する。  不可能であれば、微分積分を使うしかないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

>物理の世界ではこういった式変形はよくあるのでしょうか? 日常茶飯事です。 受験の数学でも、交換積分で使うでしょう。 また普通の積分でも式の形はdxを積分してyの変化を求めています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

  • 回答No.1
  • OMTOMC
  • ベストアンサー率38% (18/47)

そもそもdy/dxというのはyの微小変化をxの微小変化で割るというものです。これは分数のように扱えますよね。しかしながらyの増加量をxの増加量で割るということはちゃんと傾きが出ますし、微分の意味を含んでます。 よって分数のように扱えます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 回答ありがとうございました。 皆さんの回答を拝見して「まあ問題ない」ということが分かりました。 微分の意味等は高校数学の範囲内で理解しており、分数のように扱えることも分かっているのですが、もし高校数学の試験で「dxをかけて」なんて書いたら減点されそうだったので、今回質問しました。

関連するQ&A

  • dy=dx

    こんにちは さっそく質問なのですが、 例えば、微分方程式や置換積分でdy/dx=1⇒dy=dxのような式変形を使いますよね。 が、このような変形をしていいのはなぜですか?

  • dy = f'(x) dx の理由

    お世話になります。 高校数学で dy / dx = f'(x) = lim {h→0} {f(x+h) - f(x)} / h と習ったかと思います。これを変形すると dy = f'(x) dx ・・・(1) となります。 一方、テイラー展開の公式 f(x + h) = f(x) + f'(x) h + f''(x) h^2 / 2 +・・・ より Δy = f(x+h)-f(x) = f'(x) h + f''(x) h^2 / 2 +・・・ です。h → 0 の極限をとると dy = f'(x)dx + f''(x) dx^2 / 2 + ・・・(2) となるかと思います。 (1)と(2)が一致しないことについて、どう考えればよいでしょうか? ((1)が(2)の2次以上の項を無視した近似だとすると、 近似式で微分という分野がうまく回っている理由がよくわかりません。。 数学ではなく物理なら「実用上」2次以降の微小量を無視するのは わかるのですが。。) よろしくお願いします。

  • 微分記号(dy/dx)について質問です。

    微分記号(dy/dx)について質問です。 例えば、 dy/dx=x という微分方程式を考えます。 両辺をxで積分すると、 ∫(dy/dx)dx = ∫x dx ・・・(1) となって ∫dy=∫x dx ・・・(2) ⇔ y = (1/2)x^2 + C (Cは積分定数)となります。 ここで質問です。(1)から(2)へ変形するときどうして、(dy/dx)dx = dx 、とできるのでしょうか? dy/dx は、分数じゃなくて記号だと習ったのに、あたかも普通の数字や文字であるかのように計算(約分)できるのはどうしてですか?形式的にしか理解していないのでその計算の意味を教えてください。 よろしくお願いします。

  • dy/dx (y+1)を積分して(y+1)^2?

    次の微分方程式の一般解を求めよ。 (1+y) (d^2y)/(dx^2) + (dy/dx)^2 = 0 dy/dx = p とおくと、      (1+y)p (dp)/(dy) + p^2 = 0 となり、      (i) (1+y) (dp)/(dy) + p = 0      (ii) p = 0 の2通りが考えられる。 (i)の場合      1/p (dp)/(dy) + 1/(1+y) = 0 の両辺をyで積分して      log |p(y+1)| = C_1 つまり、      dy/dx (y+1) = C_1 両辺をxで積分して、      (y+1)^2 = C_1x + C_2     ←? という解を得る。 ・・・と本に書いてあります。しかし、 「両辺をxで積分して」の計算は間違ってないですか? 自分が計算すると、      dy/dx (y+1) = C_1      ∫ (y+1) dy/dx dx = C_1∫dx      ∫ (y+1) dy = C_1∫dx      ∫y dy + ∫1 dy = C_1∫dx      y^2/2 + y = C_1x + C_2 になります。 積分して(y+1)^2になるなら、元々は2(y+1)じゃないといけないですよね、きっと。 ということで、どなたか検算をお願いします。

  • dy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

    次の微分方程式を解け 2yy'=1 とありました。解答は -------------------------------- 2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して ∫2y (dy/dx) dx=∫dx 置換積分法により ∫2y dy=∫dx ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数) -------------------------------- となっています。ここで疑問に思ったのが ”置換積分法により”という箇所です。 これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、 ”置換積分法により”dyにしなくてはならない、 ということが言いたいのだと解釈しました。 疑問1. そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には どのような作業を指すのでしょうか? 疑問2. 以下は全て同じことを表現したいと意図している のですが、誤解を招くことはないでしょうか? 2y・dy/dx・dx    2y (dy/dx)・dx   2y dy/dx dx 2ydy/dx dx 2y*dy/dx*dx 2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか ・と*と半角スペースどれが妥当か dy/dxは()でくくるべきか などなどです。

  • 導関数の記号 dy/dx の意味は?

    高校の先生から、微分(導関数)の記号:dy/dx は、1つの記号であって、 分数のように分母・分子に切り離してはいけないと教わりました。 しかし、逆関数での微分では、dy/dx を 1/(dx/dy)にしたり、積分するとき の記号では、最後に dx をつけ、あたかも分母だけをつけた形にしています。 初めの dy/dx は、「dy は分子、dx は分母」と素直に考えたほうが いいのではないでしょうか?

  • 微分y*(dy/dx)+x-2y = 0について

    微分方程式について教えて下さい。 とある問題集があり、そこには最初の式と途中経過があるのですが 自分が試したところではどうしても結果が一致しませんでした。 問題は以下の通りです。 式中の y/x = u として進めていきます。 y*(dy/dx)+x-2y = 0       (1) -> 1+u(u+x*(du/dx)) = 2u    (2) -> ∫((u/(u-1)^2)du = ∫(-1/x)dx   (3) -> (u-1)x=C*e^(1/(u-1))      (4) (1)が最初の方程式、(4)が結果です。 自分でやると(2)のところでは 1+u(dy/dx) = 2u になります。 (2)から(3)への計算は出来ますが(3)から(4)では log(u-1)+u = -log(x)+C → log(u-1)x = C-u になり先に進めなくなります。 きっとどこかで勘違いしているのだと思うのですが、 何日かおいてみても間違いが分かりません。 どなたか、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • dy/dxについて

    dy/dxはなぜ置換積分をする時(1)のように分数の計算みたいに計算できるんですか?高校の時も先生はそのことについてこれはこうなるという風にしか説明しませんでした。他の専門書とかにもとりあえずこうなるみたいな書き方をしてありました。そんなに難しい理論なんですか (1)t=2x^2とすると dt/dx=4x⇒dt=4xdx

  • 積分計算がわかりません

    微分方程式の問題で (x+y)dy/dx=3x+3y+1 の一般解を求めたいのですが 自分がわかった部分は Y=x+y・・・(1)とおいて 両辺をxで微分して dY/dx=1+dy/dx・・・(2) となるので(1)(2)から dY/dx=(4Y+1)/Yになって Y/(4Y+1)dY=dx で両辺を積分すれば求まると思ったのですが 左辺の積分がうまく出来ません また、ここまでの式変形がすでに間違えているのでしょうか

  • 微分の基本的な質問

    今微分について疑問に思ったのですが、 dy/dxって分数みたいに掛けたり割ったりすることが出来るんでしょうか? 例えば dy/dx=x^3/y だとすると両辺にdxをかけたりして ydy=x^3 dx になって ydy-x^3 dx=0 となり完全微分となり、yについて解くみたいなやり方がありますよね? 後、よく教科書で、dy/dt*dt/dx=dy/dxみたいな感じになってるんですが、 例えば y=x^2 と y=t^5 があったとして、 dy/dx=2x dy/dt=t^5 ですよね? dy/dtを分数みたいに(dy/dt)^-1にして dt/dy=(t^5)^-1 で dy/dx*dt/dy をするとdyが消えますから dt/dx=(2x)*(t^5)^-1 =2x/(t^5) となります でも、元の式に帰ると y=x^2 y=t^5 ですから t^5=x^2になって dt/dx=2x/(t^5)=2x/(x^2)=2/x になります。 しかし、最初の式で t=(x^2)^(1/5) というようにしてから微分すると dt/dx=2/5(x^-3/5) になります。 ということはdx/dyを分数として考えると矛盾が起こるんじゃないでしょうか? ということは教科書は間違っているんでしょうか?;; 誰か助けてください!!