• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

射影変換について

射影変換について 射影変換とはどのような変換なのでしょうか? 調べた限りでは、線形変換+遠近法を合わせた物で直線は直線を保つ変換とあるのですが 漠然としていてよくわかりません。 具体的には正射影なども射影変換の一つだと有りました。 Webで検索したのですが、定義など理解出来る物がありませんでしたのでご質問させて頂きました。 また、Webでは写真撮影が射影変換の例だと述べられていました。 私の認識では、同一集合への写像の場合に変換と言うと認識しています。 写真撮影は3D→2Dの写像だと思うのですが、これも変換と成るのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • RY0U
  • お礼率40% (434/1065)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1671
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Ginzang
  • ベストアンサー率66% (136/206)

No.1の者である。 失礼ながら、返答が遅れてしまった。 >例えば高次関数などが1次関数に変換されるといったイメージでしょうか? 確かに、そうした変換の中にも射影変換になるものがある。 例えば、高次式 f(x) = a + bx + cx^2 + dx^3 + ... を、x の2乗以上の項を切り捨てた P{f(x)} = a + bx に写す変換は、P[P{f(x)}] = a + bx なので、射影変換である。 >なぜ写真は、「3次元の空間内に存在するもの」と解釈されるのでしょうか? はっきり言うと、この例えは混乱を引き起こすので、質問者には良くなかったのかもしれない。 でも一応説明しておくと、数学では、3次元空間の中にある図形は、平面でも直線でも1つの点でも、「3次元空間内の存在」と見なすのである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >数学では、3次元空間の中にある図形は、平面でも直線でも1つの点でも、 >「3次元空間内の存在」と見なすのである。 理解しました。 1点不明な点があるのですが、 >例えば高次関数などが1次関数に変換されるといったイメージでしょうか? >確かに、そうした変換の中にも射影変換になるものがある。 射影変換とならない場合も有るのでしょうか? 高次関数を1次関数とする様な変換は全て射影変換であると理解しています。 また、射影変換の例など写真撮影以外にありましたら教えて頂けると有り難いです。 以上、よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 射影変換について

    射影変換について 前回の質問で射影変換について質問させて頂きました。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5979978.html 大凡のイメージはつきました。 ここで、前回の質問で写真撮影が射影変換の身近な例だと記述がありました。 写真撮影は3次元を写真(平面)に変換することから3D→2Dの変換イメージなのですが、 写真は、「3次元の空間内に存在するもの」のようです。 なぜ写真撮影は「3次元の空間内に存在するもの」と解釈されるのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 射影変換について 

    射影変換について  前回射影変換について質問させて頂きました。 前回の続きで新たに質問させて頂きます。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5979978.html 射影変換の例として、高次関数を1次関数に変換するものに射影変換となるものがあると ご回答頂きました。 >高次式f(x) = a + bx + cx^2 + dx^3 + ...を、x の2乗以上の項を切り捨てた >P{f(x)} = a + bxに写す変換は、P[P{f(x)}] = a + bx なので、射影変換である。 高次式を1次式に変換する場合に射影変換とならない場合もあるのでしょうか? 私の認識では、高次式を1次式にするような変換は全て射影変換なのですが。。。 射影変換の定義はどのように定義されるのでしょうか? Webで検索してもなかなか理解できる内容がHitしないので・・・ また、射影変換の具体的例などもご教示頂けるとありがたいです。 私が知っている範囲では正射影ですが他にも重要なものがありましたら よろしくお願い致します。

  • 線形変換の示し方

    写真の(2)が回答で明らかなので省略するとなっていて、示し方が分かりません。 線型写像で集合が変わらない時のことを指す?ので、和と積について閉じていることを示せば良いのでしょうか? TはWの線形変換というのはどういうことか教えて欲しいです。 お願いします┏●

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Ginzang
  • ベストアンサー率66% (136/206)

射影変換とは、簡単に言えば「P^2 = P となるような変換P」のことだが、なるほどこれでは分かりにくい。 そこで、「一回この変換を行なってしまうと、あとは何回同じ変換を行なっても変わらないような変換」と考える。 例えば正射影なら、ちょうど日光に物体が照らされているような状況を考える。すると、この物体を、この物体が地面につくる影の形に写す変換(つまり、『物体→影』の変換)が正射影である。 さて、この影(の形の物体)がつくる影を考えると、やはり元の影と同じ形の影ができるはずである。よって、これは変換1回目と2回目の結果が同じになるので、射影変換である。 写真撮影についても言っておく。 まず、写真というのは2次元に見えるかもしれないが、3次元の空間内に存在するものなので、これは「3次元空間内の物体が3次元空間内の物体に変換される」という意味で、「同一集合への写像」である。 これが射影変換であることは、写真を撮影しても、同じ写真ができる(原理的にはという話で、実際には劣化などが起こり得る)ことより分かる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >「P^2 = P となるような変換P」 については、例えば高次関数などが1次関数に変換されるといったイメージでしょうか? 写真撮影に関しては、3次元を写真(平面)に変換することからやはり3D→2Dのイメージなのですが、 なぜ写真は、「3次元の空間内に存在するもの」と解釈されるのでしょうか? 理解不足で申し訳ないのですがご回答よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 線形変換と表現行列

    少し長いですが、線形変換と表現行列についてです。 ------------------------------------------------ 平面のベクトル全体を V^2 として、V^2 の元a を、座標系Γに関して、方程式 g: 2x-3y+1=0, h: x+2y-3=0 で、gに沿ってhに平行射影する V^2 の線形変換Tの、Γの基本ベクトル{e1, e2}に関する行列(表現行列?)を求めよ --------------------------------------------------- という問題にて、 g の方向ベクトル a1=(3, 2) h の方向ベクトル a2=(-2, 1) として、 λa1 + μa2 = e1  ・・・(*) λ'a1 + μ'a2 = e2 ・・・(**) を解いて得た、μ, μ'を使って [ μa2 μ'a2 ] が求める行列だから・・・ と解説に書いてあるのですが、何故(*), (**) の式を立てるのかがわかりません。 線形変換である点と、自然基底である点から、 座標系Γの点 X=(x1, x2)を条件にしたがって平行射影し、h上にのっかた点を Y=(y1, y2)として Y = AX となるような線形変換のAを求めればいいのかな?なんて思っていたのですが・・・。 (表現行列は、基底が自然基底で、同じ線形部分空間への写像であれば、そういう風に求められるということが書いてあった気がしたので・・・) 第一、なんで直線h の切片 情報が使われていないかがわかりません^^; 問題をかなり変に解釈してしまっているのだと思いますが、これはどういうことなのでしょうか。 アドバイスをお願いします。

  • 線形変換

    平面P;x-y+z+1=0 直線L;2(x-1)=-y=-z 平面を張る二つの線形独立なベクトルをa,b 直線を張るベクトルをcとし 任意の点を直線Lと平行に平面P上へ射影する線形変換をあらわす行列Aを求める問題で 解説では Aa=a,Ab=b,Ac=0 A(a b c)=(a b 0) …と求めています。 Aa=a,Ab=b,Ac=0となるのがよくわかりません。 教えてください。

  • 線形代数の問題です。

    3次元実ベクトル空間R^3において,平面P:x-y-z+1=0と直線L:2(x-1)=-y=-zを考える. (1)平面を張る二つの線形独立(一次独立)なベクトルa1,a2,直線を張るベクトルa3を求めよ. (2)任意の点を直線Lと平行に平面P上へ射影する線形変換を表す行列Aを求めよ. (3)任意の点を平面Pと平行に直線L上へ射影する線形変換を表す行列Bを求めよ. というような問題です。 (1)は直線はわかるのですが、平面の方は法線ベクトルしか求められません。 (2)と(3)は考え方だけでも教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • ベクトル空間(大学レベル)

    3次元ベクトル空間において、平面 P : x-y+z+1=0 と直線 L : 2(x-1)=-y=-z を考える。 (1)平面を張る2つの線形独立なベクトルa1,a2, 直線を張るベクトルa3を求めよ。 (2)任意の点を直線Lと平行に平面P上へ射影する線形変換を表す行列Aを求めよ。 (3)任意の点を平面Pと平行に直線L上へ射影する線形変換を表す行列Bを求めよ。 (1)はa1=(1,1,0) a2=(1,0,1) a3=(1,-2,-2) と解がでたのですが(2)と(3)が分かりませんでした。 解が分かる方は解法を教えて頂きたいです。

  • 線形変換

    線形変換 線形代数で、線形写像を勉強しています。 線形変換は例題をいくつかあたり、理解しています。 テキストには、線形変換の項目以下にアフィン変換も記載されているのですが、 アフィン変換(線形変換+平行移動)は線形変換の種類の一つなのでしょうか? 他にもユークリッド変換(直交変換+平行移動)など記載されており、 これも線形変換の一つでしょうか? 直交変換は線形変換の一つだと認識しています。 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 線形写像と線形変換

    線形写像と線形変換 以前、同様の題目で質問させて頂きました。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5940429.html 線形写像と線形変換についての違いは理解出来たのですが、 分からない点があるので新規で質問させて頂きます。 線形写像の定義を表す場合、 R^n,R^mをR上のベクトル空間とする。 ベクトル空間R^n からベクトル空間R^m への写像f がR^nの任意の要素x,yに対して f(x+y)=f(x)+f(y),f(kx)=kf(x)を満たすとき、fを R^n からR^mへの線形写像という。 k∈Rである。 上の記述では何か間違っている点はありますでしょうか? n次元ベクトル空間はR^nとよく表記されているのを目にします。 Rは実数を表すイニシャルだと認識しています。しかし、kは複素数や虚数でも成り立つと 思うのでk∈Rと言う表現は正しくないのでは?と考えた次第です。 定数倍を表す場合は別の基礎体を考えなければならないと言う事でしょうか? 基礎体はRではなくKとして表記した方が正しいでしょうか? また、次元を表すnやmに関してはn,mは実数を前提として基礎体をRとしているので わざわざn,m∈Rと表記する必要は無いと考えているのですが、n,m∈Rも表記した方が 良いのでしょうか? 初歩的な質問で大変恐縮ですがご回答よろしくお願い致します。 初歩的な質問ですいません・・・よろしくお願い致します。

  • 形変換 アフィン変換 

    形変換 アフィン変換  前回同様の内容で質問させて頂きました。 不明な点がいくつかありますので改めて質問させて頂きます。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5957715.html アフィン変換 ⊃ 線型変換 であるとご回答頂いたのですが、これはアフィン変換は 線形変換を含むという認識で良いでしょうか? 線形変換はアフィン変換の部分集合だと理解したのですが間違いでしょうか? また、線形変換及びアフィン変換の定義に関して ・線型変換の定義: [1]  体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、  x,y∈V, a,b∈K, について常に f(ax+by) = a f(x) + b f(y) が成り立つもの。 ・アフィン変換の定義: [2]  体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、  x,y∈V, a,b∈K, について a+b = 1 のときは f(ax + by) = a f(x) + b f(y)  が成り立つもの。 とご教示頂きました。 定義[1],[2]について考えると、 [1]が成り立てば、[2]は成り立つと思います。 [1]はa+b=1によらず、f(ax+by)=af(x)+bf(y)が成り立ちますから。 翻って、[1]ならば[2]が成り立つと言うことは線形変換がアフィン変換を含むと 言う事になりませんか?この点で混乱しています・・・ ご回答よろしくお願い致します。

  • 表現行列の正確な意味とは?

    宜しくお願い致します。 [Q]Let T∈L(V).Write down matrix representation of [T]_β and [T]_β' given the following basis: β:v1,v2,…,vn β':v'1,v'2,…,v'n という問題なのですがこの場合の表現行列とは何を意図するのかはっきりわかりません。 『[定義] n次元F線形空間Vの基底を{v1,v2,…,vn}とし、map g:V→F^nを V∋∀Σ[i=1..n]civi→g(Σ[i=1..n]civi):=t(c1,c2,…,cn) (tは転値行列を表す) でgを与えるとgは同型写像となる。 ここで{v1,v2,…,vn}の順序を変えるとgは別物になってしまうのでこの順序を込めた 基底 {v1,v2,…vn}をβ:=[v1,v2,…,vn]と表す事にし、このgをβによって決まる同型写像 と呼ぶ事にする。 m次元F線形空間Wの基底をβ':=[w1,w2,…,wm]によって決まる同型写像をh:W→F^mと し、 線形写像f:V→Wに対し、合成写像hfg^-1:F^n→F^mは線形写像となる。 行列表現とは始集合のF線形空間Vの基底[v1,v2,…,vn]=:βと終集合のF線形空間Wの 基底[w1,w2,…,wm]=:β'とし、f∈L(V,W)において f(vj)=Σ[i=1..m]aijwi (j=1,2,…,n)で定まる行列(aij)=:Aを βからβ'へのfによる行列表現という』 だと思います。 つまり、表現行列を正確に述べるには"基底何々から基底何々への線形写像何々による表現行列" という風に3項目はっきり述べないといけないと思います。 さて、線形変換の場合, 上記の問題文で[T]_βと書いた時、これは (1)基底βからβへの線形写像Tの表現行列 (2)基底βからβ'への線形写像Tの表現行列 (3)基底β'からβへの線形写像Tの表現行列 のどれを意図しているのでしょうか?

  • dxf変換で容量抑えるには?

    i-deasで作った2Dデータをdxf変換すると当たり前ですが 成形品が多いとスプラインやらなにやらでやたら容量が多くなってしまいます。 線を消したり、3Dとの連携をきったりしても容量はさほど減りません。 容量を減らすテクニック、コマンドありましたら教えてください。 目的は外観図データをwebに載せる為です。

  • 同次変換について

    前回の質問で同次変換とはどのようなものかおおよそ理解する事が出来ました。 追加質問したのですが、解決できないので新たに再質問させて頂きます。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q6934077.html 変換という言葉は理解できました。 同次変換とは、1次元多い行列で表現された変換をさす。 一次元多い理由は、並進を表すため。 数学的に定義される変換は、ユークリッド変換、アフィン変換、射影変換の 3つである。 ユークリッド変換についてよく理解できないので教えてください。 これは線形変換とは異なりますよね。線形変換であれば、並進は含みませんから。 アフィン変換は、線形変換に並進を加えたものだと認識しております。 アフィン変換とユークリッド変換の違いはなんでしょうか? ユークリッド変換の方がアフィン変換より集合的に大きいことはわかるのですが・・・ また同次変換を、 X Y Z 1 と表している記述を良く見ます。 具体例を挙げると、 基準座標系を(x y z 1)、対象座標系(X Y Z 1) と表す。 対象座標系は基準座標系をx軸にθ回転、x軸に3平行移動した ものとする。 X x|1   0    0    3 | Y= y|0  cosθ  sinθ  0 |  Z  z|0  -sinθ  cosθ 0 | 1 1|0   0     0   1 | のように表されると思います。 ここで、同次変換を X Y Z W と表すとすると、変換行列の4列目は、どのようにあらわされるのでしょうか? X x|1   0    0    ? | Y= y|0  cosθ  sinθ  ? |  Z  z|0  -sinθ  cosθ ? | W ?|0   0     0   ?  | 以上、申し訳ありませんがご回答よろしくお願い致します。