• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

時の流れは存在しませんよね?

時の流れは存在しませんよね? 過去や未来も存在しませんよね? 僕の考えは間違っていますか? 「今が過去でもあり、未来でもあるんですよね。 時間の概念は人間が経過を表すために作り出したもので、時の流れと似て非なるものですよね。 ある事から、ただその状態が変化しただけの事ですよね。その経過の長さを時間としているんですよね。 もし、何一つ変化が無かったとしたらどうやって経過を知る事が出来よう。 すなわち時の流れは存在しないという結論にいたりました。だからタイムスリップなんてあり得ない」

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

物理学的には、「時の流れ」をダイナミクスと呼ぶのですが、 ダイナミクスを記述可能な理論なら、 現在・過去の情報から、未来を予言することが出来るのです。 予言といっても、動いているものは、動き続ける、とかなんですが。 また、変化の無いものを定常状態と呼ぶのですが、 定常状態でダイナミクスが無くても、 例えば、水素原子のスペクトルが理解できます。 ダイナミクスが無い理論でも、世の中の理解につながるので、 あなたの考えは間違いともいえませんし、僕も同じように考える こともあります。 ただ「時の流れが無い」と仮定した理論で、 実験を説明できなけば、妄想に近いですね。 ちなみに、相対論は、時間と空間が混ざるので、 あなたにとっては非常に面白いと思いますので、 本屋で一冊えらんでみては? 時の流れを否定するあなたは、空間の移動を許せるか?という命題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

>もし、何一つ変化が無かったとしたらどうやって経過を知る事が出来よう。 「何一つ変化が無い世界」を観念的に想像することは自由ですが、それは現実世界ではないので、その観念的な仮想世界で起きるであろうことを現実世界に適用するのは間違いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

あなたの考える「時の流れ」とは、何を指すのでしょう? 実は、「時」と一言で言っても、「記憶」であったり、「エントロピー増大」 であったり、「量子相互作用」や「4次元軸の1つ」であったり、学究分野 によって、異なる定性化がなされているのです(その原因は、物事の本質を 定める物理学が対象とする物質の還元的方法論では、「時間」が明確になら ない=複数の現象の上に広がりを持つ要素)。 一般に「時間は普遍的かつ不変に一定に流れている(=絶対時間)」と考えられがちです。 しかし、ご存知のように相対性理論において、相対的に運動しているものの時間は遅れる(「相対的」なので、相手からみたらこちらの時間が遅れる)という事が明らかとなり、絶対時間の考えは(1つの同じ時空を同じメンバーが共有するという考えも)否定されました。 更に相対性理論は、「超光速においてエネルギーが虚数になる」という結論を導き、相互作用においてエネルギーは自乗になるので、マイナスエネルギー=時間軸逆行=タキオン粒子の存在を予言しました。 そこにおいて、世界像全体の再考が必要になります。 1.この世界は、光速を限界(超えるには無限のエネルギーが必要)とする法則性に基づく。 2.超光速の可能性は虚数エネルギー(実数と作用しないのでオーバーラップし得る)であり、時間軸逆行と等価。 3.超弦理論において、原理的本質は量子(=光速)のみに還元されることが明らかとなった。 4.光速以外の速度(光速以下、超光速=時間軸逆行)は、超弦からの階層現象性(量子(光速)>クォーク>素粒子(回転)>原子>分子(振動)>細胞>個体(意識=原点))を、表面的に捉えることで仮想的に生じる。 5.運動速度の速いものの時間は遅れるので、時間の流れは、階層現象表面性に応じて流れる、と言える。 6.意識される時空的広がりは、感受表面における量子相互作用に還元される。五感の違いは媒体の違い(視覚=光子、聴覚=空気、味覚=化合物、触覚=物体etc.)であり、その情報性の強い遠隔作用(光、音)に対する、過去の五感の相関した経験の蓄積による生理的予測(そこで何が起きるか)が、空間的広がりを生むに過ぎない。 7.これらの結論として、「一定に流れる時間の中に認識が生じる」という一般的な捉え方の等価性において、「現在(光速)から過去(超光速)と未来(光速下)が対発生する」ことが可能になる。 8.そうした、「全ての時点から(仮想的に)対発生した時間性」を、時系列的に重ねる(経験の蓄積)ことで、宇宙膨張(=物体の収縮=h(プランク定数)の収縮)や相対性理論を伴う時空が派生する。 9.先の「虚数領域の過去化」において、時空軸が転換することから、上記の時系列的時空において、「位置(S)と運動量(St)、時点(T)と質量(Ts)の2対の存在性において、その一方を確定するともう一方が無限不確定化する」という、不確定性原理の相補的不確定性を伴う存在を可能にする(本来同一軸のものが過去と未来で入れ替わり、その延長上で直交して「相補的」であり得る)。 実は、相対性理論にしても、量子論にしても、認識体との相対によってしか存在は無い、という帰結を潜在的に持っています。 認識性を除外した存在は、無=無限不確定性になります。 その無限の闇に、認識体の仮定断面の運動を想定すれば、相対的に無の風は光になり、認識体はその光の向うに、自己の補完(相補的不確定性)としての宇宙を認識します。 全てのものは、あなたが存在するための(物理的根源にまで遡った)補完であり、「時間(自我仮説)」と「空間(時空仮説)」は、相補的に分化しているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1732/6396)

存在するかどうかは確認できるかどうかで決めることができるのではないでしょうか。 よって未来は存在するはずがありません。 過去は痕跡が残っていれば存在したことを認める必要があるでしょう。 変化するということは時の流れが存在することを認めざるを得ないことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

物理学という考えだと アインシュタインの相対性理論で 光の速さが定数とされた これから 自分から見て ゆっくり動いているものは自分と同じ時の流れ 早く動いているものは、自分よりゆっくり時が流れる と考えられている とすると 時の流れはあるというか そのものによって違うと考えられている 質問にあるのは哲学カテの方がいいんじゃない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

物理学という考えだと アインシュタインの相対性理論で 光の速さが定数とされた これから 自分から見て ゆっくり動いているものは自分と同じ時の流れ 早く動いているものは、自分よりゆっくり時が流れる と考えられている とすると 時の流れはあるというか そのものによって違うと考えられている 質問にあるのは哲学カテの方がいいんじゃない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

時の流れは存在しませんが、過去は存在します。 未来は今は存在しませんが、今後確実に存在するものです。 ------------ ここでいう過去というのは、事実として起こった出来事そのものです。 (1582年信長死亡、など) 決して、異次元世界では過去の自分が今まさに産まれようとしている!!などということではありません。 ----------- そして時間というものは不可逆に経つものであるため、過去へのタイムスリップは不可能だが、自分自身の時間経過を早めたり遅くしたりすることで未来へのタイムスリップは可能。 以上が私の考えです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時の流れが悲しく感じることはありますか?

    当たり前のことですが、生きててく上で時間は刻々と 経過していきます。 でもなぜかその「時間」というものが無常なほどに悲しく 感じることがあります。 例えば、仲間と過ごし、すごく楽しかった今日という日。 でも、時が今日という日は遠い過去となり、記憶から薄れてしまう。 身の回りの存在だって同じ事。例えば親。 どんどん年をとっていく。体はどんどん弱っていく。 やがては死んでしまう。 時間の経過を悲しく思うと同時に怖く思うこともあります。 未来への不安なのでしょうか? ん~~~。どう言葉で表現してよいか分かりませんが、 私と同じような感覚をもったことのある方、ぜひともコメント 頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • 未来は、存在していると証明できますか

    マクタガートのA系列(過去・現在・未来)の三様相のうち、特に、未来という時間概念を論理的に探究する前に、そもそも未来は、存在していると証明できているのでしょうか?と思ってしまいます。僕たちが日常生活している現在とは断絶していて、決して現在の側からはその中に飛び込めない未来という「あの世」のような概念は、語り得ない、記述し得ない、親近感のない、超体験であるがゆえに、つかみどころがないように思うのです。未来という想定の確かさについて、教えてください。

  • 時の流れ、死が怖い

    閲覧ありがとうございます。 ここ最近、暇な時間や就寝前などに時間の流れが怖くなり泣いてしまう時があります。 例えば、3分間待つとカップラーメンが必ず出来上がりますよね?それと同じように寝たら明日が必ずやってきて、明日のことを考えて眠りについた昨日の自分は過去のことになります。 3ヶ月後の試験はあっという間に本番がやってきて、あと3ヶ月で試験だと緊張していた私は過去のことになるんです。 こうやって悩んでいる今この瞬間でさえ、過去になっていきます。 みなさんからしたら、当たり前のことじゃないかと思うと思います。 でも、これは悪いことにも当てはまります。 例えば、ペットの命は永遠には続かずにいつか必ず亡くなる日が来て、生きていた時のことは過去になります。人間も同じです。 つまり、時間の流れは不可逆で絶対なんです。こんなことが起こるなと思ったことは、時間が経つと必ず起こります。 私はそれがとても怖いと感じます。当たり前のことですが、とても怖いんです。 家族にはずっと健康で生きていて欲しいし、ずっと今が続けばいいと思います。でも、ずっと今が続くなんて不可能です。いくら足掻いても、時間は刻一刻とすぎてゆくのです。 何も考えずに生きることができたら、どんなに幸せだろうと思います。 みなさんは時間の流れが怖いと思うことはありますか?

  • 如何にして存在するかが問題である?

    存在する事に価値があるのであって 存在しなければ価値はない 悪い事をすれば 結局は存在しなくなる 存続が存在の有効な手段の一つである アイデンティティと言って良いのかどうか分かりませんが 存在と言うものは変化し続ける物質やエネルギーの中で 言葉で呼べるような ある個性を持ったものだと思います。「光」とか「水」とか「魚」とか「カエル」とか 「犬」とか「人間」とか。(人間は万物の霊長か?) そして存在する事 次の瞬間や未来に存在を実現することが価値であると考えます。 どうでしょうか?こんな価値観は?

  • 時間とは本当に存在するの?

    時間は合って無いようなもの。 そんな気がしますが、あなたはどう思いますか? 物理世界では時間と空間は存在する。 でも本当の(精神?)世界では時間は存在するのだろうか。 大人になるにつれて時間の流れが早くなる。25歳を過ぎると1年があっという間に過ぎ去っていく。小学生1年生の頃は1週間がとても長く感じた。 小さい頃に時間の流れが遅く感じるのは脳の海馬の働きのせいと古本屋で立ち読みした。 人は死んだ後、人の精神、魂では時間とは存在するのだろうか。 仮に”生まれ変わり”という現象が各条件が合わさり本当に存在するとする。 すると”未来に生まれ代わる”のか”過去に生まれ代わる”のか。 時間が存在するのなら未来に生まれ代わっていくのだろう。 時間が存在しないのなら過去・未来に生まれ代わりは可能に思われる。 過去生の記憶を保持する多くの経験者の話では未来に生まれ代わっているようだ。 (そういえば釈迦・キリストは未来から過去に生まれ代わったと変な関係で知り合った友達が言っていた。) 10年ほど前に深夜、バイクで事故ってみた。 事故った瞬間は1秒も掛からなかっただろう。 しかしとてもとても、長い長い体感をした。 感情だけ覚えてる。 バイクで右折時に後輪が乗用車に当たった。 ”あ、間に合わなかった。親父に怒られる。ヤバイ。” それから体が斜めに倒れ、メット脱帽した頭からフロントガラスにぶつかるまで全人生を見たのかもしれない。 ”へぇ。本当に俗に言う走馬灯って見るんだ。あの友達には悪い事しちゃったな。誰に対しても心の優しい人であれば良かった。ごめんなさい。” 感情だけ覚えてる。 あと、別の時間の別の意識でとても痛い思いを感じた。 普段、自分はどんな痛みでも耐える、耐えられる人間。 あえて強がってでもいつも”余裕”と笑顔が作れる人間。 でもその時は違った。”頭痛過ぎる!うぉッ!こりゃ痛過ぎる。死ねるほどの痛みだ。こりゃ死ぬなぁ。” との感情を感じて意識不明になった。 これだけ長い意識の旅をしてわずか物理世界で掛かった時間は1秒も掛からなかっただろう。 ”怪人エジソン(日経BP)”という本によると、生前、トーマス・エジソンは死んだ人と話す装置を作るつもりだった。 ”人の魂は死んだ後どこにいくだろうか”の疑問に”魂は電子となって世界中をぐるぐる廻る。”と彼は考えた。 意識不明時、似たような経験をした。 看護婦と医者いわく、意識不明2ヶ月間の私は世界旅行に出かけていたそうだ。 不思議がる私に、医者は「この日は韓国、次の日、ベトナム、オーストラリア、サハリン、あ、この日は千葉に帰ってきた。」とページをめくりながら回診ノートを読み上げる。 何も覚えてない。記憶喪失だった。 意識不明時に見舞いに来た友達には「セザール、セザール、俺を助けてくれ。」と尋ねる。でも彼女の名前はNoriko。 誰だセザール?笑。 その2ヶ月間は何も覚えてない。記憶も無い。遠い、遠い眠りから醒めた気分だった。 つまり、事故時とは対照的に物理世界では2ヶ月という時間は過ぎているが意識では0の時間。いや、逆に自分でその世界旅行の経験の記憶を消去したのか? つまり私が言いたいのは”時間とは物理世界には必要不可欠な物なので存在はするが、精神世界、つまり死んだ後の世界、本当の世界には存在し得ないのではないか。”と言うことです。 どう思いますか? 長くくてごめんなさい。

  • 永遠は存在するのでしょうか?

    永遠は存在するのでしょうか? ふと、永遠はあるのだろうかと疑問を持ちました。 ・人間は勿論、永遠じゃないですよね。100年後には皆死んでしまいます。 ・地球も永遠じゃない。いつかは跡形もなく無くなるかもしれない。 ・人間の考え出した(発見した)数式や思想はどうだろうか。でも人間がいなくなれば使われること が無くなる。これも永遠じゃない。しかし人間がいなくても、思想はまだしも数式などはあるようなもの ではないか?でも人間が見つけない(認識できない)と、やはり無いようなものではないか。(なんか永遠じゃなくて存在のような話になっていますが、ご容赦ください) でも一方ではこういう永遠はあるのでは?と思いました。 ・「私は今22歳だ。もう21歳に戻ることは永遠に出来ない」 確かに、これは永遠です。でも上で挙げた永遠とは違う気がします。私が疑問に思っている 永遠は「ずっと続くもの」と考えていますが、22歳の例の永遠は「過ぎ去ったことに対するもので それがもう未来には来ないもの」だと思います。 と、いうわけで私が出した結論は「未来永劫ずっと続くものは存在しない。永遠は無い」ということです。 しかし、少ない脳みそで考えたのでまだ疑問が残ります。 永遠は存在しますか?あるのなら何か例を挙げて頂けれると嬉しいです。 言葉足らずな面もあると思いますが、よろしくお願いします。

  • タイトルを教えて下さい

    未来の話のSF映画で、内容は未来ではやっている過去に戻って遊ぶゲームを使って大昔にタイムスリップをするのですが、過去のものを未来に持ち帰ってはいけないというルールを破って数グラムの何かを未来に持ち帰ってしまいます。 その影響で歴史の流れがめちゃくちゃになってしまったのでそれを直しに行くという話です。 分かる方がいたらぜひ教えて下さい。

  • 時間は動いてますか

    「時間が流れる」「時間を止める」という表現は理解できますが、時間って概念であって運動や現象ではありませんから、実際に過去や未来などというものは存在しません。過去や未来があるとすれば記憶や想像の中だと思います。 光速を超える→過去へ戻れるという発想をしている方がいましたが理解できません。時間というものが本当に動いていてそれが逆流する。もしくは過去というものが物理的に存在しているとでも思っているのでしょうか。 時間は運動でも現象でもなくただの概念だと思う私の考え方は間違っていますか? ちなみに特殊相対性理論は難解すぎてよく理解できませんでした。

  • 無は存在しない? ビッグバン前の件でお尋ね。

    素人です。 ビッグバンについて考えていました。 宇宙の始まりが真空のゆらぎ→ビッグバンなのだとしたら その前は何があったんだろうと。 で自分の結論は 全ては元からあった。 物質の世界では「無」は存在しない。 ただ状態が変化しているだけ。 例えば私が生まれて死ぬことも状態の変化にすぎない。 となりました。 ただ概念上には「ゼロ」というものがありますが、 これはあくまで数学とかの計算をするための発明だと。 この世の中には「無」というのは無いのではないかと思いました。 全てがもともと合ったのであれば、宇宙の始まりはおそらく 何かの状態が変化したものであり、その前は?その前は?と ずっとたどっていっても、決して「無」があった時など無く 元から全てがあったのではないかと。 そうでなければ、 どこかで無から有を誰かが創りだしたことになってしまいますが、 その考えだとしても、じゃあその誰かを作ったのは誰?みたいな 同じような疑問がループしてしまいます。 質量保存の法則というのは全宇宙にも適応できて 状態が変化しているだけで、無というのは存在しないのだと 思ったのですが、科学に詳しい方はどう思われますか? ちなみに 相対的な意味での無をここでは無とは呼びません。 (例えば、りんごが机の上に無い場合、りんごがあることに対しての無、といったようなことです) よろしくお願いいたします。

  • 元彼女の存在

    私は、どうしても彼の元彼女サンの存在が気になって仕方ありません。 元彼女サンと彼は、10年交際していて、7年間も同棲していました。 ほぼ夫婦だったようです。 10年間毎日一緒にいても、倦怠期にもならず、毎日をラブラブに過ごしていたそうです。 その時のコトを、聞けば凹むし、聞かなければ辛くなるし… 私のしたいこと全て、当たり前ですが、先にされています。 結婚も同棲も何もかも… 未来を考えると気持ちが楽になりますが、すぐに過去を考えてしまいます。 彼の未来は、元彼女サンのものではないのに… もちろん私にも、過去はありあます。 彼の過去ごと愛してあげるのが当然だと思いますが、 どうしても、元彼女サンの事を聞いては凹んで、拗ねて、 そんな毎日の繰り返しです。 女性の方で、私と同様に彼の元彼女サンの存在が気になる人や、 そんなことを克服した人いませんか?