• 締切済み
  • すぐに回答を!

ベクトル至急!

a→、b→は0→でない定ベクトルとしa→とb→は平行でないとする。tを実数値をとる変数として、|a→+tb→|を最小にするtの値をt0とするとき (1) t0を|a→|,|b→|,a→・b→を用いて表せ。 解答には|a→+tb→|≧0であるから、f(t)が最小のとき|a→+tb→|も最小になる。よってt0はf(t)が最小のときのtの値で to=-(a→・b→)/|b→|^2」 とあるんですが なんで|a→+tb→|≧0ってわかるんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数88
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

数Aの教科書に|a|≧0 みたいな公式が書いてるでしょう。 基本的な部分が欠落しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

|a→+tb→|<0となるものがあるとすると、一辺がマイナスの-2cmのような辺が存在します。そんな辺はないでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>なんで|a→+tb→|≧0ってわかるんですか? ベクトルの長さだから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ベクトルの大きさの最小

    a→、b→は0→でない定ベクトルとし、a→とb→は平行でないものとする。tを実数値をとる変数として、|a→+tb→|を最小にするtの値を toとするとき (1)toを|a→|、|b→|、a→・b→を用いて表せ。 答えではまず f(t)=|a→+tb→|^2とおき、これを展開して 2次関数の式の基本形a(t-p)^2+qの形にして表しています。 ちなみにその基本形というものが f(t)=|b→|^2{t+(a→・b→)/|b→|^2}^2 +|a→|^2 -(a→・b→)^2/|b→|^2  です。 これから、解答では 「|a→+tb→|≧0であるから、f(t)が最小のとき|a→+tb→|も最小になる。よって、toはf(t)が最小となるときのtの値で to=-(a→・b→)/|b→|2 」 とあるんですが・・・ 最後の答えに至るまでの解き方は分かるんです。 ですが「-(a→・b→)^2/|b→|^2 」→「-(a→・b→)/|b→|2」にどうしてなるのかがわかりません。 分子の(a→・b→)^2の2乗は外れて(a→・b→)となるのに、 なぜ分母の|b→|^2はそのままなんでしょうか? 分からないのはこの問題というよりは、計算の問題ですね・・・ 誰か分かりやすく教えてください。お願いします><

  • ベクトルの問題

    問い aベクトル=2,1 bベクトル=3,4 に対してcベクトル=aベクトル+tbベクトル tは実数とする 1.絶対値cベクトル=√10を満たすtを求めよ 2.絶対値cベクトルの最小値とそのときのtの値を求めよ がわかりません教えてください

  • ベクトルと微分法の問題が分りません。教えてください

    ※a→はaベクトルという意味です。 (1)|a→+tb→|の最小値と、そのときの実数tの値を求めてください。(途中式もお願いします。) (2)関数f(x)=x^3+(a+1)x^2+a^2x+1がすべての実数の範囲で単調に増加するように、定数aの値の範囲を求めてください。(途中式もお願いします。) ちなみに答えは、 (1)t=-1/4のとき最小値√55/4 (2)a≦(1-√3)/2、(1+√3)/2≦a です。

  • ベクトルの問題で分らないのがあるので教えてください

    ※a→は「aベクトル」という意味です。 (1)ベクトルa→、b→において、|a→|=2、|b→|=3、|2a→-b→|=4とするとき |a→+tb→|の最小値と、そのときの実数tの値を求めてください。(途中式もお願いします。) ちなみに答えは、 (1)t=-1/4のとき最小値√55/4 です。

  • ベクトル

    aベクトル=(1,2,3) bベクトル=(-1,1,1) とする。 tを動かすとき、xベクトル=aベクトル+tbベクトルの 大きさ│xベクトル│の最小値を求めよ。 また、そのとき、xベクトルとaベクトルのなす角をθとするとき、 cosθの値を求めよ。 考えたのですがわかりません。 解説おねがいします。

  • 至急!ベクトル

    3つのベクトルa→=(0,1) b→=(-1/2,√3/2) c→=(-1/2,-√3/2)を考える。 (1)ベクトルf→(x,y)に対し、3つの内積f→・a→、f→・b→、f→・c→を求めよ。 (2)ベクトルf→が|f→|=1を満たしながら動くとき、A=(f→・a→)^2+(f→・b→)^2+(f→・c→)^2の最大値と最小値および、そのときのx,yの値を求めよ。 (1)は分かるのですが(2)がわかりません・・・ (2)の解説の冒頭部分には 「|f→|=1から、|f→|^2=1 よってx^2+y^2=1・・・(1)」 どこからこんな式がでてきたんでしょうか? 公式でしょうか?^^; また絶対値のつくときとつかないときがあって区別がわかりません。 どういうときに絶対値はつけるべきなのでしょうか? また絶対値記号は2乗されたらはずれると教わった事があるのですが どうなんでしょうか? 色々疑問が多いですが分かりやすい解答おねがいします;

  • 数学のベクトルの問題です。

    a→=(3,1)、b→=(1,2)、c→=a→+tb→(tは実数)について、 |c→|の最小値とそのときのtの値を求めよ。 このとき、cを二乗して求めるのは わかりますが、 cが最小のとき、|c→|も最小となる そのcの二乗を、cにかえるときの質問です 、最小値はcが二乗になってたのでルートにする しかし、なぜtの値は二乗のときも二乗なしのときも変わらないのですか

  • ベクトル

    (1)二つのベクトルa→=(3、t)、 b→=(-1、2) に対して、a→+2b→と2a→-b→ が直交するときtの値を求めよ。 (2)二つのベクトルをa→=(2、1)、 b→=(3、4)とする。tがすべての実数を動くとき、  la→+t(b→)l の最小値を求めよ  この2題の解法を教えてください。

  • 数学ベクトルについて

    O(0,0) A(2,-1) B(3,-4)  OAベクトル=aベクトル,OBベクトル=bベクトル aベクトル-bベクトルとaベクトル+tbベクトルが平行となるような 定数tの値は? 簡単な解答は手元にあるんですけど なぜそうなるのかよくわかりません。 よろしければどなたか詳しく説明 お願いします。

  • 0×→a(aベクトル) って →0(0ベクトル) ですか?

    ベクトルの平行線をやってて思ったんですが、 →b=k×→a(k:実数) がベクトルの平行線の公式ですが、仮にkの値が0だった場合、 0×→a(aベクトル) は →0(0ベクトル) になるんでしょうか? そもそもkは実数と定められているだけで0とは定められていませんし…