• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

死刑制度について

なぜ殺人を犯すと死刑にするんでしょうか? 死刑も殺人となんら変わりないですよね? そもそも死刑にしたってなにも変わらないと思います。 遺族の方がよく感情で死刑にしてほしいと言いますが、そしたらその遺族の方もやっていることは 同じです。殺人と同じことだと思います。 それに、やったらやり返すってまるで子供のような、そして、戦争に賛成しているようなもんだと思います。 なぜそれなのに死刑にするんでしょうか? それに死刑なんてぜんぜん抑止効果もないと思います。 殺す人ってのはそんな法律のことまで考えて殺さないです。 とにかくどうなってもいいからその人を心から殺したいと思って殺すわけです。 まったく抑止の根拠なんてありません。 抑止効果があるなんて実際死刑を廃止してみないとわからないことじゃないですか。 それなのに死刑が存在するってのはおかしなことだと思います。 遺族の方には申し訳ありませんが、感情的になりすぎて我を見失っていると思うのです。 自分だったらたとえ親がころされても決して死刑にはしません。 なぜなら、死刑=殺人っていう認識があるからです。 いかなる理由でも人を殺すことはいけません。 ですから、死刑もいけないと思います。 ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。 みなさんはこのことについてどうお考えですか? みなさんの意見を聞かせてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数18
  • 閲覧数349
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.18
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

No.2です。追記します。 質問に”みなさんの意見を聞かせてください”とありますので、それに対する回答です。 前にも書いたとおり、私自身は死刑制度には反対です。また、犯罪抑止力もほとんどないと思っています。考え方自体は同意します。 ですが、ここに書かれていること、特に回答への補足を見ていると論理の飛躍を感じます。死刑の肯定をそのまま殺人の肯定としてみたり、更には戦争に賛成、ととらえたりしています。回答された各位には、そのような考えはないと感じています。 なので、考えには賛同できても、質問者さんの意見には賛同できない、となってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 死刑制度に関する疑問

    先ほどこのサイトのアンケートカテで、死刑制度に反対?賛成というものがあり、私は反対なのですが、他の方は、のきなみ賛成で驚きました。 これを機に、前々から疑問に思っていたことがあるので質問したいのですが、、、 殺人は殺人罪で罪になるのに、なぜ死刑は殺人で罪にならないのですが?法律として疑問を感じます。どなたか納得させて下さい。

  • 死刑は必要か不要か

    最近、死刑制度についていろいろと考えを巡らせています。 この制度があった方がいいのか、ない方がいいのかということです。 自分の最愛の人が殺された場合、遺族の立場としては、被疑者が生きていることや、同じ空気を吸っていることすら許されないと思うでしょうし、そう考えると死刑は必要と思えます。 死刑廃止論者の方もたくさんいますが、そういう人は、自分の最愛の人が殺されても死刑の廃止を訴えられるかどうか知りたいです。・・・残念ながらそういうのを聞く機会はないですが。 死刑廃止を訴える人の気持ちも理解はできます。被害者や遺族の感情ではなく、客観的に、悪人であれ人の命を奪う行為がいいことなのか、もしえん罪だった場合に取り返しがつかなくなるとか、秋葉原殺傷事件のように、自分を死刑にしてほしいがために殺人を犯すとか、いろいろな理由があるでしょう。 秋葉原の事件の例があると、死刑の存在もどうなのかと思ってしまいますが、自分を殺してほしいがために殺人をするような人には死刑を執行せず、終身刑で仮出所もなく、一生苦しみながら過ごす刑のようなものを作ってほしいです。 そして、やはり死刑は無くさない方がいいと思います。 さらに、殺人だけではなく、幼児誘拐や幼児への暴行、女性への暴行は、たとえ被害者が殺されていなくても死刑を求刑できる制度にすれば、性犯罪や弱い人への犯罪抑止効果になるのではないでしょうか。 どうしても死刑を反対する人の気持ちが分からないのですが、悪人であれ罪人の命を奪うこと、冤罪リスクを避けること、これら以外に何か死刑を廃止すべき強い主張をお持ちの方いたら教えてください。 (もちろん、自分の最愛の人が殺されても、それでも廃止すべきという考えを持っている人に限ります)

  • もし死刑が廃止されたら、殺人件数は・・・?

    こんにちは。 ちょっと皆さんの考えを教えてください…。 死刑制度に賛成する人の意見の中に、 「死刑が廃止になると、凶悪犯罪を起こしても死刑にはならないと安心して犯罪を犯す人が増えるのではないか?犯罪を抑止するためにも、死刑が必要だ」 という意見があります。 ですが、実際、カナダでは死刑を廃止した後殺人件数は3.09から1.74に減少し、また一方で死刑を存続している日本では殺人件数は増えています。 また、最新の調査結果報告書の中では、 「死刑のもたらす脅威やその適用が、より軽いと思われる終身刑のもたらす脅威やその適用よりも、わずかでも殺人に対する抑止力が大きい、という仮説を受け入れるのは妥当ではない」 という結論が出されています。 私はこれらの矛盾がよくわからず、皆さんのこれに対する意見を教えていただきたいのです(><)死刑は犯罪の抑止にはならない、という明確な理由があるのでしょうか?またその逆もありましたら教えてください。 長くなってしまってすみません。 お暇なときに、考えてみてください(>o<)

その他の回答 (17)

  • 回答No.17

私は自分自身が犯罪被害に遭い、殺されそうになりました。その時の恐怖は言葉では表せません。後ろから何度も首を切りつけられ、今でもその傷が残っています。 自分では見ることができないのが救いです。 失ったものはたくさんありますが、犯人が捕まっても憎いとか殺したいとか死刑とかという感情は湧いてきません。 家族が殺されても、そういう感情になるかどうかはわかりません。 ただ、今は犯人も出所しているので怖いです。 裁判員制度のように国民に交代で死刑執行をさせてみるというのはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.16
  • E-FB-14
  • ベストアンサー率14% (402/2868)

No1です。 反論が無かったらベストアンサーをください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

弁護はしませんよ。 やはり罪は償ってもらわないといけないですからね。 ですが、死刑だけはだめということです。 もし、死刑判決がでたら、いくら家族が殺されても自分だったら頭さげてまで死刑はやめてくださいって言うでしょうね。 ちょっと聞きたいのですが、もし自分の家族が殺された。 そして、怒りなどの感情によって復讐のために殺人者をまた自分で殺したとする。それは殺人になりまか? 結局死刑と殺人は同じことですよね。 死刑ってのは自分で殺人者を殺すことと同じですから。

  • 回答No.15
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

#6です。 反論がないようですが、他の回答へのリプライを見ると、死刑にも終身刑にも抑止力がないと思っているようです。しかし、データは抑止力があることを示唆しています。 > もし殺人と死刑が違うものだという考えていくならば、それは人間という動物を人によって差別していることになるんではないでしょうか どこがどう差別なのでしょうか。差別と区別は何が違うのでしょうか。 私はこの違いは「理由」だと考えています。例えば女性が女風呂に入っても問題とならないのに男性が問題になるのには、相応の理由があります。したがってこれは区別です。しかしながら、白人用の席に黒人が座れないというのは理由がありません。これは差別です。 さて、殺人は犯罪です。死刑は犯罪に対する罰です。全く異なるものなので、これらが異なることは「区別」です。差別ではありません。 ところで、殺人と死刑が同じものだと主張するならば、終身刑や懲役と監禁とが同じものだという意見も正しいことになります。 監禁は罪になりますが、監禁と終身刑や懲役はどう違うのですか。 > なんらかの罪をつぐなうべきです。しかし、その罪として殺人者を殺すまではおかしいと思います。 罪と相応の罰として死刑が重すぎるかどうかは、その事件ごとに考える必要があるから、殺人即死刑、という制度であれば、質問者氏が正しいと思いますが、そのような制度にはなっていません。 しかし、相応の罰として死刑に値する事件は、少し世の中を眺めれば時々あります。例えば北九州監禁殺人事件は、その一つです。制度として死刑を廃止するということは、強制労働が原則として禁止されている現在の日本では、罪に比べて罰が軽すぎる、という結果を招くと思います。 > ではあのたの周りにいる憎たらしい人、あるいはすごく嫌いなひと、あんまり関わりたくない人が殺されたらどうしますか?> それでも死刑を望むのですか? 人ではなく事件によって死刑が相応かどうかが決まるので、誰だろうと大して変わりません。 それこそ、人の命の重さは平等ですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

>死刑も殺人となんら変わりないですよね? >そもそも死刑にしたってなにも変わらないと思います。 正にそのとおりと思います。 私も、死刑制度は絶対に廃止すべきと思いますす。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

死刑が国家による殺人で許されないと いうのなら、罰金はどうでしょう。 国家による強盗ですね。 懲役や禁固はどうでしょう。 これも、国家による拉致監禁です。 死刑が殺人で許されないとするなら、罰金も 懲役も許されない、ということになるのですか。 するとそもそも刑事罰は総て許されない、と いうことになりますね。 罰金や懲役は許されるとするのなら、その根拠を 示さないと、納得しないでしょう。 それに、死刑に威嚇力がない、とどうして断言 できるのですか。 威嚇力はある、とする意見も強いです。 殺人には衝動的なものもありますが、計算尽くで 理性的な殺人も多いですよ。 保険金殺人などはその典型です。 こういう犯罪者にも死刑は威嚇力がないと 断言できるのですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

罰金もいいかもしれないですね。 死刑ってのは間接的殺人にすぎないですから。 いつも思うことがあるんですけど、死刑賛成の人は差別をしている人だと思うんです。 人の命の重さはみな違うとおもってるからそうゆうことが言えるんです。 あなたはどう思いますか? 殺人者の命は軽くて、被害者の命の方が重いと思いますか? それから最近の殺人者ってテレビの前にどうどうと顔を見せたり、死にたいから人を殺して死刑になりたかったって言う人結構多いですよね。 だからそんなに抑止力もないと思います。 計画を立てて行う殺人も抑止力はあんまりないと思います。 そもそも殺人を犯す時ってそういう法律のこと考えないと思いますよ。 死刑になるってこと考えないと思います。

  • 回答No.12

人が皆平等で、人を殺すことがいかなる理由でもいけないことなら、殺された人はどうなるというのか、何の罪もないものが一方的に人権を侵害された上に生命を奪われ、一方でその加害者が人権尊重され、国民の血税で生かされ続けられるのか、馬鹿も休み休み言え。平和呆けした偽善者。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

平和呆けした偽善者ってそれはあなたじゃないですか? なぜ偽善者だってわかるのですか? 言ってることすべて間違ってますか? そもそも法律だって人間が作ったものですよ? 人間ってのは間違いの塊だらけです。 ですので法律だって正しいとは言えませんよ。 じゃあ質問ですが、もし私が殺されたとする それでも殺人者に死刑を求めますか? どうなんですか? もしそれで別にどっちでもいいしとか思うなら、それは差別ですよね。 それとあなた死刑賛成なら殺人も賛成していることになりますよ。 戦争も賛成の悪い方ですね。 なぜ人ってそのように自分が間違っていることに気づけないみにくい動物なんでしょうね。 おそらく知恵があるからでしょうね。 もっと知恵をなくして考えてみてください。 あなたは狭い視野しかみていないからそう言えるんです。

  • 回答No.11

全く話にならん大馬鹿ものみたいだな。つける薬もないとはまさにこのこと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なんで大馬鹿なんですか? じゃあ死刑は正しいんですか? 正当なことですか? 戦争も賛成ですか? 大馬鹿に思った理由を言ってください。 それなのに大馬鹿っていうのは許せないですね。 だいたい大馬鹿って言う人が大馬鹿なんですけどね・・・

  • 回答No.10

>なぜなら、死刑=殺人っていう認識があるからです。 いかなる理由でも人を殺すことはいけません。 ですから、死刑もいけないと思います。 ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。 死刑=殺人と考えるのですか?だからいかなる理由でも死刑はいけないと? あなたの考えを借りるなら終身刑=刑務所に永久監禁ということになるかな。刑務所に永久監禁はどういう理由で良しとしているのでしょうか?これならばよいというその根拠は? 死刑=殺人で死刑に抑止効果が全然ないのだから死刑は駄目という主張されてますね。 終身刑には抑止力はあるのですか? >遺族の方には申し訳ありませんが、感情的になりすぎて我を見失っていると思うのです。 大切な人が殺されるんです。遺族の人は感情的にもなりますし我を見失うほど泣くのです。そして、大概の人は怒り復讐したいと思うのです。でも、復讐はできません。 刑法に死刑がある理由は犯罪抑止力のためだけにあるのではなくてこういう被害者の応報的感情を満たす一面もあるという点を見逃してないですか? もう少し死刑制度について勉強して、もう一度意見をまとめられる方がよいかと。 今のままでは死刑賛成論者からすればつっこみどころ満載ですし、反対論者の中からも廃止という点では賛同できてもそこに至る考え方の部分で賛同できないと言われそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

終身刑にも抑止力なんてものはありませんよ。 ではなぜするのかというとやはり殺人は悪いことですのでなんらかの罰を与えなければならないからです。 ですから終身刑の方がまだましといっているのです。 ほんとうならば殺人でもそのひとにいつかは更生の余地を与えてもいいんではないかとも思います。 確かに復讐は遺族の方は直接はできません。ですが死刑にしろという訴えは間接的に人を殺すことになります。 そして間接的に人を殺すのと直接的に人を殺すのはほとんど差異はないとおもいます。同じようなことです。 感情的な精神的なことに対して満たす一面があるとしても死刑はいけないと言っているのです。 どんな理由であれ死刑=殺人ですからいけないと思います。 死刑賛成の人って人間を差別しているような人ではないでしょうか? だいいち死刑賛成っておかしくないですか? 殺人OKっていってるのと何ら変わりないですよ。 なぜみなそうやって自分の知識でもって考えようとするのでしょうか? 一回死刑に関する知識を全部すてて、すべてを疑ってみることも大事なのではないでしょうか? これは本当に正しいのかと。 今の現代には昔デカルトがやった方法的懐疑という手法が重要な世の中ではないかと思います。

  • 回答No.9

目には目を的な感じでしょうね。人を殺した奴は、殺された物の悲しみを知るため自らも死ねと…まあ、死んだら悲しみを知るもくそもないのですがね。 僕も死刑には反対です。考え方は質問者様と大差ありません。死刑だって国家権力を借りた殺人行為ですからね。死刑執行人の精神的負担も相当なものです。人格が崩壊する人もいるとか… 死刑が間違っている事に気がついた国はすでに廃止を始めています。廃止国と準廃止国(10年以上死刑を執行していない国)を合わせれば、過半数に達します。世界的な風潮は、死刑廃止の方向に動いています。我が国も、この流れに乗る必要があるでしょう。 被害者遺族の気持ちはわからんでもないですが、個人的には「そこまでせんでも…」という感じです。仮に僕が身内を殺されても、死刑は望みません。関節的に自分が殺した事になりますからね。人を殺すという事は、大なり小なり理由があります。最近は無差別殺人が発生する事がありますが、それは例外的です。普通の殺人は、理由があります。 その理由を聞き取り、よく話し合えばこちら側にも非があったという事がわかるかもしれません。それを頭ごなしに否定して死を持って償わせるのは、高度な知能を持つ人間として如何なものかと思うわけです。 我々は、理性を持ってます。理性を持って冷静に対応すれば、目には目をの死刑の矛盾が見えてくるでしょう。 感情と本能に身を任せ、たんたんと死刑を唱える遺族の方は、さぞ単細胞な方々でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

 拙劣極まりない論理であり、死刑と殺人を同義に捉える時点で無学低能、戯言としかいいようがない。宗教的には人が人を裁くことはできない、出来るとすれば神だけだということにでもなるのだろうが、現実には人が人を裁かねばならないし、また裁かざるを得ない。そのために人は法なるものを整備し、その法に則り人を裁いているだけのことである。    道徳的にせよ法的にせよ、してはならぬことをしたのであれば、それは罪は罪として償わなければならない。犯した罪に対する懲罰はあって然るべきである。基本的にはそれを償うに相当するものでなければならないと考えられている。法に基づく懲罰・制裁としてあるのが刑罰(死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留、科料、没収死刑、刑罰)であり、究極が死刑、すなわち”命”である。あくまでもこれは法の下で行われるものであり、あなたがいうような”やられたらやり返す”なる無秩序で幼稚なものではない。殺人者は法の下に人によって裁かれ罰せられるのである。そして犯罪に対する究極刑として死刑があるのであり、それを選択するかどうかは法の下に裁定すれば良いだけのことであり、敢えて廃止する必要は何処にもない。そもそも殺人以上の罪でなければ死刑が求刑されること自体が無い。しかし裁判を行うにせよ、刑務所を維持するにせよ安からぬ費用がかかることさえ分からない訳ではあるまい。その裁判に多大な時間をかけ、人権の下に死刑囚でさえ、いつになったら執行されるのか分からぬその日まで冷暖房、食事つきで刑務所で保護される。国費という名の国民の血税を犯罪者の為に使って、だ。結局は回り回って善良な国民がその負担を負うことになる。唯一憂慮すべきことがあるとすれば”冤罪”の存在だが、冤罪の防止と死刑制度の廃止は別に論じられなければならない。  死刑反対派はよく犯罪者にも人権などということを言い出すが、そもそも殺人という人権侵害をしているというのに、よくもそんな戯言が言えるものだと閉口する。犯罪者にも人権があるのは法の認めるところであり異論はないが、そもそも始めに人権侵害している時点でフェアではないし、そもそも被害者の侵害された人権は一体どうしてくれるのだということだ。自分の家族が殺されても決して死刑にしないというのなら、あなたの身内が殺されたときにあなたがその法廷で訴えれば宜しい。抑止効果があるかどうかは廃止してみないと分からないというのであれば、死刑を廃止して終身刑が究極刑になることが犯罪抑止にどう影響するかも分からないのではないのか。死刑制度の廃止変更はあなたが軽視しているところの法改定なしには出来ないことだ。やって見て犯罪抑止効果が無くなった、下がったでは済まされない。再び法改定をしなければ再開も出来ぬ。自分の主張が正しいと思うのなら、こんなところで匿名の相談をするのではなく、身内を殺された遺族達に直接諭して回ってみれば宜しい。あなたの主張が偽善でなく、真理であるのなら容易に出来るはずだ。出来ないのであればただの”きれいごと”、偽善、それこそ戯言に過ぎない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

拙劣極まりない論理であり、死刑と殺人を同義に捉える時点で無学低能といっていますが、それだから知識のある方はだめなんです。 それでは知識のある方が正しいとでも言うのですか? そうではありませんよね。 逆に世の中知識のある方の方が間違っている。 誤解したままの偽善者が多いと思うことが多々あります。 なぜそのように知識を重要視しようとするのですか? 別に人を裁くのがいけないといっているわけではありません。 裁かなければ世の中自由で多くの犯罪がおきてしまいますし。 ただ死刑は殺人と似たようなもの、また、戦争と似たようなものだと思うのです。 少し知識をなくしてすべてを疑ってみることも重要なのではないかと思います。 知識のある人はその知識だけに目が向いてしまい、広い見方ができくなっているように思います。 知識のある方はすぐにそんなの無理だ。できるわけないだろ。 もっと現実的に考えろとか言いますが、まずは現実的でないことも考える。 広い視野をみるとこも重要ではないかと思います。 知識というものによって頭が洗脳されているのではないでしょうか? なぜ死刑が戦争と同じようなことだって思わないか疑問に思います。 法律を考えないとすると、遺族の方は、死刑にしてくださいっていう気持ちは、その人を恨んでいるからですよね。 そして、その恨みによって死刑にしてほしいとゆう復讐の気持ちが戦争と同じようなことだと思うのです。 ちなみにやられたらやり返すってのは法律ではなく遺族の気持ちのことです。 法律ではやり返すのでなく罰することになるので。

関連するQ&A

  • もし、日本で死刑を廃止したら

    日本では国民の3/4~4/5が死刑を支持しています。 根強い死刑の支持の理由には 刑務所の経費、遺族感情、殺人事件など 凶悪な犯罪の抑止 などが主な理由だと思いますが、 今回は 刑務所の経費について考えようと思います。 もし、極刑を死刑から終身刑に変えた場合、どれくらい、経費が余分にかかりますか? きちんとした根拠があれば ありがたいです。

  • 死刑廃止について

    みなさんは、死刑廃止について、どう思いますか? 人を何人も殺し、逃げ回って、やっと捕まって、死刑になる。 通常、3人以上の殺人で、死刑になるといわれています。 しかし、犯した罪が重すぎる場合、一人の殺人でも、死刑になることがあります。 誘拐殺人 これは、最も重い刑罰です。 家族を殺された遺族。 そういう人の為にも、死刑は廃止してはならないと思います。 人の命を奪って、実刑になるなどとは、許されないことだと思います。 実刑になって、罪を償っても、殺された人は生き返りません。 自分の命で償うべきではないでしょうか? 本当なら、一人殺しても、死刑にするべきではないでしょうか?

  • 死刑制度廃止に賛成の方はその考えを貫けるのか

    私は死刑制度存続自体は賛成の立場です。 回りくどい言い方ですが、死刑制度で万事解決とは行かないものの、死刑制度があることに意義があると思っているからです。選択肢は多いほうが事態に対処しやすいはずなので終身刑も取り入れてもいいのではと思ってます。 そこで死刑制度廃止に賛成の方たちに伺いたのですが、たとえば家族など大事な人が無残に殺されても無期懲役などで犯人の罪は償うことは可能であって、犯人を死刑にしてほしいとは思わないのでしょうか? それとも廃止に賛成と個人の気持ちは別物ですか? ご回答よろしくお願いします。

  • 死刑制度については

    死刑制度について議論されるべきは制度存続の是非ではなく、 刑の執行方法が現行のままで適切かどうかについてだと思います。 被害者=死んではならない人が強制的に苦痛を伴う死を強いられた というのに、加害者=他人の命を理不尽に奪った者 が絞首刑という 安楽死(温情刑)で苦痛の無い安らかな最期を与えられているという あまりにもアンフェアな現状に激しい憤りを覚えます。 死刑は司法による殺人などではなく犯した罪に対する適正な処罰です。 理不尽に他人の命を奪ったのは殺人犯の方です。 他人の命を奪うという犯罪が存在しているのですから、 自らの命をもって償うという罰が存在するのは当たり前のことです。 死刑囚は他人の命を理不尽に奪ったから死刑を言い渡されたのです。 自分が先に殺さなければ死刑判決を受けることなど無かったのです。 死刑判決を言い渡される原因を作ったのは犯罪者自身なのですから。 刑罰には犯罪者に罰を与えるというだけでなく 見せしめることで犯罪抑止力を持たせるという役割もあります。 犯した罪の重さと比べてそれに課せられる刑罰が著しく軽いようでは 犯罪抑止の効果は全く期待出来ないと思います。 たとえば100万円を盗んだ罪に課せられる刑罰が罰金10円では、 刑罰としての体を成さないばかりか、犯罪抑止にも繋がりません。 しかし、これが我が国の刑罰の現状なのです。 支那人によるサンゴ密猟事件がその良い例ですね。 また、死刑を廃止するということは、 どんな罪を犯しても国と法が犯罪者の存命を保証するということです。 どんなに残虐な方法で、どんなに多人数を殺しても 更生不能な凶悪犯罪者の生存が保証されるということです。 これはまさに国による殺人許可です。法による殺人幇助です。 適正な罰則規定があってこそ公序良俗、安寧秩序が保たれるのだと思います。 そこで質問ですが、みなさんは 死刑制度について いかがお考えですか?

  • 死刑反対派の考え方が理解できない

    死刑廃止論によくある意見の一つとして、死刑に犯罪抑止効果が無いという事が挙げられるのですが、そもそもどうして死刑に抑止力が無いといえるのですか?信頼できるデータがあるんでしょうか。私のような素人の考えでは、、もし死刑を廃止したとすると、人を殺す事がいけないという倫理そのものが希薄になり、また、死刑という重い刑罰を科せられないという事から、どんどん殺人が増えるのではないのかと心配してしまうのですが。また、そもそも罪も無い人を1人も2人も殺しておいて、死刑にならないのは、道徳的にもおかしい気がします。被害者だけ泣き寝入りして、加害者は社会復帰できる権利があるなんておかしくありませんか?死刑が殺人という一部の人権派弁護士がいますが、そもそも、悪人を罰するのは国家の任務であって、人を殺すという行為として人くくりにしてしまうのはあまりに暴論であると考えています。世論調査では、死刑賛成が80パーセントを超えていますし、素人は私のような思考の人間が大半です。でも、法律の専門家達が、死刑廃止を言うんでしょうから、おそらく私の考え方が間違いなのだと思います。納得できる形で正してもらえませんか?

  • 死刑廃止に賛成な人へ質問

    死刑廃止論というのがありますが、私は反対です。 死刑賛成側の私の言い分は、 一度犯した過ちは加害者が更正したところで消える事は無い。 故意に人を殺め、どれほど償ったと言っても真実はわからない。 憲法は平等に人の命を最大限に尊重しているが、人を殺めた人間の命は最大限に尊重するに至らないと思う。 緩い法律に縛られるから甘えがでて殺人なんていうのをやってしまう。 「いかなる場合も家畜・奴隷を許さない」に但し書きで「人を故意で殺めたものはこの限りではない」みたいな物を付け足してほしい。 結局、殺人を犯した人間は更正なんてできない。「生きてその罪を背負え」と思う人もいるかもしれませんが、遺族からすれば当然死刑を願うのではないでしょうか。 遺族の意思は十分尊重する必要があると思う。 死刑廃止に賛成な人は何故、賛成なのでしょうか。

  • 死刑制度、賛成ですか?反対ですか?

    殺人を犯した場合の死刑制度について賛成ですか?反対ですか? この場合の殺人は明らかに殺意を持った殺人とします。 (この前の秋葉原の事件のような) ちなみに私は賛成です。 死刑か終身刑、終身刑であれば税金に頼らず、刑務所のように3度のゴハンと寝床が用意されているものではなく、刑務所内で自身で働いたお金で生活する事がいいと思っています。 もちろん今の制度では無理ですが、「こうだったらいい」という意見を聞かせて下さい。

  • 今の日本から死刑制度が無くなれば

    全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 今の日本から死刑制度が無くなれば、殺人を犯す 者が増えないとも限らない。 例えば、何人殺しても終身刑位で人生を刑務所で 終えるだけになる。 死刑が正しいとかは別として。 殺人に対しては自分の命を代償とする位の 重みがあると思います。 死刑にしたからと言って死んだ人が生き返る訳では 有りませんが。 殺人の抑止力として必要なのかも知れません。 それでも、犯罪者の中には「死刑で結構」と言う 者もいます。 死には死をが全く不要とは言い切れません。 残念ながら。 みなさんは どう思いますか?

  • 死刑によって得られるものには

    死刑によって得られるものには 「被害者とその遺族への同情」と「報復感情」 それと、「犯罪の抑止効果」があると思います。 死刑を廃止した国では、軒並み殺人が増加しています。 10万あたりの殺人の件数ですが。 ・英国では 0,73件 → 1、11件 ・フランス 2,68 → 4,72 ・カナダについては、アムネステイインターナショナルは、 3,09 → 2,4 と減少したと発表しました。 しかし、これは 警官殺人と一般殺人を比較したもので しかも、わざと時期を変えています。 時期を同じにして一般殺人と一般殺人をを比較すれば 1,25 → 3,03 とやはり激増しております。 また、不公平感もあるでしょう。 片や理不尽に生命を奪われているのに、生命を奪った 極悪人の方は、税金で医衣食住を賄われ、天寿を全う することを国家が保障する、というのですから 不公平も極まります。 それから、被害者遺族が死刑を希望する理由は ↑ 以上のような不公平感に基づく恨みでしょう。 罪も無い家族が殺されているのに、殺した奴は のうのうと生きている。 これは許せない、という感情です。 あと、“死刑執行後に 遺族の苦しみは軽減されたと思いますか?”という問いには 遺族へのインタビューなどをみていると、 これで安心したとか、これで被害者も救われる、とかの 発言が目立ちます。 少しは軽減されたと思います。それは 不公平感が除去されるからです。 最後に こういう不公平感は人間の根本に通じているらしく、 不公平には幼い子供でも抗議します。 みなさんはどう思いますか?

  • 死刑制度、終身刑制度に賛成ですか?反対ですか?

    1、ここ数年、海外の国では死刑制度が廃止になっています。日本ではまだ死刑制度がありますが、 この制度に賛成ですか?反対ですか? 2、また、終身刑は日本では施行されていませんが、終身刑制度が発案されたとき、あなたは賛成ですか?反対ですか? それぞれ簡単な見解を伺わせてください。