• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

死刑によってどれくらい、遺族が慰撫される?

日本人は死刑が大好きです。そして、日本人の死刑維持の根強い理由の一つに、遺族の慰撫が挙げられと思います。 しかし、日本では殺人事件を起こしても死刑になるのは ほんの一部なわけですが、加害者が死刑になることによって 遺族は どれくらい 苦しみや怒りが癒されるものなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数278
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

無いと思いますよ それで、殺された人が帰ってくるでなし、生活が変わるわけでもなし、何一つ変わらない 犯人が、社会的、国家的に制裁、懲罰を受けただけで、同じ哀しみ、苦しみを感じたわけではなく、むしろ、生かされるより楽な道だったかもしれない 遺族にとっては、処罰されたことより、事件が起きた時点から、取り戻すことのできない生活と、癒えることのない哀しみ、苦しみが始まってると、僕は、おもいます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >生かされるより楽な道だったかもしれない 日本人って何も悪いことをしてなくても(していたとしても軽微な罪)、自殺する人が年間約3万人にのぼるでしょ。一方、殺人件数は年間1000件程度です。そして、死刑になるような犯罪を犯す人って 人生に嫌気がさし、何も大切な失うものもなく 自暴自棄になっている人も多いことを考えると 死刑にどの程度 抑止力が働いているかも疑問です。 >遺族にとっては、処罰されたことより、事件が起きた時点から、取り戻すことのできない生活と、癒えることのない哀しみ、苦しみが始まってると、僕は、おもいます 人って、愛する人を失うと 誰かを憎むことでバランスを取ろうとします。そして、その憎しみが 生きる力にもなります。でも、いざ 加害者が死刑になると 遺族には この上ない空虚感が襲ってきます。中には、ひと安心して 被害者の後を追おうとする人もおります。日本の愚民どもは 遺族の加害者に対する憎しみは共感したつもりではいても、そういったことまでは頭が回らないようです。

関連するQ&A

  • 「やられたらやり返す」それは正常な感情です

    死刑は代理報復の一面があるのは否めないが、そのために死刑が存置されているのではない あくまでも治安の維持のためであり罰を与えることが目的です 加害者が死刑になっても被害者遺族の悲しみが無くなるわけではないが、死刑にならなかったら更なる苦しみが一生続くでしょうね 少なくとも加害者が生きてる限り「怒り」の感情は小さくならないでしょう 加害者が死刑になれば「死ねば仏」ですから、「怒り」には多少一区切りがつけられると思います つまり大半の殺人事件の被害者遺族はそれに耐えながら生きていると思います 「やられたらやり返す」それは正常な感情です これで正しいですか?

  • 死刑はどれほど被害者感情の救済に役立っているか?

    日本は大半の人が死刑賛成です。そして、大きな理由の一つに 被害者感情の救済があると思います。 ところで、日本では年間 約1000件の殺人事件が起きていますが、そのうち、加害者が死刑になるのは全体の1~2%にすぎません。だから、残りの98~99%は 死刑制度があることで 却って死刑にならない時に悔しさを感じるのではないかと思います。それに、加害者が死刑になる1~2%のケースでも、加害者が死刑になることによって ずっしり重い空虚感に苛まれるのではなかとも思います。 そこで質問です。死刑はどれほど被害者感情の救済に役立っていると思いますか?

  • 死刑は執行するべき?それとも廃止するべき?

     最近の事件は凶悪化してきていて、刑法及び少年法の見直しや内容などが 注目されていますが、そんなときよく話題になるのは「死刑」について。  現在日本では死刑執行が認められていますが、それはよくないという 国もあります。特にヨーロッパの国々では、死刑制度を廃止しているところが多いようです。  やはり、殺人事件などで殺された被害者の遺族の方々にとっては、 大切な人を失った悲しみと怒りなどで、加害者を死刑にしてほしいという気持ちになるのは 分かります。ただ、私がよく考えるのは、無期懲役のほうが 加害者にとってはつらいんじゃないかということです。死刑で死ぬのはすぐだし、 最近では全く痛みも感じず、死刑執行されたりするらしいので、なんだか 私としてはもっと、被害者の苦しみを味わって、そこから逃れられない状況 を作ったほうが、自分のしたことについて考えたりできるんじゃないかと思うんですよね。  それに、無期懲役は行いがよければすぐ出られたりするらしいので、 加害者がすぐ監獄の中から出てきたりしたら絶対にいやだし、それだったら むしろ死刑で死んでくれたほうがいいのかと考えてみたり。。。  また、無期懲役とかだと、囚人の生活の基盤は税金なので、囚人のために 税金を大量に払ったりするのも、どこか釈然としないし。 長時間を監獄で過ごしたからといって、その人が必ずしも改善されるとは とうてい考えにくいことで、それだったら、手っ取り早くぱぱっと死刑に しちゃってくれたほうがいいのかな。。。なんて考えてもみるんですが、 結局どっちといわれると・・・ってなってしまうわけです。  と、いうことで、長くなってしまいましたが、私が納得できるような意見を 書き込んでもらえたらうれしいです。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.7

「癒される」などというケースがあるとお考えでしょうか。 あり得ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうですよね。命を命で贖うという考え自体が間違ってますからね。

  • 回答No.3

 俺は母を交通事故死されているんだが、加害者が自分の責任をいちばん身をもってわかるのは、その母が同じ交通事故で死ぬことだと思うよ。その母には悪いが教育更正するならこれしかない。目の前でそうなっても、俺は動じないし、それなら彼を許すと思うよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 > 俺は母を交通事故死されているんだが、加害者が自分の責任をいちばん身をもってわかるのは、その母が同じ交通事故で死ぬことだと思うよ。 無謀な理論ですが、一理ありますね。本人が同じ交通事故で死んでも ざまあみろとは思っても 拍子抜けしちゃいますからね。

  • 回答No.2

昔(江戸時代など)の「仇討ち」をした気持ちになると思います。(例:父を殺された子が「仇討ち」をした場合「家督」復帰し遺族=家族は安堵。経済的にも安定) 例まではいきませんが少なくとも気持ちの上では(憎む対象者がこの世からいなくなるので)すっきりするでしょう(死んだ人への悲しみは消えませんが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >昔(江戸時代など)の「仇討ち」をした気持ちになると思います。 仇討と言うのは、返り討ちも覚悟で相手に立ち向かうものです。そして、自分が負けて命拾いしても 恨みっこなしのルールです。でも、今の日本人に 昔の武士のような 度胸と潔さはないでしょう。

関連するQ&A

  • 死刑制度がなくなれば

    死刑制度がなくなれば、↓のことが考えられるかと思います。 風吹けば桶屋が儲かる みたいに短絡的な考えだと思いますが、ぼくは高卒で 感情論でしか物事を考えられない馬鹿ですので、 有識者の方、間違っていたり、不適切な点があれば ご指摘ください。 ぼくと同レベルの人間の同調意見は要りません。 ・被害者遺族に心身症、うつ病などのメンタル障害多発(再出発できない) ・加害者が仮出所後に仇討で殺されることがときおり起こる(DIY) ・高額で仇討を請負う業者が出てくる(需要あるところに供給あり) ・計画殺人が増える(死刑がないので殺人のハードルが下がる) ・食い詰め者の無差別殺人が増える(食えないので一生刑務所で過ごしたい) ・加害者親族を狙った報復殺人が増える(加害者にも同じ苦しみを) ・殺人事件の刑事裁判の緊張感が減る(裁判官、検察官、弁護士、裁判員共) ・殺人犯が罪を真摯に反省することが激減する(被害者の無念への無理解) ・警察による合法的裁量殺人が増える(極悪犯は抵抗したことにして射殺容認の空気) ・日本人の気性からして死刑賛成派が爆増しすぐに死刑が再開される

  • 死刑廃止論者に聞きたい

    俺は重犯罪、特に殺人事件に関する資料を読めば読むほど、 加害者(犯人)たちへは怒りと殺意しか抱けない。 被害者へは、悲しさと苦しさとやるせなさを感じる。 死刑廃止論者に聞きたい! 悪質な事件(集団リンチ)(強姦)(拉致)特に殺人事件の 事件拝啓や経緯・検証書などを見聞きしたことがあるのか? それらを踏まえてまでも なぜ、死刑を無にしたがる? (他国がどうこうという回答は要らん) 更に過去、未成年というだけで死刑を免れて、通常刑期服役後 出所し更生どころか、また事件を起こす輩が居ますが、 更生とは、どの様なことが更生と、言えるのでしょうか?

  • 死刑以上の極刑

    極悪非道の殺人事件がありますね。 人の道を外した、酷い事件です。 死刑だとしても、全て単なる死刑ですね、死刑の上を作るべきと考えますが、そのような動きはないのでしょうか? 要は、被害者と同じ、恐怖と痛みを伴った死刑を、もう作るべきと思います。 なぜ、被害者やその家族のことを考えずに、加害者のことばかり庇うのでしょうか?

  • 私も死刑肯定派ですから。

    冤罪が100%考えられない案件(例:池田小児童殺人事件、秋葉原通り魔事件など)については、『長期間の拷問の後極刑』という方法があってもいいくらいです。 だって、何の関係のない、ただただ犯人の個人的な自暴自棄や社会への恨みつらみに強引に巻き込まれ、ましてや命まで失うなんて考えられない。 ある日突然、大切な家族が目の前からいなくなる悲しみ・喪失感・絶望、、、その心情は計り知れません。 もし自分が被害者家族の立場なら…、加害者が刑務所で衣食住を与えられて(税金うんぬんは別にしても)生活できているなんて、考えられません。 光市母子殺人事件の加害者も同じだなー。 裁判であそこまで手のひら返して、あの手この手で極刑を免れようとするあの様は、何重にも被害者遺族を苦しめている。正直、事件の解明ってどこまで必要なんだろう?どこまで掘り下げても、結局は被害者遺族を苦しめて加害者は好き勝手な言い訳をする機会が与えられているだけのような気がする。 加害者がこの世からいなくなって初めて、被害者遺族は第二の人生を歩めるんじゃないんだろうか? 少なくとも自分だったらそうだと思う。 そこで質問です。みなさんは 死刑の存続について いかがお考えですか?

  • 被害者遺族が死刑を希望するのに理由が必要ですか?

    昔の話ですが、私は大阪教育大付属池田小学校の事件で、子供を殺された父兄の話を直接聞きました。 犯人を殺したいと思うのが当然ではないですか? 死刑執行後に 遺族の苦しみは軽減されたか 死刑直後の遺族のコメントを聞いていると、ほとんどが「良かった」という ものです。 長期的な感情については、当事者で無いとわかりませんし、逆に加害者だけが 生きているということに対して、怒りしかわいてこないでしょう。

  • 死刑の存廃について

    死刑制度について、廃止すべきか存続すべきかについて考えていたんですけど、行き詰まってしまいました。 私が取り上げたのは「被害者問題」です。 もし、死刑を廃止したら、被害者の怒りはどこにぶつければいいのだろうか。故意に人を殺しておいて、何故犯人だけは生き延びているのだろうか。どんな事をしても、被害者が帰ってこないならば、せめて、憎き加害者の存在自体無き物にして、事件全てを忘れた方がよいのではないだろうか。犯人を死刑にし、無理矢理にでも、この事件は終わったんだと自分に言い聞かせ、忘れていこうとしたほうがいいのではないだろうか。 ↓ 死刑は最低限の苦痛を与える方法によってのみ、その執行を認められている。被害者は、突然大きな苦しみの中で亡くなっていった。この犯人の死に方で、遺族は満足するか? 加害者が犯罪を反省していない場合、死刑によって加害者がいなくなったところでその犯罪に対する反省も答えも残らないのではないだろうか。 また、死には死をと言うのならば、目には目をがあってもいいはずなのに、体の一部に対する刑罰は許されていない。体の部分は許されていないのに、全体だと許されるのはおかしくないだろうか。 …ながながと書きましたが、ここでつまってしまいました。この先、まだ何か言えそうな気がするんです。 皆様のご意見・ご指摘をお願いします。

  • もし、日本で死刑を廃止したら?

    日本人は死刑が大好きです。それで、日本人が死刑を絶大に支持する理由に 殺人などの凶悪犯罪の抑止力というのがあると思います。 ある方の意見によると、 “英仏カナダなどをみますと、死刑を廃止したら、殺人が激増 した、という調査結果が出ています。 カナダは、減ったと説明する人もいますが、これは公務員殺害と 普通殺人とを比較したもので、非常に恣意的です。 普通殺人だけなら、2,42倍に増加しています。” だそうですが、これはかなり作為的なものを感じますし、日本にはあまり当てはまらないような気もします。 日本では殺人事件が年間、千件ほど起きていますが、そのうち死刑になるのは全体の 1%~2%に留まっています。 一方で、日本では年間 約3万人が自殺しています。 そこで質問ですが、もし、日本で死刑を廃止した場合、どれくらいの殺人事件の増加が予想されますか?

  • もし、日本で死刑を廃止したら

    日本では国民の3/4~4/5が死刑を支持しています。 根強い死刑の支持の理由には 刑務所の経費、遺族感情、殺人事件など 凶悪な犯罪の抑止 などが主な理由だと思いますが、 今回は 刑務所の経費について考えようと思います。 もし、極刑を死刑から終身刑に変えた場合、どれくらい、経費が余分にかかりますか? きちんとした根拠があれば ありがたいです。

  • 三人殺しても死刑で納得?

    よく、死刑賛成派の人は 1人殺しただけでは 死刑にならないのは おかしい と言います。 でも、1人殺して死刑なら、3人殺しても 死刑にするだけで 納得できるんでしょうか? 裏返しで考えるのなら、加害者が 最初から死刑覚悟なら、1人殺すも3人殺すも同じ、どうせなら 3人殺そうと 思う人がいても不思議ではありません。もともと、殺人者なんて まともじゃないんで 一般人の良識論は通用しないと思います。それで、2人目、3人目の殺人に関しては どうでもいいんでしょうか? それから、加害者が 死刑執行前に病死ししたら、遺族の無念も この上ないと思います。遺族感情って、 どうせ 死んだんだから 死刑にならなくてもよかったとか そんな甘いもんじゃないと思います。加害者の親族や 他に関係している人間を 殺したいとか思わないのでしょうか? ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者の皆さんはどう思いますか?

  • 死刑と被害者遺族の心情について

     死刑制度をめぐる議論(No.205711, pikosuke,「死刑の存廃について」; No.167493, azari,「死刑制度は抑止力?」)を読んでいて、以前から抱いていた素朴な疑問を思い出しました。 1)殺人事件の場合、被害者の遺族の方が犯人を「極刑に処してほしい」と発言されている場面をテレビなどでよくみかけますが、実際の判決でこのような遺族の心情は多少なりとも考慮されることがあるのでしょうか。あるとすれば、たとえば被害者が身寄りのない人だった場合との間に、判決に差が出るということになると思いますが、その点については問題がないのでしょうか。 2)仇討ちについてですが、殺人を犯した者が刑務所から出所したあとで、遺族によって殺されたというケースはあったでしょうか。あったとすれば、その裁判の判決はどのようなものだったのでしょう。