• ベストアンサー
  • 困ってます

なぜ、14歳以下と心神喪失者は何の罰も受けないの!?

タイトル通りですが、なぜ14歳以下や心神喪失の人間は殺人や強盗殺人などのどんな重大事件を犯しても何の罰も受けずに普通の人と同じような生活ができるんですか?亡くなられた方の遺族の方も加害者が未成年や心神喪失が理由で何の罰も受けないは納得がいかないと思うし、一般人が1人殺しただけでも死刑になるときがあるのに心神喪失や未成年の場合は10人殺しても不処分になるのはおかしいと思います。皆さんはどう思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1103
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

心神耗弱について、ですが、これは「殺人」のような凶悪犯罪を基準に考えると考え方が偏ります。 日本で、まず、犯罪として警察が処理し、検察へと送検される人は年間200万人以上になります。 その中で、実際に裁判にかけられるのが15万人ほどで、執行猶予なしで刑務所行きとなるのは3万人ほどです。 さて、この中で、殺人は年間、どのくらいの件数起きているのか、というと、09年は1097件でした。ただし、これは「未遂」「予備」を含めた数字で、実際に人が殺されるケースはその半分程度です。そして、その中に、心神耗弱が認められたケースはありません。 まず、その極めてレアなケースを元に議論を進めるのは無意味なのです。 心神耗弱状態の人が無罪になる、というのは次のようなケースがその殆どだからです。 社会におけるルールなどがわからない知的な障害などを持った人が、例えば、店先に置いてあった品物を勝手に持ち出してしまう。勿論、これは「万引き」「窃盗」に当たります。 本来、入ってはいけない他人の家などに入ってしまう。「不法侵入罪」などに該当するでしょうか。 確かに、それぞれ、犯罪には該当します。しかし、それを捕まえて、裁判にかけ、そして刑務所に入れるのが妥当なのか? というと大きな疑問になります。 さらに問題があるのは、刑務所の運営という面からです。 刑務所というのは、基本的に全ての物事を受刑者が行う施設です。食事を作るのも、掃除をするのも、病気になった受刑者の面倒を見るのも(勿論、病気の治療は医者ですが、障害が残った際の介護であるとかは受刑者の仕事)、全て、です。 そうなったとき、知的障害などを抱えた上のような人を受け入れる、というのは刑務所運営に大きな負担になります。仕事をすることができない、のではなく、他の人の仕事を増やすだけ、ですから。 「心神耗弱は罰しない」というのがありますが、実のところ、現在の刑務所にいる人の多くは、身体、精神などに障害を抱えている人が多いのです(知的障害などがあるため、自分のしたことがわからず、反省の言葉などもないため、「悪質」と勘違いされ、刑務所に入れられてしまう、というケースが多くあります) 変な言い方ですが、治安が良くなっているため、「健康な若い受刑者」が少ないために、刑務所運営が上手くいっていない、という逆の状況が起きているのです。 裁判などについて語られるのは、殆どが、大々的な話題になる凶悪事件です。 こういう事件においては、そもそも、「犯人はこの人で、何をしたのか?」というのも既にハッキリとわかっている状態です。そういう状態で、弁護士が刑を軽くする、などというには、もう、そういう形で争うしかないのです。つまり、苦し紛れ、です。 そういうレアケースを元にどうこう、というのは、考える基準としても間違っている、と言わざるを得ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 心神喪失って?

    よく、殺人事件が起きても 加害者が心神喪失に認定されると 刑が軽減されたり免除されたりしますが、これって 遺族には到底納得できないと思うんですが、どうして 日本の法律は 心神喪失者には甘いんですか?

  • 心神喪失で無罪にされるのはなぜ

    人を殺して死刑になろうと思った、悪魔に命令されてやったという男が最近2人を自動車で轢き殺して逮捕され裁判で心神喪失とされ無罪となりました。 ピサロさんのときは悪魔に命令されてもこんなことにはならなかったはずですが、やはり道具を介して間接的に殺す場合は罪が軽くなるのですか? それとも心神喪失はすべてをチャラにするほど絶大なものなのでしょうか?

  • 心神喪失殺人者の娑婆に出ての殺人繰り返し…?

    普通の人が人を2~3人殺したら殺人罪で死刑か無期懲役、そしてキチガイ(狂人)が人を殺しても心神喪失とか何たらで死刑や無期にはならず、何年か後に世の中に出てこられて、また人を殺して、そして、また心神ナントカで、死刑にも無期懲役にもならずに、またまた世間に出て来れて、人を殺して…、この繰り返し? これで殺された人は、たまったもんではないでしょう。 普通の人が殺人した場合は、それなりに理由があるでしょうし、ですから理由の範囲外なら殺されることもないでしょうが、キチガイ=心神喪失者等の場合は、理由もヘッタクレもなしに殺され、そして、この殺したキチガイは、無罪やら、そうでなくとも死刑などにはならず、また何年か後に世の中に放免され、またまた、人を殺すことを繰り返し…。 根本的に何か間違ってはいませんか? おかしいと思いませんか? 心神喪失やら心神耗弱やら、この人らが人を殺したら、この人達を世の中に放り出したらダメでしょう。 また人を殺す可能性大ことくらい明らかでしょう。 全く理解できません、こうなっている法体系が。 どうなっているのですか、メチャクチャでしょ、教えてください。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • nama777
  • ベストアンサー率26% (183/699)

誰もが一度は疑問に思う問題です。 また、色々説明を聞いてもおそらく納得いかないままでしょう。 質問者さんはおそらく第三者的な立場でわからないという話だと思いますが、より深刻なのは実際に被害者遺族になったケースです。同じ問題を比較にならない深さで掘り下げ、自問自答を繰り返すみたいです。 興味があったら以下の本を読んでみて下さい。 『天使のナイフ』、薬丸 岳著、講談社文庫、670円 2005年江戸川乱歩賞受賞の話題作で、同じ問題が被害者遺族の立場から考察され、一応の結論めいたものも描かれていました。 第三者として見るのと現実に関係者になるのとでは、問題の捉え方も苦悩の量もまた違うみたいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • phj
  • ベストアンサー率52% (2343/4488)

#1さんの回答がすばらしいのですが、簡単に補足します。 刑法で罰せられるということは、完全な責任能力がある、ということです。 日本の場合は20歳以上の成人は、「完全な責任能力」がある成人として認められてます。完全な責任能力が認められているため、結婚も出来ますし、お酒を飲むのも自由です。もちろん選挙権もあります。 14歳以下を死刑にできるとするならば、やはり「完全な責任能力」を認めることになります。ということは14歳以下の子供に選挙権や結婚する権利、納税義務などを課して成人として扱う必要があります。 ちょっと前に未成年の殺人事件で死刑を妥当とするかという裁判がありましたよね。結局「18歳は完全な責任能力を有するので、死刑」という判決が下りました。 しかし同じ頃話題になった国民投票に関わる18歳成人にする法改正には、(今の若者も含めて)多くの人が「18歳では責任を全うできない子供だから、18歳で成人にするのは反対」したそうです。 ものすごい矛盾です。 14歳だからといって、心神喪失だからといって何の罰も受けないということではありません。責任能力を有する程度において、少年院に入れられたり、精神医療を受けることになっています。 罰を与えることと権利を持つことは同じことであるということが分かれば、おかしくないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#109750

具体例で考えないと、よく分かりませんね。ただ、心神喪失や未成年なら1億人殺しても不処分なのはおかしい、と話を大きく極端にしても意味が無いし。14歳以下で殺人を犯すのは、頭がおかしいか、育った環境が異様か、どちらかじゃなでしょうか。心神喪失も、その鑑定方法の方が問題では。例えば、家族を殺されて、常軌を逸して、犯人を殺してしまった、何てことも考えられるし。 最近、厳罰化が進んでいますが、社会の歪の解決先を安直にしているとしたら、仕方ないとしても浅ましいですね。タリバンでも北朝鮮でも都合の悪いものは死刑にしたり厳罰に処すようですが、その国の社会が悪ければ、犯罪も多いのでしょうから、厳罰化は、社会の悪化を意味しているのでしょうね。ニュースでいい話は聞かないし、日本社会が悪くなってきているとは誰もが感じていることかもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 14歳未満でも刑罰法令に触れる行為を行えば「触法少年(少年法3条1項2号)」として家庭裁判所に送致され、審判をうけ保護処分を受ける事に成ります。  誤解される方も多いのですが、14歳未満でも初等少年院に収監される場合があります。  (初等少年院は16歳未満を収監すると規定されているだけで下限がある訳でない。運用上は概ね12歳以上が対象)  心神喪失と判定されるような人は、基本的に社会復帰が絶望的な人でないとまず認定されませんし、殺人などの重大事件の場合は社会的反響を考慮に入れて、ほぼ例外が無く極刑が言渡されます。  なお、認定されても「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」に基づき医療観察の下に置かれますから、普通の人と同じような生活とは…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

日本の法律はいい加減な物が沢山あります。 確か米国では小学生に殺人罪が宣告されたと思います。 正常者、異常者、成人、未成人区別無く犯罪に対しては 同じ刑罰を受けるのが平等の原則です。 日本は犯罪に対して甘い犯罪者天国です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

刑事訴訟法において、犯罪を犯した人間を裁くためには、犯した人間が責任能力を持っていることが条件と定められているからです。 簡単に言うと、「人を殺しちゃいけない」とわかっていて人を殺した場合にのみ、殺人罪等が課せられます。 精神コウ弱者は責任能力がない(「人を殺しちゃいけない」とわかっていない)とみなされている為に、一般よりも罪が軽くなったり、刑罰を受けないケースが多くなるようです。 また、未成年は同様に責任能力がないとみなされている上に、将来性を考慮しなきゃいけないみたいですよ。 少年法が大分改定されて厳罰対象年齢が引き下げられてるとはいえ、「自分は未成年だから罪に問われない」って思って犯行に及ぶ人も中にはいるんでしょうね…。 個人的にはそーゆーのとっぱらって欲しいとは思います。 特に殺人事件は年齢や精神状態に関係なく、裁いて欲しいです。結果として、他人の命をその人の許可なく奪った事には変わりないですからね…。 長文失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

法なんて所詮、人間のつくったものですから。 でも、間違いを正すために法改正があるじゃないですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • anorack
  • ベストアンサー率30% (86/285)

私自身刑法の専門家ではありませんが、生半可の知識ですが記述します。 ドイツなどのヨーロッパ発祥の近代刑法では、 「自分が犯した罪についてその悪事の本質を理解出来ないかつ謝罪出来ない人間をいくら罰しても無意味だ」 と考えているから、普通の人と同様に罰しないという事です。 犯罪をやらかした子供をいくら責めても、「なぜそれが悪いことなのか」、「謝罪の意識とは」と 十分に理解できないから無駄なので、処罰しない、という事です。 グリムか何かのヨーロッパの童話に、こんな話があります。 十歳未満の子供達が数人集まって、遊びとして屠殺ごっこをやりました。 一人が屠殺される豚の役をやりました。他の子供は家から刃物を持ち出し、 大人達がやっている屠殺を真似し始めました。 豚役の子が他の子達によって殺害されました。 この子供による殺人事件に対して、大人達は大変困りました。 地域の長老に相談し、次の方法で解決することにしました。 殺害した子供達を長老達の前に集め、子供達の前に金貨の小盛りとお菓子の小盛りを見せ、 どちらか欲しい物をとりなさいと命じました。子供達全員はお菓子を取りました。 子供達は屠殺ごっこ以前と変わらない普段通りの生活を送りました。 もし、お菓子ではなく、金貨をとったら、処刑するつもりでした。 その様な童話があるヨーロッパ発祥の近代刑法を、我が国日本は明治の頃に取り入れ、現在に至っています。 ただ、日本人の感覚すれば、あなた同様、納得出来ない人は多いでしょう。 けど、実際には、重大事件を犯したら、一般社会から当分は隔離されます。 また、裁判において、裁判官が、被告の心神喪失を立証する精神科医の鑑定を採用せず、 結果的に被告を普通の人と見なした有罪判決を下すことが出来るそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 心神喪失→無罪→自由??

    殺人をして、心神喪失などで無罪になった場合、その後は自由になるのですか? 殺人をしても仕方ないと思われるような人が自分の町にいると思うと恐ろしいですよね。 病院に拘束して治療を受けてくれればいいですが、お金がなければ治療どころか入院もできないし、もし世話をしてくれる身内がいなければ・・・どうなるのですか? 無罪になったからには、警察が行動を監視したりはできないですよね? よろしくお願いします。

  • 6歳と26歳で罰を変える理由 心神喪失と責任能力について

    結果が同じであれば6歳と26歳に同じ重さの罰を与えるべきだと思いませんか? 責任能力と言う言葉で子供と心神喪失を保護する理由は何ですか?

  • 心神喪失時の保険金支払いについて教えて下さい

    書き込み失礼させていただきます。 じつは私の妻の父親(80歳になります)が自動車運転中に事故を起こしました。 内容は、ガソリンスタンドから一般道に出て、そこからバックして、後ろから前進して来た車にぶつかったというものです。 相手の車の人は軽症(ムチウチのようです)で通院しており、父は脳内出血で開頭手術を受け、現在は一般病棟に移りましたが、まだ口が聞けない状況です。 ここで問題になるだろうと思われますのは、父の脳内出血が、事故前に起こっていたのか事故の衝撃でおこったのかということです。 というのも、事故時の状況が、本来はバックをせずそのまま自車も前進して、車線の流れに乗るべきところがバックを選んだということで、おかしな行動として目撃者に語られているからです。 自身も怪我を負いましたが、相手に怪我をさせているのですから、通常は人身事故による免許停止等が避けられないと思われます。 しかしながらもし、事故前にすでに脳内出血を起こしていて、その影響で心神喪失状態となっての事故の場合は、ケースにもよるでしょうが事故加害者の責任は問われないとも聞きました。 もう一つ、こちらの方が重要な問題なのですが、そのようにすでに脳内出血を起こしていて、正しい判断能力のない状態、いわゆる心神喪失状態にて起こした事故は、 自賠責保険や任意保険にて保障されている条件、すなわち対人無制限や車両保険の適用に対して、なんらかの制限やあるいは保険の適用の対象外になる等の判断をされることがあるのかという問題です。 整理しますと、 (1)心神喪失状態にあったとした場合の事故も、そうでない状態の時と同等の免許の停止等の罰則を受けるのか。 (2)すでに脳内出血を起こし心神喪失状態にあったとする場合、その為に起こした自動車事故に対して、自賠責保険、任意保険は適用されるのか。 ・・・この2つが私の知りたいことなのです。 自動車保険に詳しい方、どうかお教えください。

  • 心神喪失(あるいは耗弱)

    最近のニュースでいつも疑問に思うので質問します。 飲酒運転は禁止されていて、それは飲酒により判断力が鈍り危険が増すからですよね。そして飲酒運転で人身事故を起こした場合、しらふで起こした同程度の事故よりも重い罪が課せられます。 それなのに、なぜ覚せい剤などの禁止薬物を使用して殺人を犯しても「心神喪失」状態だったから、という理由で罪が軽くなるのでしょう? 病気による心神喪耗弱で起こした事件は別として(こちらについても言いたいことはありますが)そもそも、禁止薬物を使用して判断の出来ない状態になり、人を傷つけたという事実だけで交通事故と同じようにより重い罪を課しても良いと思うのですが。 法律で許されている飲酒で心神耗弱になって起こした事故は重く、禁止薬物により心神耗弱になって起こした罪は軽くなるのはなぜですか?

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • 裁判員裁判で初の心神喪失「無罪」…

    裁判員裁判で初の心神喪失「無罪」…重度の知的障害と難病患う29歳長女殺害の母親に 大阪府吹田市の自宅で昨年10月、重度の知的障害で難病も患った長女=当時(29)=を殺害したとして、殺人罪に問われた母親(58)の裁判員裁判の判決公判が3日、大阪地裁で開かれた。田口直樹裁判長は「被告は犯行時、重度の鬱病(うつびょう)で心神喪失状態だった」として無罪(求刑懲役4年)を言い渡した。  最高検によると、殺人罪に問われた裁判員裁判ではこれまで6人に無罪が言い渡されている。心神喪失での無罪は初めてとみられる。  判決によると、母親は昨年10月8日、長女と無理心中することを決意。自宅浴槽に長女を沈めて窒息死させた後、自身も近くの池で自殺を図った。  長女は生まれつき重度の知的障害があったほか、事件の半年前には膠原(こうげん)病の一種の難病「全身性エリテマトーデス」を発症。母親が自宅で介護していた。  田口裁判長は判決理由で「被害者に愛情を注いできた母親が無理心中を決意したことを合理的に説明することは難しく、犯行の原因は重い鬱病以外には考えられない」と指摘。「被告は心神耗弱状態だった」とした検察側の主張を退けた。 ============================= 母親も娘を殺害した後、自殺を図ったそうです。重いうつ病を患った結果の犯行。 質問1:無罪は妥当だと思いますか?(私は妥当だと思います) 質問2:同じようにニートに悩まされるうつ病の親がニートを殺害したら無罪になるべきだと思いませんか? こんな不幸、たまりませんね。 どうすれば救われたのでしょうか・・・。

  • 「罰しない」=「無罪」?

    以下、新聞記事の引用です。 大阪府茨木市で平成16年、自殺の道連れにしようと乗用車で自転車を次々とはねて2人を殺害、3人を負傷させたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた元新聞配達員の男(25)に大阪地裁(西田真基裁判長)は28日、無罪(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。 元新聞配達員は起訴事実を認める一方、「自殺の道連れにやったのではなく、悪魔に命令された」と述べ、弁護側は犯行当時、心神喪失状態だったとして無罪を主張していた。 ~~~ 多分弁護側の主張が認められ、「犯行当時、心神喪失状態だったから無罪」という理由だったのでしょう。 もしそうだとして、私にはちょっとこの辺の法解釈が理解できません。 刑法第39条に「心神喪失者の行為は、罰しない。」とあるのは知っています。 そこで質問なのですが、この「罰しない」という言葉はどういう意味なのでしょうか?「普通だったら有罪だけれど、無罪だよ」という意味なのでしょうか? 私はこの手の判決でいつも思うのですが、そもそも無罪ではないのではないかと思うのです。「あくまで有罪だけど、心神喪失者なので刑には服させない」と解すべきではないかと思うのです。 当然プロの法律家による判決ですから、私の考えは間違っているのでしょうが、スジとしてはそうしないと被害者側はやるせないと思うのです。どうして「罰しない」=「無罪」なのでしょうか?「罰しない」=「刑には服させない」という風な解釈は成り立たないのでしょうか? 同条第2項で「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」とありますが、この場合はあくまで「有罪」なんですよね?多分。

  • マツダ工場12人殺傷事件に見る 心神喪失と多重人格

    この事件は2010年6月、自動車メーカー「マツダ」の本社工場に暴走車両が侵入し、従業員を次々とはね、12人が死傷したもので、マツダの元期間従業員・引寺(ひきじ)利明(44)が、殺人や殺人未遂などの罪に問われております。初公判の冒頭陳述で引寺は 「マスコミの皆さん、よう聞いとってくださいよ」 と呼びかけ、「9人目以降、はねたことは覚えていない。覚えていない犯行について、認めるわけにはいかない」 と、どうでもいい事を語りだし、形として起訴事実を一部否認しました。また事件は、マツダの従業員による集団ストーカー行為が原因で、裁判で明らかにする必要があるなどと持論?を展開し、よく喋る心神喪失者である事を体現いたしました。心神喪失であれば絶対無罪と考える弁護士もいるにはいるでしょう、そして、それらの仲間でオカルト趣味の弁護士は多重人格なる根拠の無い精神状態をも法の下での免除を謳ったり致します。実際それらを主張する事は、いかがなものなのでしょうか。

  • 「やられたらやり返す」それは正常な感情です

    死刑は代理報復の一面があるのは否めないが、そのために死刑が存置されているのではない あくまでも治安の維持のためであり罰を与えることが目的です 加害者が死刑になっても被害者遺族の悲しみが無くなるわけではないが、死刑にならなかったら更なる苦しみが一生続くでしょうね 少なくとも加害者が生きてる限り「怒り」の感情は小さくならないでしょう 加害者が死刑になれば「死ねば仏」ですから、「怒り」には多少一区切りがつけられると思います つまり大半の殺人事件の被害者遺族はそれに耐えながら生きていると思います 「やられたらやり返す」それは正常な感情です これで正しいですか?

  • 三人殺しても死刑で納得?

    よく、死刑賛成派の人は 1人殺しただけでは 死刑にならないのは おかしい と言います。 でも、1人殺して死刑なら、3人殺しても 死刑にするだけで 納得できるんでしょうか? 裏返しで考えるのなら、加害者が 最初から死刑覚悟なら、1人殺すも3人殺すも同じ、どうせなら 3人殺そうと 思う人がいても不思議ではありません。もともと、殺人者なんて まともじゃないんで 一般人の良識論は通用しないと思います。それで、2人目、3人目の殺人に関しては どうでもいいんでしょうか? それから、加害者が 死刑執行前に病死ししたら、遺族の無念も この上ないと思います。遺族感情って、 どうせ 死んだんだから 死刑にならなくてもよかったとか そんな甘いもんじゃないと思います。加害者の親族や 他に関係している人間を 殺したいとか思わないのでしょうか? ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者の皆さんはどう思いますか?