• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

免疫が強すぎると…

免疫が強すぎると… 過剰な免疫反応の病気について教えて下さい。 自分なりに調べたところ考え方がまとまらず、ご指摘頂ければ有り難いです。 1.以下の考え方は合っているでしょうか。  細胞性免疫過剰→自己免疫疾患  液性免疫過剰→アレルギー性疾患 2.さらに以下の考え方も合っているかどうか教えて下さい。  交感神経が過剰に優位→細胞性免疫過剰→自己免疫疾患  副交感神経が過剰に優位→液性免疫過剰→アレルギー性疾患 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3191
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • albert8
  • ベストアンサー率61% (1658/2703)

免疫が亢進するあまり正常な自己を異物と見做して攻撃するのが自己免疫疾患とされています。そうすると当然ですが、ステロイドや免疫抑制剤など免疫を抑制する治療が主体となります。しかし、ご存知のようにそれで治癒することはありません。原因を治すわけでもなく矛盾があるからではないでしょうか。 自己免疫疾患は免疫亢進、過剰の病気ではなく免疫抑制の病態だとするとどうでしょうか。実際に末梢血ではリンパ球が大幅に減少しています。にもかかわらず免疫過剰だとして治療するわけですが矛盾をかかえたままです。これでは治るわけはありません。 ご存知のようにストレスで胸腺は萎縮しますし、胸腺由来T細胞、B細胞も減って免疫は抑制されます。 1、2の細胞性免疫過剰→自己免疫疾患の解釈の仕方ですが、この主体は自己応答性の胸腺外分化T細胞、自己抗体産生B細胞です。これらは体内の異常自己を排除、処理するためのものですが、ストレスやウィルスで破壊された組織を標的にして活性化します。従って破壊が深刻であればあるほど反応は強くなりますが、合目的です。免疫が過剰になって正常な組織を攻撃してるのではありません。自己免疫疾患は免疫抑制疾患です。免疫抑制が原因なのに免疫を抑制する治療を行うと治らないどころか次第に進行していくでしょう。 ストレス過多になるほど交感神経が緊張し、拮抗関係にあ副交感神経は抑制されます。組織破壊は交感神経の支配にある顆粒球(その過剰な活性酸素)の増多によっておこります。一方リンパ球はアセチルコリンの受容体があり副交感神経の支配にありますので当たり前ですがリンパ球は減ります。 副交感神経が優位になればなるほど抗原抗体反応の主役、リンパ球が増えますので、アレルギー反応がおこりやすくなります。 質問者さんがもし細胞性免疫過剰→自己免疫疾患を上記のような異常自己排除、組織修復(つまり体のもつ自然の治癒反応)の意味合いで使っておられるのなら異論はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な解説ありがとうございました。 >質問者さんがもし細胞性免疫過剰→自己免疫疾患を上記のような異常自己排除、組織修復(つまり体のもつ自然の治癒反応)の意味合いで使っておられるのなら異論はありません。 いえ私は”特に攻撃する必要がないのに暴走して攻撃してしまっている状態”を 自己免疫疾患と考えておりました。 つまり交感神経や細胞性免疫が過剰になる発端は免疫抑制状態であって、 単に免疫系が過剰になっている疾患ではない、ということですね。 勉強になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 免疫のしくみについて(Th1,Th2など)

    免疫の仕組みについて色々調べていますが、素人なので基本ができていませんので、わからないことだらけでなかなか先に進めません。 1、液性免疫と細胞性免疫とよく出てくるのですが、液性免疫は主にTh2が促進して、細胞性免疫はTh1が促進するようですが、このバランスがTh2に偏るとアレルギー体質になるようなのですが、液性免疫って免疫グロブリンのかかわる免疫で、IgEだけでないですよね。IgGとかウイルス、細菌向けの免疫も液性免疫がかかわるのではないでしょうか。細胞性、液性に分ける意味がわかりません。もしかして難しいサイトカインの名前とか受容体の記号をしっかり理解しないとわかりにくいことなのでしょうか。 2、阿保教授の自己免疫疾患のメカニズムには大変関心があるのですが、ストレスがかかると顆粒球優位になり炎症が起こりやすく、感染症を起こすとバランスが崩れているところにさらにNKTという免疫にまで活性化してしまい、自己免疫疾患を起こしやすくなるという考えは大変面白いと思います。しかし運動不足、甘いものの多食、肥満などが副交感神経優位に立たせ、リンパ球が増えアトピー体質が作られるというのですが、ほかのホームページなどでは戦争など強いストレスでアトピー体質が作られるような話もあります。  どうもアレルギー体質の人はリラックスしているように思われず喘息にしても経験的にストレスの多い環境で増悪している感じです。その辺はどうなのでしょうか。  アトピーと組織を傷害する自己免疫疾患はまったく逆の体質が原因でしょうか。感覚的には類似点が多い気がするのですが、免疫的にはどうでしょうか。  ストレス、交感神経興奮、顆粒球増加、Th1、自己免疫疾患、アレルギー体質この辺のパズルがすっきり頭の中で整理されません。  結局Th1とかTh2のイメージが専門家と微妙にずれているのかもしれません。

  • 液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

    液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。 自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか? またそれは考え方として一般的ですか? 私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、 自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。 これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、 著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

  • 細胞性免疫って・・・獲得免疫なのでしょうか?

    参考書には、獲得免疫には細胞性免疫と液性免疫があり・・・ と書いてありました。 でも、細胞性免疫ではNK細胞が働くとも書かれていました。 NK細胞は自然免疫ではないのでしょうか? 「細胞性免疫では、NK細胞とキラーT細胞が働き ウィルス感染細胞などを直接攻撃する」…場合、 これは獲得免疫なのですか? くだらない質問だとおもわれる方もいるかもしれませんが、 どなたか教えていただけないでしょうか。

  • 免疫と炎症の関係についてよく分からないので教えて下さい。

    免疫と炎症の関係についてよく分からないので教えて下さい。 炎症とは、すべての免疫反応で生じているものなのでしょうか? 私の中で免疫>>>炎症の分類だったのですが 免疫を本で調べると、免疫とは大きく考えて、 正の働きとして ・感染防御 ・がん発生監視 負の働きとして、 ・アレルギー ・自己免疫疾患 に分類されると書いてありましたが、 一方で炎症を調べるとこれら全てに登場してくるようなのです。 『免疫反応があるところに必ず炎症反応がある』ということで良いのでしょうか?

  • 自己免疫疾患について

    自己免疫疾患にかかった場合、細菌やウイルスに対する免疫細胞の働きは病気にかかる以前とかかったあとでは何か違いが出るんでしょうか? 免疫抑制剤を飲んだりしない条件でお答えください。

  • 免疫学について!【早急ご回答を!】

    一次免疫応答と二次免疫応答について、自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、液性免疫免疫記憶から述べよという問題なのですが、圧縮して答えるにはどうすればいいでしょうか?> <

  • 細胞性免疫について

    細胞性免疫について 細胞性免疫で、質問があります。 活性化されたTH1細胞が、末梢でマクロファージと相互作用したのちに マクロファージが血液中の細菌を殺す場合には、 マクロファージは、とりあえず、TH1細胞が出した サイトカインの周辺に存在する物を(正常なものも含めて)貪食するのというニュアンスでしょうか。 それとも、何らかの方法で、マクロファージが細菌だけを認識する方法があるということでしょうか。 液性免疫では、抗体が細菌に結合していてマクロファージが貪食しやすくなっているのはわかるのですが、細胞性免疫の場合のみだと、どうなるのでしょうか。 基本的な質問ですいません。 ご存知の方が、いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

  • 免疫寛容を簡単に言うと…

    ウィキで調べたのですが、 免疫寛容(めんえきかんよう、immune tolerance)とは、特定抗原に対する特異的免疫反応の欠如あるいは抑制状態のことを示し、自己体組織成分に対する免疫無反応性はこれに由来する。牛ウイルス性下痢ウイルス、ボーダー病ウイルス、豚コレラウイルス、リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルスなどでは胎子期における垂直感染により、病原体に対する免疫寛容が成立することがある。牛ウイルス性下痢ウイルスに対して免疫寛容が成立した動物は重要な感染源となる。 抗原を経口摂取することによりその抗原への免疫寛容を成立させ、アレルギー疾患や自己免疫疾患を抑制させる治療法を経口トレランス、または経口寛容という。 っという文章があったのですが、 いまいちピンッときません・・・ 完結にいうとどういうことなのでしょうか?

  • 体液性免疫と細胞性免疫の違いが分かりません。

    体液性免疫と細胞性免疫の違いが分かりません。 あと抗原抗体反応についても教えてください。 明日テストなので、今日中にお願いします(>人<;)

  • 液性免疫と細胞性免疫 マクロファージ

    液性免疫は、B細胞によって抗体を産生し異物排除をする。 細胞性免疫は、抗原提示細胞をT細胞が認識し、そしてマクロファージが感染防御する。 液性免疫と細胞性免疫の違いについて、テストで説明しなきゃいけないんですが、これであっているかが不安です。もし、違っていたらご指摘・補足お願いします。 あと、教科書に 「マクロファージは抗原提示細胞ともなり、獲得免疫との橋渡しの役を果たす」 と書いてあるんですが、抗原提示細胞=樹状細胞ではないんでしょうか? いまいち、自然免疫と獲得免疫でのマクロファージの働きの違いもわかりません。 お願いします!